ウィーン旅行 その2~シェーンブルグ宮殿、 百水 他

c0211876_6384771.jpg
世界文化遺産のシェーンブルン宮殿 雄大で優雅で ウィーンの最大観光名所と言えるでしょう。
部屋数は なんと1441室!
c0211876_6575484.jpg

c0211876_65383.jpg
軍事的記念碑として建てられたグロリエッテまでの坂を15分位歩き宮殿を見下ろしました。 庭園は自由に入れるのでジョギングしてる人もいました。 
c0211876_712197.jpg
姉はこの眺めに感激!

c0211876_4151569.jpg
画家そして建築家だったフンデルトヴァッサーが設計した美術館。   彼は日本女性と結婚した事もあり ドイツ名を直訳した百水と言う名もある。     又エコロジストとして環境問題にも積極的だった。
c0211876_4155963.jpg
美術館内にあるレストランの庭にて昼食。
c0211876_4162835.jpg
トイレの中。
彼の~奇抜というか奔放なというか~作品を自宅に飾るのは難しいと思うけど、けっして嫌いではありません。
彼の絵を眺めていると 何だか不思議な世界に入り込んでいくような感覚。

伝統的カフェがたくさん、 結局1番有名なザッハー(ホテル ザッハー内) へ。
c0211876_4565197.jpg

ライバル?カフェ、デーメルとのトルテ戦争の話が面白い。 「オリジナル ザッハートルテ」の標示権利で10年も裁判が続いたという。

前回夫とザッハー&デーメルに入った時は 日本人観光客がたくさんいたけれど、今回は少なめ。
ゴールデンウィーク後だったからか? アイスランドの噴火による影響なのか?
c0211876_53254.jpg
これが有名なザッハートルテ、、、、、けれど特に凄く美味しい~と、、、、、私は言えません。
コーヒーはメランジェ、 ドイツのカプチーノと同じ。
同じドイツ語圏でも 違う名称がけっこうあります。

c0211876_5541473.jpg
国会議事堂、、、ギリシャ神話風

音楽の都にて音楽に触れる事がなかった3日間でしたが、ヴェネチア同様 姉とのかけがえのない思い出旅行の一つとなりました。 


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-06-10 04:57 | ウィーン旅行 | Comments(13)

ウィーン旅行 その1~パンク青年とシシィと、、、

5月の初め、姉と共に娘の住んでるウィーンへ。 私の住んでる街から約700Km。

娘はウィーン大学で美術史を専攻してます。
最初の住まいには荷物を運びがてら何度か夫と行きましたが、その後2度越し 現在はアパート(3DK)を他の学生2人とシェアして暮らしてます。

そして娘の勧めで姉と私はそこに泊まりました。 その間 娘は近くに住む彼氏の所へ。
親って子供がどんな所、環境に暮らしてるのか自分の目で見れると なんとなく安心しますね。

娘の部屋は思っていたより広くてセミダブルベットがあっても狭く感じません。 でも皆の共同の憩いの場を兼ねてるDKが狭い。
同居してるヴィッキーとユーレは とってもフレンドリーで、挨拶後も狭いキッチンでしばらく一緒にお喋り。
ヴィッキーの彼は日本学を専攻していて、私と会うのを楽しみにしてるって、、、、、パソコンで彼の写真を見せてくれたり、、、、娘からすでに聞いてたからビックリしなかったけど、その彼氏君はパンク(風)でした~。

そのパンク青年に 翌日の晩 会いました。
文法は完璧とは言えないけど 意思疎通は日本語で出来ました。 ドイツ語がチンプンカンプンの姉は久し振りに私以外の人と日本語でお喋り出来て嬉しそう001.gif

パンク青年は 「わたくし、、、、、」と話します。  今時 日常生活で「わたくし」と言う若者、否!若者じゃなくても めったに居ないでしょうね。
しかし きたない俗語を使うよりは よっぽど良いと思うし、綺麗な日本語で話されたって嫌な気分になる人はいないんですからね。
日本人同士の場合は 「わたくし」がお高く気取ってる、と受け取られるケースもあるでしょうが、、、、

それにしても パンク青年の青く染められた髪と「わたくし」が 正直ミスマッチで可笑しかったです。037.gif

彼は6月から3ヶ月 日本に語学留学すると言っていたので、今はすでに日本にいるはず。
3ヵ月後 「わたくし」 が 「おれ さ~」 に変わっちゃうかしら?



あれれ、、、、、ウィーンの事 書こうと思っていたのに話がそれてしまいました。042.gif

ウィーン市内は 路面電車で移動。
c0211876_335946.jpg
王宮の入り口、、、、、この中にあるシシィ博物館を見学。  シシィは愛称、 フランス・ヨゼーフ1世の妃、エリザベートの波乱万丈の人生はたくさん映画化されてるので 御存知の方も多いはず。
美しかった彼女は 美意識が強く 老化と必死に戦ったそう、 けれど最後は暗殺されてしまう。
c0211876_3544948.jpg
馬車が街並みと調和してるけど、それに乗って王妃の気分を少し味わおう、、、という気にはなれず。
c0211876_421932.jpg
左側はウィーンのシンボル、 シュテファン寺院。 屋根がモザイク模様。

c0211876_349562.jpg
1365年に創立されたウィーン大学。    娘が内部も少し案内してくれました。

c0211876_47173.jpg
この日は娘の彼氏・J君も一緒にランチ。
c0211876_475797.jpg
リュックを背負った二人の後姿が なんだか可愛くて、、、、、思わずパチリ!

それにしても ボサボサ髪の娘よ! シシィの美意識を少し見習ったらどうかしらん。


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

003.gif001.gif037.gif042.gif
[PR]
# by monika914 | 2010-06-09 04:08 | ウィーン旅行 | Comments(12)

ごめんね、 エイミー

姉と共に日本へ行き、3週間滞在した後 先週の水曜日に我が家に戻ってきました。

チューリッヒ空港に迎えに来てくれた夫の運転で自宅に到着したら息子はエイミーと散歩中で留守。
1秒でも早くエイミーに会いたい心境、そして息子達が戻って来た時、私は息子より先にエイミーを抱きしめてしまいました。

何故なら、、、、、、、、、、、、、、
日本を発つ数日前、電話で「ところでエイミーの獣医の名前って?」とさりげなく聞いてくる夫の問いに 不安で胸がいっぱいになってしまったんです。
それまで獣医に関しては 私 任せだった夫が多少の事でエイミーを獣医に連れて行くなんてありえない!!
しつこく問いただす私に「ちょっと怪我しただけだから 大丈夫だよ」と言う夫。

里帰りしてる私に心配をかけさせたくない という夫の気持ちは解りますが、もう心配で心配でたまらない。
翌日 自宅に電話して息子に問いただすと 「えっ パパ ママに話しちゃったんだ~、、、、、」
息子と散歩中、猫を追いかけ道路で車にぶつかり 幸い骨折はせず後ろ両足打撲、かなり腫れている状態。注射&薬で治療。

考えまいと思いながらも 最悪の事態まで考えちゃったので 何度も「エイミーはとにかく生きてるのね!!」と叫ぶように聞いてしまいました。
ですから エイミーに会えた時の気持ちは言葉では 表現できないほどです。

まだ外傷が痛々しいけど、腫れはすっかりひき 普通に歩けるようになりました。
それにしても なんとラッキーなことなんでしょう、、、、、パッチーが守ってくれたような気がします。

この事故に関しては息子を責める事はできません。
なぜなら 私もノーリードでエイミーと道路を渡って 散歩に行っていたんです。
湖沿いの散歩道や森に行くまで通るのは 住宅街の時速30Km制限の道路のみ。
「待て!」のコマンドに従えるエイミーは大丈夫!と思い込んでましたし、猫を見かけたら首輪に手をかけました。
しいて言えば 私と息子の違いは ノーリードで散歩中 常に周囲を確認しながら歩く、歩かないの違いでしょう。
しかし 大反省です。

さて 「感動の再会」もあまりゆっくり出来ず、自宅に居られたのは1時間ほど。
義理母の90歳の誕生会に参加する為、夫の実家へ向かいました。勿論エイミーも一緒。
彼女の誕生日は5月31日ですが、親類 友人達を招待しての盛大なお祝いは木曜(祝日)に行われました。
2泊して再び我が家へ、、、、、、疲れました~。


姉がドイツ滞在中、イエローラブに変身したエイミーと一緒の写真。
c0211876_17363970.jpg

c0211876_1737658.jpg
c0211876_17375028.jpg


息子が後に ぼそぼそと話してくれたんですが、
私の留守中 エイミーは息子の部屋によく居て 時には息子のベットで一緒に一晩中寝たそうです。

昨年は まだパッチーと一緒でしたが、今回はよっぽど寂しかったんだと思います。
しかも事故で痛く辛い思いをしてる時に傍にいてあげれなかった事が胸を苦しく重くさせます。
エイミー、ごめんね。

しかし年に1度の里帰りを楽しみに待っている 年老いた両親も 私にとってかけがえないない存在です。
ですので 父母の前ではエイミーの事が心配でたまらない気持ちを抑えました。
そして姉が私の良き相談相手、聞き役となってくれました。

里帰り中の事など 少しづつ書いていこうと思います。


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-06-07 18:05 | 愛犬と暮らす | Comments(21)

大変だった ベネチア旅行の終わり

昨晩 ウィーン旅行から戻ってきました。
娘の住んでいる街なので何度か行ってますが、ゆっくり観光したのは今回が初めてです。

ウィーン旅行記の前に ベネチア 旅行の最後で大変だった事を書こうと思います。 
今では 思い出すと笑えますが、 その時は心身共に疲れ果てた出来事です。

ベネチア旅行の出発地はシュトットガルト空港で 我が家から北へ約150kmの距離。
夫が車で見送ってくれ、息子が向かえに来てくれる事になっていて、便名、到着予定時間をキッチンのカレンダーにちゃんと書いておきました。

ところが 空港に到着して待っていても 息子の姿が見えず、携帯で連絡したら息子はとっくに空港に到着して私達を捜しているとの事。
でも不思議な事に息子とはどうしても会う事が出来ず、しまいには疲れ果ててしまいました。

最後は息子が車を駐車したというパークハウス Nr.2に行っても駄目、、、、、それで 息子は空港近辺に詳しいらしい女性Aに助けを求め その女性と私は電話で話す羽目に。

なるべく詳しく私の居る場所を説明して、ここまで時々動くく歩道で来た事を話したら「えっ! 貴方はまだ空港内に居るんですか!パークハウスの近くに動く歩道なんてないですよ」と言う女性。私の言う事を信じてくれません。

それで 私はたまたま通りがかった見知らぬ女性Bに事情を話し、私の言ってる事が事実である事を証明してもらう事にしました。

息子の携帯と私の携帯で お互い知らない女性Aと女性Bが話すという なんだか変なシチュエーション。

そして解った事! 
息子はシュトットガルト空港ではなく スイスのチューリッヒ空港にいたんです。全く逆方向で我が町から南へ75kmの空港。
それで一度は電車で帰ろうと考えましたが、乗り換えも多く夜中到着になる事を言ったら、息子は迎えに来てくれました。

それにしても まさか息子が違う空港にいるなんて夢にも思っていなかったので 一気に体が沈みこむような感じでした。

我が家から一番近い空港はチューリッヒ空港ですが、時にはシュトットガルト空港を利用することもあり カレンダーには空港名もちゃんと書いておきました。

息子のミス第1、、、、私のメモを確認しなかった。
息子のミス第2、、、、空港の掲示板にて到着便の確認をしなかった。
息子のミス第3、、、、すぐ私達を見つけ乗せられと思ったようで、到着ターミナルのタクシー乗り場の近くに駐車し、私達が見つからないので途中車を移動したものの、しっかり駐車違反カードを2枚!もらった。 それで仕方なく パークハウスに駐車する事にしたらしい。

姉と空港内のレストランで迎えを待つ間、、、、、息子への呆れる思いと 長時間の運転で彼が疲れないかという心配な思いと 無事来てくれるかという不安な思い とが入り混じった心境でした。

そして今回のウィーン旅行も同じ空港、、、、、、、息子は私達がスーツケースを受け取り外に出たら そこに立ってました。

きっとこの話は 姉の家族へのお土産話の一番になるかもしれませんが、姉は息子が車で迎えに来てくれる事自体 感謝してくれてます。

来週の火曜日は姉と共に 日本に発ちます。 但しそれはチューリッヒ空港から。

そんな訳で コメント返しも出来ない状態ですので どうかご了承下さい。

エイミーは元気です。 旅行意外の日は姉と一緒に毎朝散歩して すっかり仲良しになりました。
姉はエイミーと湖沿いの散歩をとても楽しんでます。

そして 恒例の変身(短毛)をし 今はイエローラブラドールみたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
# by monika914 | 2010-05-08 05:24 | イタリア・ベネチア旅行 | Comments(4)

姉と一緒の ベネチア旅行

先週 3泊4日で水の都として名高いベネチアに行って来ました。
私にとって2度目のベネチア、、、、最初は10年前 ドイツ在住の日本女性達(全員ドイツ人と結婚してる)6人のグループで 電車で行きました。
今回は飛行機にて、約1時間。

ネットで捜して決めたホテル アマデウス(Amadeus)はなかなか良かったです。
c0211876_5471980.jpg

c0211876_5493888.jpg


天気は最高。 夕方ホテル到着後 早速歩いていける範囲を観光。
c0211876_6591812.jpg

c0211876_6595517.jpg

ベネチアンガラスの店を覗いたりしながら歩いていて、ある店先で「どうぞ 中に入ってご覧下さい」という日本語の声を聞きびっくり。
日本人観光客が多く、「どうぞ、可愛いよ、いいよ、、、、」などのおぼつかない日本語を話すイタリア人店員もいますが、これは本物の日本語!(笑)

ラルべロ ベネチアはベネチアングラスアーティストとその奥様(日本人)のお店です。

とっても気さくで明るい女性で 店の奥の工房も見せていただきました。
そして安心して行ける美味しいレストランなども教えていただき 本当に助かりました。
見知らぬ土地での個人旅行で一番心配なのは やはり食べる事! 有名な観光地では地元の人と観光客が別料金だったり ぼられる事もあるので 旅行本だけが頼りでしたから。
c0211876_6352489.jpg
店の前で記念撮影

その晩は早速 教えていただたレストランにて勧められたパスタを。
c0211876_6423764.jpg
と~っても美味しかったです。 これだけでは物足りなくて 舌平目とポレンタを追加。
勿論 ワインも美味しくいただきました~。


ホテルの朝食は 新鮮な野菜が無かったのが残念でしたが、私は朝食はあまりたくさん食べれません。

ベネチアでは自動車が通れない まるで迷路のような石畳が入り組んでいて、主な交通機関はヴァボレットと言う水上乗り合いバス(船)。
朝食後 その船にてベネチアの中心 サン・マルコ広場へ。
c0211876_713295.jpg

聖サンマルコの遺体を納める為に建てられたサンマルコ寺院やベネチア共和国総裁の政庁として建てられたドゥカーレ宮殿を見学。 宮殿内の絵画は素晴らしく圧倒されるほど。
c0211876_19442914.jpg
宮殿の中庭

c0211876_19434143.jpg
高さ96.8mの鐘楼にエレベーターで昇り 街を一望。
c0211876_19491241.jpg
c0211876_19495453.jpg

c0211876_2319661.jpg

c0211876_2320348.jpg
石作りのリアルト橋。 その下を通るゴンドラとの景色は、これぞベネチア気分!って感じです。
c0211876_23203549.jpg

 
一緒にゴンドラに乗ろうよ、と姉を誘ったんですが 船酔いしやすい姉はユラユラ揺れてるゴンドラを見ていて不安になり 結局止めました。

3日目は ベネチアの北東に浮かぶ ベネチアグラスの島として有名なムラーノ島へ。
c0211876_23441072.jpg
まず ガラス工芸博物館を見て、島を散策。
お土産屋には手軽な価格のガラスアクセサリーや高価なガラス食器類がた~くさん。
私も姉も 一緒のベニス旅行の記念として少し購入しました。

最後の日は 空港へ向かうまで時間に余裕があったので ヴァボレット(水上バス)に乗って島を遊覧。
c0211876_23531372.jpg
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会はベネチアン・バロックの傑作。
c0211876_23535453.jpg
そして水の都に別れを告げました。
あっという間の4日間でしたが、本当に姉との良い思い出作り旅行となりました。

実は この旅行の最後に大変な事があったのですが、それは次回書く事にしましょう。

長くなってしまったベネチア旅行記、、、、最後まで見てくださって ありがとうございます。

明日、次の思い出旅行の地 オーストリア・ウィーンに行って来ます。



ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-05-04 00:10 | イタリア・ベネチア旅行 | Comments(11)

黒い森 & フライブルグ

日曜日はミュンヘンに行くつもりでした。

しかし姉と色々話しているうちに 大都市よりドイツの自然を満喫したいな~と言うので 夫の運転でドイツ南西部にある黒い森(シュヴァルツ ヴァルド)へ。
c0211876_5213895.jpg

c0211876_5245884.jpg

c0211876_5253373.jpg

c0211876_5255716.jpg
上の2枚の写真は他のサイトからお借りしましたが、黒い森地方独特の建物です。

そして黒い森の中にある都市 フライブルグ
夫はここに5年間住んでいた事があり、 私も結婚後何度か観光に行きましたが、とても雰囲気の良い街で、ここなら住んでもいいな~と思う街の一つです。
c0211876_5454784.jpg
c0211876_5461544.jpg
c0211876_546496.jpg
c0211876_5472336.jpg
c0211876_5475344.jpg

1階がレストラン、その上に宿泊設備があるのを ガストハウス言いますが、このガストハウスはドイツで最も古いと、夫が話してくれました。
c0211876_5483314.jpg

石畳に こんな模様を発見。 ドイツの伝統的なパン、プレッツェルです。
c0211876_549084.jpg
バターを塗って食べるのが一般的です。



ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-04-26 23:10 | お出かけする

姉が来て ~ アルプスの少女 ハイジの村

水曜日、姉が無事チューリッヒ空港に到着することが出来、胸をなでおろしました。

私の家に着き 「まずは ゆっくりお茶でも飲んで、、、」と言っても、「すぐ冷蔵庫に入れたほうがいい物もあるし」と荷物を広げ始めた姉。

大きい旅行カバンの中身の8割は私達家族へのお土産&日本食品。
私が友人知人用に頼んだわけでもないのに「こういう物ってドイツ人が喜ぶと思って、、、、もに香のあげたいって思う人にあげてね」と絹製の和風小物達もたくさん。
これぞ 日本人の心遣い、気配りですね。   こんな事する必要ないのに~と思う一方 姉の気遣いが嬉しかったです。

木曜日、金曜日は遠出はせず のんびり過ごす事にし、エイミーと一緒に散歩したり買い物したり。
周囲を見渡し 懐かしそうに「あ~、この場所 覚えてるわ~」と5年前の記憶が 時々こぼれ出てくるようです。

幸い 姉が来てから 春らしい陽気が続いていて、今日はスイスをドライブ、、、、マイエンフェルドという村へ行って来ました。
とても小さい村ですが、「ハイジの村」として有名です。

c0211876_6382865.jpg


c0211876_640794.jpg
古い農家のような建物ですが ハイジハウス(ハイジ博物館)

c0211876_6495918.jpg

c0211876_6503213.jpg

c0211876_6511233.jpg
姉はハイジハウスより周辺の景色の方が気に入り、少し散歩。
草原の中に咲いてるタンポポと青い空、まだ雪が残るスイスの山々を感動して眺めている姉の姿が 私の目には景色以上に すがすがしく映りました。

c0211876_656616.jpg
近くのレストランの駐車場にて、日本語を見つけ 記念撮影(笑)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by monika914 | 2010-04-24 23:15 | お出かけする

エイミーに癒され、、、、、

あと少しで日付が変わりますが、姉の事でなんだか落ち着かない状態です。
スイスインターナショナルという航空会社の成田発チューリッヒ、ダイレクト便なのですが、ホームページの新情報に載ってる「確定されたキャンセル便」のリストには無いものの、飛ぶかどうかも確かではないのです。
ちなみにヨーロッパ便はすでにキャンセル確実な路線が多数。

姉はすでに成田に向かっていて、メールにて連絡し合ってます。 きっと姉は私以上に不安だろうと思います。

こんな時、やっぱりエイミーに癒されます。

今日は晴れたり急に雨になったりの陽気でしたが、 エイミーは好物の豚耳を庭で堪能。
c0211876_6445163.jpg

牛耳の時もあるんですが、豚耳の方が肉厚です。
c0211876_6465866.jpg

c0211876_6474928.jpg

c0211876_6504683.jpg

目を細め、美味しそうに食べてる姿を見てると 本当に心が和んできますね。

こういった噛み菓子をあげると 必ず庭に出たがるんですよね。
しかし雨降りの時は 庭に出してあげれないので 口に咥えたまましばらく室内をウロウロ、、、、、そして最後は諦めたように 室内で食べ始めます。

友人のさくらんぼさんがメールにて  他界した飼い主を見守った愛犬の記事を送ってくれました。
こういったワンちゃんの感動実話には 胸が熱くなってしまいます。
さくらんぼさん、ありがとう。

※ すみませんが コメント欄を閉じました。


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-04-20 23:27 | 愛犬と暮らす

エイミーのオモチャ(動画)

もう4月の中旬だと言うのに、、、、、、、
公園の水仙も綺麗に咲いてるというのに、、、、、、、、

寒いです!   夜は暖炉に火をつけてます。

c0211876_545889.jpg

c0211876_5455486.jpg

エイミーの抜け毛が目立ち始めたんですが、恒例の変身(短毛にする)は暖かくなる迄 待たなければ。

今晩、久し振りに このオモチャで遊びました。
c0211876_5531314.jpg
キッチンで 支度している私を、、、、、いや!オモチャを 大人しく じ~~~~っと見つめ 待ってます。





動画には写っていませんが、 はずした物を私が元に戻すと、 又口に咥えて外してしまいます。
それを繰り返して しばらく一緒に遊びました。


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-04-16 05:41 | 愛犬と暮らす | Comments(25)

♪ 誕生日 ♪ & 息子の言い分

昨日の13日は 私の誕生日でした。

こちらでは 誕生日を迎えた本人がケーキやら料理を用意してゲストをもてなす事が多いのですが、昨日 私は 昼前からず~っと外出。

昼間はSATC会メンバーと一緒に過ごしました。
私の誕生日だから、、、、というのが理由では無く、里帰りしていたたまちゃんが戻ってきて、今度はまるちゃんが里帰りするので その前に集まりました。
今回はさくらんぼさん宅にて。
c0211876_4115927.jpg
ダイニングキッチンから見られる のどかな眺め。

c0211876_3184546.jpg

さくらんぼさんが御馳走してくれたのは手巻き寿司。  勿論日本に比べたら ねたの種類は少ないですが、私達にとっては凄い御馳走なんです。

c0211876_4225927.jpg
さくらんぼさんの旦那様が撮ってくれたSATC会メンバー写真。   
皆 服に合わせたサングラスが素敵でしょ!(笑)

そして勿論ゲーム。   時間はあっという間に過ぎていき、家族との外食時間に間に合うよう慌てて帰路につきました。



レストランの予約は7時半で、帰宅したのは7時過ぎ。(エイミーの散歩は息子に頼んでおきました)
エイミーのお出迎えのハグで 黒いセーターが毛だらけになったので急いで着替え、夫&息子と共にイタリアレストランへ。

そういえば 昼間 まるちゃんから「今晩、もに香さん達 お洒落して出かけるんですか~?」って聞かれたんですが、 夫が普段着で行く事は百も承知だったのでお洒落することなんて考えていませんでした。

イタリアンは数多くありますが、友人から薦められていた店なので楽しみでした。  しかし昼に手巻き寿司をたくさん食べ過ぎて 残念ながら空腹感がありません。

結局 4品のアンチパスタ、& Scampi(ノルウェー ロブスター)。 夫&息子は加えて肉料理。

c0211876_5153570.jpg
空腹でなくとも 冷えたシャルドネは美味しい~。

誕生日の記念にと 息子が撮ってくれましたが、レストラン内で料理の写真を撮るのはマナー違反と息子から言われ、食事中、、、それも誕生日にあれこれ言い合うのも嫌だったので 撮るのを諦めました。

この事に関して、今日息子と話したんですが
「ママは日本にはドイツには無い食事中のマナーがあるって言ってるよね。例えば 大きな音たてて鼻を噛む事はいけないとか、、、、、、ここでは レストランで食事中 料理の写真撮るのはマナー違反だって思うんだ」

彼の言う事も少しは解るんですよ。 
照明控えめの店内で フラッシュたいて写真撮る勇気は私にはありませんし、同席者の事も考慮すべき。
しかし目立たないように撮るのは 食事中大きな音たてて鼻をかむドイツ人よりは味覚を損ねないのではないか!と思うんですがね。

ま~、写真の事は些細な事と思うようにして、、、、、、、楽しい誕生日を過ごす事が出来ました。

Scampiは とっても美味しくて 結局全部食べれたし、 息子の運転のおかげて 夫も私もワインを堪能出来たし。



ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-04-14 03:07 | お出かけする | Comments(16)