カテゴリ:サイクリング旅行( 26 )

エルベ川サイクリング(3) マイセン磁器





ドレスデンに2泊した後 サイクリング出発。
自転車はレンタルで スーツケースは次のホテルに運んでもらう。

まずはエルベ川沿いで記念撮影。




c0211876_05332559.jpg



c0211876_05564847.jpg



そして ドレスデン郊外の自然保護区にある モーリッツブルグ城を見学。
c0211876_05335597.jpg



c0211876_05343732.jpg




その日の宿泊地はマイセン市。
マイセンと言えば これ!

c0211876_05350492.jpg


マイセン磁器博物館では
1710年から現在迄のコレクションが見れ
製造過程を見学出来る。

c0211876_05354826.jpg


c0211876_05361268.jpg



c0211876_05364509.jpg



c0211876_05370960.jpg



c0211876_05373570.jpg



c0211876_05380280.jpg



c0211876_05382609.jpg

全て 細かい手作業による芸術的な作品。
高価なのが納得出来る。

でも 洋食にはシンプルな白い食器が好き。
どんな料理でも美しく映えるような気がする。




にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2018-09-12 05:32 | サイクリング旅行 | Comments(0)

エルベ川サイクリング(2)~世界一美しい乳製品の店




世界一美しい 『乳製品の店』と
ギネス認定された店。
ドレスナー・モルケライ・ゲブリューダー・プフント

c0211876_05443482.jpg
1880年に牛乳販売から始め
1891年に現在のドレスデンの店を開店。




c0211876_05452188.jpg




c0211876_05445665.jpg





c0211876_05451081.jpg







c0211876_05444538.jpg



店内の壁&天井&床は
ヴィレロイ・ボッホ社の手描きタイルで埋め尽くされ
売られている商品より先に目が奪われてしまった。




にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2018-09-10 06:12 | サイクリング旅行 | Comments(2)

エルベ川サイクリング(1) ドレスデンの奇跡の橋


エルベ川 沿いをはしる 9泊10日のサイクリング旅行から帰宅。(サイクリングをしたのは5日間)

毎回どんな楽しい旅行でも我が家に戻るとホッとするし、私を大歓迎して飛びついてくるナナ(娘と留守番)が愛おしい。


8月29日  飛行機で約1時間飛び ドレスデンへ。
参加者は6組の友人夫妻、、12人。



翌日の30日 小雨のなか市内観光。
周遊観光バス1日券を買えば 何度でも乗ったり降りたりしながら観光出来て便利。


c0211876_06053192.jpg


第二次世界対戦で市内中心部は爆撃されたけれど 歴史的建造物は見事に再建されている。


c0211876_06051124.jpg
大聖堂・ドレスデン城




c0211876_06062251.jpg






c0211876_06060233.jpg
ツヴィンガー宮殿






c0211876_06063617.jpg
聖母教会







c0211876_06381537.jpg
(拝借画像)



モノレールで高台にあがり見た眺め。
c0211876_06065502.jpg
橋は「青い奇跡の橋」と呼ばれ 
その理由の一つは1893年に作られた当時の技術が「奇跡」だと言われ、
もう一つは 第二次大戦中 敵国に爆破されそうになったが市民達が協力して爆破装置を外し、市民も橋も無事だった事が「奇跡」だとも言われてる。

作られた当時は緑色をしていたけれど 今は青? 私には薄緑色に見えるかな。

こういった名称の由来を知るのは興味深い。



★ 旅行中知った大型台風と北海道地震。 日本は大丈夫か!と不安になってしまいます。 


     
                            にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2018-09-08 07:10 | サイクリング旅行 | Comments(1)

サイクリング旅行(8) ハイデルベルク旧市街 旅行最後の夜



ハイデルベルグ観光2日目、一組の友人夫妻は都合でその日帰宅、残り8人は旧市街をガイドさんの説明を聞きながら歩きました。



c0211876_6182599.jpg

再びカール・テオドール橋


c0211876_6195175.jpg

聖霊教会

周囲は教会に接する形で土産屋が並んでますが 「中世時代にも ここに店が並んでたんですよ、、こちらを見てください」と ガイドさんが私達を誘導し指さしたのは 土産屋と土産屋の間に わずかに見える教会の外壁。
そこには 何かの形が彫ってありまして リンゴ? 王冠? どれも違いプレッツェルだったんです。

c0211876_5411022.jpg





c0211876_671552.jpg
(拝借画像)
ドイツ最古の大学、 ハイデルベルグ大学



大学校舎とは別に『学生牢』があり、1712年から1914年まで使われていました。

部屋の壁には学生達が描いた似顔絵(当時の流行であった影絵)や詩が書かれています。

c0211876_685140.jpg




c0211876_6142726.jpg



詳しくは 『ハイデルベルグ学生牢』の説明を。




c0211876_555829.jpg


カフェ・クネーゼル(1863年に設立)
学生達に人気の場となり(昔は学生は男性のみ)ハイデルベルグの女子学校の生徒達もクネーデルに来たのですが、現在のように簡単にメルアドや携帯番号を聞ける時代ではありません。

そこで店主のアイデア、、、男子学生が気になる女性に話しかけ&プレゼント出来るチョコが作られ 『学生の口づけ』と名付けられハイデルベルグの名物となったそうです。

c0211876_61165.jpg
(拝借画像)

私は買わず、食べなかったので味の方は分りませんが。


旧市街を周った後 私達は↑のクネーデルでは無く、同じ通りにあるシュノーケロッホ(Schnookeloch)へ。

c0211876_6264622.jpg


18世紀に建てられ 当時から学生の溜まり場になる酒場だったらしいです。


c0211876_6294192.jpg



その後はショッピングタイムとなり それぞれ別行動。



そして夜 予約しておいたWirtshaus Zum Seppl(ウィルツハウス ツム セップル)で待ち合わせ。


c0211876_4414532.jpg
(拝借画像)

17世紀終わりに建てられた歴史的建造物で 昼間入ったシュノーケロッホ同様学生達の人気の店だったそう。
そして同じく壁には たくさんの写真や絵が飾られています。




c0211876_4492764.jpg




まずはワインテイスティング(勿論 ネッカー川沿い産地のワイン)から始まり、その後 ゆっくりコースディナー。



c0211876_4562130.jpg


映画&ポピュラー音楽を弾いていた男性。
てっきり ピアノ好きの隠居したお爺さんかと思ったら、大学教授(現役)でした。



旅行最後の晩という事もあり 飲兵衛達は夜中までワインを堪能。
誰もケガする事なく楽しく美味しい旅に乾杯。


c0211876_5244060.jpg

ハイデルベルク城を見上げながら ホテルへ。

そして翌日 電車でマイホームに帰りました。






にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-10-01 05:26 | サイクリング旅行 | Comments(0)

サイクリング旅行(7)  ハイデルベルグ & 美味しい料理



ハイデルベルグを訪れたのは2度目。

最初は なんと30年前。
父母が初めてドイツに来た時 一緒に観光した街の一つ。
でも街の思い出より父母になるべく たくさんのドイツを見せてあげたいと気負ってしまった事を思い出します。

その結果 2週間の旅は強行軍となってしまい その疲れ&ワインを飲み過ぎた父は体調を崩し、最後はホテルに医者を呼ぶ事になってしまいました。


今回 ハイデルベルグに3泊。
最初の晩は 街をぶらぶら散策。



c0211876_5442331.jpg



翌日は ソーラーボートに乗って ネッカー川から陸を眺め。

c0211876_5451246.jpg




c0211876_5454964.jpg




このカール・テオドール橋(通常古い橋と呼ばれる)は観光スポットの一つ。

c0211876_546356.jpg



橋のたもとにあるサルの像の傍には絶えず人達。


c0211876_5473291.jpg


やっと 人間無しの写真が撮れました。


このサルのエピソードはいくつかあるそうで、触ると金運を招くらしい。


私 写真撮るだけで触るのを忘れてしまって ちょっと後悔。

ちなみに 土産屋にはサルのヌイグルミがたくさん売られています、、買わなかったけど。




ビアガーデンで一休みした後 ケーブルカーに乗ってハイデルベルグ城へ。


c0211876_5485280.jpg




c0211876_5492591.jpg




c0211876_5495641.jpg




c0211876_5503245.jpg




c0211876_551440.jpg




城内には世界一大きいワイン樽が。

現在の物は4代目の樽(1751年)で容量は219,000リットル位。


c0211876_552879.jpg


樽の上で「これは私の樽だ!」とも言いたげに立っている人(夫)と比べると 樽の巨大さが分ると思います。



夕食は ワイサーボック(Weisser Bock)というレストランにて。

c0211876_5422215.jpg
(拝借画像)


c0211876_534293.jpg




c0211876_535044.jpg
前菜、サーモンのテリーヌ風


c0211876_5353959.jpg
炒めたアンズタケが乗っているサラダ。
これは自宅でも簡単に出来るので 作りましたよ。


c0211876_537887.jpg
ブイヤベース



c0211876_538917.jpg
ラム肉料理


全て 最高に美味しく、最高のサービスでした。

旅行中は建造物や景色を眺める事だけでなく 美味しい料理も楽しみの一つです。






にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-09-28 06:00 | サイクリング旅行 | Comments(2)

サイクリング旅行(6)  ホテルに居たラブラドール




c0211876_4391328.jpg



エーバーバッハで泊まったホテル(左側)では こんな可愛い仔がお出迎えしてくれました。



c0211876_4404718.jpg




c0211876_4411098.jpg




c0211876_4413633.jpg


すました横顔がナナに似ていて、思わず頭をナデナデ。



翌日 この仔にお別れして旅行最終地のハイデルベルグへ向かいました。



c0211876_4595684.jpg





途中 寄ったのはヒルシュホルン (Hirschhorn ) 
ネッカー渓谷の真珠と呼ばれる保養地。





c0211876_185611.jpg
(拝借画像)



c0211876_504717.jpg




c0211876_512344.jpg






にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-09-25 05:08 | サイクリング旅行 | Comments(1)

サイクリング旅行(5) 古城&ヴィクトリアトルテ


サイクリング4日目。

c0211876_4123280.jpg




まず寄ったのはバート・ヴィンプフェン(Bad Wimpfen)
人口7000人位の小さい街ですが、『ネッカー川対岸から見るシルエットが古城街道随一の美しさ』と言われてます。


c0211876_425564.jpg
(拝借画像)




c0211876_4255072.jpg


青色では無いけど 『青の塔』
1200年に建てられ 高さ58m

167段の階段をあがり 見た景色は。。。。



c0211876_4304414.jpg




c0211876_4312779.jpg




c0211876_432337.jpg





c0211876_4412047.jpg


汗だくになりながら えっちらおっちら頑張って上がった場所は ホルンベルク城 (Burg Hornberg)



c0211876_4434657.jpg


ゲーテの戯曲『ゲッツ・フォン・ゲルリヒンゲン』で知られる実在の騎士ゲッツが晩年を過ごした古城。


c0211876_4464718.jpg




c0211876_4473844.jpg

レストラン テラス席で休憩。



c0211876_4532237.jpg




c0211876_454380.jpg


胃を満たし水分補給の後 その日の宿泊地エーバーバッハ (Eberbach)、、古城街道の自然公園内にある、、に向かいました。


c0211876_514435.jpg




c0211876_521973.jpg





エーバーバッハに着き カフェ・ヴィクトリア(1886年設立1958年に現在の地に移転)へ。


c0211876_5161919.jpg




c0211876_5172169.jpg


そこの中庭の壁画はイギリス・ヴィクトリア女王(1819年~ 1901年)



c0211876_543024.jpg

店の名物 『ヴィクトリア・トルテ』


店のHPによると
3代目が1962年 スウェーデン王室で催された王の祝宴に世界に名だたる菓子職人と共に招かれ、食事の最後を飾る、“オレンジのデザート”を提供、それが『エーベルバッハ生まれのヴィクトリア・トルテ』誕生の瞬間。

1963年には“エーベルバッハで作られたヴィクトリア・トルテは航空便で英国バッキンガム宮殿のエリザベス女王宛てに送られた。



c0211876_5432844.jpg

ドイツケーキにしては珍しく ふわふわスポンジ、オレンジ風味がとっても美味しかったです。
 






にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-09-24 06:03 | サイクリング旅行 | Comments(2)

サイクリング旅行(4) 飲兵衛たち





c0211876_3584182.jpg



サイクリング3日目、 途中ベーシグハイム(Basigheim)で休憩&散策。
人口1万1千人のネッカー川沿いの街、木組みの家が多く中世の雰囲気が味わえます。


c0211876_4151569.jpg




c0211876_4162677.jpg




c0211876_417620.jpg




c0211876_4212417.jpg





c0211876_4135313.jpg




c0211876_4235086.jpg





c0211876_4245187.jpg


そして再びサイクリング。


c0211876_4252956.jpg



次に寄ったのはラウフェン・アム・ネッカー(Lauffen am Neckar)



c0211876_4343395.jpg




c0211876_443042.jpg
(拝借画像 )

11世紀に建てられた この古城が現在は市庁舎となっています。



この日の最終地 ハイルブロン(Heilbronn)ではワイン祭りが行われていました。


c0211876_449288.jpg




c0211876_450978.jpg



夕方のワイン祭りはまだ空いていましたが、私達はホテルに行く前にワインを飲むことに。


c0211876_51147.jpg



暑くて さすがに赤ワインは飲む気になれず、冷えた白ワイン&ロゼワインを。
一杯だけのつもりが、、じゃ 今度は別のを試してみよう。。
なんたって飲兵衛仲間ですから。



その晩は夕食に出る前に ホテルの部屋でうたた寝してしまいました。







にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-09-22 05:17 | サイクリング旅行 | Comments(4)

サイクリング旅行(3)  シラーの生家 & サプライズ!!



c0211876_4191314.jpg




c0211876_4193838.jpg




c0211876_4195973.jpg


サイクリング2日目は途中 シラーが生まれた田舎町マールバッハ(Marbach am Neckar)へ。


c0211876_4402087.jpg



c0211876_4292332.jpg




c0211876_4301540.jpg




c0211876_424226.jpg
シラーの生家


c0211876_4262071.jpg
シラーの叔父の家、現在はレストラン



c0211876_43256.jpg
ここは シラーに比べると知名度は低いけれど天文学者 トビアス・マイヤーの生家。



その日 路上フェストが行われていて色々な出店が。
そして えっ!と目についたのは。。。。。


c0211876_442545.jpg


c0211876_4452058.jpg

店にいた二人のドイツ男性、彼達の奥さんが日本女性で屋内で餃子を作っていたのでした。


c0211876_447152.jpg

とっても美味しそうだけど ランチ直後だったので眺めただけ。




c0211876_5151687.jpg




その晩の宿泊地F市は何の特徴も観光する所も無い街。

ホテル近くのレストランの外席に座って間もなく娘から電話。
サイクリング楽しんでる? 今何処にいるの? 何て言うレストラン? と聞く娘。

会話が終わって30分後位、 私達の前に突然姿を現した娘&ボーイフレンド、ノルウェー&スウェーデン旅行から戻って来たばかりの息子、 そしてナナ!!

てっきり我が家に居るとばかり思っていたので ビックリしました。

F市は娘とボーイフレンドの大学街の近く そしてF市は彼の両親が住む街。
娘はナナを連れボーイフレンドの所に来ていて息子が合流、 そして私達をビックリさせようとしたわけです。



c0211876_5101429.jpg


ナナに会えたし本当に嬉しいサプライズでした。

ナナは私が留守中 娘達とハイキングしたり、息子&彼の友人達とスイスでトレッキングしたり けっこう充実した日々を送っていた、と後で知りました。







にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-09-21 05:26 | サイクリング旅行 | Comments(4)

サイクリング旅行(2)  エスリンゲン  ドイツ最古のゼクト醸造所

テュービンゲンに一泊し 翌日からサイクリング開始。



ホテルのガレージにレンタル自転車(バッグ付き)が用意されてあり、自宅から持ってきた旅行カバンはホテルからホテルへ車で運んでくれます。



c0211876_605794.jpg





c0211876_612812.jpg


向かったのはブドウ畑の山に囲まれたエスリンゲン(Esslingen)という街。

『中世を再現したようなクリスマスマーケット』が開催される事で有名、私は3年前に行きました。




c0211876_6115731.jpg





c0211876_6123566.jpg





c0211876_6132457.jpg





c0211876_6141780.jpg



ドイツ旅行と言えば ロマンチック街道、ローテンブルグなどが有名ですが、それ以外にも中世を感じる街はたくさんあり エスリンゲンのその一つ。





c0211876_6405893.jpg


ケスラーはドイツ最古の発砲ワイン・ゼクト醸造所。(1826年)


c0211876_6464516.jpg


アーチ型の門を入ると ゼクトを立ち飲みしている たくさんの人達。
勿論私達も、 冷えたゼクトが美味い!!





c0211876_722661.jpg


通りかかったペットショップの前には。。。



c0211876_7224111.jpg


今にも前に飛び出しそうな体勢の『新聞犬』


c0211876_705078.jpg


夕食は地下レストランにてワインを飲みながら。







にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-09-20 07:12 | サイクリング旅行 | Comments(2)