ナナの仕事初め ~ 訪問犬とセラピー犬



木曜日はナナの『仕事初め』でした。


認知症やアルツハイマーの方達が入居している施設。

Wさんにとって 毎回「初めまして」ですが、ナナはちゃんと覚えています。
屋内を一緒に散歩、「ナナ、ナナ、、、」と呼びかけながら歩くWさん。



c0211876_01495863.jpg


座ってのお喋りは私が担当ですが、 触れあいはナナの担当。
c0211876_01502360.jpg

最後「又 ナナと来ますね」と言うと
私の手をにぎり 「楽しかったよ、ナナ待ってるよ」





ドイツでは「訪問犬」と「セラピー犬」には はっきりとした違いがあります。
犬と触れあう事での心理的な癒しを提供するのが「訪問犬」

犬のパートナー(たいてい飼い主)が理学療法などの医学知識と資格を持ち、患者に合った療法の手助けをするのが「セラピー犬」


どちらにしろ多くの犬達が家族にとって 心のセラピー犬であると思うのです。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

by monika914 | 2019-01-12 01:48 | 訪問犬 (セラピー犬) | Comments(3)
Commented at 2019-01-14 15:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 芋田治虫 at 2019-01-14 23:32 x
ナチスのものを放置するよりも「親や目上の人たちが無理だということができなければ立派な人間ではない」という教育をする方が危険だ。
Commented by monika914 at 2019-01-15 02:12
★鍵コメさんへ
心暖かいコメントをありがとうございます。

犬達の持つ癒しパワーで多くの人間が救われていると思います。
<< い~ぬは喜び、、、たくさん遊んだね 年越しスキー休暇 (5) ... >>