ドイツのクリスマス~きよしこの夜




『きよしこの夜』 原曲の歌詞はドイツ語。
ナが歌う「Stille Nachtお聞きくださいね。









店はイブの昼頃には閉店し、25日と26日は休み。
多くのレストランも休み。

街中はひっそり静まり返ります。
日本のような『賑やかなクリスマス』とは大違い。

日本の正月のように他都市にいる子供達が帰省したり、親類を訪問し合ったり。
クリスマスイブの食事は 家庭によってはあえて質素、、ジャガイモサラダとソーセージとか。

我が家はこの数年、イブの食事はラクレット。


子供達が楽しみに待つのはサンタクロースでは無く、クリスキンド(幼児キリスト)。


ドイツでサンタクロースの格好した人が出現するのは12月6日の「聖ニコラウスの日」
サンタの原型は『聖ニコラウス』で実在した人物、彼の命日が12月6日なんです。
ニコラウスがプレゼントしてくれるのは通常お菓子、ナッツ、みかん、、など。


と言う訳で 日本とは色々違うドイツのクリスマス。



c0211876_22443410.jpg


楽しいクリスマスを!!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

by monika914 | 2018-12-24 22:44 | 行事 & 風習 | Comments(1)
Commented by イジー at 2018-12-25 10:10 x
メリークリスマス

こちらは25日のクリスマスにお休みになる店が殆どですが
26日から一斉にセールが始まりそれを目当てにショッピングする人も多いようです

聖ニコラスが12月初めにキャンディーや果物を持って来て
子供たちの靴の中に入れる習慣もあります
カトリック教の信者の家庭で行われるようですが

サンタは知っていても聖ニコラスの事を知らなかった私は毎年忘れ義母がそれらを持って来てくれました

私が週1日働くレストランがある街はルクセンブルグからの移民者が多く
そのレストランには毎年12月第一日曜日に聖ニコラスが衣装を着てやってくるんですよ。
<< 年越しスキー休暇 (1) ナ... 一日だけの銀世界 >>