手作り肉まん & ウィーンフィルを聞きながら。。



日本に住んでいたら わざわざ手作りせず買ってしまうだろうな。
でも ここでは売られていない、 でも食べたい、 じゃ自分で作ろう。

そんな物の一つが『肉まん』です。

で 最初に作った時 どういう訳か具材に豆板醤&醤油&砂糖なんか入れてしまって 『甘辛肉まん』になったんですが、それが家族には大好評。
里帰り中 横浜中華街に行って肉まんを食べた子供達 「これって肉まんの味しない。 ママの肉まんの方が美味しいよ
この言葉を素直に喜んでいいのか!!

昔 ドーバー海峡を渡る船の中で見かけた『日本の七五三祝いの着物を着た少女』の写真に「GEISHA」と書かれていたと同様の「大きな勘違い&間違え」を我が子にさせてはならない!(笑)


そんなわけで、と言うより私が普通の肉まんを食べたいので 最近は2種類の具材で作ります。
クックパッドの色々なレシピを参考にしながら。




以前はこんな蒸し器を使ってましたが、
c0211876_05532492.jpg

今はスチームオーブンで。 

c0211876_05485140.jpg
どっちの肉まんか分かるよう
左2列の甘辛肉まんは生地の閉じ口を下に、右2列の普通の肉まんで生地の閉じ口を上に。




c0211876_05490594.jpg
ちょっと膨らみが足りなかったですが、ま~美味しかったです。






c0211876_06211058.jpg
昨晩は東京・赤坂のサントリーホール30周年ガラ・コンサート、ウィーンフィルの演奏がドイツのテレビで見れ聞けました。

指揮はズービン・メイタ と 小澤征爾。


c0211876_06212548.jpg
小澤征爾は常に座って指揮してましたね。
大のクラッシック音楽ファンとは言えないけれど 音に引き込まれてしまうような感覚。



c0211876_06364915.jpg

こちらは演奏を聞きながら眠りに引き込まれているナナ。

c0211876_06370931.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2016-11-14 06:47 | 食する&料理する | Comments(1)
Commented by gerneremake at 2016-11-21 16:58
最高ですね〜〜ナナちゃんの気持ち分かるなぁ〜〜。
<< 教育係にはなれない?! お義母さん ありがとう、安らかに。 >>