サイクリング旅行(7) レーゲンスブルグ

サイクリング旅行の最終地はレーゲンスブルグ、 3泊しました。

ウィキぺディアにもあるように 旧市街はユネスコ遺産。
ローマ帝国との係わりが多かった為 イタリア風建築が多い街でもあります。

宿泊はドナウ川のほとりにあるIbis Styles Regensburg

市街迄 徒歩で行ける距離なので、 着いた夜早速街中へ。

旧市街に行く為に渡る ヨーロッパ最古の石橋は観光名所として有名、 でも私達が滞在中は橋の修理中、工事の為 本来の石橋の姿が見れなかったは残念でした。


c0211876_555061.jpg

石橋の上から見た 大聖堂。



翌日はガイドさんと共に市街を散策。

c0211876_515655.jpg

大聖堂。
c0211876_5153463.jpg


c0211876_5175736.jpg


c0211876_5164065.jpg



c0211876_528095.jpg


c0211876_5284110.jpg


c0211876_5291273.jpg

ステンドグラス、、多くの教会で見られますが その美しさはため息が出るほど。
そのままの美しさを写真で撮れないのが残念。


c0211876_5321593.jpg

店先に鯉のぼり。
日本とは関係無い店のようでしたが 何故?と気になってしまい。。。


そういえば 石橋近くでは こんな物達が売られている小さい店も。
c0211876_5371642.jpg

オーナーが日本人?? 私が店内に入った時は 誰も居ず結局分らず。


c0211876_5452752.jpg

旧市庁舎


その近くでハーブを奏でる女性。
c0211876_647881.jpg



この中世の面影に溢れる街に 惹かれてしまった私です。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-10-22 05:56 | サイクリング旅行 | Comments(6)
Commented by やっちん at 2014-10-22 07:40 x
完走おめでとうございます!!
仲間と一緒に行けたらから頑張れ、また仲間に迷惑をかけれないという両面から、
とても大変なたびだったのかもしれませんね。
私もこの場所は大変好きな場所で、2度ほど訪れたことがあります。
ヨーロッパ最古の石橋は修復中だったとのことで、残念でしたね。
でもこればかりはしょうがないですよね。
素晴らしい橋なんですから時にはお化粧直しも必要です。
ステンドグラスの写真、よく撮れてる。
やっぱりドイツは素晴らしい。
4年住んでましたが、もっともっと住みたかったな。
Commented by はちきんいじー at 2014-10-22 12:16 x
ほんとに素敵な街ですね
教会も素敵、、、そこにいたら きっと あまりの迫力にクラクラしそうです、、。

Commented by るんるん at 2014-10-23 17:46 x
ドイツを少しづつ観光してますが、日本のように土産屋でゴチャゴチャしてなくて街の歴史ある雰囲気を大事にしてるように感じます。

ハーブの演奏も中世を感じさせる素敵なメロディだったのでしょうね。
Commented by monika914 at 2014-10-24 05:19
★やっちん さんへ
コメントありがとうございます。

完走おめでとうございます!!と言われるには気恥ずかしくなる のんびりサイクリング旅行だったのですよ。
レーゲンスブルグ 戦争被害がほとんど無く、歴史ある建造物が多く本当に中世を感じる町並みですね。
ぜひ又行ってみたいです。 その時は石橋の本来の姿が見れるでしょう。
やっちんさんも いつかドイツに来られる日が来るといいですね。
Commented by monika914 at 2014-10-24 05:25
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

大聖堂 本当に迫力ありましたよ。
私の街にも大聖堂が建つ旧市街がありますが、 雰囲気がちょっと違います。
色々な町を訪づれる楽しさが充実した旅行でした。
Commented by monika914 at 2014-10-24 05:30
★るんるん さんへ
コメントありがとうございます。

確かに町の雰囲気というか 町並みの調和を崩さない建築に関しての決まりはドイツの方が厳しいかと思います。
日本の観光地の土産屋が建ち並ぶ光景も私にとっては懐かしいのですがね。
ハーブが奏でたメロデイは周囲に溶け込むような そんな感じでした。
<< 誰かを待つ犬 & 何かを待つ犬 のどかな夫の里にて ~ 心がホ... >>