ちょっと切なくなった 誕生会


日曜日は 夫の友人でスイス人Fの70歳の誕生パーティーへ。
場所はスイスのFlumsにあるホテルのレストラン、我が家から片道130Kmほど。
Flumsはスキー場としても有名。

Fは日本駐在がなんと30年、10年前位にスイスに帰国し我が家にも何度か遊びにきました。

夫は日本でFと知り合い、私も夫と共にFのパーティーへ行ったり、、、思い出深いのはウォータースポーツが好きなFが度々オーガナイズした山中湖の週末にて初めて水上スキーに挑戦した事、 もう30年近く前なんですが 何度トライしても数メートルで水中にドッボン! 疲れ切ってしまった事を懐かしく思い出しました。

私が子供達とだけ帰省した時 子供達が喜ぶだろうってFは車で伊豆の方までドライブしてくれた事もありました。

ジャパニーズガールフレンドも多く 独身貴族(死語?)という言葉がピッタリだったF。
カリスマ性があったF。  世界中に友人がいると言っても過言ではないF。


しかし今は病に侵され ケアホーム暮らし。
ですからパーティーは昼から夕方の時間帯。
本来なら誕生パーティーをする健康状態では無いのに 主役は車椅子で参加。


ずれ落ちないように車椅子に固定され 首はうなだれてしまい 病状は聞いていたものの 前回会った時とは変わりきった その姿に夫も私も かなりショック。   
夫と共に傍に行き 誕生日の祝いの言葉他 話しかけたら 一生懸命答えてくれるのですが ほとんど聞き取る事が出来ませんでした。 

スライドショーで映し出されるFの元気な頃の姿を見ながら 誕生日というお目出度い場でありながら なんだか切なくなってしまいました。

しかし たとえ病気でもこの誕生会を行う事はFの強い希望であり 毎日楽しみに待っていたと聞いた時、体は病魔に侵されていても Fの心は強いままであるような気がしました。

大勢の友人地に囲まれてお祝い出来た事を 体は辛くともFの心は幸福に満ちていたのだろうか。

もし 私だったら、、、、正直自信がありません。
病で変わりきった姿を 皆に見せる勇気がありません。  けれど それは今自分が健康であるからこその 病に対する不安と弱さなのかもしれません。

ホテルのテラスからの眺め。
c0211876_5143362.jpg

c0211876_5153854.jpg


このパーティーで 知り合ったスイス在住の日本女性+ドイツ男性御夫妻。
奥様のKさんが 日本に住む私の旧友Yちゃんにそっくりなので 本当にビックリ。
思わず「Yちゃん」って呼んでしまいそうになりました。

私同様 ワイン好きのKさん、いつか又お会いして一緒に飲みながらお話ししたいな。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-02 05:24 | お出かけする | Comments(6)
Commented by midasjenny at 2011-09-02 08:37 x
何だかとても切ないですね、、、。70歳という事もあり盛大にお誕生日パーティーという事だと思うのですが、昔の姿を知っている人達には、辛いですよね。でも身体は病に冒されていても心は独身貴族のままで居て欲しいですね。ポジティブさは病をも遠ざけてくれる様に思います。

ちょっと複雑な思いだったもに香さん、でも良い出会いも有ったみたいですね♪ 
Commented by papaya_mango at 2011-09-02 16:34
お久しぶりですーーー。この記事読んで日本にいる自分の父親を思い出しちゃいました。派手好きで、パーティとか旅行とかが大好きだった父も、70歳のときに重度の脳梗塞を起こし、今は殆ど寝たきりです。車いすで散歩しても首をだらんとうなだれてしまい、よけいに首痛いんじゃあと思うことも多々。しかしもう8年。顔から表情は無くなりましたが、未だに憎まれ口はたたくし、私が日本に帰ると、それでも喜んでくれます。
Fさんも、どんな病気かは分かりませんが、顔では分からないけれども、本当に楽しみにしていたんだと思います。次の誕生日会を楽しみにして来年またパーティが出来たらいいですね。
Commented by mucci at 2011-09-02 17:38 x
Flumsに来られていたんですね~
Fさんにとっては70歳のお誕生日を皆と一緒にお祝い出来るのが本望だったのでしょうが、やはり病で変わり果てた姿を目にするのは、皆さんも辛かった事でしょう。でも彼の心の中はせめてこの日ばかりは健康そのものだったのかも知れませんね。
誕生会で日本女性と知り合う機会なんて、そうあるものではないと思うのですが、私も一度、主人の友人の誕生会で知り合った日本女性がいました。しかも名前もお互い同じでビックリ・・・(^^)
Commented by monika914 at 2011-09-04 22:25
★Jennyさんへ
前回我が家で会った時も すでに病気だったのですが、私の料理を美味しいって食べてくれ話しも普通にできたんですが、もうそんな事も出来ないのかと思うと なんとも言えぬ気持ちになりました。
もう快復は無理のようですから、こちらから会いに行こうと思ってます。
Commented by monika914 at 2011-09-04 22:45
★ぼんばーさんへ
お父さん 寝たきりとは辛いでしょうね。
憎まれ口たたいてストレス解消してるのかもしれませんね。
表情には出せなくても 里帰りを喜んでくれる気持ちが伝わる、、、親子ってそんなもんです。

Fはパーキンソン他の余病があり、残念ながら快復の見込みは無いようです。
Commented by monika914 at 2011-09-04 22:50
★mucciさんへ
Fの日本時代の友人達もけっこう来ていて、私達夫妻同様 日本駐在中に日本女性と結婚ってカップルもいたので私やKさん以外にも日本女性が何人かいましたよ。    イギリスから来てる人もいました。
K子さんとは たまたま席も隣で 日本語で色々お喋り出来ました。
<< ドッグスクール & 息子がバイ... ウーバーリンゲンの陶器市 >>