ちょっと静かになった我が家

ウィーン大学生の娘が 今日(土曜日)ウィーンに戻りました。    次の帰省は復活祭の休み。
と~っても明るくお喋りな娘なので 居なくなると我が家はちょっと静かになります。

わが町からウィーンまでは片道700km、日帰りで会いに行ける距離ではなく、初めて娘がウィーンに行ってしまった時は 本当に寂しかった。
しばらくは彼女の事を思うと涙が出てきて、娘の部屋にも辛くて入れなかった。
その時 母が私をドイツへ見送った時の寂しさを改めて つくづく痛感しました。 日本&ドイツ間は700kmなんてもんじゃないし。
それなのに そんな母から「元気出して」と慰められてしまった なさけない私です。

昨年のクリスマス前に帰省した娘。
エイミーの大歓迎をうけ、コートもブーツも脱がずじゃれ合ってます。
c0211876_635272.jpg

c0211876_638530.jpg


帰省中は高校時代の友達に会うのにも忙しかったようですが、頼んだわけでな無いのに 家の掃除をしてくれたり、夕食も何度か作ってくれました。
c0211876_6425992.jpg

はっきり言って、彼女は整理整頓は苦手で部屋は乱雑してます、、、、それが唯一の欠点。
しかし どういうわけか自分の部屋以外の掃除はよくやるんですよ。 特にキッチンは隅から隅まで磨いてくれました。
ウィーンではアパートメントシェア(こう言うのかしら?)していて、キッチンは共同で使うので そこを綺麗にしておく癖がついたのかも???

何度かの帰省で しばしの別れにもすっかり慣れてしまい、何処に居ようと健康で彼女なりのペースで明るく暮らしてほしい と願うばかり。

        ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こちらは もう一人?の私の娘。
スキー旅行前に おニューの服を着て試し散歩
c0211876_775099.jpg

実は服を着て、これが出来るか確認したかったの~~。  レディーのこんな姿を撮って ごめんね。
c0211876_79595.jpg

でも なぜか普段は中々難しい カメラ視線がバッチリじゃない!!(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by monika914 | 2010-01-10 07:19 | 家族&我家 | Comments(22)

年越しスキー旅行 その5~大晦日のディナー

大晦日の事をドイツ語で シルヴェスターと言います。

私達家族は今回始めて レストランにて新しい年を迎えました。
夜7時過ぎにシルヴェスターメニューを予約しておいたレストランへ行き、まずはバーでシャンペンとオードブル。
c0211876_863173.jpg
c0211876_865842.jpg

こちらがレストランc0211876_8143248.jpg
私達6人のテーブル、右端のベンチ式椅子の下に潜りこんだエイミーは その場所が気に入ったようで、すぐ横になりました。
そういえば私達以外は皆2人だけのぺアでした。
c0211876_8152632.jpg

c0211876_8163646.jpg最初のワイン
シャルドネー
c0211876_8182872.jpg

c0211876_8192077.jpg

c0211876_8195355.jpg次は
リースリング
c0211876_821914.jpg
c0211876_8214142.jpg

けっして量は多くないし、食休みも充分なのに すでに満腹状態、そして白ワインから赤ワインへ
c0211876_8232181.jpg

c0211876_8241236.jpg

c0211876_8244412.jpg

c0211876_8252480.jpg

パンナコッタ他のデザートが終わった頃はすでに11時過ぎ。

12時前に皆で外に出てカウントダウン。  エイミーは椅子の下で寝ていたのでそのままに。
花火を見ながら 「おめでとう」のハグ&キス
踊ってる人達もいました。
c0211876_8315128.jpg
c0211876_8321445.jpg
c0211876_8323710.jpg

私はエイミーが気になったので早めにレストラン内に戻ったんですが、エイミーは起きていたものの室内音楽で花火の音が少し消され、幸いパニック状態にはなっていませんでした。 良かった~~~。

そして運ばれてきたのは 煮たレンズ豆とコテキーノと言うサラミみたいな物。
c0211876_8371797.jpg

これは幸運と金運を呼ぶとされ、イタリアの年越しには欠かせないものらしい。

あ~~~でも、私の胃はもう何も受け付けられない状態だったので食べれませんでした。 ほんの一口でも食べておけば良かった、とちょっと後悔。

それに年越し蕎麦も食べてないし~、
それでも どうか平穏な2010年となりますように!!!!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by monika914 | 2010-01-09 08:08 | 旅行する | Comments(8)

年越しスキー旅行 その4~ブレッサノーネのクリスマス市

大晦日は朝から天気が雨模様だったのでスキーは止めて車で1時間ほどはしりブレッサノーネという町に行きました。
ドイツ語ではブリクセンと言います。
人口2万人位の小さい町ですが、2009年世界ユース陸上選手権の開催地だったので、日本の若者達もこの地で頑張ったのでしょうね。

ドイツではクリスマス市はクリスマス前に終わりますが、ここでは1月初旬まで開いています。
c0211876_459594.jpg

c0211876_4565618.jpg

c0211876_4595360.jpg

c0211876_531565.jpg
c0211876_502972.jpg

c0211876_563166.jpg

c0211876_571357.jpg

c0211876_575922.jpg

c0211876_584620.jpg

c0211876_592839.jpg

こんな所にもキティーが。
c0211876_5104691.jpg

色とりどりのグミ菓子。 左下のは どう見ても太巻き
c0211876_5112231.jpg


市場の横の建物の窓にはそれぞれ違う絵が、、、、、、、、
c0211876_5212070.jpg

そう、、、アドヴェントカレンダーになってるんです。 中の部屋は当然日差しが無く暗いでしょうに、こうやって市民がクリスマスムード作りに協力してるんですね。
c0211876_5221221.jpg
c0211876_538073.jpgこの大工道具は食べれちゃいます、、、、、だって全てチョコレートですから~。  間近で見てもびっくりするほど良く出来ていて、芸術作品です。
  
c0211876_544793.jpg

                 私の可愛い娘達
              

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



[PR]
# by monika914 | 2010-01-07 12:43 | 旅行する | Comments(10)

年越しスキー旅行 その3~旅行中の食事

やっぱり主婦としては、旅行中ご飯作りから開放されるのは嬉しい、、、、、帰宅後の山のような洗濯物の事は考えないようにして。

通常ペンションで夕食は出ませんが、最初の晩はオーナー婦人の行為に甘え、ペンションにてサラダ、スパゲッティー、デザートを頂きました。

彼女のスパゲッティーソースはトマトを使わず、ひき肉とブイヨン?のさっぱり味でけっこう美味しいのですが、息子は苦手なんです。
勿論 そんな事言えませんから、息子は頑張って食べてました。(笑)

次の晩はお気に入りのピザリアへ。
イタリヤのピザって生地が薄いのがいいんですよね。 ですから見た目は大きくても全部食べれちゃいます。

3日目はやはり毎回必ず行くレストラン。  オーナーがエディーと言うので私達は「エディーの店」と呼んでます。
c0211876_5492835.jpg

c0211876_550749.jpg
c0211876_5505045.jpg

ドイツでも同様ですが、狩猟が出来る山岳地のレストランでは壁に鹿の頭部が飾られてることがあります。
私は慣れてしまったけれど、最初はやはりギョッとしましたね。

甥(ドイツ)も趣味で狩猟するので鹿肉を彼からよく買い、昨年の夫の誕生日には鹿肉料理をしました。

この店で食べたのは ツイーべル・ローストブラテンというビーフステーキに炒めた玉ねぎがのっている料理。

c0211876_5544171.jpg

c0211876_5551991.jpg

食卓から漂ってくる香りをよそに、熟睡してるエイミー。

普段 外食にエイミーを連れて行く事はしませんが、今回昼間はペンションで留守番だったので夜はず~っと一緒。

しかし こんな姿を見ていると、慣れないペンションの部屋での留守番中は不安でよく寝れず疲れてるのかも、と可哀想になりましたが、一緒に来て一緒に新しい年を迎えられた事に後悔はしていません。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by monika914 | 2010-01-06 05:19 | 旅行する | Comments(14)

年越しスキー旅行 その2~雄大な雪景色・ドロミテ

16年前から ほぼ毎年行ってるスキー場はドロミテ山群の中のクロンプラッツという山。
この南チロル地方は第1次大戦後にオーストリアからイタリヤ領になった為、ドイツ語&イタリア語の2ヶ国語が話されています。

スキー場に上がるゴンドラのある場所までペンションから車で約10分。
ペンションのオーナー婦人・マレーレと相談し、初日はエイミーは部屋に残し様子をみる事に、、、そして庭に時々出してもらい様子がおかしい場合は携帯に電話してもらう事にしました。
結局鎮静フェロモン剤は使用しなかったけど、とってもおとなしく静かで庭に出しても勝手に出ようとしないので、マレーレから「特別な訓練でもしたの?」と感心されました。

ま~落ち着いてるのは年齢のせいかもしれませんが、私達が居ても居なくても吠える事は全くなく、レストランの中でも私の足元で静かにしてくれて本当に良い子でしたよ。
そんな訳で私達が戻る4時頃までエイミーはペンションでお留守番。

c0211876_416321.jpg

c0211876_417105.jpg

c0211876_417583.jpg
c0211876_4211123.jpg

天気には100%恵まれたとは言えないけれど、思っていたほど混雑してなくて以外でした。
そして こんな景色を見ながら飲むラテマキャートは美味しい~~。

友人夫妻はスノーボード、私達家族は全員スキー。
家族の中で一番下手で遅いのは当然私。 3歳からスキーを始めた息子はゲレンデでは普段のてんねん君とは別人になります。(笑)

c0211876_4442755.jpg

左から 娘、息子、私、夫。   親の背を越す子が多いけど、娘は私より小さいです。
さんざんスキーヘルメットを嫌がっていた息子には ほぼ強制的にかぶらせたのですが、かぶり心地がよいし頭部が温かいので文句言わず ず~っとかぶってました。
ざっと周囲を見た目で8割以上がヘルメットを着用してますね。 ちなみに成人のヘルメット着用が義務付けられてる所はまだありません。
日本はどうなのでしょう?

c0211876_4584325.jpg

これは元旦の写真。 大晦日の夜更かしで疲れ、一時 母子3人目を閉じて こんなになってるのを夫に隠し撮られちゃいました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by monika914 | 2010-01-05 04:31 | 旅行する | Comments(14)