♪ 誕生日 ♪ & 息子の言い分

昨日の13日は 私の誕生日でした。

こちらでは 誕生日を迎えた本人がケーキやら料理を用意してゲストをもてなす事が多いのですが、昨日 私は 昼前からず~っと外出。

昼間はSATC会メンバーと一緒に過ごしました。
私の誕生日だから、、、、というのが理由では無く、里帰りしていたたまちゃんが戻ってきて、今度はまるちゃんが里帰りするので その前に集まりました。
今回はさくらんぼさん宅にて。
c0211876_4115927.jpg
ダイニングキッチンから見られる のどかな眺め。

c0211876_3184546.jpg

さくらんぼさんが御馳走してくれたのは手巻き寿司。  勿論日本に比べたら ねたの種類は少ないですが、私達にとっては凄い御馳走なんです。

c0211876_4225927.jpg
さくらんぼさんの旦那様が撮ってくれたSATC会メンバー写真。   
皆 服に合わせたサングラスが素敵でしょ!(笑)

そして勿論ゲーム。   時間はあっという間に過ぎていき、家族との外食時間に間に合うよう慌てて帰路につきました。



レストランの予約は7時半で、帰宅したのは7時過ぎ。(エイミーの散歩は息子に頼んでおきました)
エイミーのお出迎えのハグで 黒いセーターが毛だらけになったので急いで着替え、夫&息子と共にイタリアレストランへ。

そういえば 昼間 まるちゃんから「今晩、もに香さん達 お洒落して出かけるんですか~?」って聞かれたんですが、 夫が普段着で行く事は百も承知だったのでお洒落することなんて考えていませんでした。

イタリアンは数多くありますが、友人から薦められていた店なので楽しみでした。  しかし昼に手巻き寿司をたくさん食べ過ぎて 残念ながら空腹感がありません。

結局 4品のアンチパスタ、& Scampi(ノルウェー ロブスター)。 夫&息子は加えて肉料理。

c0211876_5153570.jpg
空腹でなくとも 冷えたシャルドネは美味しい~。

誕生日の記念にと 息子が撮ってくれましたが、レストラン内で料理の写真を撮るのはマナー違反と息子から言われ、食事中、、、それも誕生日にあれこれ言い合うのも嫌だったので 撮るのを諦めました。

この事に関して、今日息子と話したんですが
「ママは日本にはドイツには無い食事中のマナーがあるって言ってるよね。例えば 大きな音たてて鼻を噛む事はいけないとか、、、、、、ここでは レストランで食事中 料理の写真撮るのはマナー違反だって思うんだ」

彼の言う事も少しは解るんですよ。 
照明控えめの店内で フラッシュたいて写真撮る勇気は私にはありませんし、同席者の事も考慮すべき。
しかし目立たないように撮るのは 食事中大きな音たてて鼻をかむドイツ人よりは味覚を損ねないのではないか!と思うんですがね。

ま~、写真の事は些細な事と思うようにして、、、、、、、楽しい誕生日を過ごす事が出来ました。

Scampiは とっても美味しくて 結局全部食べれたし、 息子の運転のおかげて 夫も私もワインを堪能出来たし。



ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-04-14 03:07 | お出かけする | Comments(16)

Villeroy & Boch  自慢と謙遜

10日ほど前、街中のショッピングセンターに行ったら この店で半額セールだったので入ってみて、、、、
c0211876_5181952.jpg

ふと下を見てビックリ。
c0211876_5194480.jpg

飼い主の女性は試着するのに忙しく、店内を行ったり来たり、、、、、でもワンちゃんは頭上に衣類がヒラヒラしてようと、誰が近づいてこようと 大人しく横たわってました。
エイミーだったら 私の傍を付いてまわるだろうな
カメラ視線もバッチリ、 可愛い!
c0211876_520204.jpg


友人からVilleroy&Bochが値引きされてる!と聞き、昨日デパートへ行きました。
色々なシリーズが出てますが、私はけっこう古いIvoireというシリーズを集めています。
娘と選んだんですが 淡い色合いが気に入ってるんですよ。   幸い 今でも購入できます。
c0211876_5204664.jpg

c0211876_5211519.jpg
写真は他のサイトから。

残念ながらIvoireは安くなっていなかったのですが、 値引きされていた長方形のシンプルなプレートが気に入り6枚購入。    頭付きの魚でも大丈夫そう。
c0211876_5213753.jpg

てっきりBoneChinaだとばかり思っていたんですが、帰宅してよく見てみたらFineChinaでした。 
c0211876_522036.jpg

で、、、FineChinaって何? 調べてみたら一般磁器の事。
ややこしいのですがFineBoneChinaというのもあり、これは骨灰を25%以上含んだ原料から成るBoneChinaに比べ骨灰が50%以上含有されてる物だそうです。


娘が2歳~3歳の頃、ヨーロッパ最大の日本人街であるデュッセルドルフの近くに住んでいました。
そして日本児童を対象とするプレイグループを通じて駐在婦人達と仲良くしていました。
その中でマイセンの食器を集めてる方がいて、ある日彼女が口にした事に少しショックを受けてしまったんです。
高価な物を集めてる事は同じ会社の御婦人達には秘密である、だから棚に飾る事も出来ない、帰国しても同じ会社の方にはこの食器は見せられないし使えない。 駐在暮らしが豊かであるような事はアピール出来ない。
他にも駐在暮らしの掟のようなものが たくさんあるのよ~って つぶやいていた彼女とはコンタクトがなくなってしまったけれど、どうしているのかしら。


私は自慢を聞く事は 嫌いではありません。
ね~、これ買ったんだけど素敵でしょ、とっても気に入ってるのと笑顔で言える人は素直で可愛いと思うし、変な謙遜より よっぽど耳に心地良いです。
しかし自慢する相手を考慮すべきだし 大人の人間関係では 謙遜する立場 をわきまえるってのが大切なんでしょうね。
なんだか 学校の道徳の授業のようになってしまいました~(笑)
今でも課目に道徳ってあるんでしょうか?

ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-04-10 19:17 | 買う | Comments(12)

娘のアイデア & ボーデン湖の朝日


復活祭の日曜日 夫&エイミーと普段とは違う散歩コースを歩きました。
坂を上って 見下ろした湖。
c0211876_4234451.jpg

遠く雲の下に見えるスイスの山々
c0211876_4274045.jpg

少し離れて立っている夫の事が気になるようで、カメラに顔を向けてくれません
c0211876_432667.jpg

この建物はユースホステル。 円柱の塔の中にも部屋があるそうです。
c0211876_4434845.jpg



散歩途中 無人らしい古い農家の建物を見かけ、娘がよく言ってる事を思い出しました。
夫は大工仕事が大好き。 これまでもフローリングだった居間を石に変えたり、風呂場のリフォーム他色々やりました。
サッカー仲間には電気技師や水道工事の専門職の人もいて、彼等が手伝ってくれる時もあります。
それで娘は 「パパが退職したら、古い農家でも買って友人達と少しづつリフォームしたらどうかな。老後の趣味として暇つぶしになるしパパも楽しめると思うんだけど」
それを聞いて夫は「いいかもな~」って笑ってるんですが、
娘は そのパパが(ママも)年老いていく事はあまり考えてないみたいです。(笑)
体力のいる作業は無理かもしれないし、 それより孫のオモチャでも作ってもらう方が無難かも。
でも孫っていうのも まだまだ遠い先の事のような気がします。
その娘は 今朝 ウィーンに戻りました。


今朝の散歩にて、、、、、 7時頃です。
c0211876_535995.jpg

c0211876_555507.jpg

写真より実際はもっと明るかったです。
とっても綺麗で 立ち止まって眩しい朝日を見ていました。



ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-04-08 15:20 | よもやま話 | Comments(12)

イースター ラム (復活祭の羊)&クヌーデル

復活祭ではお馴染みのイースターエッグ、イースターバニー、 そしてイースターラム
羊形の焼き菓子。 型も売られていて自分で作る人もいます。
c0211876_353586.jpg

袋から出すとき、片耳が取れてしまいました。
c0211876_3544793.jpg



その性格、姿から平和を好み、無防備、忍耐、潔白純粋のシンボルとされ、ヨハネ福音書にはキリストの事を「世の罪を取り除く神の子羊」とあります。
旧約聖書のイスラエルのエジプト脱出記では イスラエル人は神が言ったとおり 羊を血を戸口に塗り、「死の使い」が通り過ぎるのを待って救われたという話もあります。
この話がいわれとなってるペサハ祭り(ユダヤ教の過ぎ越し祭り)では 羊の肉を食べます。
このように キリストと羊にまつわる話は他にもたくさん あるんですね。

飾りやお菓子としてだけでなく、ドイツでもイースターラムが食卓に出る事が多く、我が家も日曜日にラム料理を食べました。
肉屋に注文しておいた 骨なしもも肉。 1.1Kg.
c0211876_4221737.jpg
ラムは独特な臭みがあり、私はそれが好きなんですが、娘はちょっと苦手。
ですから無糖ヨーグルトドリンクに似たButtermilch(ブッターミルヒ)に一晩浸けました。 臭みが和らぎます。
軽く塩コショウ、乾燥ローズマリーンをふりかけ、オリーブオイルで表面に焦げ目をつけ、 赤ワインと水を足して200度にしておいたオーブンへ。
c0211876_4291438.jpg

c0211876_429484.jpg

焼き時間は1時間位。 鍋にバターと小麦粉を軽く炒めておき(とろみをつける為)肉以外の煮汁を入れ、ソースを作ります。
今回は即席のソースの素は使わず、生クリーム、バルサミコクリーム、そしてウスターソースで美味しいソースが出来ました。

付け合せは毎度同じですが、芽キャベツのガーリック炒め赤キャベツの甘酢煮
そしてクヌーデル。  
クヌーデル用のパンは古くなければ 美味しく出来ないので3日前に買っておきました。
ブロートフェンという小さいパンを12ヶ。  1ヶ50g位かな。 フランスパンでも出来ます。
c0211876_4434760.jpg
細かく切って 熱いミルクを入れ蓋をしておきます。
ミルクは小さいパン10ヶに対し500ml。
c0211876_4464532.jpg

c0211876_4525882.jpg

みじん切りした玉ねぎ、好みでニンニク、ベーコン、パセリを炒め、冷まして 卵(2~3ヶ)と共に柔らかくなったパンと混ぜ、手で混ぜます。 コショウは入れますが、塩はベーコンの塩分があるので控えめに。
c0211876_4534893.jpg

硬さの説明が難しいのですが、柔らかすぎた場合はパン粉を入れ、ボール型にまとめ
c0211876_4565818.jpg
熱湯の中に入れ、弱火にして20分くらい茹でて出来上がり。
c0211876_4574943.jpg

ソースに絡めながら食べるので ソースはおおめに作っておきます。
c0211876_5161625.jpg

お肉は柔らかくジューシーで本当に美味しかった~。


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-04-05 02:21 | 食する&料理する | Comments(20)

娘の誕生日 ~ 23年前の思い出

公園の水仙も綺麗に咲き始め
c0211876_7145784.jpg

窓辺にも春が来て
c0211876_7331798.jpg



昨日の聖金曜日は娘の23歳の誕生日でした。 そして祭日。

c0211876_71651100.jpg娘が焼いた
リンゴケーキ















私が作ったロールケーキ
c0211876_7205631.jpg
イチゴ、
キーウィ、桃を入れました。
c0211876_727471.jpg


夕食は娘の好物のステーキでも、、、、という訳にはいかず、、、、、聖金曜日には肉を食べないという宗教上の習慣の為、魚料理にしました。
これはあくまでも習慣であり個人の自由なのですが 前日の魚屋は普段より混み、スーパーの魚介類コーナーも早く物がなくなります。

食後9時過ぎに 娘同様イースター休暇で帰省してる友人達が訪れダイニングルームが賑わってきたので、夫と私は居間へ避難(笑)
娘達のパーティーは朝の4時過ぎまで続いたそうです。

私の誕生日の度に母は「もに香がもうXX歳なんて なんだか信じられないわ~。 お母さんも年取るわけよね」と 言うんですが、 私も 娘がもう23歳なんて なんだか信じられない心境です。

娘をドイツで出産する際、母は「手伝いにいくよ」と言ってくれたんですが、言葉の解らない異国では母も大変だろうと思い断りました。
それに こちらでは日本のように産後 母子共に家の中でゆっくり過ごすといった習慣も無く、入院せず出産後しばらく休んで帰宅する方さえいます。
私は6日間入院しましたが、退院してすぐ ほぼ平常生活。
今のようにインターネットで情報収集なんて出来ない時代でしたから、育児書を何度も何度も繰り返し読みました。
看護婦の義理姉に色々聞きたくても 遠方に住む彼女に電話で詳しい事を聞く語学力も無く 些細な事で心配になったり不安になったり。

生まれる前、義理の姉が乳児の衣類と共に古い乳母車を譲ってくれ、それを使うつもりだったのですが、いざ娘が生まれ胸に抱いていたら「この子には やっぱり新しい乳母車がどうしても欲しい!」という気持ちが溢れてきて、退院した日に夫をせかして買いに行きました。

育児に不安だらけな一方 この子の為なら 何だって出来る!という思いでいっぱいの新米母でした。

そして23年後の今、娘を頼りにしてしまう事もある母(私)です。


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by monika914 | 2010-04-03 23:12 | よもやま話 | Comments(22)