お寿司 ~ 教えに従わぬドイツ人 



土曜日 M市に戻った息子、彼の最後の晩のリクエストは餃子。
料理好きの息子は皮包みを手伝ってくれたけど、けっこう上手でビックリ。

60個(うち20個はシソ入り)を作りました。  さすが4人で全部食べきれず 残りは冷凍。

c0211876_05031305.jpg






土曜日の晩は 夫&友人夫妻達とお寿司を食べに。

c0211876_04460696.jpg
このメンバーだと 毎回同じ、、、、枝豆、焼き鳥、 そしてお寿司。

まずはビールで乾杯し、 そして白ワイン。


お寿司は8人分の握り&巻き寿司を 卵とカンピョウ抜きでお願いします。

他の握り寿司セットメニューに比べると 魚が薄切りですが(小僧寿し並?) ドイツ人達は大満足。



c0211876_04462269.jpg

私の教えに従わず、 寿司飯を醤油に ど~っぷり浸して食べる人もいて。
もう 好きなように食べてくれ~~~!!




ナナは娘と留守番。
c0211876_04554476.jpg



満足げな寝顔、、、いい夢みてるのかな。

c0211876_04561261.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
# by monika914 | 2017-03-13 05:15 | Comments(2)

猟犬から追跡犬?? イタリアからの保護犬




ネオ君(左側)
「オイラのガールフレンドにならないかい?」

ナナ 「考えさせて、、、、、」



c0211876_05485464.jpg






先日初めて会ったステラ(4歳)、 イタリアからの保護犬。

c0211876_05592953.jpg

飼い主御夫婦とは 散歩中たまに会う事がありました。
住まいは別の都市だけど 時々ボーデン湖に遊びにくるそうです。 


先代犬はホヴァワルト (Hovawart)
日本ではあまり知られていない犬種でしょう。  黒毛もいるけど↓はゴールデンに似ています。(拝借画像)
c0211876_06163495.jpg

昨年 先代犬を亡くした当初は、もう犬を飼わないつもりだったけど ネットで保護犬の里親探しを見ていて ステラを引き取ることに決めたそう。

ステラはイタリアで猟犬でしたが3歳の時 飼い主(ハンター)は年齢&健康上の理由で猟を止め ステラを動物センターへ。

とあるレスキュー団体によりイタリアからドイツの一時預かり宅へ そして現飼い主へ。


猟犬であった事は知らされていたけど、想像以上に猟本能が強く まだフリーには出来ずロングリードで訓練中。

イタリアでは猟の時以外は屋外で飼われていて 人間との生活に慣れていない為、人減の行動に非常に神経質で飼い主が大きいクシャミをするだけでパニックになって 家中走り回るそうです。



c0211876_06350849.jpg

飼い主はハンターでは無いから猟犬としては もう活動させられないけど、 まだ若い元猟犬のステラには「仕事」が必要。
ただ家庭犬としての暮らしだけでは ストレスがたまってしまう。
それで追跡犬としてのトレーニングをしたいと話す飼い主さん。
素晴らしい!!

けれど 彼達はけっして若く無く、おそらく70代。

「頑張って!」 と応援したい気持ちと 正直 「大丈夫かな?」 と思う気持ちがあります。

ステラの追跡犬への道のりは どうなるでしょう。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
# by monika914 | 2017-03-09 06:53 | Comments(2)

賑やかになった我が家



木曜日のランチは友人とレストラン「達美」へ。

私はお刺身&ご飯&味噌汁。  今回は大好きなハマチがあって大満足。


c0211876_06400673.jpg



大学休みで 土曜日に帰って来た息子、 彼のリクエストで肉まんを作りました。
  
c0211876_06401932.jpg


日曜日の今日は 再たび息子の希望で酢豚。

c0211876_06455659.jpg


久し振りに家族が揃い 夜は娘&息子も出かけなかったので 夕食後 4人でゲーム・ラミーをしました。


c0211876_06483171.jpg

息子は一週間、娘は明日から我が町の小学校で3週間の実習をするので 長く滞在。

しばらく我が家は賑やかになりそうです。



家族の一員であるナナ、 
肉まんも酢豚も一緒に食べれないし ラミーも一緒に遊べないけど 皆揃った事を喜んでくれている気がするのですよ。

c0211876_06510239.jpg


c0211876_06511525.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
# by monika914 | 2017-03-06 06:54 | 家族&我家 | Comments(6)

散歩中のお楽しみ




公園で合ったワンちゃん、  ハンガリアン・ビズラ(ハンガリー原産のポインター犬種)
私がこれ迄会ったビズラ達は みなテンションが高く常に走り回ってたけど このワンちゃんはけっこう落ち着いてました。  確か6歳。


c0211876_07072445.jpg

ナナは何かもらえる!と期待満々ですが、 「あげないで下さい」とお断りしました。

c0211876_07074109.jpg

散歩中 よく会う方限定で許可しています。



その一人(一組)がBさん夫妻。
ご主人は娘&息子が通った高校の美術教師でした。

先代犬を亡くしてから 犬を飼ってないBさん達ですが、毎朝ウォーキング中に出会う犬達に話しかけ 触れあい 食べ物を与えるのを楽しんでいるようです。

ナナのドッグシッターをお願いした事もあるのでナナはすっかり懐いていて 彼らをみるとすっ飛んでいきます。
そして一緒に私のところに戻ってくるところ。
c0211876_07232949.jpg


c0211876_07252004.jpg

散歩中 Bさんに会える事を期待して 会えなかった時は ちょっとガッカリしてるんじゃないかな、とさえ思います。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
# by monika914 | 2017-03-04 07:40 | 愛犬と暮らす | Comments(0)

会うは別れの始まり


15年前 子供達が留守番出来る位の年齢になり 自分の時間が作れるようになった 私を含めた4人のドイツ人の夫を持つ女性達。

彼女達がある日集まり「何か一緒に始めたいね、日本の歌とか一緒に歌いたいね~」

そんな時 駐在員奥様で声楽を学んだオペラ歌手のNさんと知り合い コーラスの指導をお願いしたら 気持ちよく引き受けてくれました。

それが私が参加する『日本女性コーラス』の始まり、 主に日本の歌だけど それをドイツ語訳で歌ったり、逆にドイツの歌を日本語で歌ったり。


c0211876_06512433.jpg






発声練習で出せなかった高音が出るようになり、里帰り中のカラオケでは「もに香、歌上手になったね」なんて言われた事も。

その後 メンバーの入れ替わりはあったものの、 コンサートや催しで歌うようになり、 私にとって思い出深いのは とある大学の講堂にて大勢の前で歌った事とか 東日本大震災後に募金集めの路上コンサートを行った事。

けれどリーダーであるNさんが帰国したら 「親亀こけたら皆こけた」になってしまう事は分かっていました。

そして残念ながら その時が来てしまい 今週の水曜日は最後のコーラス練習。

これ迄歌った事のある曲の中で メンバーが歌いたい曲を選び 歌いました。

最後の最後にはドイツの『別れの曲』を。

それを歌っていたら熱い物が心からこみ上げて来て なんとも言えない気持ちになってしまい。。。。

『会うは別れの始めなり』と言いますが、 長年のお付き合いの終わりは やっぱり悲しい。


でも 次の里帰りではNさん家族を訪問しよう!という楽しみも。

Nさん、 長い間コーラスの指導、本当にありがとう!!!
ドイツ生活の中で 日本女性達と楽しく過ごせる時間であり、一緒にコンサートなどで歌った経験は大切な思い出となるでしょう。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
# by monika914 | 2017-03-03 07:11 | 色々する(趣味) | Comments(7)