<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ナナ と 落ち葉







c0211876_05194534.jpg


日曜日の今日 午後から晴れ間が広がり 湖沿いを散歩する人達が多かった。




c0211876_05200661.jpg





c0211876_05150796.jpg




c0211876_05190234.jpg





c0211876_05192369.jpg


落ち葉を頭に乗せ 「動かずに!」

言われたとおり じっとしているナナが いじらしい。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2016-10-31 05:47 | 愛犬と暮らす | Comments(0)

札幌で出会ったラブ達 & 超高価犬とバーゲン犬



毎日のように色んなワンちゃんに出会う日常ですが、在日中は たまに見かけるていど。
ほとんどが小型犬。

でも 札幌市庁舎前で出会ったんですよ、2頭のラブちゃん達に。


c0211876_05064694.jpg
嬉しくなって づうづうしくも飼い主さん達に話しかけ、ラブちゃんを撫でさせてもらいました。
おかげで『犬触れ欠乏症』になっていた私は かなり癒されましたよ。
ありがとう!!




c0211876_05203621.jpg
確か どちらかのラブが盲導犬の繁殖犬だったとか。






秋色世界の中を散歩。  
好きな歌『いまは~ もう秋、誰も いない、、、、、』周囲に誰もいなければ声出して歌い、居れば心の中で歌いながら。


c0211876_05305909.jpg




c0211876_05312372.jpg



ところで 
日本のショッピングモール内のペットショップで『フレンチブルドッグの子犬が65万円』には おったまげましたよ。

一方 格安バーゲン犬のチラシもある日本。

超高価犬&バーゲン犬、 これってオカシイどころか狂ってる。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-10-30 05:56 | 里帰りする | Comments(2)

温泉&北海道旅行 イン ジャパン




里帰りの楽しみの一つは温泉。
こちらにも温泉はありますが 医療&リハビリ用に使われていたり 温泉プールは水着で。
日本の「い~いっ 湯だな~」と寛ぐ温泉とは全く違います。

1. 姉と日帰り温泉。


2. 長く車に乗るのが辛くなった母とは近間の温泉宿に一泊。


3. 旧友達(私含めて女4人)とは伊豆に一泊。  この時は我ながら呆れるほど お喋りし通し。
ホテルに昼頃着きランチの後に卓球、、いや!ピンポン 次はカラオケ、そして麻雀(ワタシ 役とか知らず点数も数えられず並べるだけ)
2日目はロープウェイで上がり景色を楽しむ予定が あいにく雨。
なので又ピンポン。 ダブルスも頑張りましたが 皆あまりに下手過ぎて続かないけど爆笑。

オバサン4人旅行は食べて飲んで遊んで温泉、、、観光なしでしたが 楽しかった~。


4. 姉と2泊3日の北海道(函館、小樽、札幌)旅行。 行きは新幹線、帰りは飛行機。
ワタシ北海道は初めてで とても楽しみでした。 せっかくなので3~4泊と思ったけど 仕事を持つ姉には無理。

これはバスツアー旅行、バスガイドさんの話は上手で面白かったけど、ツアー旅行というのは なんと忙しないのでしょう!と ツアー旅行に慣れていない私は思ってしまいます。

自由時間が多いツアーもあるのでしょうが、このツアーはけっこうハードスケジュール。
ここで もっとゆっくり過ごしたい、 この店に入ってみたい、と思っても 時間通りに行動しなければならない。
限られた時間で多くの観光スポットに連れて行ってくれた事は確かですが。




c0211876_05224191.jpg

函館山からの夜景は素晴らしかった。
何度訪れても、悪天候で夜景を見れない人もいるそうで、私はラッキーでした。

どの旅行でも「日本の味」を楽しめたけど、やっぱり北海道は海の幸が格別。


c0211876_05360980.jpg
大々好きなウニ(函館の朝市にて)   こちらの魚屋さんではお目にかかれません。
寿司屋でもウニの軍艦巻きを堪能、 コレステロール値の事は考えないようにして。。。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-10-29 05:59 | 里帰りする | Comments(0)

ただいま~、 留守中のナナは。。。



c0211876_4481888.jpg



3週間の日本での日々はあっという間に過ぎ去り 昨日ドイツの我が家に戻ってきました。

里帰りの最後に必ず訪れるのは『辛い母との別れ』
でも 私の帰宅を大歓迎してくれるナナに触れ 重くなっている気持ちがどんなに軽くなる事か。



c0211876_52271.jpg

今回 ドイツから持って行くスマホが使えるようポケットWi-Fiをレンタルしました。


おかげでWhatsAppやLINEで家族や友人達とコミュニケーションが簡単。
でも 娘からの画像は。。。。



c0211876_58093.jpg

一緒にベッドに横たわっているらしいけど ナナの顔が見えないじゃん!!


ナナのベッドは1階。
夜は私が「おやすみなさい」と2階に上がると ナナは居間のベッドから廊下のベッドに移動します。
けれど私が居ない間は2階の娘の部屋に移動。
人間と一緒のベッドで寝る事が習慣づいていないのに、 きっと私の不在で不安なのでしょう。
ちなみに夫は犬をベッドにあげない人なので それもナナは分っているのね。



娘の大学が始まり 夫とフタリだけになった最後の週、ナナは再び1階のベッドで寝ていたそう。
幸い夫は出張が無く、朝晩の散歩の他に昼間も家に戻りナナと散歩をしたそうです。






これは友人夫妻が送ってくれた動画。


私が不在中の家族や友人達の協力に感謝。



c0211876_5444736.jpg


長期間居なくなってしまう私を「必ず戻ってくる」と待ってくれるナナ、 
そう思いたいです。






にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-10-27 05:52 | 里帰りする | Comments(10)

フェストにコーラス出演 & 再び ナナとしばしの別れ



c0211876_4544131.jpg
(拝借画像)

我が家から約75km 黒い森地方のドナウエッシンゲンという街にはドナウの源泉があります。

土曜日 その街で行われたフェストにコーラス出演してきました。



c0211876_4571649.jpg

市庁舎前の広場、 まだ午前中なので人がまばらですが午後から賑やかになってきて。



c0211876_4583865.jpg

3度舞台に立ち それぞれ「さくらさくら」「村祭り」「会津磐梯山」「上を向いて歩こう」他5~7曲を歌いました。

ゆかたを着たお子様達が舞台に花を添えてくれ コンサートとは違った雰囲気の中 楽しく気軽に歌えました。

そのせいか? 音程ちょっとミスしちゃったけど。


私達の他にマリンバの独演やハンガリーダンスや和太鼓なども。

フェストは市庁舎前からショッピング通りを抜け次の広場まで続き たくさんの屋台他が。

そして やっぱり私の目を引いたのは。。。。



c0211876_55542.jpg




c0211876_5649100.jpg


ドイツ赤十字・救助犬の募金活動。


c0211876_5804.jpg




c0211876_584333.jpg



c0211876_594341.jpg


残念ながら実演は無かったんですが
人の命を救ってくれるかもしれない犬達に感謝、 募金をさせていただきました。





先日 街中でみかけたワンちゃんは看板犬。

c0211876_513448.jpg




c0211876_5133316.jpg


人の命を救う事は無いと思うけど 心は十分癒してくれそう。



c0211876_5154778.jpg

夏場は犬禁止の公園に入れるようになりました。



c0211876_517825.jpg



c0211876_5174013.jpg


ギリシャからの保護犬 ライスちゃん。 ご飯のReisでは無くLeis。
ちょっと お痩せちゃんですが、多くのストリートドッグがいる中 保護され家族が見つかったラッキー犬です。



さて 明日の今頃 私は日本へ向かう空の上。

昨年初夏の里帰りでは1週間一人旅をしてブロ友さん達に会いましたが
今回は姉と北海道旅行したり、旧友達と温泉に行ったり。

3週間居るので時間的には もっと旅行に行けるけど
母とゆったり時間を共にするのも里帰りの大きな目的なので 外出ばかりしていられません。

私の留守中のナナですが 幸い娘の大学休みは長く 最初の2週間は娘が在宅。
残りの1週間 もし夫の帰宅が遅くなる場合は友人がナナの世話&散歩をしてくれる事になっています。



ナナ 待っててね!






にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-10-03 05:37 | 色々する(趣味) | Comments(4)

サイクリング旅行(8) ハイデルベルク旧市街 旅行最後の夜



ハイデルベルグ観光2日目、一組の友人夫妻は都合でその日帰宅、残り8人は旧市街をガイドさんの説明を聞きながら歩きました。



c0211876_6182599.jpg

再びカール・テオドール橋


c0211876_6195175.jpg

聖霊教会

周囲は教会に接する形で土産屋が並んでますが 「中世時代にも ここに店が並んでたんですよ、、こちらを見てください」と ガイドさんが私達を誘導し指さしたのは 土産屋と土産屋の間に わずかに見える教会の外壁。
そこには 何かの形が彫ってありまして リンゴ? 王冠? どれも違いプレッツェルだったんです。

c0211876_5411022.jpg





c0211876_671552.jpg
(拝借画像)
ドイツ最古の大学、 ハイデルベルグ大学



大学校舎とは別に『学生牢』があり、1712年から1914年まで使われていました。

部屋の壁には学生達が描いた似顔絵(当時の流行であった影絵)や詩が書かれています。

c0211876_685140.jpg




c0211876_6142726.jpg



詳しくは 『ハイデルベルグ学生牢』の説明を。




c0211876_555829.jpg


カフェ・クネーゼル(1863年に設立)
学生達に人気の場となり(昔は学生は男性のみ)ハイデルベルグの女子学校の生徒達もクネーデルに来たのですが、現在のように簡単にメルアドや携帯番号を聞ける時代ではありません。

そこで店主のアイデア、、、男子学生が気になる女性に話しかけ&プレゼント出来るチョコが作られ 『学生の口づけ』と名付けられハイデルベルグの名物となったそうです。

c0211876_61165.jpg
(拝借画像)

私は買わず、食べなかったので味の方は分りませんが。


旧市街を周った後 私達は↑のクネーデルでは無く、同じ通りにあるシュノーケロッホ(Schnookeloch)へ。

c0211876_6264622.jpg


18世紀に建てられ 当時から学生の溜まり場になる酒場だったらしいです。


c0211876_6294192.jpg



その後はショッピングタイムとなり それぞれ別行動。



そして夜 予約しておいたWirtshaus Zum Seppl(ウィルツハウス ツム セップル)で待ち合わせ。


c0211876_4414532.jpg
(拝借画像)

17世紀終わりに建てられた歴史的建造物で 昼間入ったシュノーケロッホ同様学生達の人気の店だったそう。
そして同じく壁には たくさんの写真や絵が飾られています。




c0211876_4492764.jpg




まずはワインテイスティング(勿論 ネッカー川沿い産地のワイン)から始まり、その後 ゆっくりコースディナー。



c0211876_4562130.jpg


映画&ポピュラー音楽を弾いていた男性。
てっきり ピアノ好きの隠居したお爺さんかと思ったら、大学教授(現役)でした。



旅行最後の晩という事もあり 飲兵衛達は夜中までワインを堪能。
誰もケガする事なく楽しく美味しい旅に乾杯。


c0211876_5244060.jpg

ハイデルベルク城を見上げながら ホテルへ。

そして翌日 電車でマイホームに帰りました。






にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-10-01 05:26 | 旅行する | Comments(0)