<   2014年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ジキルとハイド & 訪問犬



ナナ・ジキル

c0211876_443967.jpg


c0211876_4575.jpg






ナナ・ハイド

c0211876_45525.jpg


c0211876_46194.jpg




       ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


9人の飼い主が愛犬と共にトレーニングや勉強会をして 老人ホーム&幼稚園での実地試験。

2組が不合格となりました。

合格した7組は それぞれの住まいに一番近い地区の訪問犬グループに所属し夏休み(BW州の夏休み)が終わる9月中旬から活動が始まりますが、 私はその頃サイクリング旅行をするので9月下旬か10月からになりそう。

その前にグループのリーダーに会って 話し合いがあります。
定期的にグループの集まりもあります。

ボランティア活動であり 週や月に何度位活動出来るか 何曜日が良いか、 老人ホーム訪問でなく幼稚園のみの活動にしたいとか、 そういう希望も言えるようです。

今 考えているのは両方の活動をしてナナの様子を見ていこうかと。
試験の時は 認知症のご老人ばかりでしたが、 体の不自由な方や一人住まいの方への訪問などもあるとか。

子供にしても試験の時は たまたま犬慣れしていない子達でしたが、 逆に積極的にナナを触ったり騒いだりする子達の場合もあるでしょう。

訪問相手により 私もナナも臨機応変にコミュニケーションを取るのが重要なんじゃないかと、、、頭では解っていますが さあどうなるでしょうか。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-31 04:48 | 訪問犬 (セラピー犬) | Comments(0)

テラスの花~アガパンサス & 友人の誕生会


テラスに咲く花の中で一番好きなのは

c0211876_4394681.jpg

綺麗な色ですよね。
c0211876_4401860.jpg


アガパンサスはギリシャ語のagape(アガペ 愛)とanthos(アントス 花)の2語の組み合わせで、このため花言葉は「愛」や「恋」にちなんだものが多い(ウィキペディアより)

アガパンサス属は10種類ぐらいあるそうで これはムラサキクンシランでしょうか。
ドイツ語では Schmucklilien

丈夫で手が掛からない花です。



この方も丈夫で手が掛からない よい子さん。

c0211876_4551035.jpg

手前はキョウチクトウ。
c0211876_455373.jpg





昨晩は夫と共に友人の誕生会へ。

c0211876_55297.jpg


庭でのBBQ 残念ながら雨が降り出し屋内へ。
友人の誕生日は翌日の火曜日なので 夜中12時に「おめでとう」の乾杯。
誕生日前に祝ったりプレゼントあげる事はしない、と言う決まりのようなものがあります。

こんな風に誕生日を祝う事って珍しくなく まるで大晦日の年越しのように日が変わるのを待つんですが、週末の場合が多いです。
平日だと翌日に響くから、、、そして実際 響いています(笑)




今日は娘に付き合ってスイスに買い物に行き ランチは大好きなベトナム料理店でフォー。

c0211876_516504.jpg




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-30 05:21 | よもやま話 | Comments(4)

お互いの幸せの為に~ライフスタイルに合った犬と暮らす

湖沿いにある公園で その張り紙を見たのは 1ヶ月ほど前。

雄犬(2歳)と午前中 散歩してくれる人を捜しています。 電話番号XXXXX

たぶん この付近に住む犬、 どの仔なのだろう? とちょっと気になったものの最近無くなった張り紙。

どの犬だったのか 分かったのは最近の事。 フラットコーテッド・レトリバーのJ君でした。


ちょっと説明が長くなってしまうのですが、、、、

J君の先代犬はアイリッシュセッター、 飼い主は70代の御夫妻で 我が家の先代犬達と散歩中 お爺さん&アイリッシュセッター君とよく会いました。

フリーに出来る散歩道や草原や森でも アイリッシュセッター君は たいていオンリード、しかも お爺さんのペースに合わせてゆっくりゆっくり歩かされていました。
稀にお爺さんが犬をフリーにすると気が狂ったように走り回り 時には人にも飛び掛かり ドッグフードが入っているポケットに口を入れ引っ張ったりするので 犬飼いの間では要注意犬となってしまったのです。

ジャケットのポケットを噛んで破られてしまった人や持っていた買い物袋を取られてしまった人がいました。
しかしお爺さん けっして謝ったりしませんでした。

一度フリーにすると そんな風だし呼び戻しも出来ないので お爺さんはますますフリーにする事を避けるようになる、イコール 犬はますますストレスになる、、の悪循環。

誰もが思った事 「あの犬には充分な運動と躾けをしてくれる飼い主が必要」

しばらくしてお爺さんは逝ってしまい その後老犬となったアイリッシュセッター君と散歩している お婆さんの姿を見かけましたが、やがてアイリッシュ君も虹の橋へ。

そのお婆さんが次に飼ったのが フラットコーテッド・レトリバーのJ君。
2年前 ブリーダーからパピーを買ったのです。


近くに住む孫が時々一緒に散歩していたけれど その子は昨年 遠方の大学に行く為引越し。

先代犬同様 お婆さんは犬を常にオンリード(フリーにすると なかなか戻ってこないから)、 遊び盛りの若いJ君はリードの引っ張りが強く とうとうお婆さんは転んで肩を怪我してしまいました。

近くに住む娘さんは仕事を持っていて とても毎日犬と散歩出来る状態で無く、 でもお婆さんは犬を手放したく無い。
それでドッグシッターを捜したのですが、 張り紙を見たシッター候補の方達がお試し散歩をすると あまりにも引っ張りが強くテンション高いJ君にビックリ、、、、、ドッグシッターは見つからず。
専門ドッグシッター業は 料金が高すぎて駄目。

結局 お婆さんは泣く泣くJ君を手放す事を決意。
J君出身のブリーダーを通して 新しい飼い主を捜しているのだ云々を 先日散歩中に出会った娘さんから聞いたのです。



ご老人だから 犬を飼ってはいけない、 そんなことはありません。
ただ外見の好みを優先するのでは無く、自分のライフスタイルに合った犬を飼うべきです。
ですから70代後半の一人暮らしの方が大型犬のパピーを買うって 私には理解出来ません。
シリアスブリーダーだったら断われるでしょう。  娘さん名義にしたのか? そこまでは分かりませんが。

健康な犬なら それなりの運動量が必要。
体力が無くなった老犬なら 穏やかな環境が必要。
力強くテンションが高い犬なら 自分の為にも 人に迷惑かけない為にも躾けが必要。
そして 犬の興味や欲求を満たしてあげる事が出来れば 飼い主も犬もハッピーなんじゃないでしょうか。

、、、と 偉そうな事を書きましたが

出来るだけ長く犬がいる生活を続けたいと思っている私にとって 今自分が書いた事を心に刻まなければ!と思います。

我が家に「次の犬捜し」の時が来るか来ないか分かりませんが、 その時がきたら その時の私&夫のライフスタイルに合った犬を捜します。


c0211876_353281.jpg


公園で会ったフラットコーテッドレトリバー、 でもJ君ではありません。

c0211876_3533267.jpg



J君の飼い主であるお婆さんの気持ちを思うと切ないですが、J君には愛情もって教育出来 J君の欲求を満たす運動をさせてくれる人が必要。

J君に そんな飼い主との出会いがありますように。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-28 04:16 | 愛犬と暮らす | Comments(6)

娘 と ナナ と 男の子

c0211876_434173.jpg


大学休みに入った娘が 今日の午後帰ってきました。
勿論 ナナは大喜び。

一休みして 「ナナ!、一緒に泳ぎに行こう!」 と湖へ。

c0211876_437165.jpg


しばらくコングで遊んだ後 娘は「ちょっと ひと泳ぎしてくるわ」

段々水辺から離れていく娘を じ~っと見ているナナ。

c0211876_4404181.jpg


c0211876_442238.jpg


そして 戻ってきた娘をお出迎え。

c0211876_4431967.jpg



c0211876_4584529.jpg


ナナは遊ぼうよポーズ。   相手も遊ぶ気充分なのに残念ながらオンリード。

水辺では食べ物を並べピクニックしてる人達が多いので、 それを邪魔したり呼び戻しが出来ないワンコがオンリードなのは仕方ないですね。




近くで遊んでいた すっぽんぽんの男の子(たぶんダウン症)が コングを投げたい様子。
少し離れて坐っている女性がママのようで 微笑んで目でうなずいたので その子にコングを渡しました。

とても喜んでコングを投げる男の子。 それを ちゃんと取ってくるナナ。

そういえば先代犬エイミーも 時々子供が「私にもやらせて」とレトリーブさせようとしたけど エイミーは私だけを見ていて 子供が投げても無視してましたっけ。

c0211876_52081.jpg
 

子供のテンションがあがって はしゃいでも、 ナナは上手にお付き合い。

c0211876_626586.jpg


とっても 微笑ましいフタリでした。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-26 05:28 | 愛犬と暮らす | Comments(6)

GKを目指せ!? &  子供達と遊んであげる


サッカーW杯優勝に心を躍らせ、自分もサッカー選手になるぞ!と心に決めた青少年達が多いのではないでしょうか。
しかし それは人間だけではありません。
その証拠にGKを目指し 毎日練習している姿が ここに。。。。。

c0211876_21345283.jpg


動画も撮ったのですが あまりに素早い動きでカメラが追いつかず(笑)

c0211876_21501690.jpg


c0211876_21364074.jpg


「どんなボールだって ワタシの4本足と大きい口とブヨブヨお腹でキャッチ出来るんだわさ!!」と うすら笑いを浮かべるヤツ、、、その名は ナナエル・ノイアー

ドイツを優勝に導いたとも言える GK、マヌエル・ノイアーの親戚なのか???



練習の休憩中 ナナエルは 湖畔でゴミ拾いをしているちびっ子達を見かけました。

c0211876_2154201.jpg


クラスの「湖畔をきれいにするプロジェクト」として グループに分かれてのゴミ拾い。

ナナエルはそんな子供達に とても感心して
「君達は偉いの~、 ほな 少し遊んであげるから ボールを湖に投げてごらん。 それをワタシが取ってきてあげるから」

c0211876_2201785.jpg


「僕達も小休憩するから 遊んでいただけたら嬉しいです」と 喜んだ子供達。
 
c0211876_221650.jpg


ナナエルは 約束通り、 子供達が投げるボールを泳いで取ってきて、、を繰り返した。
時々 ボールより彼達が食べているパンの方が気になるようだったが、 トレーニングの為に減量しなければならず じっと耐えたのであります。

頑張れ!  ナナエル



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こk
[PR]
by monika914 | 2014-07-24 22:20 | 愛犬と暮らす | Comments(4)

愛おしい思いが溢れる時

先週のことですが コーラス仲間でもある友人と 久し振りに和食レストランにてランチ。

c0211876_20503869.jpg


海鮮太巻きは豪快に指でつかんで一気に頬張りたいところですが、何せ大きいので窒息しては困るので(笑)箸で適当に切って、、、、でも海苔が切れず それは何気に自分の歯を使い。。。。

以前ドイツ人の友人と食べた時、彼女はフォークとナイフで切り刻んで 醤油にどっぶり浸けて食べてましたがね。
寿司の食べ方教室を開いたら 以外と集まるかも。。。。



日曜日の晩は 近くのレストランへ。
歩いて20分ほどの所なんですがナナとの散歩を兼ねて遠回り、、、森の中を歩きました。


c0211876_2194097.jpg


雨の予想が外れ まあ良い天気だったのでガーデンへ。

c0211876_211067.jpg


芝生の庭は食事向きでは無いので ビアガーデンの方へ。

木々の間に見えるボーデン湖。
c0211876_21133685.jpg



サラダはレストラン内のサラダバーから自分で取るので 夫と一緒に屋内へ。

それまでは こんな風に "いじけポーズ"で横たわっていたナナですが (リードは庭の柵につないだ)
c0211876_21165030.jpg


サラダを持ってレストランを出ると 少し移動し立っていたナナが じ~~っと私を見つめ シッポを振ってました。  その瞬間は撮れなかったけど 近付く私を伏せして見つめる姿をパチリ!
c0211876_21171913.jpg



複数のワン達と飼い主さん達が遊んだりお喋りしていている中 ナナが急にキョロキョロ人間達を見回し あきらかに私を捜している、 そんなナナと目が合った時と同じ感情がこみ上げて来て。。。。



愛犬に限らず 愛おしい思いが些細な事で その瞬間フワ~~ッと胸の中に溢れてくる、、、、そんな事ってありますよね。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-22 22:31 | 愛犬と暮らす | Comments(10)

暑かった~~! & 焼肉の思い出



今日の日曜は 少し気温が下がり過ごしやすいけれど昨日迄35度位の暑さでした。
しかも蒸し暑い。 (日本の湿度よりは低めですが)


c0211876_22162589.jpg


真昼間 庭のわずかな日陰にて 噛み噛みタイムのナナ。

c0211876_22165816.jpg



こういう日の散歩は 勿論朝は早め、夕方は遅めにしますが まずは湖に直行しナナに水遊びさせます。
猛暑の時は思うんです。  湖の近くに住んでいて本当に良かったって。

c0211876_22282523.jpg


c0211876_2233617.jpg


水の中でのレトリーブも大好きなナナですが、小枝など投げたら無視されます。
ボールやコングでなければ駄目、 ナナの この拘りは何だろう。



土曜日の夜は 庭で焼肉。
焼肉というより これは鉄板焼きですね。

c0211876_2240640.jpg

玉ねぎ、人参、キャベツ ズッキー二、 マッシュルーム、 エリンギ、 イカ そして豚肉&牛肉。
大好きなエリンギがドイツで売られているのを最初見た時は嬉しかった。
ドイツ名は Kräuterseitling

肉はステーキ用牛肉と豚肩ロースを塊で買い 冷凍してから薄切りしました。

夫と食べながら、、、、そういえば二人きりで鉄板焼きするの初めてだよね。
我が家の鉄板焼きは「夏に庭で」がお決まりで これ迄は娘&息子が一緒だったり友人達が一緒だったり。

二人だから ホットプレートの上ですでに焼けている物がなかなか減らなくて、 つい夫の皿へと世話焼き奥さんになってしまう。
「自分で取るからいいよ」と ぼそっと言う夫。

そういえば 子供達が小さい頃の日本里帰り中 父母達と焼肉屋にいった時 「たくさん食べな」と父は次から次へと子供達の皿に入れていたっけ。
「ママ~ ボク自分で取って食べたいんだ~」と遠慮がちに小さい声で言った息子。
ドイツ語だから父には解らなかったのに。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-20 23:15 | よもやま話 | Comments(8)

訪問犬(セラピー犬)への道(9 )~合格しました


老人ホームの翌日は幼稚園での実地試験があり、 その後に試験管とドッグトレーナーから合格と伝えられ ナナはマルテザー(福祉団体)の正式な訪問犬となりました。

ナナおめでとう! 暑いから まずはビールで乾杯ね。
c0211876_4592812.jpg


少し誇らしげな? ナナさん。
c0211876_531962.jpg


幼稚園でも老人ホーム同様 それぞれの飼い主&犬が交代に庭にいる子供達と接するのですが、 私の前に行った女性が幼稚園から出てきたので 「どうでした?」と様子を聞いたら 「子供達は犬を撫でたがって まとわりついて 楽しそうだった、、、、」と。

撫で撫でされるの大好きナナだから 大丈夫だわ~と幼稚園の庭へ。
そこには幼稚園の先生2人と6人の子供達がベンチに坐っていて、 ナナを見てもシ~~ン。
交代するのは飼い主&犬だけでなく、 子供達も交代していたのです。

「こんにちは、もに香です。  このワンちゃんはナナ、5歳なの。 誰かナナを撫でてくれるかな??」
皆 首を振り シ~~~ン。
「恐くないよ。  皆が撫でてくれたらナナ喜ぶんだけどな~」
シ~~ン。
「じゃ この食べ物をあげてくれる、 ほらこうやって手のひらに乗せて O.K.って言うと食べるんだよ」と実際に見せてあげても シ~~~ン。

やっと女の子が先生と一緒ならやってみたい、と近付いてきて先生の手と重ねて恐々ナナに食べさせてくれました。

犬と接した事がない子供ばかりなのか ナナとコミュニケーションを取る事ができず 少し焦った私。

c0211876_5243322.jpg


実は この日の為に新しい紐付きボールを買って持参。
しかし犬は常にオンリードという決まり。  それでも事前に試験管に「ボール遊びさせたいんですが 無理ですか?」と聞いたら 「その時の様子を見て決めましょう」

近くで見守っている試験管にボールを見せたら O.K.が出たのでリードを外しボールを投げてナナにレトリーブさせました。
すると それ迄ベンチに坐っていた子供達が立ち上がって嬉しそうに見てるではありませんか。

「誰かボール投げてくれる?」 すると何人かの手があがり 順番にボールを投げてもらいました。
投げると同時にナナが走りだして子供をビックリさせたくないので、 ナナはボールが転がっても私の指示がある迄待ち取りに走ります。
これは散歩中にナナと私がよくやる遊び。

結局 子供達全員がそれぞれ2度づつボールを投げたのです。
なにせ小さい子供が投げるのですから 時にはナナのすぐ近くでボールが止まってしまう。
そんなボールにナナが関心を示さないかも?と危惧したけど ナナは全てのボールをちゃんと取ってきてくれました。
ナナはいつも同様 ボールのレトリーブを楽しんだのでしょう。
それでもナナ ありがとうね。

そして最後は 残念ながら全員ではなかったけれど2人の子供がナナの背中を撫でてくれたのです。
そしたら ナナはすぐ寝そべりヘソ天でした(笑)


昨晩のナナの食事は 鶏ささみご飯。
c0211876_5552679.jpg



これからの訪問犬活動の詳細はマルテザーからの連絡を待ち決めていきます。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-19 06:02 | 訪問犬 (セラピー犬) | Comments(16)

訪問犬(セラピー犬)への道(8) ~ 最初の試験は老人ホームにて

今日 最初の試験が行われました。  場所は ある老人ホームの広間にて。

日本では勝負XXXと言う言葉がありますね。
ナナの場合は勝負首輪、 しまっておいた先代犬エイミーの首輪です。

c0211876_1595484.jpg


c0211876_202588.jpg

 
普段はブラッシングと軽く拭くだけで、滅多にシャンプーしないのですが、今朝は念入りにシャンプー。

そして「頑張ろうね!」と固い握手を交わしたのであります。

c0211876_245514.jpg

  

老人ホームには2組(2人の飼い主と犬達)が交代で入り ご老人達(痴呆症やルツハイマー)と接しました。
私達の相棒はMさん&ゴールデンレトリバー君。
試験官はドッグトレーナーとマルテザー(社会福祉団体)訪問犬担当者。

大きい広間の横には広いベランダがあり、そこで車椅子に乗って寛いでいる人達が5人、部屋には4人。
他に老人達を世話する方達が3人。
Mさんとゴールデン君はベランダへ、 私とナナは中にいる4人と接する事になりました。

その様子を試験官達がチェックするわけです。

ご老人達の それぞれの詳しい病状などは知らされていません。


以下は私のメモ書き。


まずは車椅子に乗ってはいるけれど 一番元気&興味津々そうなお爺さんの所へ。
自己紹介してナナを撫でてもらう。 持参したドッグフードをあげてくれる?と聞いたらO.K.だったので彼の手の平に置いてナナに指示を出して食べさせたら笑顔。
お爺さんとは会話が出来、彼が昔農家で犬を飼っていた事など話すが こちらから質問すると どんな犬だったか忘れているよう。
もう一回 ナナにフードをあげてくれる?と聞いたら 「手が汚くなるから嫌だ」って はっきり断わられた。

次はソファに坐っているお婆さん、 ナナに関心無し。
話しかけたら 目は合わせるが言葉での反応無し。 ドッグトレーナーからのアドバイスで彼女の膝にドッグフードを置きナナに食べさすが ちょっと怯えたようだった。

椅子に坐り 目を閉じているお婆さん。
それでも声をかけるよう試験官から言われたので 少し大きい声で話しかけると目を開けるが すぐ又目を閉じてしまい全くコミュニケーション取れず。

部屋の片隅に坐っている男性は この中で一番若い。
一見 何か考え事をしている様子に見えるが、 表情が全く変わらない。  彼にも挨拶してナナにドッグフードをあげてくれるか聞くと 無言だが一瞬表情が変わった。
ちょっといいですか、、と言いながら 思い切って彼の手をとり そこにドッグフードを乗せナナが食べた瞬間 彼が笑った。 ビックリしたけど嬉しかった。

初めての場所 初めて接する人達なのに ナナは常に静かで落ち着いていた。


以上 30分間位の実地試験。

終わった後 私は試験官から「良かったですよ、では明日の幼稚園での試験に来て下さい」と言われたけれど、驚いた事にゴールデン君は失格してしまったのです。

ホームに入る前、 私達は外のベンチで待っていて後から来た試験官と挨拶。  彼女は勉強会にも来ていたので顔馴染みですが、犬達にとっては会ったのは2度目。
試験官が犬達にも挨拶したら ゴールデン君いきなり唸ったのです。

ナナもゴールデン君も伏せの状態だったのですが、試験官は上から覆いかぶさるような感じで犬を撫でたので恐怖を感じたのだと思います。
慣れていない犬に対して行ってはいけない仕草なのですが、 痴呆症のご老人達にはそんな事は通用しません。

試験中には唸る事は無かったそうですが 1歳半のゴールデン君は少々落ち着きがない態度だったようです。

飼い主さん とってもがっかりしてましたし トレーニング仲間は全部合格するだろうと安易に思っていた私もショックでした。

そんな訳で 明日の幼稚園での試験がどうなるか、 ナナが子供を威嚇するような態度を取るとは思えませんが、ナナらしく ゆったりと子供達と接してもらいましょう。
 
今日は気負ってしまった私ですが、明日はかまえず ゆったりとした気持ちで幼稚園へ向かおうと思います。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-17 06:16 | 訪問犬 (セラピー犬) | Comments(8)

ドイツ おめでとう♪ & 3年前を思い出す

c0211876_23243396.jpg


日曜日の晩は 友人達と我が家でサッカー観戦。
決勝戦に相応しいかなりの接戦となり、 はらはらドキドキの連続でした。

c0211876_081687.jpg


もはや 心臓に良くないPK戦になるのか、、、、と覚悟していたら、 あのゴール!
きっとドイツ中が 歓喜の奇声をあげた瞬間だったはず。
花火音も聞こえてきました。

試合終了の瞬間 夫&友人達とハグ、ハグ、ハグ、、、そして乾杯。
長いドイツの生活に どっぷり浸かっている私は ドイツ優勝が当然嬉しいのですが、 ちょっと自己分析のような事をしてみると ドイツ人の熱狂的歓喜とは ほんの少し温度差があるのかもしれませんね。

思い出すのは3年前、  ご近所さん達を我が家に招待して観戦した女子ワールドサッカーの決勝。
PK戦の末 なでしこ達が優勝した瞬間の興奮。
皆 「もに香 日本優勝おめでとう」って祝ってくれたんですが、 日本人と一緒に抱き合って喜びを分かち合いたかったな~と ふと思ってしまったのです。


ところでサッカープレイの評価などは 素人の私には出来ませんが、 今回のW杯でのドイツチームではGKの活躍が素晴らしかったと思います。

それからアルゼンチンのスター選手・メッシーですが表情が乏しい選手だな~と言う印象を受けました。
表情が豊か過ぎるドイツのトーマス・ミュラー選手とは対照的。
まっ これは選手の技量には関係無いですけどね(笑)


さて 今日(月)から天気が回復して太陽が顔を出してくれてますが、
青空に急に雨雲が現れザーッと雨が降ったと思ったら晴れて、又雨そして晴れ、、、、とめまぐるしい。

まるで 空がドイツの歓喜とアルゼンチンの悔し涙を表しているような、、勿論 そんなわけ無いんですが。



おまけの動画。
タイトルは 「アルゼンチン産の肉 対 ドイツの犬」






「ドイツのソーセージ 対 アルゼンチンの犬」ってのは 無かったのかしら(笑)


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-15 00:10 | 行事、風習、冠婚葬祭 | Comments(16)