<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ピアノを弾く気分になれなくて。。。


40の手習いで始めたピアノは とっくに50の手習いに。
日本への里帰りをきっかけにドイツに戻っても長くピアノに触れない期間もあったりで、 これじゃ上達しないのが当たり前。
しかし又やり始めると けっこう楽しくて それに指を動かす事によりボケ防止になるので細く長く続けていこうと自分に言い聞かせたり。

c0211876_4541167.jpg

我が家にあるのはヤマハ クラビノーバ(電子ピアノ)
ピアノ教師宅での立派なグランドピアノとは やはりタッチが違うので、私の家で教えてくれる先生を捜していたのですが、やっと1年ほど前に 週に一度来てくれる人 Cさんが見つかりました。

2週間前 Cさんが来た時 「兄が脳溢血で急死し 来週は彼の葬儀でドイツ北部に行くのでピアノレッスンに来れませんが、再来週は必ず来ます」と。
お兄さんが亡くなったのにレッスンに来た事に私はビックリしたのですが 家でじっとしているより良いからって。

昨日(水)はレッスンの日、彼女を待っていたら知らない男性からの電話。
「Cさんのご主人から頼まれて電話してるのですが、 実はCさんが亡くなりました」

「えっ!亡くなったのはCさんのお兄様ですよね?」
「はい、 でも彼女もお兄さん同様 脳溢血で急死してしまったんです。 まるでお兄さんが連れて行ってしまったように」

頭の中が真っ白になり 胸がドキドキしました。  ただただ 信じられない!と言う心境。
今日来るはずだったCさんが、 あのCさんが。。。。

ピンクの口紅が似合う素敵な65歳の女性でした。  ピアノレッスン以外にも作曲家について熱く語りだす事もありました。 

c0211876_5391583.jpg

ナナに触れ、撫で、語りかけ、心の動機が少し治まったものの、 昨晩はなかなか寝つけず。

まだピアノを見るのが辛く とてもピアノを弾く気になれません。




Cさんから「簡単だし 綺麗なメロディーですよ」と 最初に教わった曲、 Petite Reverie (Tansman, Alexandre 1897 - 1986)
今はこのメロディーが とても悲しく聞こえてしまう。

Cさん どうか安らかに。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-31 06:12 | 行事、風習、冠婚葬祭 | Comments(8)

初めまして、、、息子の彼女さん

土曜日のパーティー、 本当は私&夫を含めて13人の予定だったのですが、急に3人増えて16人に。


増えた3人は娘、 息子、 そして息子の彼女。
息子は2月中旬に大学仲間とスキーに行くのでスキーウェアなどを取りに来たのですが、 何故娘も急に来たかと言うと 弟の彼女を見たくて(笑)
それに息子が 「彼女を紹介するから お姉さんもおいでよ」と電話したらしい。
そんな訳で 土曜日に急に3人来る事になりました。

息子が昨年秋から付き合うようになったLちゃんに会うのは初めて、 と言うか息子が彼女を紹介してくれるのも初めて。
これ迄 チラホラお付き合いしていた人もいたようですが、「いい友達であって彼女では無い、彼女が出来たらちゃんと紹介するよ」と言っていた息子。

M市から電車で来る2人、 途中の駅から娘も加わり その3人を夫が最寄りの駅まで迎えに行き我が家に着いたのは夜の8時頃。
私は ちょっとドキドキ、 でも友人達とすでにシャンパンを飲んで いい気分になっていたせいか、初めて会うLちゃんに挨拶しながらハグしてしまいました。 

友人達がいて賑やかな雰囲気だったのは かえって良かったと思います。
それにゲスト達は娘&息子にとって気の知れた顔ぶれだったし。

Lちゃんは息子より2歳上の大学生、 印象はキャピキャピした感じでは無く おっとりした感じの女性。
ま~最初ですから お互いの本性が分かりませんが(笑) 第一印象はとても良かったし 息子との相性もいい感じ(母親の直感!!)

但し 息子の彼女にしろ 娘の彼氏にしろ、 一つだけ大切な条件が我が家にあります。
それは 犬嫌いで無い事!!  その条件をクリアしたLちゃん、大の動物好きで黒っぽいセーターにナナの白い毛が付くのも気にせずナナに挨拶してくれました。


c0211876_6172355.jpg
それにしても こんなキューピーちゃんのようだった息子が彼女を紹介してくれるとは
母は感動しました。
結婚するわけでは無いのに 我ながら大袈裟かも。




翌日の日曜日は息子とLちゃんはナナを連れて湖沿いを歩きながら街中のカフェへ。
娘は 「試験の準備で忙しいの~」と言い 朝食の後L市に戻りました。

c0211876_6241067.jpg

         ナナが娘に、、、では無く 娘がナナにじゃれ付いています。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-29 06:19 | 家族&我家 | Comments(7)

我が家でパーティー ~ 猪肉料理


甥っ子(ドイツ人)は趣味で狩りをしていて、 定期的に彼から鹿肉猪肉を購入しています。
土曜日は友人達と我が家で猪肉を食べました。  
全部で16人。  一緒にサイクリング(パッサウ~ウィーン)旅行やハイキング旅行した仲間達。

鹿肉料理のパーティーの時同様、料理はゲスト達が分担、 居間に大きいテーブルをセッティング。

c0211876_5591797.jpg

c0211876_645263.jpg

各自持ってきた料理を温めたり、お皿に乗せ変えたりするので キッチン内は賑やかになりお喋りしながらアペリティフ。

c0211876_681451.jpg

                   J が作ってきた 小エビのスープ

c0211876_610985.jpg

c0211876_6105313.jpg

               サラダ担当のTは4種類のサラダを持って来てくれました。


c0211876_6134673.jpg

冷凍しておいた猪肉は一週間前にNに渡し、彼が自宅で料理して持参。  付け合せの芽キャベツ紫キャベツの甘酢煮は私。  クヌーデル(パンから作る)はD。
鹿肉、猪肉料理などの野生肉はクランベリージャムと一緒にというのが こちら風の食べ方。
臭みを消すという理由らしけれど、 私は苦手でジャム無しで食べます。

こういった肉料理はソース作りがとても大事。
Nは2種類のソース、赤ワインソースマッシュルーム クリームソースを作ってきたけど赤ワインソースの方が私の好み。

c0211876_6334663.jpg

Kが作ったデザートは ベリー&クリーム。  パンナコッタとヨーグルトを混ぜたような味でレシピを聞こうと思ったにに すっかり忘れてしまった私。

次回は私がメイン料理を頑張って作ろうかな~~。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-27 06:52 | 食する&料理する | Comments(10)

日本の朝食は如何?



日本語の生徒さん達と日本の食べ物について話す事は けっこう多い。
生徒さんの中には 寿司は勿論のこと、天ぷら、すき焼きなどの日本料理の知識があり 味噌汁を自分で作るなんて人もいます。
今やネットで色々なレシピがわかり アジアショップで材料も買えますからね。

でも 「味噌が塩辛かったので ハチ蜜を少し入れてみた」 とか 「ネギの代わりにバジルを入れたの」なんて聞くと MISO SOUPは世界でどう広がっていくのでしょう!
インドではカレー粉入りなんてのも ありそうな。。。。

日本の伝統的な朝食は味噌汁、ご飯に焼き魚、卵 云々話すと 日本旅行で経験していない限り 皆ビックリします。

そんな朝食を一度食べてみたい!と言っていた生徒Kさんを今日我が家に招いて一緒に和食のブランチ。

c0211876_691536.jpg

干物の代わりにサバの塩焼き、ワカメの味噌汁、切り干し大根、コールラビの浅漬け そしてご飯。
実家の朝食では イカの塩辛や海苔の佃煮、好物の辛子明太子なんかも並ぶんですが、そこまで同じにするのは不可能。
納豆はあったので 「こんな臭いなんだけど~」って鼻に近付けただけで ナインダンケ(ノーサンキュー)でした(笑)

お箸を使えるKさんですが、サバの骨は私が前もって取ってからお皿に乗せました。

「コースの食事では無いから スープ飲んだり ご飯や魚などを交互に食べるのが日本食のスタイル」と説明したけれど まずは味噌汁を飲み干したKさん。
そしてサラダ感覚?で浅漬けを食べて 魚&ご飯は交互に食べてくれました。
残念ながら切干大根の味は好みでなかったようで、気に入ったのは味噌汁とコールラビの浅漬け。

彼女にとって 全て美味しい食事とは言えなかったけれど、彼女の興味心は満たされたようです。

そして彼女のコメントは
「こんなボリュームある朝食を食べていて 日本人は何故太らないの?」



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-25 07:23 | 食する&料理する | Comments(16)

階段の下り方を教える 犬と猫の違い?



友人が教えてくれた この動画、 犬と猫の面白動画をまとめた物らしいですが
犬と猫の違いが現れていて 思わずクスクス、、、



ラブラドールの小犬の なんと可愛らしいこと!
でも小犬に階段を上り下りさせるのは あまり良くないと思うんですが。



c0211876_6193539.jpg

空もグレー 湖もグレー、 そんな陽気が続いていますが、 ナナのおかげで心の中はグレーになりません。

c0211876_621912.jpg

ウォーキングしている男性、 この人とは先日も森の中で遭遇したのですが、長く白いヒゲをたくわえ 真っ赤なジャケットを来ているので 時期を間違って出現したサンタさんのよう。

c0211876_6255596.jpg

c0211876_6262886.jpg

遠くに見える光はフェリーボート。   日が少しずつ延びてきて 5時を過ぎても明るいのが嬉しい。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-23 06:36 | 愛犬と暮らす | Comments(10)

ナナの オトモダチの アヒルさん



ナナに最初にあげたヌイグルミは小さい犬サル
ヌイグルミの綿出し&破壊が大好きという犬(先代犬のパッチー君がそうでした)も多いので 「ナナはどうかな?」と思ったけれど そうする様子は無し。

先代犬エイミーは私が帰宅した時 必ずオモチャを咥えて出迎えてくれました。
近くに何も咥える物が無い時は 必死に咥える物を捜してるような時もありましたっけ。

個体差はあるだろうけど 犬は緊張したり興奮した時に 何かを咥え 気持ちを落ち着かせようとします。
気持ちを発散させる為の咥える行為は対象物が許せる物なら 絶対叱らずに褒めてあげるべきだそうです。

c0211876_783723.jpg

約2年前 娘と息子がIKEAに行った時 私に大きい方、ナナには小さい方のイケちゃんを買ってきてくれました。

その後 私は足を怪我して寝たきり状態だった母の介護の為 日本へ。
帰国したら なんとイケちゃんも他のヌイグルミもナナに破壊され すでに捨てられてました。
まるで私が長く留守した事のあてつけのよう。


c0211876_7384782.jpg

今は このアヒルさんがナナのお気に入り。  昨年の一時帰国中に会った友人Yちゃんからのプレゼント。  
c0211876_7392583.jpg

エイミーのように 咥えてお出迎えする事はないけど、 傍に無い時は「ナナのオトモダチは何処?」って言うと捜して持ってきます。

このアヒルさん、本当は噛むと音が鳴るらしいけど最初から壊れていて くれた時Yちゃんが「ごめんね~」
実は壊れていて幸い、、、夫も私も あのキューキュー キーキーする音が苦手なんです。
でも犬用のオモチャって鳴るタイプが多いんですよね、 ですから これまで人間用のヌイグルミを与えていました。
 
アヒルさん どうか長生きして下さい。


         ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

日曜日は夫と Restaurant Seelig で夕食。
湖沿いの温泉プール横にあり、我が家から歩いていける距離。

c0211876_82777.jpg


c0211876_824536.jpg

           ラム肉 & ニョッキ。   ラム肉が好きなんです。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-21 08:31 | 愛犬と暮らす | Comments(6)

日本の唱歌 ~ ちょっぴり日本の心が沁みてくる


金曜日は今年初めてのコーラス練習。
季節に合った歌を練習する事が多く、 冬景色 & 冬の夜 & 冬の歌(キロロ) を歌いました。







どちらの唱歌も作詞、作曲ともに不詳、  冬景色は大正2年、 冬の夜は明治45年と と~っても古い歌で歌詞にそれが現れています。

コーラスをしていなかったら この様な歌をうたう事も機会は無く、長いドイツ生活の中で忘れ去られていくメロディーとなっていた筈。

そして なんと文字に表したらよいのでしょう、、、、、日本人としての日本の心のような物が胸にじわ~~って沁み込んでくるような気分になります。

私は演歌は好きで無いので聞いていても こんな気持ちにはならないのですが。



c0211876_5584191.jpg

c0211876_559541.jpg

c0211876_5593054.jpg


                  ナナへの子守唄は何を歌おうかな??


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-19 06:04 | 色々する(趣味) | Comments(4)

ナナの体験学習


c0211876_22531117.jpg

          昨日の晩ごはんは  基本フードのGRAU&人参&インゲン。

c0211876_2257218.jpg

             アイコンタクト ばっちり、 O.K.コマンドを待つナナさん


c0211876_2325686.jpg

                    シッポを振りながら 食べますが
c0211876_23265380.jpg

        食べ終わり 空になった容器を舐め回している時は シッポが垂れている。



c0211876_23331782.jpg

キッチン&ダイニングは犬立ち入り禁止の我が家。
なので私がキッチンにいる時は 廊下のキッチンドア近くで私を監視している事が多いナナ。


c0211876_23334695.jpg

でも ドアのすぐ近くでは無く、 1メートルほど間隔をあけて横たわります。
ですからキッチンの出入りに邪魔になる事がありません。  そう躾けた覚えが無く 最初からこうだったけ?と以前のブログを見てみたら こんな写真が。

c0211876_23475344.jpg

2011年6月の写真、 ナナが我が家に来て6週目位。  その時は けっこうドア近くに坐っているナナ。

これでは 出入りの時 邪魔になりますよね。
ぶつかりそうになったり、「どいて」と言われたり(私は覚えてないけど) だからドアから離れるようになったのか。

それならナナ自身の体験学習って事になるのかしら。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-17 01:53 | 愛犬と暮らす | Comments(12)

下着姿でショッピング ~ Desigual & 日曜の散歩


日曜日の夫&ナナとの散歩は湖から遠ざかり いつもとは違う方面へ。
c0211876_449150.jpg

車を使わずとも自宅から歩いて ノーリードで散歩出来る場所に行けるのは、犬飼いとして本当に恵まれていると思います。

c0211876_451768.jpg

私とナナ、同じ方向の何を見ていたのかしら、  きっと他のワンちゃん。

写真では分かりませんが けっこう天気が良く青空も見えてました。
自業自得のおろかな事故により 光に弱くなってしまった私の目。  ですから冬でも日差しが眩しい時はサングラス。

c0211876_4513492.jpg

遠くに見える建物は コンスタンツ大学。   この広い草地で犬をトレーニングしてる人も。


      ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


c0211876_57244.jpg

スペインのファッションブランド デシグアル
カラフルで奇抜な柄が多いので 好き嫌いがはっきり分かれるブランドでしょうね。
私にとっては派手すぎるけれど 気に入った柄のTシャツを2枚持っています。


柄だけでは無く、企画する事も奇抜なデジグアル。
イタリアの店で「下着で来た先着100人には服が無料」というキャンペーンが行われました。
なんと100人以上の男女が下着姿で来て 先着100人には入らなかったけど下着姿の人達には半額というサービス。
真冬なのに 早くから下着姿で開店も待つ人達も多かったそう、 驚き。



この企画は これまで世界各国の都市で行われているそうですが、ドイツではまだだと思います。
日本で行われたら どうなるのか気になるところ。
下着では無く ビキニと思えば出来るかも??    いや 私には無理そう。。。。。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-14 06:03 | よもやま話 | Comments(4)

私の犬に食べ物をあげないで下さい

犬飼い主達の多くは自分の犬が散歩中 他人から食べ物をもらうのを避けたいのではないでしょうか。
しかし 「あげないで下さい」って強く言えない雰囲気と言うか 「ま~いいか」って許してしまう事もある。


先代犬達時代から散歩中に度々会い すっかり顔馴染みになったBさん夫妻。
Bさんの愛犬は2年前に逝ってしまったけれど、その後も毎日のように朝の散歩をしているBさん達。
彼等は犬のおやつをポケットに入れていて、出会う常連犬達におやつをあげて撫でて話しかけ飼い主達ともお喋りし、、、それが彼達の散歩の楽しみ、なんだと思う。

当然 犬達は彼等を見ると駆け寄り おやつをねだり、ナナも その中の1頭。
しかし Bさんの他にも犬達に気軽におやつをあげる人もいて、ねだる事が多くなってきたナナ。
最初からちゃんと「あげないで下さい」ときっぱり言うべきでした。

昨年の秋 Bさんには正直な思いを伝え 今後おやつをあげないよう頼みました。
そんな事を知らないナナは もちろんBさんを見かけるとすっ飛んで行きBさんの前にチョコンと坐っておねだり。
私は無視して先に進み、諦めたナナが戻ってきたら大袈裟に褒めてボールを投げて遊ばせます。
私は散歩中に食べ物をあげません。  (ナナが我が家に来た当時はあげてましたが)

「ま~いいか」 「今回だけいいか」 と言う飼い主の優柔不断は犬を戸惑わせ、結局辛い思いをさせてしまうって事を反省。

ナナがおやつをもらうのは家族&私達が許可した親しい友人だけ、 それを実行していきます。



c0211876_616158.jpg

c0211876_6165895.jpg

ナナとじゃれ合っているのはクッキー(2歳 ギリシャからのレスキュー犬)。
クッキーもBさんから おやつをもらう常連犬の一頭なんですが、 とても食べ物への執着心が強く 他の犬がBさんの傍に来ると牙を見せて唸り、それで本気喧嘩になった事もあり。
トレーニング必要だと思います。



c0211876_774929.jpg



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-12 07:25 | 愛犬と暮らす | Comments(8)