<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本で見かけた盲導犬達


c0211876_3292578.jpgc0211876_3434483.jpg

















暖かくなったり 寒くなったり、気温差が激しいこの頃ですが、 色とりどりに咲きほこる花達が「間違いなく 春はやってきましたよ」と告げているようです。

我が家の前庭に立つ 桜の老木にも花が咲き始めました。
c0211876_3554468.jpg


日曜日は夫と一緒に長い散歩。
c0211876_3495222.jpg

c0211876_3503798.jpg

c0211876_354173.jpg



日本滞在中 ワンちゃんを見かける度に目が行ってしまうのですが、 こちらに比べると圧倒的に小型犬が多いですね。
けれど ある日実家近くでチョコラブちゃんを見かけました。  思わず笑顔でワンちゃんを見たら 私の犬好きアンテナが伝わったのか 私の傍に寄ってきて飼い主さんと しばし立ち話。 
と~っても人懐っこいラブそのものって感じの仔でした。

そしてお出かけ中の駅で 盲導犬を2度見かけました。  どちらもナナと同じイエローラブ。
c0211876_4154112.jpg

                 (写真は 他サイトからお借りしました)

一頭は地下鉄の駅にて、 花柄の服を着ていたから雌のラブちゃんなのでしょう。
同じ地下鉄に乗ったのですが、電車の出入り口ドアとは違った場所に建っていたので 電車が来た時に ある男性が視覚障害者の方の腕をつかみ誘導しようとしたら 迷惑そうに無言で腕を外しました。
まるで 「私にはこの仔が居るんだから大丈夫です」とでも言いたげに。

そして盲導犬と共に 電車に乗りドア付近に立っていたら、 近くに立っていた女性がしゃがみ込んで犬をじ~~っと見たのです。
私からは どちらも背中しか見れませんでしたが、 もしその女性が犬に話しかけたりしたら「盲導犬に対しては静かに見守るのがマナーですよ」と言う覚悟でした。
でも幸い その女性は見つめてるだけでしたが、わざわざ屈んで見つめるのもマナー違反ですよね。

もう一頭は ドイツに戻る日で 成田エクスプレスを待つ駅にて。
他駅での人身事故により 成田エクスプレスや他の線の電車が遅れホームは大混雑。
結局私は予定より1時間以上遅れて成田空港に着き 飛行機に間に合うか かなり焦りました。

その盲導犬は普通電車を待っていたようですが、 電車はどれもぎゅうぎゅう詰め状態で そんな電車に乗れるのかしら? 無理なはず、、、と 私は気になってしまい 成田エクスプレスを待ちながら見守っていました。
けっきょく 彼達は何本かの電車を見送った後、電車に乗り込み、すれすれに入り込んだ犬の目前でドアが閉まったのですが、その時の姿を今でも鮮明に覚えています。

どちらの盲導犬も 飼い主(視覚障害者)の足元に ぴたっと寄り添い、その姿は あまりにもいじらしく、逞しく、堂々としていて、見ていて熱いものがこみ上げてきてしまいます。
飼い主の目となり、100%の信頼関係のなか 100%以上の愛情を受けて当然なのに、虐待されている盲動犬達がいるという悲惨な事実もあります。



何度も書いてる事ですが、 人間が最も恐ろしく残酷非情になれる生き物なのかもしれません。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-04-29 05:31 | 愛犬と暮らす | Comments(12)

ぽかぽか陽気 & ナナ と 苺



昨日も今日も 25度位の暖かさになり 青い空&青い湖&緑の木々の組み合わせが美しく 目と心を癒してくれます。

c0211876_5123920.jpg

                  毎朝の散歩で よく会う マヤちゃん。

c0211876_5133528.jpg

この女性は昨年 愛犬のヨシュカを亡くし、 その後は1人で毎日ウォーキングしながら出会うワンちゃん達に話しかけていて、ナナもそんな彼女にすっかり なつき、 姿を見かけると走り寄っていきます。

よく会う常連犬達のドッグシッターもしていて「ナナも 何かの時には預かりますよ」と言ってくれますが、まだ彼女に頼んだ事はありません。
ヨシュカへの想い、自分の年齢などを思うと なかなか次の子を受け入れる事に踏み切れないようです。


c0211876_5204384.jpg



c0211876_5224524.jpg

                    ナナちゃん イチゴだよ~

c0211876_5243229.jpg

c0211876_52576.jpg

c0211876_5254136.jpg

                       美味しかった??


c0211876_5263346.jpg

           ポカポカ陽気の中 庭でうたた寝、、、気持ちいいよね~

c0211876_5285587.jpg




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-04-26 05:35 | 愛犬と暮らす | Comments(6)

懐かしい友人との再会

月曜日は 久し振りのコーラス練習。
私達のコーラスグループは 4人の日本女性達、、、国際結婚してドイツ生活が長く子供達にも手が掛からなくなり 何か一緒にやりたいね~と思っていた時に声楽家のNさんと知り合い 指導をお願いして2002年に創めました。

当時のメンバーだったSさんは 8年前にチェコに転居。
その後 友人達とSさんを訪ねながらプラハ観光旅行をした事もありました。

そのSさんが今 ドイツに遊びに来ていて コーラス練習にも参加出来たので、 練習後に一緒に持ち寄りランチ。
c0211876_531858.jpg

持ち寄り食事会って 色々な料理が味わえて本当に嬉しい。
おでん、 ミートローフ、 春雨サラダ、 2種の茄子料理、 オニギリ(ヒジキ入り混ぜご飯) などなど。


歌は Sさんがメンバーだった頃に一緒に練習した春の曲 「早春賦」 「花」
そして私達の十八番と言って良い 「上を向いて歩こう」をアカペラのゴスペル調で。
私のパートはアルトですが、 もう何度も歌っているので ほとんど暗譜しています。

「上を向いて歩こう」は1961年に出来た曲ですが、50年前の1963年に全米で「SUKIYAKI SONG」として大ヒット(ヒットチャート3週連続1位)。




私の誕生会にコーラスメンバーと歌った曲の1つで、覚えやすいメロディーなのか、 後に 出だしの 「うえを むういて あ~るこおおお」 の部分をハミングするする友人(ドイツ人)もいました。


今日(火)は SさんとY子さんが我が家に来て一緒にランチ。
c0211876_5493668.jpg


日本から持ってきた生うどん天ぷらうどん、 その量が少なかったので 同じく日本から持ってきたレトルトパックのお赤飯を少し。  そしてほうれん草のシソ味噌和え

こちらでは乾麺しか手に入らないのですが、 やっぱり生うどんは美味しい。

昨日会ったばかりなのに話は尽きません。  来年はY子さんと一緒にチェコのSさん宅に遊びに行き、再度プラハ観光してからブタペストに行きたいね、、、と話しました。


嬉しかったのは やっと春らしい陽気になった事。

c0211876_5574254.jpg

二人を最寄のバス停迄 ナナと一緒に見送り 帰途中に公園で撮った写真。

この花が咲くと 「春が来たのね」と実感します。  先代犬達、パッチー&エイミーも同じ場所でよく写真を撮りました。
四季の移り変わりを目にして感じれるのは素晴らしいし、それぞれの季節にそれぞれの良さがありますが、
私は 暖かい季節が好きです。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-04-24 06:17 | よもやま話 | Comments(4)

父が残した物

父は あまり物を捨てない人でしたが、きちんと整理分離され保管していました。


父の遺品を整理していて 「こんな物まで とって置いたのね~」とビックリする事が多く、父には申し訳ないと思いながらも かなりの物を処分しました。

しかし どうしても捨てられない物、 処分する気持ちになれない物もありました。
古びたノートを開くと それは27年前 父と母が初めてドイツに来た時の旅行記。

一緒に回った観光地を記されてる他にも
「久し振りに会うもに香が元気そうで安心した、、、」 「夕食にもに香がXXXを料理してくれた、、、」
「ドイツで 朝食に沢庵を食べるとは思ってもいなかった」 「もに香が日本酒を買っておいてくれた」
読んでいて ちょっと熱いものが込み上げてきました。

この父母の来独では、私も夫も気負ってしまい 車で2週間以上の観光旅行。
ホテルからホテル、毎日外食、、、それが父母にとっては強行軍だったようで、おまけに父はワインを飲みすぎてしまい 最後は体調を崩しホテルに医者を呼ぶ事になってしまったのです。
ですから 父の旅行記は最後迄は続いていませんでした。


使わなくなった財布も いくつか父の戸棚にしまってありました。
全ての財布の中に ドイツの孫達の写真(私の子供達)が入っていました。 
きっと世間話をしながら友人や知人に 写真を見せていたのかもしれません。

娘が小学生の頃に作って お爺ちゃんにプレゼントしたビーズの蝶々も 少し変色してましたが、大事に保管してありました。


頑固で威圧的だった父との思い出は楽しい事ばかりでは無く、今でも思い出すと腹が立つ事もありますが、 父の残した物達は嫌な思い出を 少しづつ吸収し濾過してしまう、、、、、そんな気がします。

c0211876_525051.jpg




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-04-22 05:09 | 家族&我家 | Comments(13)

父との別れ

父が他界し、緊急に日本へ行き3週間半滞在しドイツに戻ってきました。

この数年 毎年里帰りしていますが、毎回実家を去る度に 「又来年来るからね~」と言いながらも 「もしかしたら元気な姿を見れるのは これが最後になるのかも、、、、」という危惧も心の隅にあり、それが現実となってしまいました。

しかし 親の死を受け止めるのは 通常 子として避けられない事であり、 父の葬儀に間に合い父を見送れた事に ある意味 充実感を覚えました。

年齢的にも大往生と言え、 亡くなる3ヶ月前まで好きなお酒とタバコを毎日嗜み 眠るように逝った父でした。

c0211876_5026.jpg

           49日に父が埋葬される このお寺には しだれ桜が満開。

葬儀の後は姉と共に色々な手続きや片付けをして、女3人で父との思い出話をたくさんしました。
姪のYちゃんが母と私を温泉ホテル1泊の招待をしてくれ久し振りの温泉を堪能したり、 旧友達と会ったり。
昨年は足を怪我して動けなかった母の介護で 1人で外出するのは買い物だけだったので 友人達とは2年振りの再会。
同年齢の友人達とは 近況報告や昔話の他に必ず親の介護が話題になりますね~。

ブログを通して5年前から会うようになり 会うごとに親しくなり 私にとって年齢の離れた可愛い妹のような存在のKCママさんとも会え、たくさんお喋りしました。

そして嬉しい事に 今回は彼女の4ワンちゃん達(預かり中のワンちゃんも含め)にも会えたんです。
私はカメラを忘れてしまい その時の事は KCママさんのブログをご覧ください。

毎年 日本里帰り中は 「犬触れ合い欠乏症」になる私にとって、本当に心が和むひとときでした。
KCママさんにも ドイツの我が家に来て私の愛犬に会ってもらいたい。



       ドイツで待っている家族の中で一番気がかりだった この子が恋しくて。

c0211876_525043.jpg

         この顔と この子に触れる事が 私にとって最高の癒し薬なんです。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-04-19 05:18 | 家族&我家 | Comments(18)