<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ナナ姫 と カレ と ナナ鬼

c0211876_5535621.jpg


c0211876_5542135.jpg

                      初秋のボーデン湖

海水浴シーズンが終わり、 湖沿いの大きい公園Hörnleに犬連れで入れるようになった。
                    (夏場は犬&自転車禁止)
c0211876_5575988.jpg


ブランコや砂場があるので 午後は子供達を遊ばせながら お喋りを楽しむ母親達で賑わう場所。
私も小さかった娘や息子を連れて よく行ったけな。

今 私と一緒に この公園へ遊びに行くのは娘でも息子でも無く、、、、、、ナナ。
でも午後では無く、 比較的人気の少ない午前中。
その時間だと 朝の散歩を楽しむお年寄りや犬連れの人達とすれ違うが多い。

c0211876_6748.jpg

金曜日の朝、 初めて会ったワンちゃん 名前はカレ、、、たぶんKalleって書くんだと思う。

カレ君 ご覧の通り左右の目の色が違う。  飼い主女性いわくハスキー犬とのミックスだそう。

飼い主さんとカレ君はバスに乗って公園に来た。
私は この公園迄 湖沿いをゆっくり歩いても15分、 犬飼いとして本当に環境に恵まれてるって思う。 

まだ1歳のカレ君、 とにかく元気いっぱい!!

c0211876_616995.jpg

                   追いかけっこ遊びから くんずほぐれつ。
c0211876_6165573.jpg


c0211876_6171747.jpg


c0211876_6174224.jpg


c0211876_6201942.jpg

    ほとんど受身のナナだが 時には「いい加減にせんかー!!」と 凄い顔して抵抗。

                     ナナ姫からナナ鬼になっちゃった?
 



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-30 06:38 | 愛犬と暮らす | Comments(8)

ドナウ川サイクリン旅行(6) ~ セセッシオン&記念のドリンクボトル

ウィーン観光2日目。

この日はそれぞれ観光したい所へと 別行動
最初は夫と共に行動していたが、ゆっくりショッピング通りの色々な店を見て歩きたくなり、一方 夫は本屋巡りをしたいと言うので 夫とも別行動。

夫と別れた後、 ショッピング通りへ行く前にセセッシオンへ。

c0211876_623332.jpg

ウィーンの美術館は ほとんど見ているが、 ここにはまだ入った事が無く、グスタフ・クリムトの壁画、ベートーベンフリーズを ゆっくり見たかったから。

c0211876_6981.jpg


クリムトの作品を見ていたら プラハで見た同じアールヌーボーのアルフォンス・ミュシャの絵が頭に浮かんできた。
同世代の二人の芸術家は出会ったことがあるのだろうか?

この夜の食事は レストランKastaninenbaum(カスタニエンバウム) 、、、、栗の木。
庭に大きな栗の木が立っていて とっても 良い感じの店でお勧め出来る。

c0211876_637413.jpg

c0211876_637243.jpg

c0211876_6374558.jpg


c0211876_638117.jpg

c0211876_6383032.jpg

   もう肉料理は食べる気になれず、 カボチャスープクヌーデル&アンズタケのソース
             それでもワインは毎晩 堪能して笑いが尽きなかった。

気の合う仲間達との旅は本当に楽しかった。  グループの中に1組だけ夫の仕事関係のスイス人夫妻がいて、私&夫とは付き合いがあったが他は初対面。
だから 溶け込む事が出来るかどうか旅行前は少し危惧していたが、夫が「彼等なら大丈夫」と言っていたように、瞬く間に馴染んでいった。

そのスイス人夫妻の愛犬(GR)は旅行3日目に末期癌で安楽死
M夫人とは 旅行中たくさん犬の話をした。  お互いの愛犬達のこと、愛犬を安楽死させた決意と思いと悲しみ。
エイミーの死後の私の日本里帰りと同様 今回の旅行はMにとって、愛犬の死の悲しみからの逃避になっていたようだ。
しかし 最終日Mは 「オンブラ(犬の名前)が居ない我が家へ帰るのが辛い」 と。
でも いつの日か彼女の家に新しい4本足の家族がやってくると思う。



                          思い出の品

旅行前に メンバーの1人Tが皆にドリンクボトル2本(大小)をプレゼントしてくれた。

c0211876_763980.jpgc0211876_771332.jpg
c0211876_71346100.jpg












旅行用にデザインされた
SIGGのオリジナル品。

コンスタンツからパッサウ迄は車
パッサウからウィーン迄は自転車

と絵柄で表示

裏面にはメンバーの名前が書かれてある。

このメンバーで又自転車旅行を実現させたいな。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-28 07:30 | サイクリング旅行 | Comments(4)

ドナウ サイクリング旅行(5) ~ 結婚記念日は手づかみで食事


ウィーンでの観光初日は 「ウィーン初めて!」という友人達もいたので オペラ座前から出ている周遊バスに乗り 1時間ほどバスの中からざっと市内を眺めた。
各座席に説明録音機が付いており 日本語説明もあった。

娘がウィーンに4年間住んでいたので 私は何度か訪れているし 姉が日本から来た時も ウィーンを一緒に観光した。
でも 「ウィーンは見飽きたわ~」なんて事はなく、 ウィーンは何度行っても魅力的な街だし、冬のウィーン、夏のウィーン、夫と共に、娘や息子と共に、姉と共に、そして今回は賑やかに友人達と共に、、、、、季節の違いだけで無く、一緒に居る人が違うと ウィーンを違う角度から見て感じ楽しめる。

c0211876_4264612.jpg

                        移動カフェ

c0211876_4242619.jpg


カールス教会を眺めながら歩きナッシュマルクト(食品市場街)へ。
各国のスパイス 魚介類などが わが町の市場に比べたら断然 豊富で特に魚介類に目が行ってしまった

屋台風の簡易レストランも立ち並び、アジア系が多いが 飲兵衛グループ(私達)が立ち寄ったのはワイン屋さん。

c0211876_4114682.jpg


c0211876_4124514.jpg
ストーム(Sturm)はワイン作りの初期段階の飲み物、発酵程度にもよるが アルコール度が低い。
この飲み物をドイツではスーサー(Suser)と言う。
c0211876_4272649.jpg


その後 友人達はシシー(エリーザベト妃)博物館に行ったが 私は過去に2度見学してるので友人達と別行動をとり 夫と共に国立図書館ブルンクザール他を見学。

c0211876_4413260.jpg

c0211876_4415791.jpg

c0211876_4422474.jpg

         世界一美しいバロック様式の図書館と言われるだけあって 見事だった。
             高さ20mの天井に描かれているフラスコ画が素晴らしい。
        約20万冊の古い蔵書が収められているが閲覧のみ 触れる事も出来ない。


                そして カフェ  デーメルDEMELにて 一休み。

c0211876_512029.jpgc0211876_514769.jpg
c0211876_5342696.jpg

c0211876_5345116.jpg


          ザッハー・トルテをめぐる ザッハー 対 デーメルのトルテ戦争は有名。
          そんな歴史がザッハートルテを より名高い物にしてるのかもしれない。

ザッハーもデーメルも並んで待たなければ 入れないほどいつも混んでいる。
この2軒に拘らなくたって 他にもたくさん有名で素敵で美味しいカフェがあるのよね~と歩いていたが、夫がたまたまデーメルで空席(歩道に出ている外席)を見つけたので 坐った。
ただし トルテでは無く、アップルパイ&カスタードソース

c0211876_5243575.jpg

            ウィーンのシンボルと言える シュテファン寺院



その夜の食事は 友人がネットで見つけ面白そうだからと リッターエッセン(騎士の食事)

予約席には エプロンと 被り物が用意されており、 それを身に付け まずは記念撮影。
こういう事もグループだから 大笑いしながら楽しめる。
c0211876_5293030.jpg

c0211876_529594.jpg

c0211876_530241.jpg


               ところで リッターエッセンってどんな食事?

         まずは それぞれ好みのスープを注文、 私はカボチャスープ

c0211876_544939.jpg

c0211876_5444464.jpg

             大きい2つのプレートに肉料理の盛り合わせ!
             肉に刺さった花火がパチパチ 音を立てていた。

        付け合せは フライドポテト、 ポテトサラダ、キャベツのサラダ 他。 
c0211876_5482558.jpg


これらを全てフォーク&ナイフを使わず 手で食べる、、これがリッターエッセン! こんなの初めて。
c0211876_5514166.jpg


フライドポテトは ま~指でつまんで食べるのO.K.だけど サラダは ちょっとね~~、 それでチキンの骨2本を箸のように使って食べていたら 違反だと友人から言われた(笑)

あまりにも たくさんのお肉、、、、正直 質より量って感じで 3分の1位しか食べれず、 ボールに入ったレモン入りの水で手を洗い、ご馳走様。

ところで この日は結婚記念日、 ある意味 とても思い出深い食事になったし、 友人達から祝福されて すごく嬉しかった。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-27 06:15 | サイクリング旅行 | Comments(4)

ドナウサイクリング旅行(4) ウィーンで「上を向いて歩こう」を歌った

旅行5日目、メルク修道院を見学した後の ドナウ川沿い地域はヴァッハウ渓谷と呼ばれ 川の両側にぶどう畑が広がる。
渓谷一帯は「文化的景観」の名で、ユネスコの世界遺産に登録されている。

c0211876_5561152.jpg


                当然ワイナリー、そして大小のワイン酒場が多い。
                       ワインは 殆どが白ワイン。

小雨に降られながら 左に右に見えてくるワイン酒場を通り越しながら どこに入ろうか~、と皆で思案。
c0211876_662783.jpg

                   やっと 決まった店に入り ほっと落ち着く。

「そこから宿泊地迄 たったの4km」と知り、サイクリング中はアルコールは飲まないと言う私の固い決意は 無残に崩れてしまった。

c0211876_6102263.jpg

                       結局ワイン試飲会となった。

c0211876_6114473.jpg

c0211876_612529.jpg

c0211876_6122466.jpg

               これは ブルートヴルストと言う 豚の血が入ったソーセージ。
ドイツで初めて見た時は 口に入れる事が出来なく、 今でも我が家の食卓に出る事は無いが、 少しなら食べれるようになった。   味は悪くないと思うが。

ちょっとほろ酔い気分になったものの 外に出て冷たい雨が顔に当たったら 気持ちが引き締まり その日のホテルへ向かった。
その晩のホテルでの夕食は 半分しか食べれず。

       翌日のサイクリング最終日は小雨の中 ウィーンへ向かってひたすら走った。
c0211876_6244671.jpg

             ウィーンでの宿泊(3泊)は メッセ会場近くのHotel Messe。
そこの地下のガレージに借りていた自転車を置き(返し)、 6日間お世話になった電動自転車とさようなら。
                    写真を撮り忘れたのが 少し残念。

      サイクリン中は 宿泊地での夕食を予約して置いたが、 ウィーンでは朝食のみ。

         最初の晩は 友人Jが予約したZwölf-Apostelkellerというレストランへ。
c0211876_65045100.jpg

入って 階段を下り、地下1階へ 更に階段を下り地下階へ、、、私の記憶だと更に下りて地下3階だったような、、、、 

c0211876_6363326.jpg

c0211876_6491260.jpg


 大きく四角いテーブルを囲んで坐り ビールを飲んだら 地下深くに居る事を忘れてしまった。

c0211876_6391854.jpg

            ウィーンと言えばウィーナーシュニッツエル(子牛肉のカツレツ)
      店によっては豚肉カツレツと両方あるが、 どちらも ご覧の通りのジャンボサイズ。



c0211876_6521484.jpgこれはレストランHPの中の写真だが、
こんな風にアコーデオンとバイオリンの2人組演奏家が 客席を回って希望を曲を弾いてくれる。
義務では無いが 皆お金を払う。
私達の席では 友人達がそれぞれリクエストを出し、楽しく一緒に歌っていたら(私が知らない曲もあったけど) 友人の1人が「何か日本の曲を弾けますか?」
すると「荒城の月」を弾き始めた。
日本人観光客も多いので 知っていたのだろうか。


次は 「さくらさくら」 最後は「上を向いて歩こう」
「荒城の月」と「さくらさくら」は ちょっと場違いな静かな曲だったので 聞いていただけだったけど、 「上を向いて歩こう」は 歌った。
                でも 友人達と一緒に歌えないのが ちょっぴり残念。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-25 07:16 | サイクリング旅行 | Comments(6)

ドナウ川サイクリング旅行(3) メルク修道院



                  旅行5日目(サイクリング4日目)

c0211876_47235.jpg

                      その日も暑かった。

なるべく13人離れず走るようにしていたが、 時には少し間が開いてしまい それに気付くと待つようにした。 それが ちょうど良い小休憩で持参の水を飲んだり。

c0211876_4112068.jpg

c0211876_4114268.jpg


           ランチ休憩後 自転車用フェリーで ドナウ川の反対側へ。
c0211876_4123457.jpg

c0211876_4131685.jpg

c0211876_4133694.jpg

c0211876_414052.jpg

                 けっこう たくさんの自転車を乗せられる。

c0211876_4174915.jpg

                  夕方 休憩したレストランのテラスにて。
       カボチャのデコレーションは 秋の名物、 あちこちで こんな飾りが見られる。

c0211876_4211173.jpg

             ドナウ川を走るクルーズ船やタンカー船も よく見かけた。

c0211876_4224390.jpg

                    今度は橋を渡って 又反対側へ
c0211876_4233100.jpg


c0211876_424630.jpg

                    ホテルの庭に立つ大きい胡桃の木

この晩は ワールドワッカー予選のドイツ対オーストリア戦を ホテルの広間にて皆で観戦。
                 ドイツはひどいプレーだったが、勝ってしまった。



                          サイクリング5日目
とうとう雨が降ってしまった。  勿論皆 防水ジャケットを持参していたので それを着て朝食後出発。
c0211876_4322080.jpg


                       向かったのは メルク修道院
c0211876_4344743.jpg

1770年、マリー・アントワネットがフランスのルイ16世のもとへ嫁ぐ道中、ここに1泊した。

                私達はドイツ語案内係りに付いて 院内を見学。
c0211876_4453565.jpg

c0211876_4462469.jpg

壮大で豪華できらびやかな姿に圧倒されてしまいそう。 特に天井画を見上げていると目がくらみそうになる。
        2日前に見た 殺風景で悲しみと苦しみの空気が漂う 収容所とは別世界。
               での この修道院にも色々な人間の歴史があったはず。
c0211876_4574945.jpg

                         テラスからの眺め

                        
c0211876_5111100.jpg

c0211876_5112950.jpg

ランチに食べた フライシュ クヌーデル、 ジャガイモのクヌーデルの中にミートボールが入っている。  夫はパンで作るクヌーデルの方が好きで 我が家では登場した事ないが、もちっとした食感が私は好き。

c0211876_5253084.jpg

              メルク修道院近くで見かけたイエローラブ。
                    ナナの事を強く思った。

   今回のサイクリング旅行は 娘&息子が帰省中である事を考慮して 日程を決めた。
特に娘が居る事は 私にとって心強かったし、旅行は楽しかったが 一方では自宅に戻りナナに触れるのが待ち遠しかった。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-23 05:37 | サイクリング旅行 | Comments(7)

ドナウ川サイクリング旅行(2) 強制収容所

                  旅行4日目(サイクリング3日目)

長く続く坂道を電動自転車で走る私とMは 皆を追い越し、 頑張って上ってくる友人達にカメラを向けた。
c0211876_523247.jpg

                     Vサインを出す友人
     彼女は女性6人の中で一番パワーがあり、サイクリングマラソンもやっていた。
         彼女の後ろを走る男性達に 「男達も頑張れ~!」 と叫んだ私。

太陽と青空の下 広がる緑の景色を見ながらのサイクリングは、 かなり汗ばんだが本当に気持ちよかった。

       しかし その日、 私達が見たのは悲しく あまりにも惨い人間達の歴史。

c0211876_5412023.jpg

c0211876_5414777.jpg

c0211876_5421681.jpg


                      マウトハウゼン強制収容所

ユダヤ人だけでなく、ナチスに抵抗した政治犯などが多く、約19万9千人を収容し11万9千人が死亡。
非人道的な強制労働や暴力、処刑は悲惨を極め、死の強制収容所として恐れられた。
(地球の歩き方より)


c0211876_5533046.jpg

収容所内では 説明テープレコーダーを耳に当てながら歩いた。
それぞれのペースで歩いたので 収容所内では別行動となったが 時々友人とすれ違う。
しかし 明るく「ハーイ!」と声を掛け合う気分にはなれず、誰もが暗く悲しい表情。

ガス室にも入ったが胸(心)が苦しくなり 長く居る事は出来なかった。
正直 見なければ良かった、、、と目をそむけたくなるような写真も数多くあった。

同じ人間に対し なんでこんな事が出来るのだろうか、 人間とはなんと恐ろしい生き物なのか、 この世に存在する生き物の中で一番残虐なのは人間、、、、、、そう思った。

こちらのサイトでは 詳しく収容所の事が書かれています。 (悲しく残酷な写真もあります)



c0211876_671165.jpg

                   その日の宿泊場所のテラスにて。

c0211876_6124865.jpg

             そして その晩もワインを飲みながら楽しく賑やかに食事。

しかし ベッドに入って目を閉じたら 収容所で見た映像が頭に浮かんできて離れず涙が溢れてきた。
                     旅行中、唯一 辛い夜だった。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-21 06:23 | サイクリング旅行 | Comments(7)

ドナウ川サイクリング旅行 (1) パッサウからリンツへ

夫が少しづつオーガナイズしてきたドナウ川沿いをパッサウからウィーンへ走るサイクリング旅行。
同行の友人達は11人、 私達夫婦を含め13人の賑やかなグループ旅行となった。

9月7日(金)の午前中 友人達が我が家に集まって コーヒーを飲みながら雑談後、車4台でパッサウへ向かった。    約400kmの道程。

c0211876_455361.jpg


パッサウで1泊、翌日から6日間サイクリング そしてウィーンで3泊。
ウィーンから電車でパッサウに戻り、そこから車で帰宅。
サイクリング中はホテルからホテルの荷物トランスポートサービスを頼んだが、帰りは自転車プラス荷物になり大変なので パッサウで自転車をレンタル。   私と友人女性Mは 電動自転車をレンタル。
Mは体力に自信が無く、私は持病である椎間板ヘルニアで腰痛持ちだから。

パッサウからウィーン迄のサイクリング走行距離は約330km。
平らな道のりがほとんどだが、急な坂道もたまにあり、私とMは笑って手を振りながら皆をスイスイ追い越した。
それで旅行中 私は皆から 「japanische Kaiserin」(日本の皇后様)と呼ばれる事になった(笑)
6日間のサイクリングで 最初の4日間はドナウ川に飛び込みたくなるほどの暑さだったが最後の2日間は雨に降られてしまった。

c0211876_52147.jpg

         サイクリング1日目、 自転車で走って10kmほどで すでにオーストリア。

c0211876_521492.jpg


c0211876_5221398.jpg

1日目は 
夫とお揃いのサイクルジャージを着て。


サイクルパンツは買おうか迷ったけれど
体(お尻)が楽だと 友人に薦められ
旅行前に購入。


c0211876_5265713.jpg

ドナウ川沿いのレストランで休憩。  毎日2度は休憩して、ビールを飲む友人が多かったが 私はサイクリング中のアルコールは控えた。

c0211876_5311498.jpg

               たまにサイクリング道では無く 車道を走る事も。

c0211876_533015.jpg

c0211876_5333926.jpg

            ホテルに到着、  友人ダグマー(女性)にお姫様だっこされる私。

c0211876_5351854.jpg

c0211876_535486.jpg

              ホテルのテラスにてビールor冷えた白ワインで乾杯~!

                夕食迄 時間があったのでボートに乗ることに。
c0211876_537884.jpg

              林檎の木の下で横たわり、ボートの待ち時間を過ごした。

c0211876_540398.jpg

            3艘のモーター付き木船に分かれて乗り、 1時間ほど走った。

c0211876_5482327.jpg

c0211876_5484873.jpg


サイクリング中はホテルでの夕食を予約、どのホテルもスープや前菜、デザート付きで、メイン料理は2~3品から選べるようになっていた。

c0211876_5555672.jpg

私のメイン料理はポーク料理とサビエッテンクヌーデル(ドイツでは球状のクヌーデルだが、オーストリアでは こんな風に切られているクヌーデルが多い)

c0211876_623142.jpg

翌日のドナウ川沿いのサイクリング道は途中に切れるので その間は自転車用フェリーボートに乗った。

                    ボート乗り場に居たワンちゃん。
c0211876_64767.jpg

c0211876_644741.jpg

     飼い主らしき人は居なかったけど首輪をしていたし、 近くの家の飼い犬だと思う。
                     凄く人なつっこいワンコだった。

c0211876_673233.jpg

                    お昼の休憩、 レストランの庭にて。
c0211876_675680.jpg

c0211876_682350.jpg


c0211876_6125479.jpg

c0211876_613287.jpg

c0211876_614980.jpg

                         2日目はリンツに到着。
c0211876_6145895.jpg


                      夕食後 リンツの市街を散歩。
c0211876_6205034.jpg

c0211876_6211635.jpg

c0211876_622458.jpg

c0211876_6224394.jpg




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-19 06:23 | サイクリング旅行 | Comments(4)

我が家でガールズナイト ~ ある・ないクイズ

                   昨晩は 我が家でガールズナイト。
            私を含め 日本女性9人が集まっての 持ち寄りパーティー。


c0211876_6132315.jpg

c0211876_6135296.jpg


          ご飯に合うおかず、という事で 色々な料理がテーブルの上に並んだ。
                  どれもこれも美味しくて 私の胃は大感激。

                       初めて口にした料理があった。
                     それは そうめんかぼちゃ(キンシウリ)

こういう野菜がある事さえ知らなかったのだが、こちらではSpaghettikürbisという名称で売られている。

              レシピも色々あるそうだが、今回はさっぱり酢の和え物。

デザートもカボチャプリン、チーズケーキ、ティラミス と豪華。  写真撮るの忘れちゃったけど。

                お喋りに花が咲き、笑いが部屋中に響きわたった。


                  私は お喋りしながら楽しめそうなクイズを準備。
10年以上前に買った ひらめき頭脳クイズという本の中から ある・ないクイズを選んだ。

ある ーー>   エレベーター、   ワーキング、  高気圧、  女子高、  カバー
ない ――>   エスカレーター、  パーキング、  高血圧、  男子校、  本

答えは  ガール、 ま~こんな感じのクイズなので 皆で考えながら答えを出すのはけっこう楽しい。
ご存知ない方に、、、、、  高気圧ガールは山下達郎の歌。





         今日(木)の午後 ルナ家族がルナを迎えに来て ルナちゃん さようなら。

         ルナが居なくなり悲しいとは言えないが、 ほんのちょっとだけ寂しいかな。

                       今度会えるのは いつかな。

           今 ナナは居間のベッドでへそ天になって寝ている、 も~可愛い~。
           そういえば ルナがいる間、 ナナはへそ天姿にならなかったわね。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-07 06:49 | 食する&料理する | Comments(6)

ギリシャからやって来た お転婆犬~ツォラ & 動画(ナナ&ルナ)

c0211876_19451381.jpg

こんにちは~、私はミルカって言います。
ナナちゃん&ナナちゃんママとは 散歩中に良く会うの。
ホントはもっと長いフサフサ毛なんだけど、水遊び大好きだから夏はサマーカットにしてるの。

隣に居る 黒くてちっこいのは 2週間位前からの同居人、 ツォラです。
ツォラはギリシャ旅行したママさんが連れて帰ってきたワンコなの、 ちっこいけど凄く生意気なんで私はちょっと疲れちゃうのよね~。

c0211876_19511342.jpg

初めまして、ツォラです。
私はギリシャで野良ちゃんだったの。
パン屋の前でうろついていたら 女の人が優しく話しかけ撫でてくれたから嬉しくて その人が車に乗ろうした時 私も車に飛び乗っちゃったんだ。
c0211876_19521866.jpg

その人、いったん車から降りて パン屋さんに私の事を色々聞いて、私が野良ちゃんだって分かってから 少し考えてたみたいだけど「ドイツに一緒に行こうね」って言われて、まず獣医さんに連れて行かれたの。

そこで体のあちこちを見られたり触られたりして、初めて注射ってのをされたの。
獣医さんは私の事「1歳位かな~」って言ってたわ。

そして生まれて初めて飛行機に乗って ドイツに来たのよ~。
女の人の家には ミルカって言う私よりずっと大きいワンちゃんが居たけど 私 ミルカの事全然恐く無かったし、遊びたくて遊びたくていつもミルカにまとわり付いちゃうの。
「ガウガウ」すると 叱られるんだけど、それでもへっちゃらなんだ~。

最初はブラッキーって呼ばれてたけど、最近ツォラって名前をつけてもらったのよ。
ギリシャに居る頃と違って 首輪をして時々リードに繋がれるけど、ちゃんとご飯がもらえるし たくさん撫で撫でしてもらえるから ここの生活 凄く気に入っちゃった~。


という訳で、 ツォラは初めて家族が出来て喜んでいるようだが、実はこれは仮の家族であって、本当の家族を捜し中。
ミルカの飼い主Sさんは2頭飼いをするつもりはなく、ドイツで里親を見つけてあげる為にツォラを連れて来た。

上にも書いたように、獣医で簡単な健康チェック&狂犬病予防注射をさせれば 簡単に野良ちゃんをドイツへ連れてこれるのでSさんのような事をする旅行者は珍しくないようだ。

私もポルトガル旅行をした時 たくさんの野良ちゃん達に出会った。
多くが人間達にフレンドリーで 「可愛そう」って思いから連れて帰りたくなる愛犬家の気持ちは痛いほどわかる。

しかしね、 こういった個人的な野良ちゃんレスキューは 里親が見つからない場合を考慮して「自分がその子の生涯を面倒みる」という覚悟でなければ するべきでは無いって 私は思う。
げんに ツォラの飼い主はまだ見つかっていない。
長く一緒に居れば居るほど 愛着が湧いていくのよね~と言うSさんだが、ミルカの相棒としては満足してないようだ、、、、ミルカがけっこうストレスを感じてるみたい。



人に対しては とてもフレンドリーだが、 犬関係の社会性が出来ていなくてガウガウしつこくして時には相手を噛んでしまったりで 上手に遊べない。
トレーニングをしっかりしないと モンスター犬になってしまうかも。

来週 新聞に「里親募集」を出すそうだが、 責任と愛情を持って受け入れてくれる飼い主が見つかれば良いのだが。


      ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


c0211876_21112614.jpg

フリーにすると 右に左にと走り回り 歩くというよりいつも小走りのように進むルナだが リード付きだと リードを引っ張る事なく上手に歩く。
ルナのリードは首輪無しのわっか式リード。


今日はルナに普通の首輪を付け、パッチー&エイミー時代に使用していたV字型(2頭用)リードを久し振りに使って見た。
いつか又必要なになるかも、と保管しておいて良かった。

c0211876_21161391.jpg

         なかなか いい調子、 あ~2頭並んで歩くこの姿が懐かしい~。

c0211876_2118013.jpg


さて、ナナ&ルナは 相変わらず少し距離を保ってる関係だが、前ブログにも書いたようにナナがルナを威嚇するような素振り(散歩中だけ)を見せ始めた。

ルナは私の視野から時々消える事があり、しばらくすると戻ってくるのだが ルナの姿が見えるとナナがすっ飛んで行き「ガウッ」と短く吠える。   ルナは顔をそむけ吠え返す事なく戻ってくる。

まるで 「ママが待ってるんだから 勝手に何処でも行っちゃ駄目でしょ!」 と ルナを叱ってるように見えてしまう。  ま~そんな事はないだろうけど。

c0211876_21305379.jpg

ナナと違って歩道を歩くより野原や湖沿いに降りて動き回ってる方が多いルナ。
そんなルナを 時々監視してるように見てるナナ。

            でも今日は公園で 追いかけっこ遊びをした ナナ&ルナ。



               なんだかフタリの距離が縮まってきてるように感じる。

c0211876_2224384.jpg



c0211876_21423664.jpg

穴掘りに一生懸命なルナ  口も前足もどろどろ~泥だらけ、 この後 私に言われなくても自ら湖に飛び込んで汚れを落としてくれた。
散歩する度に あちこちでゴロすり するルナ。

そういえばナナは穴掘りしない、 そして臭い付けのゴロすりもしない。
だから 体が汚れないし 悪臭もしない(体臭も弱い)、 本当に世話がかからない子。

それに比べパッチー&エイミーは穴掘り大好きだったし、エイミーはゴロすり大好きで シャンプーしないと家に入れられない事もあったけ。

              ルナを見てるとパッチー&エイミーを懐かしく思い出す。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-05 22:02 | 愛犬と暮らす | Comments(9)

フタリ(2頭)の関係



                   日曜日 テラスにて娘&ワン達。

c0211876_5202418.jpg

                    ナナはルナより一回り小さい。


c0211876_5225978.jpg

           ルナがナナの首に顔を乗せる、、、、、自分の優位を示す仕草。 

              娘がルナを叱って顔をどかせ あえてナナだけを撫でた。

c0211876_527880.jpg

              すると どうにか娘とナナの間に割り込もうとするルナ。

c0211876_5292610.jpg

                ナナを押しのけるようにして 娘に甘えるルナ。

              


犬の上下関係は体の大きさや年齢に関係しないそう。
初めて会った時 ルナにマウントされたナナは抵抗しなかった為、ルナから甘く見られたのかもしれない。

しかしマウントする度に叱っていたので、ほとんどマウントはしなくなったが、上記のように「顔乗せ」は時々する。
ナナもルナの下という立場を受け入れているのかしら??

ところが 今日の散歩中 野原を駆け出したルナに走り寄り ナナが尾をピ~ンと立て「ガウ~ッ」と吠え声のような唸り声のような声を出した。  
ただそれだけで、ルナは一瞬ひるんだけど続けて走りまわり ナナは私の傍へ。

                 このナナの行動の意味は??

   ナナの吠え声にビックリしたが、ナナ&ルナは唸り合ったり吠え合ったりする事は無い。

c0211876_674751.jpg

      仲良く寄り添って寝る事はないけど こんなフタリの寝姿に思わず笑顔。

               前回も書いたけれど何でもナナが優先。
少しづつ築いてきた私とナナの信頼関係&愛情には適わないけれど、ゲスト犬ルナにもたっぷり愛情を注いであげる。



c0211876_630169.jpg

         散歩後のルナの顔には、、、、ちょっと ずれてしまった眉毛??

               エイミーのこんな顔を思い出してしまった。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-09-04 06:53 | 愛犬と暮らす | Comments(10)