<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

娘&ナナと湖へ


良い天気が続いていて すでに湖で泳いでいる人もいるが、水温はまだ低く 家族の中で毎日喜んで湖に飛び込んでいくのは ナナだけ。

c0211876_5211239.jpg

娘が帰省中 朝の散歩は私 夜は娘と行く事が多いが 昼間は皆一緒に湖へ直行。
歩いて1分の公園の湖沿いでは子供達が遊んでいるので そこは避けて他の場所へ。
            

c0211876_5445782.jpg

しかし 何か遠くに投げてあげないと泳がないので、昨年買った赤いウォーターダミーを投げる。

もしナナがレトリーブ出来なかったら取りに行ってね
と娘に言うのだが ナナがダミーを見失いそうになると娘は その近くに小石を投げてナナに教える。

c0211876_5453981.jpg

c0211876_531544.jpg


c0211876_5474569.jpg




c0211876_5545658.jpg

c0211876_5554437.jpg

                   ナナ姫、 おやすみなさい。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-31 06:53 | 愛犬と暮らす | Comments(8)

黒い森地方へ & ナナが居ない散歩


宗教に関係する大きい祭日はクリスマス、Ostern(復活祭)、Pfingsten(精霊降臨祭)
復活祭も精霊降臨祭も それぞれ日曜と月曜が祭日で(毎年 日にちは異なるが)学校はその前後2週間位休みになる。

今年は5月27日と28日が休みで 日曜の午後 夫と私は黒い森地方に住む友人ダグマーの家に遊びに行き1泊。 我が家から北西へ約100km車で走った所。

このブログに何度か登場しているカップルのダグマー&フランクは、それぞれ別の街に住み週末に行き来している。

前回2月に日帰りで遊びに行った時はナナも一緒で 銀世界の中を長い散歩。
今回は娘が帰省中だし 2匹の猫が居る家にナナと泊まるのも少し不安だったのでナナは娘と留守番。 
しかし着いてナナが一緒でない事を知ったダグマーは凄くがっかりしていた。

「うちの猫は犬が居れば近寄ってこないし、勝手に庭と屋内を出入りしてるし、犬と泊またって構わないのよ」
それを聞いてナナを置いてきた事を後悔してしまった。
ダグマーはとにかく動物好きで ナナはたぶん家族の次にダグマーが一番好きだろうから。

今回は さすが雪は無かったが 出る時に着ていた半そでシャツでは寒くなり持参したジャケットをはおった。
それも当然 標高1000mで私の住んでる所より600m高いのだから。

勿論 彼氏のフランクも居て、一緒にコーヒー&手作りケーキをいただきながらのお喋り後、 散歩。

c0211876_5491049.jpg

             歩いていたら 青空が広がってきて 急に暖かくなった。
c0211876_5495528.jpg

c0211876_5502498.jpg

             黒い森の家と呼ばれる この地方の特色ある家
c0211876_5505232.jpg

              ロバ、 ひょうきんな顔立ちがなんとも可愛い。

 自然の中での散歩は気持ちよいけれど、やっぱりナナが居ないと なんとなく物足りない。


       それでも 2時間以上歩き戻ってすぐテラスで飲んだビールが美味しかった~。
c0211876_6103926.jpg

                    庭からの のどかな眺め

c0211876_6204434.jpg

                        夜はBBQ
c0211876_6213982.jpg

BBQは大きいグリルで、 そして寒がり屋の私の為に細長いオーブンにも火をつけてくれた。

食事も終わり 日が暮れてからは4人でこのオーブンを囲みワインを飲みながら団欒。
フランクは白ワイン、他の3人は赤ワイン。
翌朝 知ったのだが3人で4本(4ℓ)の赤ワインボトルを空にした。

私は赤ワインを飲みすぎると 途中からの記憶が吹っ飛ぶという怖い病気?を持っているので気を付けているのだが、幸い記憶喪失にならなかった、、、と思う。

泊まったゲストルームは別の階にあり、トイレ、バス、キッチンも付いていて まるでペンションのよう。
次回は絶対 ナナも一緒。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-30 07:10 | お出かけする | Comments(6)

ゴールデンのルナちゃん ~ 久し振りの2頭飼い気分

c0211876_5532210.jpg

          金曜日の朝 ルナちゃん(8歳)が我が家にやって来た。

          ルナは夜まで我が家で預かる事になった 知人の愛犬。
         タレ目でポヤ~ンとした顔立ちが 少しエイミーに似ている。

そして 又娘が帰省。  乗り合い車で来た彼女から電話があり 車を降りた場所迄迎えに行くことになった。(大学が変わってから 予想以上に度々帰省するようになった、 勿論嬉しいけど)
万が一の場合を考慮してナナとルナは別の部屋。

車中 「家に入ったら きっとビックリするわよ」 と娘に言ったら 
「えっ 何? もしかして新しい家具を買ったの?」と聞く娘。 
私が黙って笑っていると 「ヒントは何?」
私達親子は こういう クイズみたいな会話を楽しむ事がけっこう多い。

「凄く 可愛いの」と答えたら
「ひょっとして 犬?! ママ やっぱり2頭目を飼ったのね」と ビックリしながらも嬉しそうな娘。


c0211876_623451.jpg 

家に入りナナ&ルナを見て戸惑いながらも喜んでいる娘に事情を話した。




c0211876_6294245.jpg


c0211876_6343086.jpg

庭で噛み噛みタイム、、、、、飼い主さんの話によると自分で鼻を掻いて毛が抜けてしまったそう。
ルナの姿がエイミーとダブってきて、、、、小声で エイミーと呼んでしまった。

飼い主と離れた寂しさからなのか?ただ甘えん坊なのか?ルナは私と娘がナナを撫でていると「私がいる事も忘れないで」と 割り込んで来たり、攻撃的では無いが けっこうドミナントで時々ナナにマウントしたり ナナの首に自分の頭を乗せたり。
ナナは全く抵抗せずだが、 ルナがそんな行為にでたらすぐ止めさせた。

けれど一緒に駈けずり回って仲良く遊んだり、、、そんなフタリは微笑ましく、2頭飼いの夢は捨てきれない。

夜 涼しくなってから娘と一緒にナナ&ルナを連れて散歩。
森の中で ルナのリードを外したら ナナと違って茂みの奥や 私達の歩く方向とは別に進んだりするが、名前を呼び待っていれば戻ってくる。

エイミーも若い頃は リスを追いかけて私の視野から消えてしまう事があったけ。
パッチー&エイミーと一緒に散歩して頃が懐かしい。


c0211876_715364.jpg

             散歩して ご飯を食べて フタリ揃ってお休みタイム。 


初めて我が家で長時間過ごしたルナ、 その割には天真爛漫そうに見えたけど 2~3度玄関へ行って「ク~ク~」寂しそうな声を出していた。
そして夜11時過ぎ 家族のお迎えがあり尻尾振り振りして サヨナラ。

               そうよね、 家族と一緒が一番幸せだよね。
               でもルナちゃん いつでも遊びにおいでね。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-27 07:37 | 愛犬と暮らす | Comments(18)

日本語が出来ない娘&息子



しばらく前だが 息子と電話で話していたら 「大学で日本人学生(女性)と知り合った」と言う。
へ~、日本人留学生、と思ったら、そうでは無く どうもドイツで育った女性のようでドイツ語を母国語のように話すそうだ。

その後 息子に「どう?例の日本人の子と会ってる?」と聞くと「ちょっと知り合っただけで 別に親しくしてるわけじゃないから、ところで、、、、」と簡単に話題を変えられた。

何でもペラペラ話す娘と違って、そういう話題は苦手な息子クン。

しかし私は飛躍して空想の世界へ、、、、、、、、
もし、もしも、、、息子に日本人彼女が出来て そして結婚なんて事になったら、、、、

私が訪ねて行くと日本食を料理してくれ、 泊まったりなんかしたら朝食にはお味噌汁、漬物、納豆、ご飯。
私が体調悪い時は おかゆなんか作ってくれちゃったりして。
う~~ん 最高じゃない!  でも これが実現するって まず無いだろうな。
むしろ お嫁さんに「ほら 早くコーヒー入れてよ!」なんて言われてる 息子の姿の方が現実味がありそうだ。


一方娘は 度々大学近くのスーパーで見かけるアジア人留学生を もしかして日本人では?と 思い切って話しかけたそう。  娘の感は当たっていてタンデム(娘がドイツ語を教え、相手は日本語を教える)をする事になった。
そして今日(木)の午前中 娘から電話があり、「タンデムはあまり上手くいかなかったけど、今その人と一緒だから 電話変わるね」と いきなり その会ってもいない日本人留学生さんと電話で話す事になってしまった。
娘は一見アジア女性に見えないので いきなり日本語で話しかけられて その人はかなりビックリしたらしい。

タンデムの日時も娘の日本語で決まったそうだが、 娘は「あさって」という言葉を思い出せず「あした の あした」

そんな風で娘の日本語は凄く乏しい、 息子は乏しいどころか挨拶程度の日本語しか出来ない。
母親が日本人なのに なぜ日本語が話せないの? と聞かれると 返答につまるし、ちょっと辛い。  正直 私は子供達への日本語教育に一生懸命では無かった。
それを ちょっぴり 後悔している。

けれど こちらで生まれ育ち 周囲に日本語を話す人が片親だけだと子供が成長するにつれ 楽な現地の言語へ傾いていくのは当然で  それでも正しい日本語を教え&学ぶって 親も子もかなりの努力が要る。

だから私の努力が足りなかったのは認めるが、親が日本人なら日本語が話せるって単純には思わないで欲しい。


         ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

今日(木曜日)の午後は湖沿いの町、Überlingen(ユーバーリンゲン)へ行って友人達と会い まずはカフェでお喋り。
c0211876_5421158.jpg


そしてショッピングを楽しみ 夕食は湖沿いのプロムナードにある Zeughaus Überlingen

c0211876_5485811.jpg

このレストランの奥には 寿司バーがあるが、メニューは私の住んでる街にある「達美」の方が豊富。

どちらの方が美味しいかは それぞれの舌で違うだろうから コメントは避けようと思う。
c0211876_5515682.jpg


c0211876_5553738.jpg




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-25 06:12 | 家族&我家 | Comments(8)

娘を心配した夜 & 日曜日のサイクリング


ウィーンで学生生活していた頃の娘は帰省する時 飛行機か電車を使っていたが、L市に移ってからは「車の乗り合い」を利用している。
ドイツ語ではMitfahrgelegenheitenと言いhttp://www.mitfahrgelegenheit.de/
で簡単に捜せる。
車だけでなく 電車でも複数の方が安いチケットがあり、その仲間集めする事も出来るので このサイトを利用する人(主に学生達)が多いらしい。

車の場合 同乗者が車の持ち主に決められた金額を支払うのだが、娘の場合片道約200kmで10ユーロから12ユーロ。
安いのだが、親としては他人と同乗して はたして大丈夫か?という心配もある。
しかし 運転手(車の持ち主)は 車ナンバー&身分証明を このサイとに登録しなければならず、心配するような事件が起こる事はまず無いのだそう。
それに運転手と二人だけでは無く、たいてい同乗者は複数。

という事で 余計な心配はしまい、と思っていたのだが、
先週の水曜日に娘の電話で 「XXスーパーの駐車場で車を降りるから迎えに来てね、 たぶん夜9時頃になると思うけど 正確な時間は又連絡するから」
しかし夜10時になっても電話が無く、娘の携帯にかけても通じない。
普段は何事も私より ゆったり構えている夫も落ち着かなくなり、「とにかく その駐車場へ行ってみる」と家を出ようとしたが 私は「もしかしたら 車を降りる場所が変わったかもしれないし、もう少し待って又電話してみてからにしよう」と 夫を止めた。

それから心が落ち着かない時間が過ぎていき、又電話しようと思ったら玄関のチャイムが鳴り、急いでドアを開けたら娘が立っていた。
安堵感が体中を駆け巡り、娘をハグ。

娘の話によると
他の同乗者達が集合場所に遅れて来て、おまけに車の上に自転車を乗せていた為 速く走れなかった。  運転手の行き先が我が家と同じ方向なので 家の前まで送ってくれた。

「同乗車達とも話がはずんだのよ」という娘に 「これからは時間が遅れる場合は絶対連絡するよう」 言い渡した。

                          親の心 子知らず


        ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

日曜日の朝 娘はナナと散歩して軽い朝食後 又同じ車の乗り合いでL市へ向かった。

私と夫は 又サイクリング。
特に行き先を決めず走っていたが、ボーデン湖沿いHegneのキャンプ場で休憩。(我が家から11km)

c0211876_5325630.jpg

c0211876_5343744.jpg

c0211876_535399.jpg


c0211876_5394960.jpg

c0211876_5401937.jpg
キャンプ客以外でも利用できる軽食店にて カリーヴルスト(カレーソーセージ)とフライドポテト。

これはドイツの典型的軽食の一つだろう。





c0211876_5503333.jpgc0211876_551167.jpg
c0211876_552254.jpg














黒いオートバイ以外の2台は固定されていて
キャンプ場の珍名物??

面白いけど 我が家の庭には置きたくないわ。




我が家のすぐ近くにもキャンプ場があり、これからのシーズン 益々賑わってくる。







c0211876_655222.jpg

                      今日の ナナ姫


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-22 06:13 | よもやま話 | Comments(10)

猫におちょくられた?ナナ & 庭で戯れる ガールズ達

祭日の木曜日、スイス在住の日本女性、Kさんのバースデイパーティーに招待された。
彼女とは今年の2月 同じくスイスに住むSさん宅での食事会で初めてお会いし「又会いましょう」と約束したものの なかなか都合が合わず3ヶ月振りの再会となった。

猫も犬も大好きと言うKさんから「是非 ワンちゃんを連れてきてね」というメールがあり、庭でBBQと聞いていたのでナナを同伴。

幼児達が遊んで駈けずり回っていても 私の傍で大人しく横たわっていたナナが、急に唸り走り出したのでビックリ。

c0211876_764523.jpg
その理由は ご近所の猫ちゃん。


普通 犬が追いかければ逃げて姿を消すけれど この猫はナナから3mほど離れた場所で立ち止まり威嚇。
ナナも距離を保ち 猫を凝視。




果たしてどうなるか見守っていたかったけれど、考えてみれば ここは猫ちゃんのテリトリーかもしれないのでゲストのナナには退いてもらう事にした。

それでも ナナの存在が気になるのか、気に入らないのか、 時々そ~~っとナナに近づいてこようとする 勇気ある猫ちゃんだった。
それともナナは かなり おちょくられていたのだろうか(笑)

           この日 又新しい出会いがあり、 その方達との再会が楽しみ。



      ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

                       水曜の夜 娘が帰省

                     庭でナナをブラッシングする娘
                    気持ち良さそうに 目を閉じるナナ
c0211876_7292877.jpg

                                  
c0211876_730256.jpg

                        そして スキンシップ
c0211876_7304931.jpg

c0211876_7312250.jpg

c0211876_7315825.jpg

c0211876_7324079.jpg

                     私の可愛く愛おしい ガールズ達


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-19 07:42 | 愛犬と暮らす | Comments(6)

ナナが来て1年~家の子記念日

c0211876_727825.jpg


              1年前の5月15日 ナナは我が家にやって来た。
                 正確には 私達家族が連れてきた。

c0211876_729717.jpg


前飼い主の家で初めてナナに会った時、 ナナは私達を(夫&息子&私) こんな風にじ~~っと見つめていた。
正直 初めて会う人に吠えたり、 興奮して駈けずり回る子だったら迷ったかもしれない。

しかしナナの静かなアイコンタクトを受け止め 私は「この子だ!」と決めた。

私達の次にナナに会う予定だったのはラブラドールのブリーダーで、もし私達が決めなかったらナナはブリーダー犬となっていたかもしれない。

前家庭では2年近く姉妹犬と一緒だったナナ。
しかし飼い主夫妻の離婚により、務め始めた女性は犬の世話をする時間が無くなったという理由で まず姉妹犬が親戚に引き取られた。
急に相棒が居なくなり ナナは不安で姉妹犬を捜したのだろうか。

そして次は自分が新しい環境へ連れて行かれた。
人間側にとっては 自分達で決めた新しい家族への思いに溢れていようと、犬にとっては違う匂いでいっぱいの場所では 不安にならないはずは無い。

そんなナナは時間をかけて新しい家族への信頼と 新しい場での安らぎをはぐくんできたのだ と思う。

c0211876_7432845.jpg


c0211876_7435679.jpg




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-17 07:48 | 愛犬と暮らす | Comments(12)

FCバイエルンを応援したナナ & ライヒェナウ島をサイクリング

土曜日の晩、 DFBポカール(ドイツのサッカーカップ戦)の決勝戦が行われ 友人カップルのダグマー&フランクと一緒に我が家でテレビ観戦した。

涼しかったけど まずはBBQで腹ごしらえ。

c0211876_385338.jpg
ナナは この二人が来ると大歓迎。
ダグマーと庭でボール遊びしたり本当に楽しそう。

けれどナナは遊び相手が止めて他の事を始めても 「もっと遊んでよ~」という態度は一切なく、要求吠えもせず、けっして邪魔をしない。


ダグマーはクスクスサラダツァジキ(Tzatziki)を作って持ってきた。

ジューシーな肉にツァジキを付けて、、、、旨い!
私はトマト系のBBQソースより これが好き。






           決勝戦は FCバイエルン 対 ボルシア・ドルトムント

ドルトムントチームでは香川選手が大活躍しているし、試合には出なかったもののFCバイエルンにも日本人選手が在籍。
海外に出る選手が多くなり、評価も高まってるようだ。

私は特に好きなチームも無く、だからブンデスリーガには興味無いが、決勝戦を見るのは好き。
特に ワールド&ヨーロッパ大会には熱くなってしまう。

ドイツで一番人気は やはりFCバイエルンだろうか。  しかし夫はアンチ バイエルン!
バイエルンが出る試合では とにかくバイエルンが負けると喜ぶ。
私も香川選手が居るドルトムントを応援する事にした。

ダグマーは バイエルン州出身なのでバイエルンのユニフォーム&帽子を持参。

c0211876_4563977.jpg

バイエルンのロゴ入り帽子をかぶってナナもダグマーと一緒にバイエルンを応援??




結果は5対2で
ドルトムントの圧勝。



でもナナは歓喜する夫から トリーツを貰った。


c0211876_561384.jpg



       ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 


           翌日の日曜日は 再びダグマー&フランクと共にサイクリング。
10時に我が家にやって来た彼達と まずはライヒェナウ島(ユネスコ世界遺産)へ向かった。

c0211876_512186.jpg

                    我が家から島まで 約12km。

c0211876_525392.jpg


島内を回って走り、 ランチはすずき科の魚、ツァンダー(Zander)と大盛りサラダ。
冷えた白ワインを飲みたくなったが、 行きはよいよい 帰りは怖い~になっては困るのでアップルジュースで我慢。

c0211876_5285780.jpg


          島を出た後 4人で共通の友人宅に寄り コーヒーを飲んで雑談。
               ナナが待つ我が家に着いたのは午後4時過ぎ。
                    この日の走行距離は40kmくらい。


             初めてサイクリング用の下着を履き そして柔らかめのデニム。
今回のように 日帰りの短いサイクリングなら それで充分だが9月のサイクリング旅行には 絶対サイクルパンツ(レーパン)が必要だと友人が言う。
あの体にピッタリしたパンツを履くのは なんだか抵抗あるので未だに購入を迷っている。
        しかし 見かけより機能重視するべきか、、、、、お尻痛くなったら困るし。



                   母の日、、、、、日本の母に電話した。
家の中ではゆっくり歩いて 簡単な家事が出来るようになり、歩行器を使って散歩も出来るようになった、と言う元気な母の声を聞いて安心。

                        娘と息子から電話。
                 聞かずとも 最近の出来事を色々話す娘。
              「別に用事無いんだけど、 母の日だから、、、、」と息子。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-15 06:22 | よもやま話 | Comments(15)

 しばしお別れの公園 & 借金だらけの人生ゲーム



                   今日(金)は30度を超える真夏日。

                  朝の散歩は又自転車で大きい公園へ。
c0211876_5485553.jpg

c0211876_5493052.jpg


                  しかし来週からは ナナと入れなくなる。

トイレ、シャワー、ビーチバレー、レストラン他の設備がある この湖沿いの公園は これから益々賑わうようになり、自転車乗り入れと犬連れ禁止。

人々が芝生の上でピクニックしていたり、寝そべってるのに 犬を駆けずりまわすなんて勿論出来ない。

幸い我が家のすぐ近くにも湖沿いに小さい公園があり、これからはそこがナナのボール遊びの場。
しかし そこも午後になると近所の人達で賑わうし 隅に砂場やブランコがあるので幼児連れの人も多い。
だからナナのボール遊びは午前中。



さて 今日は久し振りの人生ゲーム。
同じ街に住むNちゃん宅に日本女性7人が集まって ランチはNちゃんが作ってくれた散らし寿司他をいただいた。

c0211876_665056.jpg

              右下はひよこ豆で作った豆腐、、、、、美味。


c0211876_6161799.jpgc0211876_6164251.jpg
             あんこ巻き & ルバーブのケーキ、 どちらもNちゃんの手作り。


c0211876_6192369.jpg


人生ゲームはたくさんの種類があり これ迄2度したのは「ギャップ天国」、今回は「極辛 ストレス社会」

               極辛だけあって、かなり厳しい人生を送ってしまった私。
               最後に残ったのは 多額の借金のみ、、、、トホホホ、、、、

                  人生勝ち組 大金持ちになったのはNちゃん、
            でも美味しい料理&デザート作ってくれたから よし! としよう。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-12 06:34 | 愛犬と暮らす | Comments(4)

ナナと一緒にバスに乗る


自転車ギアの調子が悪くなったので 月曜日に自転車店へ。
ちなみに ギアメーカーは日本のシマノ。

ナナをお供に まずは湖の散歩道、そして小さい森の中 そして大通りへ。
リード付きのまま自転車の速度に合わせて上手に走れるナナだが 交通量の多い大通り脇の自転車道をナナを連れて走るのは危ないし迷惑にもなるので、 自転車を押して歩いた。

自転車は翌日取りに行く事になり、 帰りはのんびり歩きながら帰ろうか~と思ったが、ナナと一緒にバスに乗ることにした。
(日本では犬をケースに入れたりの規約があるそうだが、ドイツではバス&電車に 料金を払えばそのまま自由に乗せられる)

ナナがバスに乗った事があるのかどうか 前飼い主に聞いてないので分からないが、ナナの反応を見てみたかった。
私もバスに乗る事がほとんど無いので 久し振り。

乗客が多そうなら止めるつもりだったが 幸い空いていたので乗車。

バスのドアが開いた時 一瞬戸惑ったようだが、すぐ私の後に続いてすんなり乗ったナナ。
料金は子供料金と同じ。

c0211876_5481041.jpg

                  乗ってすぐ オネエ坐り。
c0211876_5445759.jpg

                 でも  ちょっと緊張気味?

翌日も自転車を取りに行く為、行きにナナと一緒にバスに乗った。
ベイビーカーなどの為にあるスペースにナナと居たが、 途中歩行補助車に摑まり御老人が乗ってきたので場所を譲り 少し移動。

するとその女性が私にお礼の言葉を言い、ナナに「ごめんなさいね、あなたの場所を取ってしまったわね」と笑顔で話しかけた。
近くにいた男性は 「名前は? 本当にいい子だね」と ナナを撫でた。

以前 エイミーとも何度かバスに乗った事があるが、 乗ってくる犬を眉をひそめて見る人は無く、むしろ笑顔で犬を見ている人が多い。

しかし満員状態のバスに大型犬と乗車したら 反応は違うかもしれない。(盲導犬などは別だが) 

犬を同伴出来る場が多いドイツだが、飼い主はTPOをわきまえ、他人に迷惑かけないようにしなきゃ、って思う。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-11 06:31 | 愛犬と暮らす | Comments(8)