<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ナナとボーデン湖 & 娘&息子の帰省

水曜日位から やっと暖かくなってきたと思ったら 急に真夏の陽気。

今日(土) 庭の温度計は昼間の日差しの中 38度まで上がり 夜は庭でBBQ


                     木曜日の散歩にて。
c0211876_614998.jpg

c0211876_621438.jpg

c0211876_623735.jpg

                       湖で泳いで

c0211876_635395.jpg

                  公園で会った犬と駆けずり回り

c0211876_643941.jpg

                   森の中で 小川に入り

             ナナにとっても 楽しい水遊びの季節が始まった。



             5月1日は休日なので 金曜日に娘&息子が帰省。

        息子の帰宅は夜9時過ぎになると聞き、 彼の好きな肉まんを作った。
c0211876_6354424.jpg

我が家の肉まんは通常の物とは違い ひき肉、ネギ、竹の子などを炒め醤油、酒、砂糖、豆板醤で味付けした物を包む。



              夕方帰ってきた娘とナナを連れ 湖沿いを散歩
                 娘の新しい学生生活の話を聞きながら


c0211876_6144117.jpg

                      湖を眺める ナナ&私

                     夕方の湖は ちょっと寂しげ



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-29 06:41 | 愛犬と暮らす | Comments(12)

コーラス & スイスのミグロスで買い物


                 水曜日の午前中はコーラス練習日。
                     昨日練習したのは

              誰でも知ってる歌 「You Are My Sunshine」
     元気が出そうな歌 「空を見上げて」(原曲は、黒人霊歌 "Rock-a-My Soul")
        パッヘルベルの「カノン」をモチーフにした合唱曲 「遠い日の歌」

    
                      美しいメロディーでしょう?

しかし私達コーラスはリーダーを除くと たった4人なので、低いパート(混声だと男性が歌う)は私一人、ソプラノもHさん一人、メゾはY子さん&Kさん。
ちょっとしたミスも目立ってしまうけど 綺麗にハモれた時は嬉しい。

練習後 Y子さん&Hさんと一緒に達美でランチ。     3人とも 鮭の塩焼き定食。
c0211876_5331771.jpg

日本滞在中は毎朝和食、その反動かドイツに戻ってから味噌汁を口にしていなかった。
だから久し振りの味噌汁が本当に美味しかった~。
小鉢に入ってるのは サービスでいただいた魚のぬた和え、、、、美味い!

和食を食べながら日本語でペチャクチャお喋り、、、、しばし日本の世界に浸った。

食後は3人で スイスで最も有名なスーパーミグロス(Migros)へ。
私の住んでいる街のすぐ隣はスイス、 ドイツより物価は高いがドイツのスーパーには無い物やドイツの品より美味しい物(チョコやパスタなど)があるので スイスへ買い物に行く人がけっこう居るし ミグロスファンも多い。

今回のお目当ては よくコメントをくださるI. A-Eさんお勧めのホーランデーズソース&ベシャメルソース。(粉末)
c0211876_602711.jpg

c0211876_655132.jpg



こちらは 加熱するだけでよい
テトラパック入りのソース




          

           勿論 次回のアスパラガス料理に使うので お味が楽しみ。

スイス在住のmucciさんからいただいて以来 買うようになったミグロスのマヨネーズ。
しかし欲しかった辛子入りマヨネーズは無く 普通のマヨネーズとY子さんお勧めのBio(オーガニック)マヨネーズを買った。
c0211876_6511.jpg


c0211876_684261.jpg

         美味しいかどうか分からないけど、買ってみたチャイニーズヌードル。
              まずは これで焼きソバでも作ってみようかな。


c0211876_6241370.jpg

                       今日の ナナ姫


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-27 06:26 | 色々する(趣味) | Comments(12)

左を見て、、右を見て、、、、、

       まだまだ涼しく 夜は寒いくらいで 我が家の暖炉の中は毎晩燃えている。

         それでも前庭に立つ老木は 頑張って桜の花を咲かせてくれた。
c0211876_416506.jpg


c0211876_42098.jpg

八重桜のような華やかさは無いけれど、入居して以来この桜を見て、又見られていたのだと思うと愛着が湧く。

c0211876_4222155.jpg

    ナナのテリトリーは裏庭で前庭には行かない、って言うか行けないようになっている。

       私も前庭に出る事は ほとんど無くてお花見はダイニングルームから。        
c0211876_4281416.jpg

 私の場所(テーブルの定位置)に坐り、顔を左に向けると窓ガラスを通して桜が見える。
   日差しの中の桜も綺麗だけれど、暗くなり浮かび上がるような白い姿も風流。

c0211876_4334392.jpg

           そして 顔を右に向けると 可愛いナナが見える。
        こんな風に私を見つめていたり、時にはヘソテンになって寝ていたり。


               ちなみに正面には我が夫、 その写真は省く。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-25 04:57 | 家族&我家 | Comments(16)

ガールズナイト & 白アスパラガス~ホランデーズソース


c0211876_4425645.jpg

             金曜日の夜は レストランReckにて ガールズナイト。
                     今回は11人が集まった。

2~3ヶ月置きに行われている この食事会は常連メンバーは居るものの、「来られる方はど誰でもどうぞ」なので 時々初めてお会いする方もいる。
その晩はイラン人のご主人と一緒に来られたE子さん & 交換留学生のT君と初対面。

             あっ、男性達がいたからガールズナイトとは言えないか、、、、、、

10人以上の長いテーブルに座ると どうしても自席付近の方達との会話中心になってしまうが、よく喋りよく笑った。

c0211876_513712.jpg

                   白アスパラガスのスープ

c0211876_52198.jpg

                 私が食べた ラム&ポテトグラタン

c0211876_531166.jpg

               友人が食べた サーモン&アスパラガス

両方に乗ってる葉が Bärlauch(ベアラウフ)、日本語ではギョウジャニンニクと呼ばれる物で香りがニンニクと似ている。

c0211876_5263572.jpg

サラダとして生で食べる事はあまり無く、ソース作りなどの香辛料、スープ、ペストとして使われたり、 又ベアラウフ入りのバター、パンなど手作りする人もいる。


さて、 又アスパラガスのシーズンがやって来た。

今日は我が家の 初アスパラガス デイ

c0211876_5434356.jpg

             白アスパラガスには ホーランデーズ(オランデーズ)ソースがよく合う。

勿論手作りソースが一番美味しいのかもしれないが 市販のソースを使用する人が多い、、、と思う。
そして市販ソースの好みの味は色々。

c0211876_6111664.jpg


私がよく使うマギーのインスタント粉末ソースは バターを加えるタイプと加えないタイプがあり、バター入りは当然カロリーは高くなるが味にコクが出る、、、、私は白ワインを少し加える。   (1袋に対し125mlの水と125gのバター)

c0211876_6285157.jpg




加熱するだけでよい テトラパックに入ったソースは一番簡単。




c0211876_634325.jpg


昨晩 友人から「一番美味しい」って薦められたMEGGLEのソース。
これはバター状になっていて 125mlのぬるま湯に溶かし煮る。(出来上がりは250ml)

思っていたより あっさりした味だったが 友人が薦めるだけあって美味しかった。


粉末にしてもテトラパックにしても各メーカーで出していて、それぞれ味が多少違うので色々試してみるのが良いでしょう。
いつか手作りにも挑戦しよう、、、、、、って 何年も前から思ってる(笑)


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-22 06:51 | 食する&料理する | Comments(14)

フクシマの嘘

里帰り中 不安だったのは地震。
日本に着いた日に 早速地震があり、 それからは入浴中「今だけは どうか地震が起こりませんように」と祈るような気持ちだった。

ドイツで放映された「フクシマの嘘」の日本語字幕版をクリステルさんのブログで知った。



番組の最後の方で インタビューにほぼ即答していた東電 災害対策部責任者が
「原発を日本で稼動させるだけの心構えが 東電に出来るとお考えですか?」の問いにだけは しばらく無言、そして「それは答えるのが難しいですね」とやっと答えた。

「フクシマの嘘」の中での 私達が知らなかった真実を多くの人に知ってもらいたい。

ちょっと長いので 時間がある時に是非 ご覧ください。

ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-20 06:20 | よもやま話 | Comments(4)

たそがれ ナナ兵衛


4月半ばだと言うのに まだまだ寒くグレイな空模様が続いていたが、久し振りに昨日(火)は青空が広がった。
c0211876_332347.jpg


          朝の散歩は いつもの様に自転車で公園へ行ってボール遊び。
           とっても気持ちよい天気だったので 公園を抜けて先へ。

c0211876_344430.jpg


c0211876_3443379.jpg

                 自転車を置き 細い桟橋を歩いた。

c0211876_3453518.jpg

                       桟橋からの眺め。
            湖沿いの歩道を写真左方向へ歩いて行くと 市街へ出る

c0211876_359472.jpg

             湖沿いの温泉プール Bodensee Therme Konstanz
            中がどんな風だか興味ある方は こちらのYouTubeをどうぞ。


c0211876_461654.jpg

                桟橋の上で岸を眺めている たそがれナナ兵衛

            もう帰ろうか~って 岸へ向かって歩き始め ふと後ろを振り返ると
c0211876_494388.jpg

             同じ場所で同じ体勢、 同じ方向へ顔を向け たそがれ中。

c0211876_4101159.jpg

  私は先に進み もう一度振り返る、 顔の向きは変わって私を見てるようだが動かず。
               「待て」のコマンド出してないんだけど、、、、
               あえて 名前を呼ばず私はさらに先へ

c0211876_4103228.jpg

                 遠くに見えるのは 犬の置物??

        置物に向かって「ナナ~~~」と呼んだら 凄い勢いで飛んで来た。

「待て」の指示を出す時 手を広げて差し出す仕草をするが 気付かずに似たような仕草を私がしていたのだろうか?
                  そうだったら ごめんね、ナナ。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-19 04:43 | 愛犬と暮らす | Comments(10)

娘の新生活 ~ 夫婦二人の生活 


日曜日の朝 夫&娘と共に家から北へ約200KmのLudwigsburg(ルードヴィグスブルグ)へ。
そこで娘の新しい学生生活が始まる。

学生寮は最低限の家具が付いているが、それでも衣類や雑貨用品他 運ぶ物が多く 車の中はいっぱいとなった。

娘の新しい住まいは ウィーンとは全く異なる環境で集合団地みたい。
部屋は5階でエレベーターが無いので 3人でエッチラオッチラ荷物を持って階段を上ったり下りたり。

部屋はウィーンのアパートより かなり小さいが、学生寮はこんなものだろう

c0211876_5511417.jpg


キッチン トイレ バスルームを共有する3人のルームメイト達も留守で、イースター休暇で寮に戻っていない学生が多いのか? 建物の中も外も静まり返っていた。

おまけにシトシト雨模様、グレイの空、、、、、永遠の別れじゃあるまいし、ウィーン時代に比べたら凄く近くなったのに なんだか憂鬱な気分。

でも娘の新生活の始まりの日なんだから! と笑顔でサヨナラして 夫&私は帰路についた。


息子も娘も家を出て、夫婦二人+ワン子の生活。

長年一緒に山超え谷超えしてきた中年夫妻としては もう高い山も深い谷もしんどいが、なだらかな丘ぐらいならお互い手を差し伸べて楽しく歩いて行きたいものだ。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-18 07:05 | 家族&我家 | Comments(7)

誕生日 & 友人達と一緒に日本食


c0211876_3591836.jpg

先週の金曜日は私の誕生日。
夜 夫&娘と3人で イタリアレストラン 
da Giuseppe へ。

このレストラン、以前は市街にあったのだが郊外へ移転。
家から歩いていける所なので 散歩がてら ナナも連れて行った。

店内のナナは 相変わらず優等生。
テーブルに顔を近づける事もせず、すぐ横たわり常に静か。
しかし 伏せと言うより 体を伸ばして寝そべるので隣席や食事を運ぶ人の邪魔にならぬ位置を確保しなければならない。
この時は私と娘が並んで座ったので ナナは夫の横の椅子をずらした場所。
c0211876_473937.jpg

c0211876_482632.jpg

     食事前に娘から ADELEのCDをもらった。  彼女のファンなので 凄く嬉しい。

             帰宅してから ADELEを聞きながらシャンパンを飲んだ。


次の日、土曜日の晩は友人達と達美(日本レストラン)
6組の友人夫妻プラス私の娘、全員で13人の予定が風邪で2人ドタキャン。

毎回オーダーは私に任されるので、今回は事前に電話でお願いしといた。

まずは必ず出る突き出しの和風サラダ
そして 枝豆、 焼き鳥、 天ぷら、、、、、、、、、
 
c0211876_4514332.jpg

お喋りと食べるのに夢中で 写真撮るのも すっかり忘れ、鮭&鮪のカルパッチョがが出てきた頃 慌ててカメラを出した。

c0211876_4551823.jpg

             しゃぶしゃぶ 2つの土鍋を11人で囲んだ
c0211876_4595714.jpg

小鉢に入った2種類のタレを鍋に近づけ、「これを 中に入れるの?」と言う友人を慌てて制止。

「こんな風に箸から肉を離さず、肉の色が変わったら すぐ出して、タレに付けて食べてね」とお手本を見せたものの、 どんどん肉を入れてしまう ふとどき者が居た(笑)
でも 皆楽しそう。

予想していた通り 天ぷらの天つゆはドイツ人の舌には味が薄いようで 焼き鳥のタレで天ぷらを食べた人も数人。

私の隣に座り ひたすら寿司を楽しみにしていたMは 食事が運ばれてくる度に
「ね~もに香、 お寿司も出るのよね?」

c0211876_51962.jpg

Mが楽しみにしていたお寿司は最後にテーブルへ。 この大きなプレートが2つ。
でもMはため息を付き 「あ~もう満腹だわ~」 私も同様で少ししか食べれなかった。


c0211876_534276.jpg



食べるだけでなく飲んだ、飲んだ。
娘以外は皆 のん兵衛さん達。
このシャドネー、 
とっても美味しくて6本?7本? 
それ以上だったかも。

気が付いたら 店内の客は私達だけ。







ここには 私の好きなウニも無いし、焼き魚も無いし、揚げ出し豆腐もないけれど
            奇想天外に日本食を食べる友人もいるけれど

          友人達(ドイツ人)と日本食を食べるって 結構楽しいもんだ。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


[PR]
by monika914 | 2012-04-17 06:00 | よもやま話 | Comments(9)

別世界~ナナとの毎日 & エイミー(動画)

我が家に着いた土曜日、 一息ついたら散歩をしたくなった。
すでに夏時間なので 夜7時過ぎても まだ明るい。

娘と一緒に夕方の散歩を終えているナナだったが、玄関を開け呼ぶと 喜んで駆け寄ってきた。
そしてナナと一緒にボーデン湖沿いを散歩。

あ~静かだ~、 日がくれる前の湖を眺めながら 思い切り深呼吸 なんて心地よいんだろう。
1日前まで居た日本とは別世界
母の回復状態が気になりながらも、 一方では日本在住の日々が とても遠い事のように思えた。

勿論 日本にだって同じような環境の地もあり 美しい景色もたくさんある。
しかし実家に滞在中は のんびり自然の景色を満喫出来る場所へ行く時間もなく、 毎度の買い物は実家から歩いて15分ほどの賑やかな商店街。
子供達が小さい頃の帰省中、 子供達を商店街に連れて行くと娘が「お祭りみたいね」と言ったっけ(笑)

そんな賑やかさが 私にとっても心地よく、まだ友人も知人も少ない静かな生活(ドイツ)に戻るのが凄く寂しかった。
それが今では逆の心境、、、、それは前回のブログにも書いたが。

c0211876_1930405.jpg

                  毎日 湖沿いや森の中を散歩し
c0211876_19315394.jpg

             ナナがワン友達と戯れる姿に 思わず顔がほころび

c0211876_1945267.jpg

         初めて出会う犬と見つめ合うナナ、 そんな姿をしばらく眺めていたり

c0211876_19495826.jpg

            テレビを見ていても ついナナに目が行ってしまったり
c0211876_1950567.jpg

                 ナナの寝顔に 顔を近づけたり

私の毎日の生活の中に 当たり前のようにナナが居て、私にとって 大切な存在になった。



エイミーも同じだった。 そのエイミーの一周忌 4月5日は実家にて。
姉も来ていて、一緒に母の世話をしたりドイツ帰国準備の荷造りを始めたり、 あの長く辛い日とは全く違う短い1日だったが、夜ベッドに入り心の中でエイミーに話しかけた。




エイミー、あなたの事がまだまだ恋しい、 けれど あなたが居なくなってから出来た心の大きな穴は だいぶ閉じてきたよ。

エイミーのような ふさふさモフモフの毛は無いけれど、エイミーのように声を出して私に話しかけてはこないけれど ナナが日に日に愛おしくなってきてるよ。
これからも どんどん その思いは溢れてくるだろうし、ナナが楽しく幸せな犬生を送れるよう支えていくね。

私とエイミーが そうだったように、、、、、、。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-13 21:26 | 愛犬と暮らす | Comments(10)

母の介護 & ただいま~懐かしき我が家 



約3週間半の実家滞在後 先週の土曜日にドイツの我が家へ帰宅。

空港で私を迎えてくれた夫&息子(イースターの連休で帰省中だった)、 二人の笑顔が長旅の疲れを少し癒してくれた。
ドイツに暮らし始め 最初の10年位は里帰りする度に ドイツへ戻りたくない心境になってしまったが、今ではドイツの我が家に戻るのが楽しみ。
やっぱり我が家はいいな~って つくづく思う。

日本の実家を出てから約17時間後 我が家に到着したら 娘&ナナは散歩で留守、 彼女達の帰宅が待ち遠しかった。

c0211876_183431100.jpg

              ナナ ただいま~、 会いたかったよ~



今回の里帰りは 膝蓋骨を怪我し自宅で療養中の母の介護と家事をする日々だった。
その間 姉が何度か泊まりがけで来て、「せっかく 日本に来たのだから 友達に会いたいでしょう、、、私が実家に居る時に出かけたら?」と言ってくれたし、「もに香の実家の近く迄 行ってもいいわよ」と言ってくれた友人もいたが、その気分になれず友人達とは会わず電話でお喋りしただけ。

姉とは一緒に買い物がてら2度外食(ランチ) 私の希望で2度共 讃岐うどんがとっても美味しい店へ。
母の通院の際 車椅子ごと乗車できる車で行き、陽気が良かったので帰りは私が車椅子を押しながら帰る事に。
ほとんど自宅のベッドで過ごしている母には 外の空気と眺めは さぞ新鮮だったことだろう。
幸い病院は ゆっくり歩いても30分掛からず急坂も無い。
診察が終わったのが昼近くだったので  病院近くの蕎麦屋で一緒にランチ。
麺類が好きな私は 日本で美味しいうどん、蕎麦、ラーメンが食べれるだけでも嬉しい。
寿司も何度かとり、好物のウニもたくさん食べてきた。

今回 介護用ベッドを借りるなどの色々な手続き、役所に介護に関する相談をするなど姉が一生懸命動いてくれた。
そして日本には介護支援専門員(ケアマネージャー 略してケアマネと言われている)という仕事がある事を初めて知った。
母の担当になったケアマネさんとは何度か会い 色々相談したりアドバイスを受けたり。

しかしケアマネさんを通さなくては先に進めない事柄が多く、それが歯がゆかった。

例えば ギブスが取れる前だが通院の際 医師にリハビリの事を聞くと、「そうですね~、訪問リハビリを始めてもいいでしょうね~」と。
はっきり物を言わない医師にも 少しイラついた(笑)

すぐケアマネさんに連絡すると それには医師の指示書が必要で、その指示書もリハビリセンターにより異なるので ケアマネが訪問リハビリ出来る理学療法士を捜し、そこの指示書をまずケアマネさんが受け取り それを我が家に持ってきてくれて、私が病院に持っていった。
勿論 すぐ書いてもらうなんて不可能で 受け取る事が出来たのは10日後で ケアマネさんに渡し、ケアマネさんからリハビリセンターに、、、という具合。
そんな訳で リハビリを始めるのが遅れてしまった。

母はギブスが取れたら歩けて 徐々に以前のように戻ると信じているので 訪問看護は必要ないと言った。 
しかし 私と姉としては定期的に訪問してくれる看護士の存在は心強いし安心出来る。
それにも又医師の指示書が必要だと言われた。

買い物や家事を頼めるヘルパーに関しては指示書は必要ないとの事。

それにしても ケアマネさんは母の様子を見ていて 訪問リハビリや看護士が必要になる事は予測できたはずなので、医師の指示書が必要である事を もっと早く教えて欲しかった。
医師も訪問リハビリを勧めた際、指示書が必要ですよ、と一言あっても良いのでは?

高齢者が増え、介護を必要とする人が急増している現在、 各手続きをもう少しスムーズ化出来ないのだろうか。

ちなみにドイツでは 手術&入院した場合は リハビリ専門病院へ移動するケースもあるが、それ以外は医師が すぐリハビリの指示書(のような物)を書いてくれ それを持って自分で決めて予約した所へ行く。 
訪問リハビリに関しては まだ経験無いので 分からないが。

ドイツへ帰国する為 私が実家を早朝に出た後 母は姉と病院へ行きギブスが ようやく取れた。
その日 姉の介助で久しぶりにお風呂に入れたし、杖で室内もゆっくり歩けるし トイレにも行けるようになったと電話の母の声は嬉しそうだった。

「もに香 本当に色々世話になってしまったね、 ありがとうね」と言う母からの感謝の言葉は 娘として当たり前の事をした私の耳に くすぐったく響いた。

実は姉も私も 又転ばないだろうか?という心配が強い。
自分の事はまだちゃんと出来る父だが、足腰が弱っている父には転んで横たわっている母を支えて起こす力は無い。
それに父が2階に居たら 耳の遠い父には階下の母の声は届かないだろうし様子も分からない。
携帯をいつも身に付け、いざという時は迷わず救急車を呼ぶ事を 母に何度も伝えた。



介護と言っても母の場合は 重労働とも言えず、もっともっと大変な身内の介護をしてる方も当然いるだろう。
共倒れにならない為にも 「他人に下の世話をしてもらいたくない、 他人に台所を使ってもらいたくない」などの我が儘を通さず、 ヘルパーや訪問看護士の力を借り、場合によっては施設に入る決断する勇気が介護する側も される側も必要だと思う。

その気持ちを私自身 ず~~っと持ち続けてゆければ良いのだが、正直 介護される自分を想像したくないのっていうのがホンネ。

度々母の口から漏れた言葉
「もに香や〇子(姉)に こんな事までさせてしまうなんて思ってなかった、、、、情けない」

その立場になれば 誰もが同じ思いになるのだろうが 情けないとは思わないで欲しい。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-12 02:45 | 里帰りする | Comments(15)