<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

たかが犬、されど犬 

動物が嫌い、犬が嫌い、猫が嫌い、、、、、別に責められる事ではないし、無理に好きにならなくていい。
ペットに感心なし、、、、それなら飼わなければよい事。

しかしペットを飼っておきながら ペットを心も痛みも持たぬ物のように扱う人は許せない。

そんな人間に私もなりそうになってしまった時期がある事を正直に書いてみようと思う。


初めてナナに会った時 強いアイコンタクトに一目惚れして、甘えっ子のようで落ち着きのある態度に感心して、ナナを引き取る事に決めた。
ナナを車に乗せ帰宅途中の車中では 息子と新しい名前を考えたりして私の心ははずんでいた。

帰宅してすぐ 洗濯してしまっておいたワンちゃんベットを出した。
エイミーが横たわっていた場所、 エイミーのベット そこにいるナナ、全くエイミーとは似ていないナナを見ていたら、はずんでいた気持ちが沈んできた。
無性にエイミーが恋しくなった、悲しくなった。

             やはり新しい子を迎え入れるのが早すぎたのか?
               エイミーに似た子を捜すべきだったのか?
               成犬ではなくパピーにすべきだったのか?

                       自問自答した。

           こんな気持ちでナナを心から受け入れられるのだろうか?
                      ナナを愛せるのだろうか?

                        不安になった

元の飼い主に戻すべきか? それなら 早い方がいい、その方がナナの為でもある、、そんな事まで考えてしまう自分が情けなく辛かった。

私をまっすぐ見つめるナナの瞳が 凄く眩しかった。
ブログで すぐナナを紹介する気持ちにもなれなかった。

娘に電話して その気持ちを素直に伝えたら
「パッチーだってエイミーだって 一緒に暮らしてるうちに より愛おしくなってきたんでしょ、 エイミーとは姿も性格も違うナナを愛おしく思える日は絶対来ると思うよ」

3~4日 不安定な気持ちが続いたが ある日ある時 ナナのアイコンタクトを愛おしく感じ涙が流れた。
ナナ ごめんね。 ナナを家族にしようって決めたのは私なのに ナナを受け入れる自信がなくなってしまうなんて本当に勝手で最低な人間だよね。

心の言葉で話しかける私をじ~~~っと見つめるナナが無償に愛おしくなった。
それからナナへの愛おしさは日に日に増し、 元の飼い主に戻そうかと迷った自分が今では信じられない。

すっかりママっ子となったナナ、、、、もう可愛くて愛おしくてたまりません!
「ナナた~~ん」って呼ぶ私の声 家族が言うには気持ち悪いほど甘い声らしい。

たかが犬1匹のことで 大袈裟って思う人もいるでしょう。
一方 犬1匹の事で 笑い、悲しみ 泣き、悩む  私みたいな人もいるでしょう。

                   たかが犬   されど犬


c0211876_6302383.jpg

                ボーデン湖を走るフェリー
c0211876_6312070.jpg




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-30 07:11 | 愛犬と暮らす | Comments(8)

公園で遊ぶナナ~動画


素晴しい秋晴れが続いている。
朝晩は涼しく 時には寒くさえ感じるが 今日も昼間は25度を超えた。

ナナとジョギングをしよう!って決めたのに 毎日「明日から、、、、」と延ばし延ばしにしてる自分が ちょっと情けない。

c0211876_5121122.jpg

            今日の夕方の散歩は ホーンレと言う湖沿いの公園へ。
                夏場は自転車禁止、犬連れ禁止の公園。

c0211876_5243778.jpg

バレーボールやバドミントンしてる若者達。 息子も夏場は毎日のように この公園へ行き泳いだりビーチバレーボールを楽しむ。

c0211876_5275242.jpg

           泳いでる飼い主を待ってる犬 (10倍ズームで撮影)
さすがに泳いでる人は 少ない、、、、、湖からあがってきた飼い主(女性)は真っ裸だった。

c0211876_533154.jpg


c0211876_5322745.jpg
 

c0211876_5341776.jpg

             誰かが石を積んで作った芸術作品??


c0211876_5362652.jpg

         湖沿いの散歩道を歩いて 自宅近くのホーレパークへ
            そこで会った 元気の良いワンコ(1歳)

c0211876_5381965.jpg

一緒に駈けずり回って遊んだが 相手がパワフル過ぎたので ナナを尾を下げて走っていた。





ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-28 06:57 | 愛犬と暮らす | Comments(12)

コンデジ購入 & 日曜のブランチ ブッフェ

今春の里帰り中に買った オリンパスの一眼レフは まだまだ勉強が必要。

そして いくら小型とは言え片手で使うのは無理だし ナナとの散歩に手軽に持って行くには ちょっと不便。
いちいちレンズキャップを取ったりはめたり が面倒。

だからコンデジが欲しかった。

持っていたカシオのコンデジ約3年前ブログ(楽天)を始めた時に買ったカメラなので すっかり使い慣れ愛着さえあるが、バッテリーの蓋部分が取れてしまい、そこだけでなく本体枠全部交換する必要がある。
その費用を考えると新しいコンデジを購入した方がいいかなって。


カシオはメディアマークト(日本のビッグカメラのようなチェーン店)で買ったが 今回は息子がキャノンの一眼レフを買ったカメラ屋に行った。
息子から 凄く丁寧に説明&アドバイスしてくれ アフターサービスもいいと聞いたので。

息子も交換レンズの事で聞きたい事があると言うので 息子の帰宅を待ち一緒にカメラ屋へ。
一応 下調べして キャノンのPowerShot S95が第1候補だったが、正直ネットで調べれば調べるほど あまりにも種類が多くてわからなくなる。

色々なカメラを手に持ち相談して決めたのは9月に新発売された ニコンのCOOLPIX S6200


c0211876_5305133.jpg


家族からは 「せっかく買った一眼レフを使わなくなるよね」って言われてしまい、、、、ま~その可能性ありだが 上手に2つのカメラを使い分けていきたい。


          ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

日曜は 我が家から車で7~8分のホテルレストランVolapükブランチ ブッフェ

息子は土曜の晩は友人宅のパーティーだから たぶん起きれないかもと言っていたが、 その通りになったので夫&娘と3人で。

c0211876_5523371.jpg

まだ空いている席があったのでカメラを向けたが、あっと言う間に満席状態で これ以上は無理だった。
下は お借りした写真。
c0211876_5531327.jpg


これまで 色んな店のブランチブッフェに行ったが、 この店は料金(14,50ユーロ)の割には品数が多く、まあ良かった。
しかし いくら空腹でもたくさんは食べられない。
年齢を増す毎に 私の胃は洋より和の味を求めているような気がする。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-27 06:16 | 買う | Comments(12)

娘の旅行 & 息子の料理

c0211876_434090.jpg

まるで老犬のように私の傍についてゆっくり歩くナナだが、犬の姿が見えると すっ飛んで行く。
そして まずは飼い主さんに ご挨拶。  撫で撫でされて ご満足。

c0211876_4375852.jpg

散歩でよく会う ミルカちゃん、 とってもフレンドリー。


         ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


木曜日に娘が10日間のスペイン旅行から帰宅。
こちらから聞かなくても旅行中の事を詳しく話してくれる娘。   息子とは大違いだわ。

旅行の半分はバルセローナ観光。
残りはカタルーニャ地方と南フランスの国境にあるピレネー山脈でキャンプ。
そこで初めて体験したロッククライミングスクールが凄く楽しかったので ウィーンに戻っても練習したいそう。
色んな事に挑戦するのは良い事だけど、事故の無いようくれぐれも気をつけてね!

私も かれこれ30年ほど前 イギリス語学留学中 ユーレイルパスでヨーロッパ旅行してスペインのマドリッドやバルセローナに行った。
女友達との珍道中を懐かしく思い出した、、、 マドリッド中央駅にてスリにあい イタリアで買ったばかりのグッチの財布を取られ撃沈した辛い思い出もある。
幸いパスポート&小切手は無事だったが 財布に入れておいたユーレイルパスが無くなった以後 は2等席。
それが以外にも 庶民的な人達と同席する事で けっこう楽しくなったのだから 不幸中の幸いと言えるかも。


         ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

息子は 大学入学に備え 建設会社で働き始めた。

テクニック関係の専攻では 入学前に3ヶ月の実習体験を要する大学が多い。
ちなみに息子は建築学を専攻したい。

高校卒業後 好きな時間に寝て好きな時間に起きる、、、まことに優雅な生活をしていた息子だが、今では朝6時に起き、7時から夕方5時迄 建設現場で肉体労働して疲れ切って帰宅。
まずは事務所での仕事からかな、という息子の考えは甘かった!


彼は高校卒業祝いに 家族ぐるみで仲良くしてるトーマス&カリン夫妻から新モデルのスキー板をもらった
スキーが大好きな息子は大喜び。

息子は そのお礼に何か手作りの物を彼等に渡したいって色々考え、 ペスト作りをした。
c0211876_5503741.jpg

ミキサーでも出来るけど みかげ石のすり鉢を購入。

c0211876_553314.jpg

息子がネットで見つけたレシピは

バジル 100g、 オリーブ油 125ml、 松の実 大さじ2(フライパンで少し炒る)、 にんにく 3片、 パルメザンチーズ 50g、 海塩 少々

出来上がりは パスタにかけて家族で試食、、、、、美味しかった。

料理を全くしない夫だが 息子はけっこう料理好きのようだ。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-24 06:23 | 家族&我家 | Comments(16)

人間&犬のトレンドファッション~民族衣装

c0211876_3283811.jpg

          世界に名高い ミュンヘンのオクトーバーフェストが始まった。

ドイツ生活が長い私は ミュンヘンへ行った事は何度かあるが オクトーバーフェストには一度も行っていない。   行けばきっと楽しめるかもしれないが 特に凄く行きたいな~とも思わない。

私の住んでる街にも数年前からオクトーバーフェストが始まり、、、、ミュンヘンとは比べ物にならないほど小規模のフェスト、 一度夫と一緒に行って 大きいテントの中に座ったら音楽&それ以外の騒音もひどくてビール1杯飲んだだけで出てきてしまった。

夫は何処へ行っても どの店に入っても 会話が聞こえないような騒音 音楽を嫌がる。
騒々しいフェストには 夫婦二人きりで行くよりグループで行って 一緒にのって騒ぐ方が楽しいのかも。

オクトバーフェストと言えば ビールだが  ビールを運ぶ人も飲む人も こんな姿が多い。
                        ↓

c0211876_3565150.jpg
                 これは 我が家が購読してる新聞の土曜日版。

ドイツ、バイエルン州&オーストリアのチロル地方のTracht(トラフト=民族衣装)が、ドイツ国内だけでなく国外でもトレンドだそう。

男性はズボン吊り付きレーダーホーゼ(皮ズボン)に手編み(風)靴下とカーデガン。
今年の流行は 靴下やカーデガンがカラフルらしい。

女性はDirndl、Wikiではディアンドルってあるけど ディルンドルの方が近い発音。

色形は色々だが 必ずエプロンが付いていて それはワンピーズより約2cm短かい。

   ディルンドルは全ての女性達に似合う

             と言うコメントが載っていたけど 本当にそうかな~~~~。
              私は胸元付近が なんだか合いそうにない(笑)



c0211876_4374345.jpg

民族衣装の流行は人間だけでは ないみたい。

服を着せられて 本犬が嬉しいのかどうかは別にして
「私にもビール1杯!」 なんて言いだしそう?

前かけ(エプロン)は後ろかけになっちゃってるし(笑)

c0211876_4455846.jpg

c0211876_4462690.jpg



動画は最後の写真と同人物、、3頭の飼い犬をモデルにしてワンコ服作りをしてる。

ネット注文はアメリカ、アジアからが多いそう。
いつか里帰り中の日本で ディルンドル姿のワンちゃんを見かけたりして。


★新聞記事以外の写真は他からお借りしました。

ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-20 04:59 | 行事、風習、冠婚葬祭 | Comments(14)

犬の置物? & 親の心 子知らず


c0211876_5341752.jpg

                   廊下の犬の置物  
             玄関ドア前じゃ 邪魔なんですけど~

c0211876_5352736.jpg

c0211876_5361536.jpg

c0211876_5364294.jpg

エイミーは時々 このマットの上で 寝そべっていたけれど ナナはこうして座って置物化する。


  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 
          
娘は月曜日から 友人達と約10日間のスペイン旅行へ。
そして息子は火曜日から イタリアの南チロルへ2泊のオートバイ ツーリングで 木曜の晩 無事戻ってきた。

娘には 気持ちよく「楽しんできてね」と言えたけれど 息子に対しては「くれぐれも気を付けて 事故を起こさず健康体で帰宅して欲しい」と祈るような気持ちだった。

最初の晩 息子からの連絡がないので心配になり、9時過ぎ こちらから宿泊地へ電話したら まだ着いてなと聞き、心臓ドキドキ。
1時間後 息子からの電話で「道に迷って 遅くなってしまった」と連絡があり胸を撫で下ろす。

木曜日は これから帰途へ向かうとの連絡後 2度目の電話は午後6時頃。
息子の友人が事故を起こしてしまい 怪我は擦り傷程度だが友人のオートバイが走行不可能なので彼の両親が迎えに来る、息子もそれまで友人と一緒に待つので 帰宅は遅くなる 云々。

軽い事故のようで 友人も息子も無事だと聞いたが 息子の元気な姿を見るまでは不安。
同僚の25周年勤続記念パーティーに招待されていた夫も 私同様の気持ちでパーティーに行く気分にはなれず キャンセル。

帰宅した息子は 事故の様子(友人の不注意で起きた事故)を詳しく説明し 友人も足に怪我しただけで心配ないよ 大丈夫だよ  と言い しばらくして別の友人宅でのパーティーに行ってしまった。
残された?私と夫は 「大事故じゃなくて良かった~、息子と友人が無事でよかった~」と 安堵してワインを飲んだ。

                      親の心 子知らず
 

ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-18 06:49 | 家族&我家 | Comments(18)

結婚記念日 ~ 大満足のイタリアン

c0211876_431147.jpg



14日は 27回目の結婚記念日

夫は赤い薔薇1本 持って帰宅。

嬉しかった。

27本だったら もっと嬉しかったかも。




                

            
             
              薔薇の花束と言うと 印象深い思い出がある。


私達は夫の日本駐在生活の終わりに日本で結婚し、すぐドイツに来たが ドイツでは結婚パーティーをしなかった。
2年半後に娘が生まれ 娘の洗礼式を夫の実家がある街の教会で行う事にした際、かなり遅れた結婚パーティーを兼ね レストランを借りきり 親類や友人達を招待しての盛大なお祝いをした。

娘はベビーカーの中でスヤスヤ、、私達のパーティーは11時過ぎても続き 夜中12時 日付が変わった瞬間 夫は隠しておいた67本の薔薇の花束を彼の母親にプレゼント。
なぜなら その日は義母の67歳の誕生日だから。

義母が どんなに驚き感激したかは、、、、文字にする必要もないかな。

しかし それ以降 夫が年齢数の花を母親にプレゼントした事はない。
 

c0211876_5115322.jpg

      27度目の結婚記念日の晩に 夫と行った店は SAN MARTINO(イタリアン)

                2年ほど前に出来た店で 評判がいい。

c0211876_521189.jpg

c0211876_5215457.jpg

            店内は1階と地下に分かれている。  雰囲気は私好み。
                     私達は1階の隅に座った。


                   プロセッコで乾杯のち 赤ワイン
c0211876_535293.jpg

c0211876_5455955.jpg




シュペートブルグンダー バリック

バリックとはワインの熟成樽の事で 
香りも味も独特なので飲めない人もいるかも。
私も毎日バリックは飲めない 
我が家ではクリスマスや鹿肉料理の時などに飲む。





           
          「27年間の結婚生活に乾杯!」って言ったら  
          夫は 「これからの27年間の結婚生活に乾杯」


               27年後!!!     私は何歳???
               数えるのも考えるのも止めておこうっと。


                料理は 夫も私も今月のディナーコース
c0211876_6162998.jpg


全て美味しかったが メインの子牛肉のきのこ添え&パスタは特に美味しくて 夫も私も大満足。
この日は水曜日だったが 木曜日の晩はキャンドルディナーと聞き、今度は木曜日に行ってみたくなった。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-16 06:24 | 食する&料理する | Comments(14)

散歩で会ったワン達、、、、ギリシャ生まれのペッパー


c0211876_5101991.jpg

夏も終わりだが 日中は薄着でも充分なほど暖かく 青空が眩しい。

朝の散歩は自転車で森へ行く事が多いが 今朝はカメラを持って歩いた。
c0211876_5151670.jpg

最初に会ったのは チベットテリアのパウル君。
エイミーはパウルが好きで 喜んで傍に駆け寄ったけれど いつも無視されてしまってたっけ。
そんなパウルが ナナには擦り寄ってくる。 
ま~ ワンちゃんにも好みのタイプ?匂い?ってのがあるのでしょう。

c0211876_5193362.jpg

次に会ったのはマイロ君。
エイミーがヒート中 一生懸命後ろから、、、、でも大きさが違いすぎ「無駄な行動だわ~」って飼い主さんがケラケラ笑って見てたっけ。

c0211876_530345.jpg

湖沿いの歩道で会ったのは ペッパーちゃん(12歳)
c0211876_531416.jpg

c0211876_6245035.jpg

方向が同じだったので 飼い主のXさんとお喋りしながら歩いた。

12年前 Xさんがギリシャ旅行中 近くに動物保護センターがあると聞き 募金目的で訪問。
そこで成犬に混じって 不安そうにしてる子犬を見て抱き上げた時 その犬を引き取る事に決めた。
書類手続きの関係で すぐドイツに連れて帰る事は出来なかったが 子犬&小型犬の場合は手荷物?として機内に入れられるので 後ドイツへ戻る人につれて来てもらう事が出来、ドイツ国内の飛行場へ子犬を引き取りに行く。

そうしてペッパーは12年前 責任ある飼い主と出会う事が出来 ギリシャからドイツにやって来た。

こういった形で国外のセンターから犬を引き取る人もいるが、行かなくてもネット上で捜す事が出来る。
エイミーの死後 私もたくさんのレスキューサイトを見たが 写真と簡単な情報だけで犬、特に成犬を引き取る事には覚悟がいる。

こういった例もある、、、、
スペインの保護センターからラブラドールを引き取った家庭、 そのラブは凄くドミナントで先住犬を噛んでしまった。 訓練&躾けしようとしたが飼い主にまでも牙を出す。
元のレスキュー団体に戻す事を拒否され、 レトリバーレスキュー団体に助けを求め 今でもそのサイトで里親捜しをしている。

ある家族はゴールデンをレトリバーレスキュー団体から引き取った。
健康チェック済みだったにも係わらず、 新しい家庭にやってきた後 妊娠してる事が判明。

又 たまに散歩中出あう女性の2頭の犬達、、、スペインの保護センターからのレスキュー、、、、はとてもフレンドリー。
「保護センターでは たくさんの犬達が共同生活してるから 犬同士のコミュニケーションが出来ていてフレンドリーな犬が多い」と その女性は言う。

ブリーダーから買うのではなく 保護センターやレスキュー団体から孤児犬を引き取る、、、、確かに愛犬家として素晴しい行為だと思う。
けれど それを安易に考えて後悔したら 飼い主にとっても犬にとっても悲しい結末。

ブリーダーからであろうと 保護センターからであろうと 我が家のように2番目の家族であろうと その子(犬)の犬生を引き受ける重大な責任と愛情を持てる人の元で暮らせる犬は幸せ。

そんな犬達がこの世の中に一頭でも多くなる事を祈りたい。

c0211876_650056.jpg

ボストンテリアのヴィート君、、ヤンチャで手に負えないって言う飼い主さん、でもヴィートが可愛くてたまらないのが分かる。

c0211876_6522223.jpg

湖畔の石ころが まるで保護色になってしまった。
さて、ヴィート君は何処でしょう?   答えは 簡単すぎますね。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-14 06:59 | 愛犬と暮らす | Comments(8)

トルコ料理を食べながら 旅行プラン


日曜日の晩は 友人夫妻達(4組)とEumel(オイメル)と言うトルコ料理(軽食)の店へ。
オイメルはコンスタンツ旧市街にある小さい店。

夜は 内部の明かりが外からでも眩しいほどで 一瞬ランプ屋さん?って思ってしまう。
c0211876_456511.jpg


狭い店内は装飾が多すぎて、、、、、ゴテゴテ キラキラ。
好みは別にして 独特な雰囲気は出している。
5年以上前に家族で食事に来て 食事がま~ま~だった事を 店に入ってから思い出した。
c0211876_581046.jpg

c0211876_584780.jpg

c0211876_592047.jpg


c0211876_5154762.jpg

            まずはサラダにパン、、、揚げパンに白胡麻がまぶしてある。

c0211876_5435738.jpg

            友人が食べた BOREK(ボーレック) トルコ式カルツオーネ?

c0211876_5464059.jpg

                     友人が食べた トルコ式 ピザ

c0211876_5474737.jpg

私が食べた野菜のMAKARNAはマカロニ、野菜、トマトソースの上に ゴーダチーズを乗せて焼いた料理
c0211876_5482096.jpg

不味くはないが、 くどくて途中で飽きてしまう味、、、、小さいサイズをオーダーしたのに半分しか食べれなかった。
夫も同様だったので お持ち帰り用にしてもらい 翌日 息子の胃の中へ。

ドイツはトルコからの移民が非情に多く、トルコ料理店やインビス(軽食屋台)などがあちこちにある。
又 ドイツで生まれた2世、3世となってもトルコ社会の繫がりは強い。


今回友人達と食事したのは サイクリング旅行計画の為。
ドイツ国内外 サイクリングコースは色々あるが パッサウ(ドイツ)~ウィーン間のコースは とても有名。
電車(自転車を乗せ)でパッサウ迄行き そこから約300Km走ってウィーンへ。

1日の走る距離により 宿泊数は異なるが 通常4~5泊する。 なるべく身軽で走りたいのでホテル間の荷物輸送サービスを頼む。
ウィーン観光を2日間ほどして 帰りはウィーンから電車。

来年の春を予定していたが それぞれの都合が合わず 結局来年の9月に決まった。

楽しみ、、、、だが! 今の自分の体力&運動不足を考えると ちょっと不安。
ナナとジョギングでも始めようかしらん。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-13 06:24 | 食する&料理する | Comments(5)

義理姉の誕生会 & ナナ姫さま

夫には二人の姉達がいるが その一人の60歳の誕生会が 土曜日にあった。
場所は我が家から北へ200Kmの街のレストラン。

誕生会は午後のティータイムからだが ナナのドッグスクールがあったので私達家族は遅れて参加。

c0211876_22164565.jpg

さっそく 姉の孫Lちゃん(2歳半)と姪のSから歓迎を受けるナナ。 
いつも子供達には 犬の後ろからでなく前から撫でるように言う。

親類犬のマイク&チリも来ていたが 私達が来る前にレストラン傍の広場で遊ばせた後は車中へ。
c0211876_224437.jpg

c0211876_22443755.jpg

それぞれのボックスで吠える事もなく大人しくしている。  暖かい陽気だったので 車後部のドアは開けたまま。
マイクのボックス上部は開けてあり 首だけ出してるマイクの姿に 思わずクスッ、、、、、

時々 義理兄が様子を見に行き 外に出したりしたが、結局 常に私達と共にいたナナと遊ぶ事はなかった。
チリはかなりお転婆犬だし よく吠えるので店内へ入れる事を避けたかったのだろう。


c0211876_22503249.jpg


古い店にはアンテイークのデコレーションが多い。

一昔前の調理用オーブンは 友人の家でもデコレーションとして置かれている。
           

その右側にある木製の物は手動洗濯道具

c0211876_2259174.jpg


店内は けっこうシンプル、 壁の上の棚にずらり並んでるのはアンティークのアイロン、豆挽き、ランプなど。
c0211876_2351041.jpg

0の付く誕生日は 親類だけでなく友人&知人などを招待して大規模に祝う人も多いが、今回の誕生会は親兄弟といった身近な血縁者だけで行われたので出席者は18人と少なめ。

私達家族は他の姉家族達と共に 「ウェルネスホテルでの週末」をプレゼント。
ホテルのカタログを見ていたら 私もお供したくなってしまった。

c0211876_2354342.jpg

ナナはテーブル下に潜る事もせず、テーブルに顔を近づけ ねだる事もせず、常に静かながら愛想もよく 
親類達だけでなく 店の人達からも褒められ感心された、、、、、飼い主として やはり嬉しい、、、、、その日はナナ吉じゃなくて ナナ姫さま



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-09-11 23:54 | 行事、風習、冠婚葬祭 | Comments(10)