<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私が決めた「エイミーの死」


コメントを書いてくれた皆様、
エイミーへの冥福、そして悔やみの言葉。 私への暖かい励ましの言葉。
本当に ありがとうございます。

文字に表わさずとも このブログを読んで エイミーの為に冥福を祈ってくれた皆様 ありがとうございます。

電話で励ましてくれる友人、花を持って来てくれる友人、閉じこもってる私を元気付けようと「こんなに いい天気だから カフェのテラスでコーヒー飲もうよ」と言う友人。
楽しい事を共有するのは簡単ですが こういう時に本当の友の心の優しさと暖かさに気付くのかもしれませんね。     
悲しみの共有は辛いですから、避けたいと思う人もいます。

暖かい晴天が続き、今は雲一つない青空さえも なんだか寂しく見えてしまいます。
時の流れにより エイミーを忘れる事はなくても、悲しみは癒えていくのでしょう。


2月に受けた 血液検査、尿検査、レントゲン、超音波検査で解ったのは 尿石症。
ですから エイミーの体調の変化、、、、呼吸の乱れ、食欲不振や嘔吐(消化不良)など 単なる老化現象と思っていました。

しかし4月に入り 体力が極端に衰え 腹部が急激に大きくなり、獣医へ。  レントゲン検査では腹水で内臓がはっきり見えず 獣医と相談し、開腹して水を出すと同時に 出来る限りの処置をする事に。
麻酔注入時も眠りに落ちる時も 私はエイミーを抱え ずっと体を撫でていました。

2時間後に迎えに行く事になり、私は自宅へ。
しばらくして医師から電話で いくつか小さい腫瘍が見つかり それは摘出できるけど 肝臓がひどい状態で腫瘍が広がり 処置できない状態、、、、、、末期癌で余命わずか と伝えられました。
「このまま安楽死させてあげたいが、決めるのは 飼い主のあなたです」という医師の言葉。

手術され そのまま手術台で死ぬなんて絶対嫌!って一瞬思いました。
しかし麻酔から目覚め 術後の辛さプラス 老体で末期癌と戦って行く事がエイミーにとって幸せなんだろうか?

エイミーはこれまで いくつもの腫瘍摘出手術を受け、その中には悪性腫瘍もあり 幸い摘出 出来るものでしたが、術後エリザベスカラーを付けられ辛そうにしていた姿が甦ってきました。

私に撫でられながら 眠りに落ちていったエイミーを そのまま安楽死(私は尊厳死と言いたい)させる事に決めたのです。

私の この決断を非難したい人もいることでしょう。
疑問を持つ人もいるでしょう。
安楽死なんて絶対すべきでは 無い!と考える人もいるでしょう。
死期が迫ってるペットの世話からの逃避と思う人もいるでしょう。
エイミーは たとえ辛くても1日でも長く もに香さんの傍にいたかったのでは?と思う人もいるでしょう。

どう思われ 考えられてもけっこうです。

私は犬であるエイミーを愛し、犬としてエイミーを安らかに逝かせてあげたかったのですから。
エイミーが居なくなる悲しさを思うと胸が張り裂けそうで、この決断は とても辛かった、でも後悔はしてないし、エイミーの為にもしてはいけないんです。

ただ2月の検査で 肝臓異変が解らなかった事に疑問が残ってます。



予定していた4月13日の里帰りは 福島原発事故の影響によりフライトスケジュールが変わり、明日の12日に変更。
日本の今の状況の中 私も家族も不安は大きいし 日本の両親は「もう少し落ち着いてから来たら」と言ってます。
とても迷いました。   しかし カッコいい言い方ですが こういう時こそ年老いた父母の傍で力づけてあげたいし 私が出来る事はしてあげたいです。

エイミーとの思い出が無い 日本の実家でしばらく過ごす事で 今の辛さが少しでも癒されるかもしれない、
これも 正直な私の思いです。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-04-11 21:51 | 愛犬と暮らす | Comments(17)

天国に旅立ったエイミー

c0211876_4364545.jpg


4月5日の夕方 エイミーは逝ってしまいました。
緊急手術した 獣医のオペ室にて。


エイミーの居ない我家は なんだか空っぽに感じる。
姿が見えなくても エイミーを呼んでしまう。
エイミーに触れたい、 撫でたい、抱きしめたいよ。
エイミー、たまらなく恋しい。

こんな日が いつか 来る事は解っていたけど  やっぱり辛い、悲しすぎる。
心の中に大きい穴が開いてしまったみたい。

でも13年間のエイミーの犬生は 凄く幸せだったと思うから あまり悲しんじゃいけないんだよね。
「そんなに泣かないで」って エイミーは言ってるかな。

エイミー、たくさんの愛をありがとう。
エイミー、たくさんの思い出をありがとう。

私もエイミーを たくさん たくさん愛した、そして いつ迄も。


★前日記のコメント、ありがとうございます。
 お返事が出来なくて ごめんなさい。

ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-04-09 05:37 | 愛犬と暮らす | Comments(16)

大満足?の ショッピング サンデー

ドイツでは 飲食店&土産屋などの許可を得た店以外は、 日曜日&祭日の営業は禁じられていますが、年に何度かVerkaufsoffener Sonntagという街中の全ての店がオープンする日曜日があります。

昨日の日曜 はそのショッピングサンデー。

春日和の素晴しい天気で 人混みが予想されパーク場捜しも大変だろうと思ったので私の原付バイクで行く事に。
私が運転し、私より15cm大きい夫が後ろに乗りました。 ちょっと滑稽な眺め かも。

以下の写真は SÜDKURIERという新聞社からお借りしたもの。
ご覧の通り 凄い人出。
スイスからの買い物客が多く、 あちこちから独特なアクセントのスイスジャーマンが聞こえてきます。
c0211876_521780.jpg

私と友人達が募金活動した広場。
この日に募金活動すればよかったかな、、、って少し後悔。
c0211876_523641.jpg

c0211876_5241656.jpg

c0211876_5245325.jpg
嬉しい事に コンスタンツの湖沿いプロミナーデは土産屋がずら~~っと連なってる状態ではなく、大きい公園があり ゆったり散歩出来ます。

ぶらぶら街中を歩いた後カフェで ひと休み。

c0211876_5472783.jpgc0211876_5475612.jpg

















私は迷ったけど 又いつもと同じでアイスカフェ(バニラアイス&ホイップクリーム入り)、 夫はフルーツ入りのアイスクリーム。

勿論、夫も私も 買い物しましたよ~。

前日から咳してる夫は、、、、、、、咳止めシロップを。
その晩 餃子を作るつもりだった私は 葱が無かった事を思い出し、、、、、、長ネギを。

そして二人で 大満足?して帰宅しました(笑)



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-04-04 23:15 | 行事、風習、冠婚葬祭 | Comments(8)

娘の誕生日~思い出のミニーマウス

c0211876_6515250.jpg

今日も凄く良い天気。

ボーデン湖を走るフェリーの上をツェッぺリンが飛んでいた。

ウィーンで24歳の誕生日を迎えた娘の携帯に電話。
繋がらなかったので 録音メッセージに
Happy Birthday to you~と歌ってる私を
夫が笑って見ていた。







しばらくして 娘から電話。
友人達と共に金曜の晩から始めた誕生パーティーが 土曜日の明け方迄続き、 私が電話した時は寝てたそう。
料理は主にチャイニーズで 春巻きを60個作り、他 バンバンジーとか。
「やっとママと同じ味の春巻きが作れるようになったよ」と言う娘。

娘はハンブルグで生まれました。
1歳の時 デュッセルドルフ近くに引越し そして3歳の時 ドイツ南西のボーデン湖沿いの町 コンスタンツへ。
幼い頃は 本当に落ち着きのない活発な子で 私と手を繋いで歩くより 1人で飛び跳ねながら歩くのが好きで 外に出る度に 私はハラハラ ドキドキ。
大人しく親と手を繋いで歩いてる子を見る度に なんで私の娘は、、、、、、と嘆いたもんです。

1人遊びには すぐ飽きてしまい 常に遊び相手が必要。
家中の手が届く戸棚や引き出しを開けて 中の物を出すのも大好き。
幼児ってこんなもんなんだ、と思っていたけど 息子は 同じオモチャでいつまでも1人遊びしたし、戸棚にも興味なかった、、、、、姉と弟 だいぶ違います。

そんな お転婆娘も 3歳の時 アパートから今の家に引っ越した当時は 平面の生活から段差のある生活に慣れていない為か 私が2階にあがると不安のようで くっついて来て、私が1階に下りると又くっついてきて、「ママ~、何処にいるの~」って私の姿を捜してました。 

そして彼女と何処へ行くにも一緒で、一緒でなければ寝れない、 娘にとって大切なもの
c0211876_7305769.jpg

それはミニーマウス。

生後6ヶ月で初めて 日本に行った娘。
その時 日本のお婆ちゃんからもらった ミニーマウスを ベビーカーの中に入れているうちに 娘にとって無くてはならない存在になりました。
特に寝る時にはミニーが居ないと駄目なので 旅行の時も必ず一緒。

しかし大事なわりには乱暴に扱うので、耳が千切れそうになり 目が飛び出しそうになり、体中傷だらけになり 私は何度もミニーを糸で手術。
洗濯と手術により 変わりはてた姿になったミニーは とうとう娘の友人達からは薄気味がられる存在に。

けれど娘は日本から送られた綺麗なミニー2号には全く関心なく 傷だらけのミニーが彼女にとって唯一のミニーマウスでした。

そのミニーとの悲しみの別れは 娘が6歳(息子が3歳)の時 成田空港にて。

その里帰りは私と子供達だけ、興奮してるせいか眠たいけど寝れない子供達の世話で疲れきって成田空港に到着後、売店で子供達に飲み物を買い、トイレに行き、やっとリムジンバスに乗り 箱崎シティーターミナルに着く直前に娘が「ミニーが居ない」と泣き出しました。
空港のどこかで無くした事は間違いないけど 又Uターンして成田に戻る気力は私には無く、「あとで電話して捜してもらおうね」と娘をひたすら説得。

実際 電話してみたけど 見つからず、あのミニーなら 落としたというより「捨てた」と思われたかも。

しばらく悲しんでいた娘、でもドイツから日本への環境変化が手伝ってくれたようで ミニーの存在は少しづつ過去のものとなりました。
でも ミニーマウスをしっかり抱きしめていた娘の可愛い寝顔は 今でもはっきり覚えてます。 

娘を花に例えるなら 「ヒマワリ」 
喜怒哀楽を素直に表現し、明るく 周囲の人の心を暖かくしてくれる子(女性)、、、ちょっと娘自慢。

「誕生日 おめでとう」って娘を思い切り抱きしめられないのは ちょっぴり悲しいけど、今 娘が元気で生きてるって事に感謝しなきゃいけないって つくづく思います。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-04-02 11:19 | 家族&我家 | Comments(8)

春の訪れ&老いていくエイミー

c0211876_4394126.jpg

今日の昼間は20度を越える暖かさ。

朝の散歩はコートを着たけれど 夕方はコート無しでエイミーと散歩。
近くの公園には 野草の黄色い水仙が咲いていて本当に綺麗。

太陽の下で 湖の青さ、芝生の緑、そして黄色い花、、、、、何もかもが目に眩しく 心にも眩しかった。

c0211876_4471862.jpg

気持ち良さそうに 湖の水と戯れるエイミー。

湖沿いの細い歩道で 反対側から歩いてきた二人の女性が エイミーと私の間を通り抜けた。
先に進みながらエイミーを見ると キョロキョロ私を探してる様子。
そして いきなり逆方向に歩き始めたエイミー。
「エイミー」と呼んでも 振り返らず、 追いかけて さらに大きい声で「エイミー!」
やっと振り返り 私に気付いたエイミーは 一生懸命走って私の所にやってきた。

エイミーの「老い」を つくづく感じる。
耳はすっかり遠くなり、すぐ後ろにいる私に気付かない事もある。

でも 留守した私が帰宅する度に 凄い声あげて出迎えしてくれるエイミー。
撫でると気持ち良さそうに横たわり 甘えるエイミー。
ふと 振り返ると 私をじ~~っと見つめてるエイミー。

私の心を癒してくれるエイミー。
私も エイミーの心を癒してる、と信じたい。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-04-01 23:30 | 愛犬と暮らす | Comments(16)