カテゴリ:ウィーン旅行( 2 )

ウィーン旅行 その2~シェーンブルグ宮殿、 百水 他

c0211876_6384771.jpg
世界文化遺産のシェーンブルン宮殿 雄大で優雅で ウィーンの最大観光名所と言えるでしょう。
部屋数は なんと1441室!
c0211876_6575484.jpg

c0211876_65383.jpg
軍事的記念碑として建てられたグロリエッテまでの坂を15分位歩き宮殿を見下ろしました。 庭園は自由に入れるのでジョギングしてる人もいました。 
c0211876_712197.jpg
姉はこの眺めに感激!

c0211876_4151569.jpg
画家そして建築家だったフンデルトヴァッサーが設計した美術館。   彼は日本女性と結婚した事もあり ドイツ名を直訳した百水と言う名もある。     又エコロジストとして環境問題にも積極的だった。
c0211876_4155963.jpg
美術館内にあるレストランの庭にて昼食。
c0211876_4162835.jpg
トイレの中。
彼の~奇抜というか奔放なというか~作品を自宅に飾るのは難しいと思うけど、けっして嫌いではありません。
彼の絵を眺めていると 何だか不思議な世界に入り込んでいくような感覚。

伝統的カフェがたくさん、 結局1番有名なザッハー(ホテル ザッハー内) へ。
c0211876_4565197.jpg

ライバル?カフェ、デーメルとのトルテ戦争の話が面白い。 「オリジナル ザッハートルテ」の標示権利で10年も裁判が続いたという。

前回夫とザッハー&デーメルに入った時は 日本人観光客がたくさんいたけれど、今回は少なめ。
ゴールデンウィーク後だったからか? アイスランドの噴火による影響なのか?
c0211876_53254.jpg
これが有名なザッハートルテ、、、、、けれど特に凄く美味しい~と、、、、、私は言えません。
コーヒーはメランジェ、 ドイツのカプチーノと同じ。
同じドイツ語圏でも 違う名称がけっこうあります。

c0211876_5541473.jpg
国会議事堂、、、ギリシャ神話風

音楽の都にて音楽に触れる事がなかった3日間でしたが、ヴェネチア同様 姉とのかけがえのない思い出旅行の一つとなりました。 


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2010-06-10 04:57 | ウィーン旅行 | Comments(13)

ウィーン旅行 その1~パンク青年とシシィと、、、

5月の初め、姉と共に娘の住んでるウィーンへ。 私の住んでる街から約700Km。

娘はウィーン大学で美術史を専攻してます。
最初の住まいには荷物を運びがてら何度か夫と行きましたが、その後2度越し 現在はアパート(3DK)を他の学生2人とシェアして暮らしてます。

そして娘の勧めで姉と私はそこに泊まりました。 その間 娘は近くに住む彼氏の所へ。
親って子供がどんな所、環境に暮らしてるのか自分の目で見れると なんとなく安心しますね。

娘の部屋は思っていたより広くてセミダブルベットがあっても狭く感じません。 でも皆の共同の憩いの場を兼ねてるDKが狭い。
同居してるヴィッキーとユーレは とってもフレンドリーで、挨拶後も狭いキッチンでしばらく一緒にお喋り。
ヴィッキーの彼は日本学を専攻していて、私と会うのを楽しみにしてるって、、、、、パソコンで彼の写真を見せてくれたり、、、、娘からすでに聞いてたからビックリしなかったけど、その彼氏君はパンク(風)でした~。

そのパンク青年に 翌日の晩 会いました。
文法は完璧とは言えないけど 意思疎通は日本語で出来ました。 ドイツ語がチンプンカンプンの姉は久し振りに私以外の人と日本語でお喋り出来て嬉しそう001.gif

パンク青年は 「わたくし、、、、、」と話します。  今時 日常生活で「わたくし」と言う若者、否!若者じゃなくても めったに居ないでしょうね。
しかし きたない俗語を使うよりは よっぽど良いと思うし、綺麗な日本語で話されたって嫌な気分になる人はいないんですからね。
日本人同士の場合は 「わたくし」がお高く気取ってる、と受け取られるケースもあるでしょうが、、、、

それにしても パンク青年の青く染められた髪と「わたくし」が 正直ミスマッチで可笑しかったです。037.gif

彼は6月から3ヶ月 日本に語学留学すると言っていたので、今はすでに日本にいるはず。
3ヵ月後 「わたくし」 が 「おれ さ~」 に変わっちゃうかしら?



あれれ、、、、、ウィーンの事 書こうと思っていたのに話がそれてしまいました。042.gif

ウィーン市内は 路面電車で移動。
c0211876_335946.jpg
王宮の入り口、、、、、この中にあるシシィ博物館を見学。  シシィは愛称、 フランス・ヨゼーフ1世の妃、エリザベートの波乱万丈の人生はたくさん映画化されてるので 御存知の方も多いはず。
美しかった彼女は 美意識が強く 老化と必死に戦ったそう、 けれど最後は暗殺されてしまう。
c0211876_3544948.jpg
馬車が街並みと調和してるけど、それに乗って王妃の気分を少し味わおう、、、という気にはなれず。
c0211876_421932.jpg
左側はウィーンのシンボル、 シュテファン寺院。 屋根がモザイク模様。

c0211876_349562.jpg
1365年に創立されたウィーン大学。    娘が内部も少し案内してくれました。

c0211876_47173.jpg
この日は娘の彼氏・J君も一緒にランチ。
c0211876_475797.jpg
リュックを背負った二人の後姿が なんだか可愛くて、、、、、思わずパチリ!

それにしても ボサボサ髪の娘よ! シシィの美意識を少し見習ったらどうかしらん。


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

003.gif001.gif037.gif042.gif
[PR]
by monika914 | 2010-06-09 04:08 | ウィーン旅行 | Comments(12)