カテゴリ:スペイン・アンダルシア旅行( 11 )

アンダルシア旅行(11)~ サイクリング & よもやま話



セビーリャには3泊。

ドイツに戻る前日 17日はレンタル自転車でサイクリング。


c0211876_23511792.jpg


c0211876_23520725.jpg


グアダルキビル川の反対側を目的も無く走った後 行ったのはスペイン広場。
1929年 万国博覧会の会場として造られました。



c0211876_23564812.jpg




c0211876_23573895.jpg




c0211876_23582706.jpg




c0211876_00042325.jpg





その後 この店に向かって走り。。。
サイクリング途中のランチにどこかお勧めの店があるか? と自転車を借りた時 係りの女性に聞いたら教えてくれた店。

c0211876_03542721.jpg




道路の反対側にある外席、、空席は予約席。
待つのは私達だけで無く、結局 30分以上たって やっと座れました。

途中 他の店に行こうか、と思ったけど 地元の人に人気の店のようなので いつも行き当たりばったりでレストランを決めていた私達が初めてこだわった店。



c0211876_03575974.jpg




隣の席のカップル&愛犬。
c0211876_04122266.jpg






断耳されていない たれ耳のドーベルマン、 愛嬌た~っぷり。
c0211876_04124690.jpg



料理の方は期待していたほどでは無く ま~ま~。
シーフードサラダ&料理の後 食べたビーフステーキは旅行中 初めての肉料理。

c0211876_04221371.jpg





お勘定を頼んだらサービスでくれた飲み物。
これはオルホ(Orujo)と言いハーブ入りで食後の消化を助けるお酒。

c0211876_06031510.jpg





写真撮り忘れたので拝借画像ですが、 グラナダで食べたアロス・ネグロ(イカ墨のパエリャ)は癖がある味だけど美味でした。
c0211876_04431058.jpg

その時 隣席にいたイギリス人カップルが「どんな味?」とか聞いてきたので 食べながらお喋りしたんですがね。
後でトイレに行って鏡を見たら みごと『お歯黒ばあさん』になっていました(恥)


この様なくだらない旅行中のよもやま話は色々ありまして
アンダルシアに来て初めて泊まったホテルにて 部屋に入ろうとしたら向かい側の部屋からちょうど出て来た男性、 夫はアジア人を見ると「こんにちは」と数少ない知っている日本語を使いたがる。

すると 相手はビックリ、 一人で旅行中の日本男性でした。

グラナダの路上で日本語が聞こえて来たので 私の方から話しかけたのは二人の年配日本男性達。
やはり個人旅行中で 最初の言葉が 「俺たち男同士だけど ホモじゃないですよ」には笑ってしまいました。


色々な思い出大切にして 18日にドイツに戻ってきました。


長いアンダルシア旅行記にお付き合いしてくれた方々、ありがとうございます!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2017-10-05 05:46 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(2)

アンダルシア旅行(10)~ セビーリャのカテドラル&アルカサル




9月16日の夕方 セビーリャに到着してすぐレンタカーを返却。
高速や田舎道、思っていたより快適でした。



c0211876_23304848.jpg
そこからタクシーでホテルへ、 そこは其れまでの中で一番小さい屋根裏の部屋みたい。
ホテルはすべてBooking.comで予約、歩いて観光出来るロケーションにしました。





ホテル近くのショッピングモールは駅舎跡に作られたもの。

c0211876_23324956.jpg

旅行中の行動、、記憶が曖昧になってきています。 詳しく日記を書いていたわけではないので、、年齢のせいもあるのかな。
頼りになるのは撮った写真のみ。

この日の夜も このショッピングモールに行った後 何したんだっけ? 何食べたんだっけ?





翌日(16日)は闘牛場前を通り
c0211876_01155090.jpg



カテドラルへ。
ローマのサン・ピエトロ寺院、ロンドンのセント・ポール寺院に次 世界3番目の規模。

「後世の人々が我々が正気のさたでは無いと思うほどの巨大な聖堂を建てよう」と1519年にモスクの跡地に建てられました。

c0211876_01173654.jpg





c0211876_01254366.jpg


c0211876_22593107.jpg



コロンブスの柩をかつぐのは当時のスペインを構成した4人の国王達。
ただ コロンブスの墓はドミニカ共和国に移された云々で どちらに遺骨があるのかどうか不明。
c0211876_01261891.jpg


c0211876_01290403.jpg





ランチへ。
c0211876_01332138.jpg


イワシの塩焼き、、最高。
c0211876_01400435.jpg


胃が満足した後 アルカサル宮殿へ。
c0211876_01443523.jpg
イスラム時代の城をキリスト教徒の王達が改築。

c0211876_01473908.jpg

c0211876_01481110.jpg


c0211876_01485212.jpg

c0211876_01492937.jpg

浴場
c0211876_01522226.jpg


c0211876_22503508.jpg




c0211876_22511185.jpg



庭から見えたヒラルダの塔。
c0211876_22515553.jpg





c0211876_22544020.jpg

              庭園内のカフェにいた 人馴れして物をねだる孔雀達。

c0211876_22551562.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2017-10-02 23:15 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(2)

アンダルシア旅行(9)~ ロンダ & 日本人子孫がいる村



9月15日 白い村・カサレスから向かったのはロンダ(人口約3万5千人)


c0211876_05135678.jpg



モスクの跡地に建てられたサンタ・マリア・ラ・マヨール教会。
c0211876_05142179.jpg


教会前の広場でランチ。
このお得なタパスセットメニューは不味くは無かったけど 海の幸ゼロでした。

c0211876_05201447.jpg




この街は谷をまたいで新市街と旧市街に分かれていて、それをつなぐヌエボ橋は高さ100m。

c0211876_05225955.jpg


c0211876_05231297.jpg



c0211876_05254640.jpg

橋からの眺め。
c0211876_05260445.jpg



橋の近くで見つけた通り名の表示 『カズノリ ヤマウチ』って誰?
c0211876_05272878.jpg
後で調べたら山内一典とはこういう人

2013年にレーシングゲームの最新作の発売イベントがロンダで行われた際 橋の上にたくさんのスポーツカーを展示、それをプロデュースしたのが山内氏で『山内一典通り』と命名する式典が行われたんだとか。

レーシングゲ―ム云々には全然関心無いんですが。。。



日本人の子孫? ハボン(日本という意味)という姓を持つスペイン人がいる小さい村 コリア・デル・リオには どうしても行ってみたかった。

そこは最終宿泊地(出発地でもある)セビーリャから南へ12kmのところ。


c0211876_05565638.jpg
グアダルキビル川沿いの普通の小さい街。


c0211876_05563720.jpg
1614年 伊達政宗の命を受け 支倉常長が率いた慶長遺欧施設は長い航海を経て この街にやって来て、数名は帰国せず この街に残ったと言われています。

詳しくは ★こちらを読んでみてください。
なかなか興味深いです。



c0211876_06244052.jpg




c0211876_06254735.jpg


川沿いの公園にたつ 支倉常長の像。
c0211876_06275729.jpg



c0211876_06303802.jpg

400年前 ここに残った日本人達の暮らしは どうだったのか?
いかにスペインの片田舎に馴染んでいったのか?
それとも馴染めず一生 日本を恋しく想いながら生きていたのか?


今の自分と比較するには あまりにも無理があります。



c0211876_06403238.jpg
この街も その日はフェストで民族衣装を着た娘さんが鳥居の近くに。。
ひょっとして日本人の子孫を持つ 娘さん??

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2017-09-30 07:02 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(0)

アンダルシア旅行(8)~ 結婚記念日




観光客で賑わう白い村ミハスから その日の宿泊地カサレス(人口3000人)へ。

そこも白い村として知名度が高いようだけど ミハスに比べると静かで素朴な印象を持ちました。



c0211876_22223967.jpg




ホテルのバスルームが可愛い。

c0211876_22215430.jpg



ホテルの部屋から。。
c0211876_22232743.jpg





道路沿いだけど村が眺められる店のテラスで夕食。

c0211876_22302572.jpg



料理の品数が少なく、ドラーデという魚(鯛の一種)を。
この魚はドイツでも買えます。
c0211876_22310600.jpg
寿司は別として、お魚はムニエルや凝ったソース付きなどでは無く、シンプルな焼き魚が一番好き!
さすがに「醤油をください」とは言えませんけどね(笑)




c0211876_22383385.jpg


だんだん日が暮れてきて。。。。    
33回目の結婚記念日を夫と祝いました。

c0211876_22393278.jpg




c0211876_22395779.jpg




翌日は村を少し散策。
c0211876_22432926.jpg


c0211876_22435716.jpg



その日 フェストが行われるようで こんな飾りが。。

c0211876_22442532.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2017-09-28 22:49 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(0)

アンダルシア旅行(7)~ 白い村 ミハス



久し振りにアイスコーヒーを飲んだ後 地中海沿岸から遠ざかり 行ったのは有名な「白い村」のひとつ ミハス(Mijas)



c0211876_05384551.jpg



c0211876_05400202.jpg




c0211876_05403075.jpg




ランチはガスパチョ。

c0211876_05410020.jpg

海老フライのサラダ
c0211876_05413688.jpg


タコ料理があるか?と聞くと あると言うので期待したら ジャガイモの上に小さいタコが3つだけ、、かなりガ~ッカリ。
c0211876_05415636.jpg


クロケッタは生ハム、タラ、鶏肉などの具のクリームコロッケ。
c0211876_05435381.jpg





この店でオリーブ石鹸他 買ったんですが、
c0211876_05471318.jpg



この写真を見つけ 思わずクスッ!
店の人が「知ってるでしょ?」  「ま~日本人なら皆知っているでしょうね」と答えると
店の人「中国人も知ってるわよ」
c0211876_05481125.jpg


この白い村は日本人観光客も多いようで。
c0211876_05511066.jpg


いやいや 日本人だけでなく観光客が多く、お土産屋も多く、ロバタクシーも多く、、、、
自分も観光客なのに それに不満持つのは矛盾してますがね。 


気を取り直して村を散策。


c0211876_05573138.jpg



c0211876_05575234.jpg




c0211876_05582948.jpg




展望台からの眺め
c0211876_05590568.jpg

天気が良ければアフリカ大陸が見えるって本には書いてあったけど 見えなかった~。
c0211876_05593063.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2017-09-27 06:08 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(0)

アンダルシア旅行(6)~ ヒブラルファロ城 & やっと飲めたアイスコーヒー




マラガでは1泊。

結局 ピカソの生家は見にいかず、朝食の後 車で郊外の高台に建つヒブラルファロ城へ。


c0211876_04433539.jpg
(拝借画像)






c0211876_04542002.jpg



城の要塞から見渡せるマラガの街。
c0211876_04555577.jpg




闘牛場。
スペインの国技である為 昔は盛んに行われた闘牛。

c0211876_04562222.jpg
しかし 動物愛護問題で批判され だいぶ少なくなり スペイン国民達の関心もだいぶ薄れてきているそうです。




マラガ港&地中海。
c0211876_05060197.jpg




c0211876_05062130.jpg

この一帯には当然 泳げるビーチもあり マルベーリャという街は高級リゾートとして有名。
一応 水着を持って行き久し振りに海で泳ごうかな~と思っていたんですが、結局そのチャンスはありませんでした。





城を見学した後は近くのレストラン・テラスで休憩。

c0211876_05173845.jpg


ところで暑いのに南欧の国々ではアイスコーヒーが無いんですよ。(全ての国かは 定かではありません)

コーヒーと言えばエスプレッソなので 私達は「カフェ・アメリカ―ノ・コン・レチェと頼むと普通のカップに入ったミルク入りコーヒーが飲めました。


さて なんだかアイスコーヒーが飲みたくなり 「アイスコーヒーって ありますか?」と英語でおそるおそる聞いてみたら、笑顔で「ありますよ」
やった~、ついにアイスコーヒーが飲める(大袈裟)

で 運ばれきたのは。。。

c0211876_05325690.jpg
コーヒーカップに入った熱いコーヒーと氷だけが入ったグラス。 (写真 すでに自分でコーヒーをグラスに移した後)

なぜ わざわざカップとグラスを持ってくるのか?? キッチンでグラスに氷とコーヒーを入れてくればいいのにね~。

後で調べたところ これはあくまでコーヒーを注文するときの追加として「コン・イエロ・ポルファボール」と言って頼むものらしいです。

コーヒーは熱い飲み物、冷たくしたきゃ自分で作って! ってことでしょうかね(笑)

これを旅行中知っていれば もっとアイスコーヒーが飲めたのに。。。


詳しく知りたい方はこちらのサイトを是非どうぞ。


飲み物に限らず 食べる方も詳しく下調べせず 行き当たりばったりで店に入ってしまう私達でした。




にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2017-09-26 06:02 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(0)

アンダルシア旅行(5)~ 人馴れした野良ちゃん & マラガへ






c0211876_05302994.jpg

3泊したグラナダ をあとにして 次の宿泊地マラガ に向かう途中寄ったのは洞窟住居が多いグアディクス(Guadix)と言う村へ。



一見 普通の住居に見えますが 内部は洞窟の中なんです。

夏は猛暑で冬は極寒という気候なので 快適に過ごす為に洞窟住居が出来たそう。
c0211876_05343414.jpg


煙突のように突き出ているのは換気筒。

c0211876_05383993.jpg


c0211876_05350870.jpg




休憩したレストランにやって来た野良ちゃん。
客から食べ物をもらう事に慣れているようで 近くに来てじ~~っと顔を見るんです。

c0211876_05513933.jpg

バッグの中のドッグフードは無くなっていたので、ドリンクに付いてきた このパンをあげました。
しかも小さくちぎったパンを私の手からじかに。。。。

もしかして 野良ちゃんじゃ無かったのかしら。


c0211876_05550366.jpg






マラガに到着。
ピカソは1881年に ここで生まれ10歳まで過ごしました。


ホテルにチェックイン後 のんびり街中を散歩。
c0211876_06012832.jpg


c0211876_06021796.jpg


c0211876_06025393.jpg


c0211876_06032039.jpg





c0211876_06035986.jpg



カテドラル
c0211876_06042685.jpg

私達は本当に のんびり観光しました。
よくカフェやバーで休み ビールやワインを飲み。。。。





アホ・ブランコと言う冷たいスープはアーモンドとニンニクをすりつぶしたもの。
c0211876_06072344.jpg


ドイツのレストランでは食べられない アサリ。
c0211876_06100100.jpg



スペインの生ハム、 ハモン・セラーノ。
店では丸ごと(豚もも)吊り下がってますし、 多くのレストランでは注文してから薄切りにしてくれます。
ちょっと癖がある味。

c0211876_06105854.jpg



c0211876_06112197.jpg


夜8時過ぎると ますます賑わってきて、 10時でも食事をオーダー出来る、
これって(食事時間)ドイツでは出来ない事。

c0211876_06172441.jpg



c0211876_06173943.jpg



c0211876_06224081.jpg


c0211876_06183014.jpg



ホテルに戻るつもりでいたけど ホテル近くのバーで もう一杯飲むことに。

その横の広場では犬飼いさん達が集まっていて こんな風に坂になった芝生で犬達が遊んでいました。


c0211876_06285587.jpg
そんなワン達を見ながらワインを飲み 『ナナはどうしてるかな~』


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2017-09-24 06:36 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(0)

アンダルシア旅行(4)~ アルハンブラ宮殿 & フラメンコ



8世紀初めから800年間 イスラム教徒に支配されていたアンダルシア地方にはイスラムの遺産&文化が残されています。

グラナダと言えばアルハンブラ宮殿があまりにも有名ですが、そこも同様。

12日は早く起き 30分歩き宮殿へ。

(通常 旅行前にチケットをネット購入しますが、私達は遅すぎて すでに売り切れ、でも現地ホテルでネット購入してもらえました。 ネット購入の場合 入場予約時間より1時間早めに着いていなければなりません) 


c0211876_04261493.jpg






c0211876_04301273.jpg




c0211876_04271662.jpg




c0211876_04312021.jpg




c0211876_04451887.jpg





c0211876_04314313.jpg

金キラした きらびやかさは無いけれど、壁や天井にほどこされた細かい細工に目が奪われてしまう。

電気工具が無かった時代の職人達の技術には「素晴らしい」の一言では表現しきれません。
これは多くの国々に存在する歴史的建造物に共通してますね。





c0211876_04453997.jpg



c0211876_04470575.jpg




c0211876_04463447.jpg




塔の上から、、前日見学したカテドラルが見え。。
c0211876_04475050.jpg





c0211876_04493106.jpg





c0211876_04495660.jpg



敷地内の庭園から見た宮殿。
c0211876_04514993.jpg




土産屋に置かれていた寄木細工。
c0211876_04534613.jpg



日本の寄木細工と似ているようで 似てないような。。。。
c0211876_04541789.jpg

宮殿見学は3時間半ほどかかり、宮殿を出てすぐ飲んだビールが美味しかった~。






その晩はフラメンコを見に。。
小型バスがホテル近くまで迎えにきてくれ 各ホテルに寄り 途中から歩いて ライトアップされた宮殿が見える高台へ。

c0211876_05415381.jpg



同じバスに乗って来た日本女性から「撮りましょうか?」の言葉に甘え 撮ってもらった夫と一緒の写真。
c0211876_05430425.jpg




c0211876_05441920.jpg

その近くの洞窟のような店で まじかに見たフラメンコは迫力があり、踊る人達の情熱が伝わってきて胸が熱くなりました。



c0211876_05481859.jpg


c0211876_05483165.jpg







今日 娘が送って来た写真。  ナナ&娘の友人。
c0211876_05500644.jpg



c0211876_05501636.jpg

 ナナ、明日 会えるね。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2017-09-21 06:02 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(2)

アンダルシア旅行(3)~ グラナダのカテドラル & ナナが居ない我が家



昨日 10泊11日の旅行から帰宅。
空港に迎えにきてくれたのは大学休み中の息子。

娘は私達と入れ違いにナナを連れ友人達とオーストリアの山小屋へ行き(木曜まで)久し振りの我が家にナナが居ないのが 凄く寂しい。



さて旅行記 続けます。

10日、グラナダに到着後 ホテル近くの広場のバーで喉を癒すことに。

c0211876_04403073.jpg
旅行中 私がよく飲んだのはティント・デ・ベラーノ(Tinto De Verano)と言う赤ワインを甘い炭酸水でわったもの。


アルコールをオーダーするとオリーブなどの他必ず何かしら一品付いてきますが、この料金は取られません。
特にグラナダでは 色んな物が出てきて、2杯目をオーダーすると又持ってくるので 断る事もありました。

c0211876_06022995.jpg



観光客なのか、地元の人なのか、、、ドイツ同様 犬連れの人達がけっこういました。
c0211876_05184173.jpg



そして旧市街へ歩き そこで夕食。
お隣の席にいたワンちゃん達。
c0211876_04413414.jpg




マテ貝。
c0211876_04570552.jpg





オマール海老のスペイン風雑煮 アロス・カルドッソ
c0211876_04404565.jpg
c0211876_04412157.jpg




翌日 11日はカテドラルを見学。

c0211876_05023300.jpg


c0211876_05074769.jpg



向かいあって立っている見事なパイプオルガン、、演奏を聴けないのが残念。
c0211876_05081790.jpg




当時使われていたコーラス用の楽譜がとても美しく興味深い。
c0211876_05094865.jpg


その後、アラブ街を散策。
c0211876_05162181.jpg

c0211876_05164518.jpg


c0211876_05172660.jpg


青と緑で描かれている グラナダ焼き
c0211876_06091742.jpg


アラブ街を抜け 北側の坂を上がっていくと。。。
c0211876_05254224.jpg



アルバイシンと呼ばれる地区へ。
c0211876_05262585.jpg



c0211876_05265625.jpg

そこの広場から 遠くに見えるアルハンブラ宮殿。

c0211876_05272881.jpg


その近くのレストランにて、、タコのグリル。
c0211876_05370344.jpg




今日 娘が送ってきた写真。

c0211876_05375821.jpg
大好きなお姉ちゃんと楽しく過ごしてるんだと思います。

でも 早く会いたいよ~~~。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

[PR]
by monika914 | 2017-09-20 05:44 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(4)

アンダルシア旅行 (2) ~ 最初に出会った野良ちゃん & グラナダへ向かう車窓

今日の10日は前日 閉館していて外から建物しか見られなかったアルカサルへ。

c0211876_00423467.jpg

アラブ式の庭園は見応えがありました。

c0211876_00452446.jpg


c0211876_00461600.jpg


c0211876_00473778.jpg

塔の上からの眺め。
c0211876_00485567.jpg


この後 車でグラナダに向かって出発。約160km。

途中 小さい街の小さいレストランでは 英語もドイツ語も、勿論日本語も通じず メニュも???だったけど どうにかサラダとイカの丸焼きをオーダー。
美味しくて ビックリするほど安かった。

観光客で溢れる観光都市では 経験出来ない こういうところが 良き思い出になるんですよね🎵

チップのつもりで置いてきた釣り銭を 忘れたと思ったのか 車に乗り込もうした私達を追いかけてきたのにはビックリ。



ところで、、スペインでは野良犬達に出会う覚悟をしてました。
だから旅行中 いつもバッグに犬菓子を入れてます。
でもコルドバでは見かける事無く、むしろ愛犬と散歩している地元の人達が多かった。


しかし 今日、ガソリンスタンドで痩せた野良ちゃんが。
近づこうとすると怯えて遠ざかってしまう。
なので 近くに投げてみたら 石でも投げられたと思ったのか ますます怯え姿を消してしまいました。
いつか戻ってきて食べてくれます様に。。。




車中からの景色、しばらくはこんな感じ。

c0211876_01002909.jpg


時に緑が目に入ると それは広がるオリーブ畑。
c0211876_01052264.jpg



そして南下していくと オリーブ以外の緑が増えて来ました。
c0211876_01060535.jpg

グラナダには3泊。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2017-09-11 00:38 | スペイン・アンダルシア旅行 | Comments(4)