カテゴリ:よもやま話( 119 )

義理の母には言えない事


金曜日から2泊で久し振りに夫と一緒に彼の里(義母の所)へ行って来ました。

ナナは娘と留守番。

c0211876_1553560.jpg

彼女の家からの眺めは相変わらず のどか。

土曜日は義母も一緒にガーデンセンターへ。  欄の花が大好きな義母は楽しそうに嬉しそうに花たちを見ていました。



帰りは3年前の夏に亡くなった義理の兄のお墓参り。

c0211876_204982.jpg

彼の墓は墓地敷地内の高台にあり、 そこから彼の妻と実母が住む家が見下ろせます。

墓地の周辺を散歩、  義母も一緒だったので ゆっくりゆっくり少しだけ。


c0211876_291119.jpg

林檎の花が満開。

c0211876_2103446.jpg

c0211876_2105552.jpg

桜の花に負けず劣らず綺麗です。


短い散歩でもナナが居ないと な~んとなく物足りないと言うか クリープを入れないコーヒーのよう(ふるっ!)。


その晩は夫の叔母の誕生会へ。

c0211876_2163299.jpg

私達からのプレゼントは薔薇の花束オレンジ色の果実の木(レモンとオレンジを掛け合わせた果実)

彼等の家は地下にパーティールームがあり、そこで食べたり飲んだり。

c0211876_224823.jpg

食事はザワーブラテン、 シュペッツレ、 ポテトサラダ&グリーンサラダ

ザワーブラテンは牛肉を赤ワイン、ワイン酢、野菜に3日間位漬け込んで作る 酸味がきいた料理です。



パーティー参加者の平均年齢は高く ご老人達がほとんど、 ひょっとして私が一番若かったかも?
それでも皆さん 夜中12時頃まで楽しそうに飲んで喋って 私の母ならとっくに「お先に失礼」してるでしょう。
パーティーを楽しむパワーは日本のご老人達に比べると 断然強いと思います。

義母は普通に会話出来るし 新聞や本を読み理解し、 認知症というほどの状態では無いですが、以前に比べると同じ事を繰り返し聞いてくる事が多くなりました。
今回も 娘&息子の事を聞いてきたので彼達の近況を伝えると、15分位後に又同じ問い。

その問いに 又同じように答えました。
正直 それは義母への優しさと言うより 「単なる物忘れ」では無い痴呆かも?と思うと 相手が忘れている事を指摘出来なくなりますね。
ましてや相手は高齢の義理の母ですから。


実母なら笑って「お母さん さっき言ったじゃない、 覚えてないの? 大丈夫??」とか言ってしまいそうですが。

実母には言えても義母には言えない事って たくさんありますよね。。。 当たり前ですが。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-04-28 04:36 | よもやま話 | Comments(10)

ストラスブール大聖堂が見える? レストラン


日曜日 私はまた一つ歳を重ねました。
出来る事なら重ねたくないんですけどね~、 まっ仕方ないですね。

祝いにきてくれた友人達と昼間っからテラスでシャンパン飲んで いい気分になりました。


夕食は フランス、アルザス地方の郷土料理店 Restaurant Storikenescht にて。

c0211876_5551377.jpg


c0211876_5554380.jpg


Storikenescht はアルザス地方の方言、 正しくはStorchennestと書き コウノトリの巣という意味。 コウノトリアルザス地方のシンボルなのです。

そしてアルザス料理はドイツ食文化の影響を受けドイツ料理との共通点も多いそう。


c0211876_68056.jpg


c0211876_682456.jpg


c0211876_685121.jpg

偽窓の外に見えるのはストラスブール大聖堂のようです。



c0211876_6194240.jpg

私のメイン料理は 煮込んだ豚ほほ肉&シュペッツレ、  これでスモールサイズです。
牛ほほ肉は食べた事あるけれど豚ほほ肉は初めて。 肉もシュペッツレも美味しかったのですが、ソースの味が濃いめでした。
スープやソースの味が もう少しまろやかならな~って残念に思う事、よくあります。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-04-15 06:46 | よもやま話 | Comments(10)

「ありがとう」の食事会

関東では16年振りの大雪だったそうですね。
もに香地方は暖冬で この冬まだ雪が降っていません。  ホント、異常気象ですね。

土曜日 日本の母と電話で話した時 「雪の重みで家が潰れちゃうんじゃないか心配」 と言う母。
まさか そんな事にはならないだろうけど、木造2階建ての一軒家に1人で住んでいる母の不安はよく分かります。
ですから今日(日曜)も又電話して母の無事を確認しました。
幸い 近くに甥っ子夫妻が住んでいて、彼が家の前の雪かきをやってくれたそうです。


    ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


ドイツには「品物でのお返し」の習慣はあまりありませんが、 家のリフォームや引越しなど手伝ってくれたお礼として後で食事に招待する事は よくあります。

1月末 友人Fの妹家族の引越しに借り出された夫。  
そのお礼として金曜日の夜 ピザリアでの食事会に招待されました。
私は手伝っていないのですが、Fとは親しくしているし夫婦同伴が当たり前って事もあり 一緒に招待されました。

場所は夫&私にとって初めての店 Ninos
ピザリアはイタリア人が経営してる店が多いけれど、ここはトルコ人。  メニューにケバブもありました。

c0211876_2228529.jpg



車で行き 帰りは歩くつもりだったので ナナも同伴。
c0211876_052883.jpg

c0211876_055553.jpg

ゲスト達に愛想振りまいて挨拶した後は お寝んねタイム。

私はビール飲みながら前菜、、、チーズ入りサラダ&ブルスケッタが美味しくて それでほぼ満腹になってしまったので ピザはスモールサイズ、、、好きな赤ワインと共に。


土曜日はD&Fを我が家へ招待。
彼等には特に言わなかったけど ナナのお泊りドッグシッターをしてくれた お礼の気持ち。

c0211876_0204535.jpg

ワンタンスープ、 海老チリトマトソース煮、 メインはチンジャオロース。   どれも好評でした。

私&夫 そしてD&F、この4人で食事をしてワインを飲みながら団欒するす時間は とても心地よく寛げます。
Dとは色々な事を気さくに 時には真剣に話し合え、 そんな彼女をナナが慕う姿を見るのも嬉しい。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-02-10 02:29 | よもやま話 | Comments(2)

下着姿でショッピング ~ Desigual & 日曜の散歩


日曜日の夫&ナナとの散歩は湖から遠ざかり いつもとは違う方面へ。
c0211876_449150.jpg

車を使わずとも自宅から歩いて ノーリードで散歩出来る場所に行けるのは、犬飼いとして本当に恵まれていると思います。

c0211876_451768.jpg

私とナナ、同じ方向の何を見ていたのかしら、  きっと他のワンちゃん。

写真では分かりませんが けっこう天気が良く青空も見えてました。
自業自得のおろかな事故により 光に弱くなってしまった私の目。  ですから冬でも日差しが眩しい時はサングラス。

c0211876_4513492.jpg

遠くに見える建物は コンスタンツ大学。   この広い草地で犬をトレーニングしてる人も。


      ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


c0211876_57244.jpg

スペインのファッションブランド デシグアル
カラフルで奇抜な柄が多いので 好き嫌いがはっきり分かれるブランドでしょうね。
私にとっては派手すぎるけれど 気に入った柄のTシャツを2枚持っています。


柄だけでは無く、企画する事も奇抜なデジグアル。
イタリアの店で「下着で来た先着100人には服が無料」というキャンペーンが行われました。
なんと100人以上の男女が下着姿で来て 先着100人には入らなかったけど下着姿の人達には半額というサービス。
真冬なのに 早くから下着姿で開店も待つ人達も多かったそう、 驚き。



この企画は これまで世界各国の都市で行われているそうですが、ドイツではまだだと思います。
日本で行われたら どうなるのか気になるところ。
下着では無く ビキニと思えば出来るかも??    いや 私には無理そう。。。。。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-14 06:03 | よもやま話 | Comments(4)

日本のしきたりに背いてしまった & 月曜日の散歩


スキー旅行中に迎えた新年2014、 夫、息子、そして友人達とハグして
Ein gutes neues Jahr! (明けましておめでとう)、 娘や友人達に電話して「明けましておめでとう」
帰宅後 近所の人達にも、散歩中出会った犬飼いさん達にも「おめでとう」
日本の友人達にもメールで「おめでとう」

しかし!! 日本のしきたりでは「おめでとう」とは言っていけない私でした。
何故なら 昨年3月父が他界し、いわゆる喪中の身である私ですから。
そのしきたりを忘れていたわけでは無いけれど、 シャンペン片手に新しい年を迎えた時は迷う事無く「おめでとう!」と言っていました。

でも私は日本のしきたりに背いた事に後悔の念も自責の念にも駆られていません。
「父の死」と「新年を祝う気持ち」は全く別のものであると思うから。

それぞれの国や土地のしきたり、それに背く事により他人&自分の気持ちを傷付ける事がなければ 必ず従う必要は無いんじゃないかって思うのです。
でも正直 もし私が日本に住んでいたら家族への迷惑、周囲との協調等を考え、自分の道理に合わなくとも 「しきたり」に従っていたかもしれません。。。。 きっと。

ただ日本の「お返しの習慣」は無くなればよいと思っているのですが。



      ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 


1月6日は Dreikönigstag(東方の三博士)で つまり公現祭で ドイツ南部は祭日。


c0211876_5373196.jpg

                    夫&ナナと湖沿いを散歩

c0211876_5382947.jpg


c0211876_5385915.jpg

スイス東部で一番高い山 センティス(Säntis 2501m)が見えました。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-01-08 05:49 | よもやま話 | Comments(10)

1人サウナ

土曜日の散歩にて
c0211876_31693.jpg

ジャイアントシュナウザーシベリアンハスキーと一緒にいるナナが小さく見えます。

c0211876_34156.jpg

              「遊ぼうよ!」というお誘いを無視するナナさん。

c0211876_342362.jpg



nasskaltes Wetterと言うドイツ語があります。
nassは濡れた&湿った、kaltは寒い、 Wetterは天気。  つまり湿っぽくて冷たい陽気の事で憂鬱になる言葉。
そんなnasskaltes Wetterがしばらく続いていましたが 今日は青空。    でも寒い! 
朝の散歩時はゼロ度。   極寒というほどでは無いですが、本格的な冬の訪れを感じました。

c0211876_316589.jpg

c0211876_3173922.jpg



我が家の地下にはサウナルームがあり たいてい週末 夫と入りますが、 今日は夕方の散歩の後 1人サウナ。
c0211876_3221571.jpg

坐れば6~7人、 横たわる場合は3人が限度。

昔 夫とテニスやスカッシュをしていた頃、終わるとスポーツセンター内のサウナに入りましたが、男女一緒に慣れていない私はな~んとなくリラックス出来ず。
やっぱり自宅サウナはいいですね。

温度を90度に設定して15分入り、冷たいシャワーを浴びて好きな音楽を聞きながら20分ほど休む。  これを2~3回繰り返します。
サウナが美容と健康にとても良いって事は知られていますが、苦手な人もいますね。

私も以前は5分位で息苦しくなり無理せず出てしまいましたが、段々慣れてきました。
風邪予防の為にもサウナを楽しもうと思います。

c0211876_331182.jpg




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-11-26 06:14 | よもやま話 | Comments(5)

夫の居ない夜

病気になってしまったマイノートブック、 結局2泊入院した後 無事私のもとに戻ってきました。
あ~やっぱりスマホに比べると さくさく書け便利です。
まっ、私がまだスマホを使いこなしていないって事なんですが。。。
でもスマホのおかげでメールチェック出来、 今更ながらメールコンタクトの時代をひしひしと感じます。 


夫の出張は国外でも朝一のフライトで飛び最終のフライトで戻る日帰り出張が多いんですが、先週は1泊の出張がありました。
昔話になりますが、 子供の頃 父が出張の際 母から「お父さんが出張で居ないって事を他の人に話してはいけませんよ」と。
女親と子供だけだと泥棒に狙われやすいからという母の説明を聞き、私は母の言いつけを守りました。

そんな経験からでしょうか、 私も自分の子供達に同じ事を言うように。
まだ子供達が幼い頃 同じ通りで起こった夜中の押し入り強盗事件の直後 夫の泊まり出張があり、その晩はそれぞれ別の子供部屋で寝るようになった娘&息子を わざわざ親の寝室に一緒に寝かせ内側から部屋の鍵をかけて寝た事を思い出します。

今でも夫の居ない夜は 寝室のドアをロックしますが、それが果たして役に立つのかどうか。

2年前こんな事があったので、ナナは異様な事態を吠えて知らせてくれるでしょう。
ガードドッグでは無いし侵入者を襲うような事は出来なくても、 屋内に吠えている犬が居るって事は少し防犯になります。

昔に比べれば夫の居ない夜に不安を感じる事も無くなり、1人酒(ワイン)しながらナナとフタリだけで過ごす夜も又良しってところでしょうか。
ナナを寝室で寝かせようかなと思ったけど止めました。
お互いの鼾で寝られないと こまるから(笑)


c0211876_635334.jpg

うす目開けて鼾かいてるナナさん、、なんだか牛みたい。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-11-16 06:59 | よもやま話 | Comments(8)

ウーバーリンゲン & 外見と内面

私の住んでいる街からボーデン湖を挟んで反対側にある街 ウーバーリンゲン(Überlingen)
c0211876_7583644.jpg

年に1~2回 訪れる街です。

2週間ほど前 友人達と行き、一緒にランチしたのが この店
c0211876_7593574.jpg

こじんまりしたレストラン Al Lagoは友人のお勧めの店で、ランチメニューは少ないですが、とてもリーズナブル。  そして食べたサラダ&パスタは凄く美味しかったです。

c0211876_843481.jpg

ツタに覆われた建物は目を引きますね。

20年以上前 現在の家を購入した時、 一部の壁にツタがあり私は単純に素敵~と喜んだのですが
夫は「ツタは外壁の素材を傷つけると」と すぐ撤去してしまいました。

外見の美しさより内面の美しさ(健康)が大切、、、、人間と同じかな~。



外見を全く気にしないのは このお方。。。。

c0211876_8501661.jpg



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-11-13 08:54 | よもやま話 | Comments(8)

散歩中 ドラマのロケ現場に出くわして。。。


c0211876_558247.jpg

           昨日の朝の散歩では 青空が綺麗で、すがすがしい気分。

c0211876_5591722.jpg

                   ナナは何処にいるでしょう?

c0211876_611956.jpg

                      光と影の縞模様。


c0211876_694752.jpg

今朝の散歩で会ったニューフェイスはラブラドールとハンガリアン・ヴィズラのミックス犬、 生後8ヶ月。
ナナや他の犬達に ちょっと圧倒されたのか、最初は飼い主さんの足の間に入りこんでましたが、しばらくすると一緒に遊び始めました。

c0211876_6135916.jpg



そして いつもの公園へ向かう途中、 凄い音が聞こえ始め森の中の一部が白い靄となっていました。
どうやら 屋外ロケーション撮影中で機械で靄作りしてるよう。
ドイツのサスペンスドラマでTatortと言うシリーズ(一話完結)があり、定期的にボーデン湖沿いを舞台にしたドラマを撮影。
半年以上前にも 湖沿いで撮影してる所を通りかかった事があります。

今回は散歩道に係員が立ち一時通行止めにしているので通れず しばし待つ事に。  他にも犬連れの人達がいて 吠え始めた犬に係員が 「シッ!! 吠えさせないで」と態度が大きい。
ナナは吠えなかったけど、犬にしてみれば耳慣れない音と異様な白い煙のような物を目にして警戒するのは当たり前。
「もう 通って良いですよ、 ダンケ!」 という「ありがとう」の言葉はあったけれど、日本だったら こういう時 「大変申し訳ありませんが、撮影中ですので、 ご協力お願いします」とか言うんでしょうね~。
事前に「ロケのお知らせ&ご協力のお願い」とか 近隣住民に通達があるのかも。


私も夫も このサスペンスドラマのファンでは無いけれど、我が家の付近や住んでる街で撮影されたドラマなら放映されると見てしまいます。
「あっ、 あの場所だよね」とか言いながら。


c0211876_7143332.jpg



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-11-07 07:18 | よもやま話 | Comments(8)

世界は狭い! と思う時



世界は狭いよね、 世の中って狭いのね  そう つくづく思う事ってありますよね。

27年前 父母が初めて来独した時、一緒に各地を観光旅行したのですが、確か、、、ロマンチック街道で有名な町 ローテンブルグにて父が「あれ! XX君じゃないか」ってビックリして指差す方向には見覚えのある顔が。

XX君は私のいとこ。  私の両親はドイツ旅行の為 彼の結婚式に参加出来なかったと聞いてました。 そして彼達のヨーロッパ新婚旅行中に偶然にもドイツで出くわしたのです。
彼達は団体旅行でせわしくなく移動中でしたので お互い唖然として目配せの挨拶で終わってしまったのですが 「こんな偶然もあるのね~」と父母と話しました。



今回の「世の中狭い!」出来事。
c0211876_7163622.jpg



日本語の生徒さんの1人Cさんは 四国八十八ヶ所お遍路に興味を持ち 昨年の夏初めて日本へ行き 四国でお遍路巡りをしました。
そして今年の9月 再び四国にてお遍路巡りをし、愛媛県のある旅館にてチェックアウトした時 旅館のご主人に「どちらから?」と聞かれ「ドイツから」と。
すると ご主人がドイツ語でさようなら「Auf Wiedersehen」と言ったので「ドイツ語知ってるのですね」と言うと 「コンスタンツ大学に留学していた事があるんです」

その大学は私の家から歩いても行ける距離。
Cさん「その町に住んでいる もに香さんに日本語を習ってるんですよ」と言うと 旅館のご主人が「その女性なら私も知ってます」

そんな事をCさんが私に説明してくれ 旅館ご主人の写真付き名刺を見せてくれたのですが 確かに私の知ってるOさんでした。
それは10年以上前、、、、なぜOさんと知り合ったのかは覚えていないのですが、 ちょうど私がパソコンを使い始めた頃で Oさんには我が家に来てもらって色々パソコン操作を教えていただきました。
そういえばOさんの実家は四国で旅館経営してるって聞いた記憶が。
懐かしくなり 早速Oさんにメールした私です。

いつか四国旅行して その旅館を訪れたい。 

c0211876_717364.jpg

ナナと一緒に日本の土を踏む事はないでしょう、 でも何処へ行っても2本足と4本足の家族が待つ所が一番大切です。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-11-01 07:30 | よもやま話 | Comments(10)