カテゴリ:行事 & 風習( 101 )

ユネスコ遺産の島でのワイン祭り




c0211876_3553922.jpg


日曜日は ユネスコ世界遺産のライヒェナウ島のワイン祭りへ。

我が家から車で20分ほど。

c0211876_444587.jpg


場所は島のヨットハーバーの近く。

c0211876_451493.jpg





c0211876_454171.jpg



島で採れたラディッシュの提灯切り

c0211876_4402746.jpg


包丁では無く ミシンを利用して提灯切り。






昨年同様 友人達と落ち合い しばしワイン祭りを楽しんだ後 島に住む友人宅へ移動してBBQ。

c0211876_4552529.jpg

庭から見えるのはボーデン湖のウンターゼーと言う部分で そこからライン川へ繋がっています。
そして湖の反対側はスイス

c0211876_4555865.jpg


c0211876_456339.jpg


とても広い友人夫妻の庭には花園がありますが、そこは貸しています。
借りている人は育てた花を市場で販売しているそう。


c0211876_5113141.jpg


             友人が収集している エスプレッソカップ。


小さい島なので自転車で一周出来ます。
私も何度かサイクリングを楽しみました。

島の風景などをご覧になりたい方は こちらの動画を是非。

とても美しい動画です。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-08-07 06:06 | 行事 & 風習 | Comments(6)

ワイン祭り & 三人のムスメ達



木曜日の晩は 夫と自転車で市街地で行われているワイン祭りへ。

c0211876_6231236.jpg


BW州が夏休みに入り観光客が増えた為 凄い人出。

c0211876_624437.jpg


c0211876_6264463.jpg


ワイングラス(有料)の柄は毎年変わり 今年はこんなグラス。

c0211876_627813.jpg


図柄の建物は Konzil(コンツィール)、1414年にここでコンスタンツ公会議が行われ 今年は600周年という事で色々な式典が行われています。


夫が食べた肉バーガー
c0211876_6393284.jpg



私はフランス・アルザス地方の名物料理 フラムクーヘン
c0211876_6412531.jpg


コーヒースタンド
c0211876_6455069.jpg


夏を代表する花
c0211876_6464560.jpg



お祭りにはつき物の 風船、、、、今や世界のキティーちゃん!
c0211876_649852.jpg



勿論 音楽も
c0211876_6494687.jpg


自転車で行ったものの 帰りは夫も私も自転車で帰れる状態では無くなりタクシーで、、という経験があるので今回は飲みすぎに注意しました(笑)




そして昨日は娘のウィーン大学時代のルームメイト、Vちゃんが我が家へ来て しばらく滞在することに。

お土産にいただいたチョコ
c0211876_654252.jpg


私が大好きな 香ばしいパンプキンシードオイル(カボチャの種のオイル)  オーストリアではたくさん生産されています。
c0211876_659197.jpg



そして 娘の好物でドイツでは売られていないという ケチャップ味のポテトチップス
c0211876_702110.jpg



Vちゃんには 私がウィーンに何度か遊びに行ったときに会っているし 彼女が我が家に泊まりで来るのも3度目。

妙に気が合い 私にとって可愛い娘のようなVちゃん。
なので ただ今二人の娘と一緒にいる気分です。 

あっ この仔を入れると三人のムスメだわ~。
c0211876_7161240.jpg




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-08-02 07:25 | 行事 & 風習 | Comments(8)

ドイツ おめでとう♪ & 3年前を思い出す

c0211876_23243396.jpg


日曜日の晩は 友人達と我が家でサッカー観戦。
決勝戦に相応しいかなりの接戦となり、 はらはらドキドキの連続でした。

c0211876_081687.jpg


もはや 心臓に良くないPK戦になるのか、、、、と覚悟していたら、 あのゴール!
きっとドイツ中が 歓喜の奇声をあげた瞬間だったはず。
花火音も聞こえてきました。

試合終了の瞬間 夫&友人達とハグ、ハグ、ハグ、、、そして乾杯。
長いドイツの生活に どっぷり浸かっている私は ドイツ優勝が当然嬉しいのですが、 ちょっと自己分析のような事をしてみると ドイツ人の熱狂的歓喜とは ほんの少し温度差があるのかもしれませんね。

思い出すのは3年前、  ご近所さん達を我が家に招待して観戦した女子ワールドサッカーの決勝。
PK戦の末 なでしこ達が優勝した瞬間の興奮。
皆 「もに香 日本優勝おめでとう」って祝ってくれたんですが、 日本人と一緒に抱き合って喜びを分かち合いたかったな~と ふと思ってしまったのです。


ところでサッカープレイの評価などは 素人の私には出来ませんが、 今回のW杯でのドイツチームではGKの活躍が素晴らしかったと思います。

それからアルゼンチンのスター選手・メッシーですが表情が乏しい選手だな~と言う印象を受けました。
表情が豊か過ぎるドイツのトーマス・ミュラー選手とは対照的。
まっ これは選手の技量には関係無いですけどね(笑)


さて 今日(月)から天気が回復して太陽が顔を出してくれてますが、
青空に急に雨雲が現れザーッと雨が降ったと思ったら晴れて、又雨そして晴れ、、、、とめまぐるしい。

まるで 空がドイツの歓喜とアルゼンチンの悔し涙を表しているような、、勿論 そんなわけ無いんですが。



おまけの動画。
タイトルは 「アルゼンチン産の肉 対 ドイツの犬」






「ドイツのソーセージ 対 アルゼンチンの犬」ってのは 無かったのかしら(笑)


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-15 00:10 | 行事 & 風習 | Comments(16)

黒、赤、金で溢れる サッカーフィーバー



c0211876_5485810.jpg
(拝借画像)

c0211876_5552915.jpg
              (拝借画像)

c0211876_551386.jpg
              (拝借画像)

c0211876_5561142.jpg
             (拝借画像)                     


ドイツはフランス戦に勝ち 火曜日にブラジルとの準決勝。
優勝への期待が膨らみ 普段サッカーに興味無い人達も飲み込んでしまう勢いのサッカーフィーバー。


c0211876_6141463.jpg

先日 薬局で買い物したら この小さい布袋に商品を入れてくれました。

黒、赤、そして一番下の色は黄色とは言わず金色






この三色の由来は
1813年のナポレオン戦争時にルートヴィヒ・アドルフ・ヴィルヘルム・フォン・リュッツォウが率いたリュッツォウ義勇軍の軍服(黒地に赤の襟、金のボタン)をシンボルカラーにした。  黒は勤勉、赤は情熱、金は名誉を表すともされる。 (ウィキペディア)


三色ドイツ応援グッズが たくさん売られています。

c0211876_6321682.jpg


c0211876_6351181.jpg


c0211876_6354192.jpg


c0211876_6361260.jpg


c0211876_6364251.jpg


c0211876_637917.jpg


c0211876_6373855.jpg

すぐお隣の国 スイスからの買い物客が多いので スイス応援グッズも。
でも スイスは敗退したので、 なんだか寂しげな一角。

火曜日のドイツ対ブラジル戦  さてどうなるか。。。。
怪我で出場出来なくなったブラジルのエース ネイマール。
そんなブラジル戦が なんだか残念に思う。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-07-06 07:01 | 行事 & 風習 | Comments(8)

古典落語 in スイス

今年はスイスと日本の国交樹立150周年 という事で、スイス各地で色々なイベントが催されています。


c0211876_433461.jpg

2週間近く前ですが、我が家から車で30分ほどの湖沿いの町ロマンスホーン(スイス)で行われたイベントに友人と行きました。

c0211876_4411499.jpg

会場は地元の学校で 予想していたより人出は少な目。
暑かったので湖に遊びに行った人が多かったのでしょう。

スイス在住の知人が屋台に立っていたり、お子様連れで来ていました。

c0211876_45054100.jpg

c0211876_4512598.jpg

c0211876_4515932.jpg

c0211876_4522791.jpg


まずは腹ごしらえ。   友人は幕の内弁当、私はたこ焼き。

屋内では習字、折り紙 そして日本の古本や和風小物販売。

他に日本人リーダー率いるジャズ演奏、剣道の模擬試合や紙芝居などがあり、私達は落語を楽しみました。

c0211876_594949.jpg

c0211876_5102171.jpg

日本から来た二人の落語家が 古典落語の演目である「転失気(てんしき)」「紙入れ」を披露。

落語家の後ろ側のスクリーンにはドイツ語訳(スイスのドイツ語圏なので)。
会場は日本人より地元のスイス人(たぶん)の方が多く、 ドイツ語訳が上手だったようで笑い声が聞こえたけれど 時々日本人に比べ笑いのテンポがずれているように感じる事もありましたね。

それに言語と文化によるユーモア&笑いの違い、多いにありますし。

こういった古典落語って 私が自分の口で話したところで誰も笑わないでしょう、きっと。
単純なストーリーでありながら 笑いを誘うのは、やはり落語家の口調の上手さと豊かな顔の表情によるものだと思います。

c0211876_5234649.jpg

彼女は落語家では無く 寄席三味線(寄席囃子)の演奏者。
寄席囃子にも色々あり云々を話してくれ 代表的なのは落語家が出場する時に弾く出囃子(でばやし)。
なかには洋楽もあり 白鳥という落語家の出囃子は「白鳥の湖」だそうです。

日本で寄席に行った事の無い私が スイスで落語を聞く事になるとは思わなかった。
 


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-06-28 05:44 | 行事 & 風習 | Comments(6)

森の中でピクニック & パブリックビューイング

夫の誕生パーティーの翌日、土曜日は友人達(ボーデン湖地域から来てホテル滞在)と過ごしました。

夫の里には川が流れていて まずはその源泉まで散策。
その近くから 夫が友人達へのサプライズとして地元の友人に頼んで準備したトラクターに乗って小高い山へ。

c0211876_4382140.jpg


c0211876_4385119.jpg

勿論ナナも一緒、 そして息子&ガールフレンドも。
c0211876_4392399.jpg



目的地は森の中のBBQ場、  雨天の場合は小屋を使う予定でしたが最高の天気だったので トラクターに積んでいたテーブル&イスで準備。

地元の友人が別の車で飲み物&食べ物を運んでくれました。

c0211876_4461342.jpg


c0211876_4464356.jpg


c0211876_4471212.jpg

ナナは噛み噛みタイムを堪能。



c0211876_4485657.jpg


c0211876_4492646.jpg


c0211876_450219.jpg


緑の世界の中、 聞こえるのは鳥達のさえずり、本当に気持ちよくて野原の上で大の字になりたかった。
 
c0211876_456248.jpg

お疲れ気味のようでLちゃんに甘える息子 & 義理姉夫妻と後からやってきたマイク(ワイマラナー犬)



その夜は皆で ワールドサッカーのドイツ対ガーナを観戦。

c0211876_5135875.jpg

人口8000人の小さい街なので パブリックビューイングもこじんまり。

c0211876_5152868.jpg


c0211876_5155547.jpg


私はパブリックビューイングでのサッカー観戦は初めて。

大勢の人間が同じ思いと期待で熱くなる雰囲気は 自宅の居間では味わえないものであり 私も勿論ドイツを応援していたので同じように胸が熱くなったけれど、 もし心の中の熱度を計る測定器があったとしたら私の熱度はドイツ人より何度か低かったかもしれない。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-06-26 05:41 | 行事 & 風習 | Comments(6)

夫の里にて 夫の誕生パーティー 、、そしてお笑い芸人となる

水曜日から日曜日迄 夫の里に行っていました。

木曜日は聖体の祝日(州によっては祝日では無い)で行列を見ました。

c0211876_21362493.jpg


c0211876_21365032.jpg


c0211876_21371969.jpg


c0211876_21374523.jpg



翌日の金曜日は夫の誕生会

こちらでは40歳位から50、60、70、80、、、、0の付く誕生日を盛大に祝う習慣があります。 (まったく しない人もいますが。)
夫は昨年のクリスマス後に60歳になったけれど、24~26日は、日本では元旦から3日といった感じで家族と過ごしたり親類を訪問したりの時期なので、大きい誕生会を開くのは難しく誕生日は親や姉達家族と食事をしただけ。

それで半年遅れになってしまったけれど親、兄弟、親類や友人達を招待してのパーテイーを催しました。


c0211876_0191314.jpg


場所は ちょっと高台にあるKolpinghütteと呼ばれる教会関係の施設(レストランでは無い)で国内のあちこちにあり、誰でも借りる事が出来ます。(有料)

c0211876_0194273.jpg

華やかなレストランという感じでは無くログハウス的なので あえてテーブルデコは無しにしよう、と思っていたけど急遽簡単にデコレーションする事になりました。

c0211876_0293534.jpg

で こうなりました(笑)    ドイツの国旗色、、、 ワールドサッカー中でサッカー大好き人間の夫にはピッタリ。


食事はケータリングでブッフェスタイル。    ゲストは60人位。

c0211876_0352583.jpg


c0211876_0443692.jpg

お喋りに参加中のナナさん。

夫の故郷の旧友達だけで無く、現住まいに越してからの友人達(サイクリングやハインキング仲間達)も片道3時間かけて来てくれてホテルに2泊。
勿論 娘も息子&ガールフレンドも。


c0211876_0531936.jpg

親類達からのプレゼントは夫&私の写真と風船で作られた気球、風船にはそれぞれのサインがしてあり、外と中には紙幣が。
この夏 夫と気球に乗る予定です。

こういった誕生会では 祝いの言葉と共に面白可笑しくスピーチする人がいて、親類代表として夫の叔父、そして故郷の旧友がそれぞれ話してくれました。

そして私を含め女性達5人は夫の顔をプリントしたお揃いのTシャツを着て麦わら帽子をかぶり You Are My Sunshine のカラオケ用音楽をバックに歌って踊ったのです。
最初はオリジナル英語歌詞、 2番目と3番目はドイツ語の替え歌にして。

実は 彼女達とドイツ語歌詞作り&練習する為に集まったのは2回だけ、最後に練習したのは2週間前。
なので直前に女性用トイレの中で ひそかにリハーサル。
そんな風で歌も踊りも ちょっとバラバラでしたが それでもアンコールの喝采だったので もう一回。

5人組お笑い芸人になった気分(爆)。

義兄がパーティーの様子をほとんど録画し、編集して送ってくれる事になってるんですが、 この場面だけは正直見るのが恐いです。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-06-24 05:26 | 行事 & 風習 | Comments(12)

誕生日のお義母さんへのサプライズは。。。。



土曜日は義母&息子の誕生日でした。

なので金曜日から日曜日迄 義母の家(夫の里)へ。   息子の誕生日を一緒に祝いたいと、彼のガールフレンドのLちゃんも同行。
娘は都合でナナと留守番。


c0211876_232618100.jpg

義母宅のベランダに出ると 遠くに見える小高い山。 
昨年6月 私&夫がナナを連れ登ったのですが、白っぽい岩場付近は平らになっていて、町が展望出来ます。

昔 義母は彼女の子供達と度々そこへ登り ピクニックをしたそうです。
そんな思い出に浸りながら山を眺める義母。

あそこへ行くのは もう無理なのよね~~と ちょっぴり寂しそう。

距離的には3km位ですが、途中ジグザグになっている急坂があり、義母が自分の足で登るのは不可能。


登山道とは別に細い車道がありますが、 一般車は通行出来ません。

そこで夫が市役所(山林管理部門)に交渉し特別許可をもらえたので義母の誕生日のサプライズとして、義母は車で私達は歩きで山に上がる事にしました。


運転する長女はあえて行き先を言わず母を乗せ、 私達は車より先に出発し、上で彼女を待ち受ける事に。

参加者は彼女の娘&息子夫妻 そして孫達&彼等のボーイフレンド、ガールフレンド達。

c0211876_015026.jpg


c0211876_021836.jpg



上に着いて車から出てきた義母はビックリ顔、 でもすぐ笑顔に変わりました。
車で運んだシャンパンで 「おめでとう!」の乾杯。

風が少し強いからと 義母には毛布を巻いてもらい
c0211876_015080.jpg


ベンチに坐り しばらく何も言わず景色を眺めていた義母でした。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-06-03 00:46 | 行事 & 風習 | Comments(12)

家族でブランチへ & イースターエッグ捜し



イースターの月曜日は祭日。

家族4人でレストランでブランチしました。


前の晩 夕食後に娘と息子はそれぞれ友人達とのパーティーに出かけ 何時に帰宅したのか分りません。
「ブランチの予約は11時だからね」と言っておいたので娘は10時前には起きてきましたが、息子は10時半になっても寝ているので 彼の部屋のドアをたたき「じゃ、3人でブランチしてくるね」って言ったら慌てて起きました(笑)

c0211876_551849.jpg

c0211876_563087.jpg

c0211876_57230.jpg

c0211876_573421.jpg

c0211876_58242.jpg


ブッフェスタイルのブランチで 写真以外にも色々種類が豊富で人気の店です。


c0211876_511393.jpg

涼しかったのでテラス席は空いていました。

一番遅くまで寝ていた息子が一番たくさん食べ、夕方マインツ市に戻りました。
娘&息子と一緒に過ごせる時間が段々と貴重な時間に思え、 子供達には それぞれの生活があるのだと実感しています。



イースターの習慣として イースターエッグ捜しという子供達のお楽しみがイースターの日曜にあります。
エッグと言っても 実際は菓子や小さいプレゼントを親があちこちに隠し それを子供達が捜すのですが、我が家も昔はやりました。

通常自宅の室内や庭で行いますが、昨日(日曜)の散歩中、 湖沿いでイースターエッグ捜しをしている子供達と それを見守る大人達を見かけました。
水辺にある小石の間などに隠したようで 子供達は奇声をあげながら捜していました。

そんな姿も見ながら 我が家の庭で楽しそうに捜していた子供達を懐かしく思い出したのです。


c0211876_54520100.jpg


イースターエッグ捜しは もうしませんが、こんなチョコを日曜日の朝 娘&息子が起きる前にダイニングテーブルに置きました。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-04-22 05:52 | 行事 & 風習 | Comments(6)

カーニバル(ファースナハト) & 揺れる乙女(ナナ)心

カーニバルが始まりましたね。
私の住んでいる地域ではカーニバルでは無くファースナハトと言います。

昨日(木)のSchmotziger Donnerstag(シュモッチガー ドナスターグ)と呼ばれる日は 学校の授業も無く会社も休み、店の営業も午前中だけだったりで 街中はドンチャン騒ぎ。

昨年は夫と繰り出し 色々な仮装写真を撮りましたが 今年は仮装するのが面倒で行きませんでした。
この日は普通の服装の方が目立ってしまうほと 仮装した人達で溢れていますから。

午前中 我が家から一番近いスーパーに買い物に行ったんですが、、、、

c0211876_5274147.jpg

c0211876_5282052.jpg

       レジの女性達も こんな感じ。



今日はコーラス練習へ。
練習の後は 皆で食べ放題のチャイニーズブッヒェでランチ。  料理の種類が豊富でけっこう美味しくて たったの7.50ユーロ!
でもお財布忘れてしまいY子さんにお借りしました。  バッグを変えると こういう失敗しちゃいます。

ですから一旦帰宅して 買い物へ。   その後はナナと散歩へ (娘はアルバイトで留守)
c0211876_536093.jpg

       歩道の真ん中で たそがれ中?のナナさん。

c0211876_5464868.jpg

       ローデシアン・リッジバック君とハンガリアン・ビズラ君から お誘いを受け、、、、

c0211876_5581730.jpg

             ニヒルで控えめなリッジバック君に魅力を感じたが、、、、、

c0211876_553952.jpg

               若く積極的なビスラ君の情熱に胸が熱くなり、、、、、


c0211876_55442.jpg

                 ナナの乙女心は揺れたのでした。。。。。
               

ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-03-01 06:07 | 行事 & 風習 | Comments(4)