カテゴリ:行事 & 風習( 98 )

コンスタンツのワイン祭り その1~ワイングラスの絵柄

夏には各地で色々な祭り(フェスト)が催されます。

土曜日の晩 私の住んでる街・コンスタンツのワイン祭りに行きました。

バスに乗ったのは本当に久し振り、 混んでいて運転手のすぐ横に立ち、大きいフロントガラス越しに写真を撮りました。
c0211876_263116.jpg
ライン川にかかるライン橋を渡って市街へ。
c0211876_272621.jpg
コンスタンツ中央駅

一緒に行ったのは夫のクライアント、F氏(スイス人)と彼の奥様(フランス人)。
F夫妻はスイス在住ですが、ドイツ語圏(スイスジャーマン)ではなくフランス語圏(スイスフレンチ)。
2人共ドイツ語が話せず、私達はフランス語が話せないので、、、、、、英語でお喋り(汗)

c0211876_5224538.jpg
白いパンツ姿のF夫妻の後ろ姿を見ながら、ワインの染みがつかなければいいな~、なんて思ってしまった私。


ワイン祭りでは各団体、組合などが飲み物&食べ物の店を出しています。
まずは夫の所属するサッカークラブの店へ。
c0211876_535231.jpg

c0211876_535378.jpg
天気に恵まれたせいもあり凄い人混み。

c0211876_536956.jpg
4人で 乾杯! Cheers! Prost!   
冷えた白ワインを飲んだら、私の頭の隅にさび付いていた英単語が少しスムーズに口から出るようになったみたい(笑)

c0211876_5483648.jpg
自宅からマイグラスを持参する人もいるけど、グラス(2.50ユーロ)を買う人が多いです。 
グラスは毎年絵柄が違い、今年の絵柄には話題になった人物像が。

c0211876_61585.jpg
Peter Lenk という芸術家の作品で、
コンスタンツ中央駅に飾られていた彫像。

実はローマ法王をモデルにしたとされ、
しかもヌード姿でけしからん!
と波紋をよび 取り除かれました。

それが 何故グラスの絵柄になったのか疑問。

このグラス 食器洗い機で洗うと
絵柄が段々と 剥げてきてしまうのです。

ですので毎年 どうしようか~と迷うんですが
結局 食洗機に入れてしまいます。






ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2010-08-02 02:07 | 行事 & 風習 | Comments(6)

ご近所さん達とBBQパーティー


毎年夏ご近所さん達との友好を深める為のBBQパーティーが行われます。
オーガナイズする人達はいつも同じメンバーで 招待状が各ポストに配られるのですが 特に前もって返事する必要もありません。
c0211876_445180.jpg

飲み物&BBQ用の肉他は各自持参、 そしてその他にサラダ又はデザートを作っていきます。
昨年は不参加でしたが、今回は家族揃って(娘の友人ヴィッキーも一緒)行こうと思っていたら 夕方から大雨となり翌日の日曜日に延期となりました。

その日曜日の夕方ヴィッキーは帰り、娘はアルバイトがあり、夫&息子と共に参加。(息子は食べるだけ食べて居なくなったけど)
会場は我が家から3軒離れた所の裏庭。

集まった人達は 私(達)にとって見慣れた顔&初めてみる顔など 色々。
c0211876_4455994.jpg

c0211876_44729100.jpg

c0211876_4465095.jpg
私達が越して来た20年前は近所に幼い子供はたった一人しかいなかったけど、現在は同じ年頃の子達がたくさん。
娘は高校時代 この子達のベビーシッターをよく頼まれました。

c0211876_4484120.jpg

Lさん御夫妻は韓国の方。
2年前 ベルリンから越してきました。
エイミーと散歩中、愛犬ティノと一緒の
L氏にはたまに出会い立ち話をした事はあるのですが、L夫人とは初めて。

とってもフレンドリーな方達で話がはずみました。
成人したお子さん達は 皆ドイツ生まれ
ドイツ育ちで外見はアジア人だけど中身はドイツ人なのよ なんて言ってました。

食べ物の話題になった時 キムチは勿論手作りしてるわよ と聞いて、いつか
L夫人のキムチが食べれる日を期待しまった私です。(笑)
c0211876_5235068.jpg
L氏と話してる息子

c0211876_5255090.jpg

ご主人と共にヨットが趣味のスザンネは素敵な小麦色。

愛犬のネルソン♂(ローデシアン・リッチバック)と共に。
ネルソンの前は ヘンリー♂と言うゴールデンレトリバーを飼っていました。

私が里帰り中、夫&息子の都合で1日エイミーの散歩を頼んで以来エイミーを可愛がってくれエイミーなら いつでも何日間でも預かるわよ~と言ってくれる頼もしい愛犬家です。

ちなみに私が右腕にしてるのは
里帰り中 姉からもらった
アース携帯虫除け。

左指の怪我についての質問の次に
必ず それは何?と聞かれ、説明すると皆 そんな物があるの!と関心&感心。

湖の近くなので蚊が多く これは役立ってますが100%完璧な虫除けではありませんね。

c0211876_6102943.jpg
途中 エイミーもパーティーに参加。 左側のワンちゃんはL夫妻の愛犬・ティノ君(韓国のチンドー犬)。

翌日が月曜という事もあり、 パーティーは11時過ぎに解散。 
こういったパーティーは退屈だったり つまらない事もありますが、今回は楽しい晩を過ごせました。 


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2010-07-20 06:35 | 行事 & 風習 | Comments(10)

早いもの勝ちのエイプリルフール

今日はエイプリルフール。
その起源、由来ははっきりしていません。

しかしメディアでも堂々と嘘の報道をしたりで、今朝の地元の新聞にもそれらしい記事が載っていました。
日本では?とちょっと調べてみたら ありましたよ。 北海道新聞には時計台が世界遺産登録へという記事が載りました。

さて 昨年は何の嘘もつかなかったので 今年は頑張ろう!(笑)、、、、、頑張れなきゃいけない事は他にもたくさんあるのですが、、、、、、内容は現実的なものがいいし、タイミングも大切。
それでパソコンのメールチェック中 「え~~~!」と驚いた声をだしたら 娘&息子が「どうしたの、どうしたの」と寄って来ました。 まずは演技成功。
「Yちゃん(日本の姪)が結婚するんだって、 それに夏には赤ちゃんが生まれるんですって」
姉の娘のYちゃんはまだ独身、、、、、娘達はすっかり信じて「それなら今すぐ電話して詳しいこと聞いてみなよ。結婚式はいつなの?」
結局 私のニヤニヤ笑いで嘘だと気が付いたんですが、、、、Yちゃん、ごめんね。

エイプリルフールは大成功でしたが、その後は仕返しに気をつけなければなりませんでした。
小さい頃に比べ、子供達は関心も薄いようで仕返しはありませんでしたが、エイプリルフールの嘘は早いもの勝ちのような気がします。

c0211876_8171190.jpg

                 富士山登頂に 成功した エイミー


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2010-04-01 23:30 | 行事 & 風習 | Comments(12)

イースターの飾り ~ 卵とアイロン

イースター(復活祭)はドイツ語でオースターン(Ostern)
イースターエッグオースターアイ、(複数だとアイアー)

私は4月生まれですが、27年前(結婚前)の夫からのプレゼントはドイツ旅行&クラブメッド(マレーシア)でした。
ドイツ旅行中は未来の義理母の家にも少し滞在したのですが、持参した衣類にアイロンがけしたくなり、夫がたまたま不在だったので 義母に英語で「アイアン(iron)」と言ったら、、、、、、、
義母が冷蔵庫からを出してきたのでビックリ! その後ジェスチャーで解ってくれたんですが、二人で大笑いしました。
それが私と彼女が一緒に大笑いした最初の出来事です。 

普段 卵料理してる時には思い出さないのに、 イースターエッグを見ると思い出すのは その思い出がイースターの頃で義母宅にイースターエッグが飾られていたからかもしれません。
その他の飾りも私にとって、とても新鮮でした。

今年のイースターも日に日に近づき、 昨日室内の飾りをしました。 
廊下の隅には パステルカラーのイースターエッグ。 これは先日買った市販の物。
c0211876_5231318.jpg

居間には 周囲と調和するように和風。  全て卵の中身を抜いた物で 私が模様を書いたのもあります。昨年のブログにその写真をUPしましたが、今回飾る時に 落として3つ壊してしまいました~。
c0211876_5261628.jpg


ダイニングにはイースターの動物達
c0211876_5311023.jpg
c0211876_5324258.jpg
今年は 初めて藁を敷いてみたんですが、 なかなかいい感じです。
ところで ドイツではお馴染みの羊さんですが、アメリカ、カナダ、イギリスではイースター動物ではないって事をブロ友さん達のコメントで知りました。

c0211876_653476.jpg
c0211876_5421922.jpg
c0211876_6449100.jpg
花が垂れても
落ちないように
剣山を使って
活けました。

c0211876_61338.jpg

食卓、、、、、、、このガラス器には花の形をした水蝋燭を浮かべることも。

やっと我が家にイースタームード、そして娘が帰省しました。


ポチっと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


[PR]
by monika914 | 2010-03-30 04:50 | 行事 & 風習 | Comments(18)

雛祭りに しんみり思う事

今日は雛祭り
けれど 我が家に雛人形がないので、、、、雛ワンワン。  お内裏様とお雛様の位置が逆ですが。
※追記 位置に関しては私の勘違いで、この並び方が多いようですが、特に決まりはない というのが後に調べた結果です。

c0211876_512295.jpg


姉と私の為に両親が買った雛人形達は 姉の家にあるはず。 
その雛人形を母と共に飾り付けしながら 「お母さんが子供の頃はね~~~」って、母の思い出話を聞いたような覚えがあります。
雛祭りだけでなく、日本の伝統 行事、風習と言うものが 親から子へ、母から娘へ、たとえ形として残らなくても思い出が受けつがれていくのでないでしょうか。
それを思うと正直 ちょっぴり悲しくなります。

私はドイツ生活の中で、日本の風習から遠ざかってしまってるし、それを子供達に見てもらおうという努力もしてません。
私の雛祭り、節分、七五三、、、、、、それらの思い出を子供達に伝えてません。

それよりクリスマスの飾りつけに一生懸命。 そしてクリスマスの飾りつけをしながら、「ママが小さい頃 おじいちゃんが(父)がプラスチックのクリスマスツリー買ってきたんだけど、雪に似せた綿がついてたんだよ~」 「クリスマスにはチキンの丸焼きが食べれたんだよ~、丸焼きなんて当時の日本の家庭ではめったに作ったり買ったりしなかったんだよ」

★ ★
娘が小さい頃 日本の両親が送ってくれた小さい雛人形は 飾って眺めるだけって事が出来ない娘と友達が遊び道具にしてしまい壊れてしまいました。
それでも 「あかりをつけましょ、ぼんぼりに~」って一緒に歌ったので娘はまだメロディーは覚えてるようです。

日本の童謡はたくさん歌ってあげましたね。 当時ドイツの童謡を知らなかったってこともあるんですが。
そして娘が幼稚園に行き、娘からドイツの童謡、民謡を聞くようになり 「あら、このメロディー知ってる」ってビックリする事も。
日本って海外の民謡を取り入れ日本語の歌詞をつけて歌われてる曲が多いんですね。

たとえば 「こぎつね コンコン、山の中~」ですが、これはドイツ民謡でドイツ語だと 「キツネ、盗んだガチョウを返せ!さもないと猟師が鉄砲持ってくるぞ~」という、日本の可愛らしい歌詞から比べるとなんとも怖い。

「ちょうちょ」も古いドイツ民謡。 (スペイン民謡という説もあるらしいですが)
ドイツ語歌詞は蝶とは全く関係なく、ハンスというまだ幼い男の子が世界を見るため一人旅に出、母親を泣かせるが、逞しく成長して帰ってくるというもの。

他国の民謡だとは解っていても オリジナル歌詞を知ってる方は少ないでしょうね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2010-03-03 04:59 | 行事 & 風習 | Comments(16)

バレンタインデー 義理チョコは必要?

今日はバレンタインデー053.gif
昨年は夫と食事に行きましたが、今日は夫&娘とブランチのブフェへ。
ブランチをやってる店は5~6店あり、一番行きたかった所は予約出来ず、結局この店へ。
クリスマスの飾りの一部がそのままって感じ。(笑)
c0211876_6423971.jpg

c0211876_644739.jpg

スポーツセンターの中にあり、窓ガラスの向こう側はテニスコート
c0211876_6453023.jpg
食事はまあまあと言ったところでした。

女性が男性にチョコをプレゼントする というのは商業メディアのイメージ戦略によって出来た日本独特の習慣。
ドイツでは男性からとか女性からとか決まっていませんが、男性からプレゼントというケースが多いです。
ハート型チョコ、ハート型クッションなどのハート型バレンタイン商品も出回りますが、こういった物を「くだらない」と思う人も多く、バレンタインデーだから何か贈らなければいけないという意識は薄いように私は感じます。


義理と人情の国ならでは?の 義理チョコ。
私が使用してる日本語教科書の中に義理チョコについての会話があります。

日本で働いてるジョンソンさんは同僚の女性からチョコをもらい、後で他の男性達も同じチョコを貰ってる事を知りビックリ。
同僚のチャンさんは「義理のチョコレートです。 日本のバレンタインデーの習慣です。職場でもよく女性から男性の上司や同僚にチョコをプレゼントします」という説明するんですが、
ジョンソンさんの新たな疑問 「でも 義理チョコをたくさん貰った人は どうするんでしょうか?」
チャンさん 「たぶん 奥さんやガールフレンドが食べるんでしょう」
ジョンソン 「じゃ 喜ぶ人は 女性と菓子屋ですね」

なんだか笑えるようあ笑えないような 会話ですよね。

義理チョコは「日頃の感謝の気持ちを表す機会」とか「コミュニケーションの円滑化」であり、お互い楽しめるのならいいんじゃないかって考えもあるのでしょうが、本当に感謝の気持ちを表したいのなら別にチョコでなくてもいいし、バレンタインデーでなくてもいいのでは?

しかし職場の女性達一同としてプレゼントする場合は、自分だけ止めますと言うのは 相当強い意志と勇気がいることでしょう。 正直 私がその立場になったら その勇気があるかどうかわかりません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2010-02-14 06:33 | 行事 & 風習 | Comments(12)

サンタさん 集合!!!

我が家のサンタさん達に集まっていただきました。
c0211876_0105135.jpg

「撮影が終わりましたので各自 所定の場所へ移動してくださ~~い」と言っても、、、、、、動くわけないわよね~。

はいはい 私が丁重にお連れいたしますよ。
でもその前に もみの木さん達にも集合してもらいます。
c0211876_030366.jpg
これらは一時凝ってたくさん作り友人にプレゼントしたり、、、、
                   こんな物  も手作りしました。
c0211876_0333416.jpg

                居間へ行ったサンタ達
c0211876_0503332.jpg

                食堂へ行ったサンタ達
c0211876_05185.jpg

                廊下へ行ったサンタ達
c0211876_0585791.jpg

                  エイミーも一緒に
c0211876_181196.jpg

そうそう 赤いサンタ帽子をエイミーにかぶってもらおうかな、って思ったら、玄関先へ逃亡(笑)。 
まるで写真を撮ってる暇があるなら散歩に行こうよ~~~とでも言いたげに。
c0211876_1105675.jpg


バスルームやトイレに行ったサンタ達もいて、 これで我が家もクリスマスムード満点、、、、いやいや クリスマスツリーが未だだから満点とは言えないですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2009-12-02 00:13 | 行事 & 風習 | Comments(18)

手作りアドヴェント・リース、、、、4本のろうそく。

Advent、すなわち待降節。
11月27日以降の最初の日曜日が第1アドヴェントで リース(ドイツ語ではクランツ)に飾られた4本のろうそくの1つに火を灯し、日曜日毎に灯すろうそくの数を増やしていく、という習慣があります。

さて 明日がその第1アドヴェント、、、、、、、今日 慌てて作りました。
それに必要な物はとっくに買ってあったのに、明日作ろう、作ろうと思いながら結局 前日作る私。 「お尻に火」がつかないと行動を起せないのか!と我ながら感心してます。

昨年は こんなクランツを作りました。 作成者(私)の満足度はあまり高くありませんでしたが。 
c0211876_2222899.jpg



そして今年はこれらの物を買って。
c0211876_2254080.jpg


c0211876_2261277.jpg


c0211876_2265392.jpg



そして出来たのが
c0211876_2301043.jpg

もみの木の枝は使わず 昨年とは全く違うリースとなりました。
ろうそくの色も金ぴかではなく、飾りも同色でまとめ、、、、、今回は満足度高し!!

明日がなんだか楽しみです。


このアドヴェンツリースですが、 もみの木を使ったリースがスーパーで手頃な値段で、又 花屋では色とりどりの豪華なリースが売られています。
昨年 花屋で撮った写真をご覧になりたい方は こちらをご覧下さいね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2009-11-29 02:36 | 行事 & 風習 | Comments(12)