犬達に殺された猫



c0211876_6164857.jpg




c0211876_6171476.jpg



昨日の朝 7時半ごろの散歩にて。

写真は実際より暗めに撮れてしまいました。





我が家すぐ近くの公園、 その隅に建つ家に最近越してきた家族には15歳の猫がいました。

その猫が2日前 キャンプ場に長期滞在しているキャンパーの2頭の犬達(フリーで散歩中)にアタックされ死亡。
その事件は近所の犬飼いの間であっという間に広がり、私は今日知りました。


老猫だった事で 
「追いかけられただけで ショック死だったのではないか?」
「いや、噛まれて血だらけになっていた」
「猫を口に銜え振り回していた」
などなど 色んな証言や噂が飛び回っていて 犬飼いにとっては無視出来ない話題。


ナナも含め多くの犬達は猫を追いかけます。
ただ その行動イコール追い詰める相手を死に至らしめるとは限らない。
通常 猫は素早く犬が追いかけらない場所に逃げ込むし、万が一猫を追い詰め対面する事になったとしても どちらかが退散する迄は お互い威嚇し合うだけだったりするのでは??


ナナはイタリア旅行中 追いかけた猫から鼻に猫パンチをくらいナナが退散。


なので ナナが猫を襲い殺してしまうなんて有り得ないって思ってしまいます。



かと言って 今回猫を襲った犬達を「凶暴な犬」と決めつける事も出来ません。
長期キャンパーなので その犬達を知っていて たまに出会う事もありますが、人間にも他犬にも友好的。

猫に対して野生のスイッチが入ってしまったのでしょうか。
飼い主は そのスイッチが入る前に犬達をコントロールするべきだったのでしょうね。

私も猫の姿が見えた時 ナナの追いかけスイッチを止めるようにし、ナナが従う時もあり そうで無い時もあり。
私とナナの散歩中の課題です。


今回の事件で より悲惨だったのは猫飼い家族には3歳の子供がいて猫が襲われた時 傍にいて悲鳴をあげ泣きじゃくっていたそう。
3歳の幼児には あまりにもショックな光景。

その子の犬への恐怖心がトラウマにならない事を祈ります。







にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2016-09-02 07:14 | 愛犬と暮らす | Comments(11)
Commented by ベル子 at 2016-09-02 09:28 x
こんにちは。
犬が猫を・・・そういう事があるんですね。でも、小さな子供さんにとっては衝撃だったでしょうね。本当にトラウマにならなければいいですね。
ナナちゃんが猫パンチくらったお話、まぁすごい猫ちゃんがいたもんですね。随分と貫録ある(ふてぶてしい)顔つきしてましたもんね(笑)
犬も猫も性格が顔に出る?のでしょうか?

Commented by イジー at 2016-09-02 22:03 x
本当に3歳の子の事が気になりますね
3歳という年齢もありますし、、。

我が家はチャンスが野生の動物などを見ると追いかけ
それにレイらが負けじと走り出しますが
レイらは 私たちの声に戻ってき
チャンスは 遠くまで行くことは多いです

相手は小さな動物ですから
姿を消してしまう事は多く
追っかけもそれで終わるんですがね。

外で何が起こるかわかりませんし
オーナーの監視ないでの範囲で行動させることは
最低限必要でしょうね
Commented by aka at 2016-09-03 07:24 x
こういった話を聞くと、本当に悲しくなります。
加害者(犬)家族と被害者(猫)家族の話し合いが穏便に運ぶことを祈るばかりです。訴えられて、辛い思いをするのは犬ですから。

うちの犬も、近所の放し飼いの鶏を襲ったとき、そこの家の子供が目撃したと聞いて、平謝りに行きました。幸い、子供たちも大きく、自ら石を投げてうちの犬を追い払ったことも分かりました。
田舎なので、放し飼いの鶏がキツネに襲われることは、度々あり、問題は大きくなりませんでしたが、放し飼いの鶏と飼い犬との問題がこじれることは多々あるみたいです。(その時に怖くなって調べてしまいました、、)

あのお方の血を引く犬ですから、油断は禁物!と、いつも心に留めておくことが重要なんでしょうね。
Commented at 2016-09-03 22:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by billmon at 2016-09-03 22:59 x
あら? 非公開になっちゃったかな。笑
Commented by タカタカ at 2016-09-04 04:55 x
おそらく、2頭だったからでは?と思います。
あとは、その犬種。
猫さんのご家族に心から御悔やみ申し上げます。。
その両犬の飼い主様と亡くなられた猫のご家族に良心的な話し合いがなされた事を願っています。。


私は~その幼い子供が巻き込まれなくて良かったと思いました。

Commented by monika914 at 2016-09-04 04:57
★ベル子さんへ
コメントありがとうございます。

これも人から聞いた話ですが、その子は近所の人から「お悔みの品」をもらいお喜びだったそうです。
3歳位だと以外と真剣には受け止めず立ち直りも早いのかもしれませんね。
イタリアで出会った猫はまるで置物のように動かず貫禄ありましたよ。
犬に慣れているのでしょうね。
Commented by monika914 at 2016-09-04 05:03
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

↑にも書きましたが かえって幼児だと立ち直りが早いのかな、とも思います。
その子に会ったことが無いので どんな状況なのかは詳しく解りませんが。

2頭飼いしていた時はエイミーが素早く猫やリスを見つけ走りだすとパッチ―がつられて走るって感じ、チャンス&レイラと同じですね。
Commented by monika914 at 2016-09-04 05:14
★akaさんへ
コメントありがとうございます。

実は親戚が勝っているワイマラナー犬(狩猟犬)は猫と鶏を襲って死なせてしまった事があります。
やはり猫の方は年老いていたそうですが結局飼い主が分らず、鶏の方は相手にお詫びしたそうです。
今回の事件で犬飼い主がどのような形で詫びたのかは分りません。
でも裁判沙汰にはならなかったようです。
今日 その飼い主に会ったのですが、聞くのも失礼かな~と。
自分の犬が他の命を奪ってしまったのは なんとも辛いことでしょう。
Commented by monika914 at 2016-09-04 05:30
★billmonさんへ
コメントありがとうございます。

ナナの泊まりでのドッグシッターをしてくれた夫妻がその家の近くに住んでいるのですが、やはり噛まれて血だらけというのは真実のようです。

ナナが猫を見つけるのはフリーで歩いている散歩道や野原なので危ない(車)事は無いだろうと楽観してたんですが、一度車道の方に逃げた猫を追ってしまった時は焦りました。
幸い深追いせず戻ってきてくれましたが やはり追わせないようにするべきだと。。

朝日が映る湖が本当に綺麗なんですが 目に見えるように撮るのは難しいですね。
もっともスマホだと こんなものなのか??
Commented by monika914 at 2016-09-04 05:43
★タカタカさんへ
コメントありがとうございます。

2頭だと強気になるって言いますね。
聞いた話によると、追いかけたのは2頭一緒ですが、追いこんで噛んだのは1頭だけだったそうです。
そして その犬が猫をしつこく追い回しているのをよく見た、なんて噂もあります。
どちらもミックス犬です。

確かに 子供に何も無くて良かったです。
猫を助けようとして興奮している犬に噛まれる場合もありますからね。
<< 庭から勝手に出ないナナ。 牛耳 & ブタ耳 >>