2頭のラブラドール物語(フィクション)





c0211876_6172047.jpg
ある時 ある場所で まだ幼いイエローラブがいじめられていました。




c0211876_6191485.jpg
そこへやって来た 正義の味方ナナ!!!
『ワタシを助けたくだしゃいませ』 とナナを見上げる哀れなラブちゃん。


c0211876_6195292.jpg
ナナ 『あなた達!! その仔を放してあげなさい!』



c0211876_6203139.jpg
その言葉は無視され オーストラリアンシェパードから顔にバシッバシッっとシッポ叩き攻撃を受けてしまったナナ



c0211876_621313.jpg
ナナ 『おんりゃ—!私をなめたら いかんぜよ』 


c0211876_6224561.jpg
その迫力で相手が一瞬怯んだ隙に逃げるナナ達。




c0211876_6231893.jpg

ナナ 『大丈夫 もう安全よ』 
ラブちゃん 『ありがとうございます。 あなた様のご恩は一生忘れましぇん』 




c0211876_6234674.jpg
喜び合うフタリ。 めでたし めでたし~。

THE END


✱ この物語はフィクションであり 登場する犬達は友好的に遊んでました。
ただ ラブちゃんは多頭の犬達との交流にまだ慣れていないような感じでした。






ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2016-03-23 07:06 | 愛犬と暮らす | Comments(6)
Commented by billmon45 at 2016-03-25 10:24
久々のナナちゃん劇場ですね。
まんざらフィクションでもないようにも見えますね。

ナナちゃん、グッジョブだったのかも。
皆、広い場所で気持ち良さそう。
ゴロスリしても大丈夫そう。笑
早く慣れてくれると良いですね。
Commented by みやメロン at 2016-03-25 17:59 x
紙芝居のような童話のような~(´∀`*) ステキにまとまりましたね~
いつもたくさんのワンズ、楽しそうです♪

以前monicaさんが詠まれた、吊り橋をテーマにした俳句がありましたよね。
眠れない夜に、アールちゃんやお友達のワンズだったらどんな句になるかな~?と考えてみるのですが、あの3句以上のものはできそうにありません。
やはり主さんの詠む句は、流石というかいちばん良く我が子のことがわかっているからなのよね~と納得しながら、いつも気づいたら眠ってしまっているようです(^。^;)

ナナちゃんのつぶやき、ますますキレがましてきましたね~(o^^o)♪
Commented by monika914 at 2016-03-27 06:46
★billmonさんへ
コメントありがとうございます。

ラブちゃん 虐められていると言うより しつこくされていて戸惑っている??みたいな。
犬も「止めてよ」の意思表示が上手に出来る仔と出来ない仔がいるように思います。

湖沿いの公園、 ワン達だけでなく人間達も気持ちよくなれる場所ですよ。
Commented by monika914 at 2016-03-27 07:25
★みやメロンさんへ
コメントありがとうございます。

撮った写真を見ていると時々頭の中にストーリーが浮かんでくるんです。

例の俳句ですね、、、
アールちゃんだったら
「わたるなら ボールを先に 投げてよね」
なんて どうでしょ??
Commented by イジー at 2016-03-27 11:41 x
あはは

可愛いお話ですね。
ほんと正義の味方の役がぴったりのナナちゃんです。

Commented by monika914 at 2016-03-31 05:22
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

フィクションストーリー考えるのは好きですし楽しいです。
ナナのおかげで楽しめます。
<< インフルエンザでダウン ベイビーとも上手にお付き合い >>