虐待疑惑 ~ 足で蹴られていた??




今朝の散歩、マイナス4度。
幸い風がほとんど無いので湖沿いの散歩が気持ちよい。



c0211876_4283750.jpg



c0211876_42914.jpg



c0211876_429309.jpg



c0211876_4302063.jpg
「又 写真撮ってんの」と言いたげな顔で私を振り返るナナ。




c0211876_4313728.jpg


動物保護センターから現在の飼い主に引き取られたY君。(写真右側)
痩せ細り森の中を放浪していたところを保護された当時 首輪無し、マイクロチックも無し。
それでも 飼い主が居なくなった犬を捜してセンターに連絡してくる場合があるので すぐには里親募集しません。
でも 飼い主現れず、、きっと捨てられたのでしょう。

c0211876_4364799.jpg
私はナナのボール遊びに こんな物を使っています。
たまたまY君が傍に居た時にボールを投げようと振り上げたら 怯えて後ずさりしたY君。

現飼い主さんによると 普段の生活の中でも長い棒状の物に怯えて逃げてしまうそう。
可哀想に きっと棒で叩かれていたのでしょう。
新しい家族の愛情で そのトラウマを乗り越えてほしい。

Y君同様 『棒に怯える犬』と杖を挟んで一緒に寝る事を続け 棒に対する恐怖を克服しセラピードッグとなった犬のドキュメンタリー番組(日本)を見て涙が出るほど感動した事がありました。



この事をブログで書くのは初めてですが、実はナナも。。。。
4年前の5月に我が家にやってきたナナ。
先代犬達とも やっていたように、足元に居るナナを足でちょっとかまおうとしたら 怯えて逃げたナナ。
私もビックリしました。
家族の誰がやっても同様、 とにかく近くで足をあげる素振りをすると怯えました。


足で蹴られた事があるのか?? たぶん そうでしょう。

前家庭には10代の息子が二人、、もしかして彼達に? それとも彼達の友人?
家を出たという元夫が酒乱だったとか??
当時は色んな理由を模索してしまったけれど 過去に拘る事がナナの為になるわけでも無し。

それより 足への怯えを取ってあげなければと 私なりに考えて行ったのは、、、
足の甲にお菓子を乗せて食べさせたり、 頭を撫でながら足の匂いをそっと嗅がせたり。
そんな事を繰り返すうち 少しづつ足の動きに怯えなくなりました。
今では 足でお腹も触れます。



c0211876_5404758.jpg




 
ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2016-01-22 06:11 | 愛犬と暮らす | Comments(10)
Commented by chaco-o at 2016-01-22 08:22
虐待は本当に許せません!!!
物言えぬこの子たちに、虐待なんて!!
ナナちゃんも怖い思いをしたのかもしれませんね・・・
傷ついていたかもしれませんね・・・・
でも、今はとっても幸せだから!!
良かった(^^)
それにしても・・・・
どうして虐待ってあるんでしょうねぇ。
動物だけでなく、小さな子どもにまで。
私にはサッパリ理解できないです。
Commented by セーラ、ケイティママ at 2016-01-22 15:39 x
ナナちゃん、今は足を怖がらなくなって良かったですね。虐待は本当に酷いですよね。フランクフルトもマイナスの日が続き寒いです。でも馬糞とかが凍っていなくて汚れ無いので助かります。セーラとケイティも同じボールを投げるのを使っています。これを使うと遠くに飛ぶので便利ですよね。この間、森で猪に遭遇しました。怖かったけど、全速力で通り過ぎてくれて助かりました。ナナちゃんの家の周りも猪出ますか?その時はどうしていますか?
Commented by billmon45 at 2016-01-22 18:20
うわ〜,寒そう!

う〜〜ん、自分勝手な人間ていますね。
それを自分より弱い者に向けて発散させるなんて。
腹が立ちます。

ナナちゃんも過去があったのですね。
でも、暖かい家庭に迎えられて本当に良かったね。

動物達の心の傷は人間には想像出来ないものでしょうね。
ワンたちの純真な心に触れる度に酷い事をする人間が
許せない思いです。

↓ナナちゃんのお尻、プリプですね!
美味しそう!爆
Commented by aka at 2016-01-23 21:27 x
ナナちゃんにもそんな過程があったのですか。。
もに香さんも書かれている通り、過去に拘っても先には進めないのですね。私もマイが来たときに、ロシアの保護団体との連絡を試みたりしていましたが、うまく進まず、今の状態を受け入れるしかないと決めた瞬間から(私自身が)楽になりました。

いつも前を向いて歩こうとする犬の姿には本当に勉強させられます。受験勉強もそこそこに、動物保護の教育が広まれば、こういう虐待も減るはずですが、、。
Commented by monika914 at 2016-01-25 02:38
★ chaco-oさんへ
コメントありがとうございます。

そうですね、絶対許させる事ではありません。
人間だけでしょうね、きっと。
そしてその人間の心理って複雑で その人自身が虐待されて心が歪んでしまった場合もありますから。
Commented by monika914 at 2016-01-25 02:48
★セーラ、ケイティママさんへ
コメントありがとうございます。

ナナの人間に対する態度では それほど酷い事がされていなかったような、、そう思いたいです。
確かに道が凍っていると汚れないので楽ですよね。
たとえ汚れてもゴールデンの2頭飼いをしていた頃に比べるとと 楽になりました。
我が家の近くの森にはキツネ(ほとんど人間の前には姿を見せない)とリスしかいませんしから、犬をフリーにする事が許可されているんですよ。
ナナはリスを見かけるとすっ飛んでいきます。
Commented by monika914 at 2016-01-25 03:03
★ billmonさんへ
コメントありがとうございます。

たとえ蹴られていたとしても、足だけに怯えるだけで人間が大好きでフレンドリーなナナ。
そんな犬の心が本当にいじらしいです。
足に怯えなくなり私&家族との信頼関係も築け、だから訪問犬になれたのだと思います。

ぷりぷりお尻、、撫でがいがありますよ(笑)



Commented by monika914 at 2016-01-25 03:18
★akaさんへ
コメントありがとうございます。

あくまでも推測なんですが、足だけに怯えるってやはり そう考えざるを得ないんです。
人間の仕業なのに 人間に対してではなく足だけに反応って 人間同士なら考えられませんよね。

動物愛護 どんどんメディア他で広めて欲しいです。
日本の動物バラエティー番組はただ「可愛い~」とか人間を笑わせる為にわざとおかしな事をさせたり、、が多いですよね。
Commented by イジー at 2016-01-25 08:54 x
足への恐怖をそうやって取ってあげたことに感心しました。

レイラは可愛がられていたとおもいますが
捨てられたのはちょっとした医療費かな と 主人が話しますが、、、。

イリノイ州では 今年から ペットの虐待、、、寒い日にペットを外に放しておく、、、と 2500ドルの罰金になると 聞きました。
Commented by monika914 at 2016-01-26 05:39
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

特に特別大変はリハビリをしたわけでは無いんですよ。
もともと人間にフレンドリーな犬だし私達を信頼してくれたおかげです。
ペット虐待への取り締まりは厳しくしてほしいですが、一方では過敏になりすぎて本来虐待してなくても そう見られてしまう様な事が起こらなければいいですね。
<< シベリアンハスキー 銀世界と犬達 >>