手術して分かった ナナの悪性腫瘍


c0211876_4164272.jpg

左足に出来た小さい突起物がちょっと大きくなってきたので(よ~く見ないと気付かない程度なんですが)月曜日に手術を受けたナナ。
ついでに 歯石も取ってもらいました。

朝9時に獣医へ行き ナナが麻酔を打たれ意識が無くなる迄 私はナナを撫で続けました。
医師から『私の匂いが付いた衣類』を持ってくるように言われたので 前日着たTシャツを持参。
それは術後 麻酔から目覚めた時に ナナを少しでも安心させる為。


c0211876_4223385.jpg

夕方迎えに行き、帰宅後 庭に出してもまだぼーっとしているナナ。

c0211876_4225982.jpg

思っていたより 切開部分が長いのは皮膚下に広がっているかもしれない腫瘍を調べる為だとか。
ちなみに縫合は糸では無く ホチキス。


愛犬の為に良かれと思っての手術なのに こんな姿を見るのはやはり辛いです。

c0211876_4414140.jpg

可哀想だけど 縫合部分保護の為に心を鬼にしてエリザベスカラーを着けさせます。

4年前 避妊手術した夜 ちょっと外してあげた間に縫合部分をいじってしまい出血という苦い思い出があるので 今回は慎重に。

c0211876_4464035.jpg
 

いじらしい事に毎回装着する際 嫌がって首を振るとかせず 観念したように大人しく首を入れます。
少しづつ慣れてきたような感じも。

でも カラーを付けていれば好きな時に水も飲めないので時々外してあげますが 絶対縫合部分をいじらないように監視します。




切除した腫瘍は病理検査、 その結果を教えてもらう為 本日獣医に電話。

きっと良性の脂肪腫、 そう楽観していた私ですが 医師から告げられたのは『Mastzelltumor』そして悪性だと。
『悪性』という言葉にショック&動揺、 その後の医師の説明も落ち着いて聞いていられませんでした。

後で調べたら 日本語だと『肥満細胞腫』、ちなみに体系の肥満とは関係ありません。

その原因は解明されていず 皮膚だけでなく内臓に発生する場合もあり。

腫瘍転移の早期発見には体中の撫で撫でチェック、 そして免疫ケア&予防に関して調べて勉強し、来週末の抜針の時に獣医に相談します。

もしアドバイスがあれば よろしくお願いします。

ナナに少しでも長く楽しく穏やかな『犬らしい犬生』を送らせてあげる為に オロオロめそめそ なんてしていられない!





c0211876_5325634.jpg

今日は 久し振りの雨の中を散歩。
縫合部分を濡らさないよう レインコート(先代犬エイミー生存中に姉が日本から送ってくれた)を着て。

c0211876_5404865.jpg



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


[PR]
by monika914 | 2015-11-21 05:46 | 愛犬と暮らす | Comments(20)
Commented by billmon at 2015-11-21 10:13 x
ナナちゃん、大変でしたね。
もに香さんも心配ですね。
手術痕、痛々しいです。

でも、ナナちゃんなら状況も理解出来ると思うし
頑張ること出来ると思います。
私からは何もヒントになるような事はお伝え出来ませんが
遠い日本から「応援!」してるよ!
Commented by bowzel at 2015-11-21 10:26
ナナちゃん・・・
手術は絶対必要な事だったと思いますが飼い主には愛犬のこの姿には胸が痛みますよね・・・でもきっとすぐに毛が生えてきますね!

悪性腫瘍、何という残酷な響きでしょう。
肥満細胞腫というのはよく聞きますが、ナナちゃんには
転移していませんように、祈っています。

ご存知かも知れませんが腫瘍が出来た子の免疫力を
あげる食事を紹介されている須崎恭彦獣医の本が
私には役立ちました。
やっぱり舞茸とかのキノコ類も良いみたいです。

うちの犬にも腫瘍があったので(今は消滅した)
獣肉だけではなくお魚を与えたり、カボチャなどの色の濃い
お野菜を与える、など色々工夫しているところです。
Commented by イジー at 2015-11-22 00:23 x
びっくりしてしまいました。
この傷跡に そして悪性腫瘍という診断、、、。

身体のあちこちを撫でるって 小さな変化に気付くにも
大切ですね。

もに香さんの介護で ナナちゃんの回復も早いでしょうね。

こちら 雪で真っ白です。


Commented by フランママ at 2015-11-22 01:33 x
もに香さん こんにちは。
ナナちゃんの大きな手術痕に驚きました
痛々しくって ナナちゃんが可哀そうで可哀そうで...
私、もう胸がつまってきそうです。
そして もに香さんのご心配も如何ほどかとお察ししています。

ほんとにオロオロ、めそめそなんかしてられませんよね、、
もに香さんのナナちゃんへの愛情とケアが功を奏し
転移など決して無いよう 一日も早くご快復されることを
心から祈っていますね。
ナナちゃん 頑張ってね!

Commented by chotiberry at 2015-11-22 02:32
もに香さん、ご無沙汰しています。
もに香さんのショック、痛いほど分かります。
ナナちゃんの術後の姿は可哀想ですが、手術で除去できた分、希望があります!

↑の方も仰ってらしゃるように、マイタケは効果があるのかもしれません。
私の父はもう10年白血病を患ってますが、マイタケエキスを飲み始めてからは抗がん剤の副作用もなく、健常者よりピンピンしてます。
お試しになる際は、最初からたくさん与えると下痢を起こすかもしれませんので、少しずつ量を増やした方がいいかもしれません。
私はもっと早くからチョーティ&ベリーに与えていたら・・・と悔やみました。

ナナちゃんと楽しい毎日を送ってくださいね♪
Commented by aka at 2015-11-22 05:10 x
ナナちゃんはもちろん、ご家族の皆様にとっても大変な一週間だったのですね。ご心中お察し致します。
もに香さんのたくましいお言葉、オロオロなんてしていられない!に、ますます尊敬の念を抱きました。そうですよね、ナナちゃんらしい生活を続けるために出来ることはたくさんあるのですものね。

私も何もアドバイスなど持っていませんが、何か良い情報があれば、お知らせさせていただきます。

今は手術の傷跡が一日でも早く良くなるように、そして今後の経過が良好であることを、心から祈っています。
Commented by gerneremake at 2015-11-22 14:28
私達の仔の時も同じで、心痛い限り、日にち薬ですよね。
ホッチキス、針金より良いですよ、両端がチクチク当たり可哀想でした。どうでしょう?水は手に器を持ってあげてました。
早い内に見つかり摘出、ど〜んとしているのが、側に居る、それが一番、きっと大丈夫ですよ。
Commented by monika914 at 2015-11-23 04:27
★billmonさんへ
コメントありがとうございます。

先代犬エイミーは腫瘍が出来る体質のようで何度も手術しているんですが、飼い主としては こういった事に慣れるって事は無いですね。
毎回 胸が痛むし心配だし。
でも これからの事をあまり悪く考え過ぎないようにしようと思うんです。
日本からの応援、嬉しく心強いです!!!
Commented by monika914 at 2015-11-23 04:35
★ bowzelさんへ
コメントありがとうございます。

もっと早く手術していれば転移の可能性も低かったんじゃないかと 後悔してます。
須崎恭彦獣医の本の事は知らず 早速ググってみました。
購入しようかと思いましたが、こちらでは手に入らない食材があるかも、、と考えるとドイツのサイトで類似本を捜した方が良いかもしれません。
それで色々調べています。
とにかく ナナの食生活を見直さなければなりませんね。
アドバイスをありがとうございます!
Commented by monika914 at 2015-11-23 04:44
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

先代犬エイミーは ナナ位の年齢の時 腹部にいくつも腫瘍が出来、何度か手術して 全てでは無いけれど悪性腫瘍もありました。 それでも13歳迄元気でいられたんです。
ナナも 悪性腫瘍に負けず長寿犬を目指せると信じたいです。
Commented by monika914 at 2015-11-23 04:57
★フランママさんへ
コメントありがとうございます。

フランちゃんの足の大手術に比べたら 大がかりな手術では無かったのですが 『悪性』という響きは本当に辛く悲しいです。
腫瘍の移転、再発を防ぐ為にナナの食生活を見直し、ドイツで手に入る食材で手作り食を頑張ってみようと思うのです。
ナナ、きっと大丈夫!! そう信じています。
Commented by monika914 at 2015-11-23 05:07
★ chotiberryさんへ
コメントありがとうございます。

マイタケエキス 早速ググってみました。
ドイツでもMAITAKEという名称でカプセルや液体などありますが、価格は様々。 きっと濃度によるのでしょうね。
金曜日の抜針の時 獣医が勧めるマイタケのサプリ他があるかどうか聞いてみますね。
貴重なアドバイス、ありがとうございます!

Commented by monika914 at 2015-11-23 05:13
★Akaさんへ
コメントありがとうございます!

『オロオロなんてしていられない!』
これは私が弱気にならないよう私自身に言い聞かせているようなもんです。
本当は不安で悪い方に考えがちな気持ちの方向転換をしようと頑張っています。

腫瘍のグレードに関して 電話で獣医が言ったかもしれないんですが、実は混乱してよく理解出来ませんでした。
ですから 抜針の時に詳しく聞いてみます。
グレード1なら移転の可能性が低いので そうである事を祈っています。
Commented by monika914 at 2015-11-23 05:22
★gerneremakeさんへ
コメントありがとうございます。

糸による縫合とホチキスによる縫合、 それぞれの利点などはよく分かりませんが、避妊手術(糸で縫合)の時に比べるとナナは縫合部分を気にする様子は少ないように感じます。
それでも 万が一いじってしまう事を考えカラーを付けさせている時間の方が長いです。
カラーを付けている時は 水を口元に持って行っても飲んでくれないのです。
1日24時間 常に傍にいてあげる事は無理ですが、なるべく傍にいてあげようと思います。
Commented at 2015-11-24 02:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アプリコット at 2015-11-24 04:02 x
とても驚いています。
モニカさん、心中お察ししています。
先代犬のようにご長寿犬となれますように。腫瘍が未熟なものでありますように。
傷が良くなって、早くお庭で遊べるようになるといいですね。情け無いコメントでごめんなさい。応援しています。
Commented by monika914 at 2015-11-24 06:35
★鍵コメさんへ
コメントありがとうございます。

「肥満細胞腫でも、とても長生きしているラブちゃんたくさんいますよね」その言葉にとても元気づけられました。
前向きに そして健康管理には慎重にナナをサポートしていきます。
日本からの元気玉、受け取りましたよ。
Commented by monika914 at 2015-11-24 06:41
★アプリコットさんへ
コメントありがとうございます。

もう元気に散歩しています。
走ったり他の犬と遊ばせる事は抜針する迄させませんが、犬の治癒力って凄いですね。
私もナナが又楽しそうに走り回る姿を見るのが楽しみです。
応援 ありがとうございます。
Commented by andy at 2015-11-28 21:18 x
はじめまして!
いつも楽しくブログ拝見させて頂いています。

ナナちゃん 大変でしたね。
ご心痛お察し申し上げます。
うちの子も腫瘍との闘いの連続でした。
ブリーダーさんに免疫力向上の為に、マイタケエキスを
フードにかけて食べさせるとよいと聞き、食べさせており
ましたら、一度腫瘍が消えてなくなった事がありました。
嘘のような本当の話です。
また キャッツクローというペルーの植物も、免疫を
高める効果があり、今は人間用でもサプリがあります。
よろしければ 一度お試しになって下さい。

ナナちゃんの生命力が高まりますように、お祈りしています。
Commented by monika914 at 2015-12-01 04:56
★andyさんへ
コメントありがとうございます。

マイタケエキスは本当に効果があるようですね。
なのでネット購入し 届くのが待ち遠しいです。
キャッツクロールは初めて知りました。 早速 調べてみます。
貴重な情報を本当にありがとうございます。

andyという名のワンちゃんなのでしょうか??
今は元気ですか?

<< 犬の映画 『ホワイト・ゴッド』... 聖マーティン と ガチョウ >>