中世の町を再現 ~ Campus Galli


9月のトレッキング旅行の帰り道に寄ったのは 『Campus Galli』
ドイツ南西  Meßkirchという町の近く。


c0211876_5294280.jpg

1200年前 ライヒェナウ島の僧侶が計画した 修道院を中心とした町作り。
当時は実現出来なかったこの計画を実現すべき2014年から建設が始まりました。

しかも現在の工具は一切使用せず中世の建築法&工法で、完成するのはなんと30年後位になるそうですが、その過程を見学出来ます。


Campus Galli, Karolingische Klosterstadt e.V
Hauptstraße 25-27
88605 Meßkirch

見学出来るのは4月1日から11月1日まで(冬季はクローズ)の火曜日から日曜日 10時から18時
月曜日が祭日の場合はオーブン。




c0211876_5521529.jpg



色々な職人の工房。
c0211876_5524751.jpg



c0211876_5531623.jpg

作業している人達は中世風の衣類をまとい。


c0211876_5534930.jpg

正式な職員の他 ボランティアの人も。
籠作りをしていた女性は学生で2週間のボランティア。



c0211876_605716.jpg



c0211876_62385.jpg



c0211876_66498.jpg



c0211876_69281.jpg
木工ろくろ


c0211876_6252331.jpg
中世時代のクレーン車



c0211876_6272432.jpg
建設中の教会


c0211876_6304090.jpg



c0211876_6311780.jpg
木の繊維で縄作り。 「メガネは中世の物じゃないよね」とくだらない事を言う夫。



c0211876_635288.jpg
 Schindel と言う 屋根用のへぎ板作り。


c0211876_6362421.jpg



c0211876_6404046.jpg
植物などを使っての毛糸を染色。   ここでは 職員(職人)達の衣類も作っているそう。

c0211876_6445425.jpg



c0211876_6452256.jpg


勿論 畑もあり家畜もいます。   そして食堂も。
職人さん達は質問に丁寧に答えてくれるし、 とても興味深く楽しめました。

30年後の完成した町を見るのは たぶん無理だけど 何年かしたら又行きたいと思いました。

夫がリタイアしたら 一緒にボランティア活動するのもいいかも。。。。
夫は教会建設のお手伝い 私は食堂でご飯作り。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2015-10-14 07:01 | お出かけする | Comments(2)
Commented by イジ〜 at 2015-10-14 11:56 x
もに香さん 30年後は、、、って

私もそう思う年齢です、、。

あと20年ぐらいだなと それを頭に入れ生きていかなくてはと、、、。

こちらでは中世の騎士にふんした人たちが馬に乗り

するパフォーマンスを見ながら 食事をするところがあります。

、、が こんな風にこったものではないです。

それにしてもずいぶん長い間 この計画を書かれたものが綺麗に保管されていたんですね
Commented by monika914 at 2015-10-17 04:55
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

長生き出来れば30年も可能ですが、その時の自分を想像したくないですね。
この絵は 新しく再現されたものだと思います。
原画もあったので それを載せればよかったですね。
<< 訪問犬活動(動画) & お手伝... 又々 黒い小悪魔ちゃん & 狼爪 >>