ペットフードが出てくる リサイクル機 ~ イスタンブールの野良犬事情



イスタンブール旅行で覚悟していた事、 それは たくさんの野良犬&野良猫達を見ることになるだろう と。
イスタンブールには約15万頭の野良犬がいると言われてますから。

多くは郊外にいるのか? 雨&雪だったので濡れない所にいたのか? 街中では たまに見かける程度でした。

c0211876_5404060.jpg



c0211876_5411523.jpg



c0211876_5414196.jpg


幸い痩せこけている犬や傷だらけの犬は居ず どの犬もシェパード位の体格。
人間に自ら寄ってくる事は無いけれど 人間が近付いても逃げる事は無く、 堂々と道を歩いたり寝そべっていたり。



c0211876_5541572.jpg


c0211876_5544574.jpg


時々 耳にナンバー入りのタグが付けられている犬を見かけたので 後で調べてみたら
イスタンブールでは野良犬達をいったん捕獲して 危険性が無い犬を去勢した後 また自由にするそうです。
人間に危害を及ぼすと判断された犬がどうなるのかは分りませんが、病気の野良犬を治療する事もあるとか。


そういった野良犬達に食べ物を与える人達も少なくないようです。

一度 ゴミ置き場をあさっている犬を見かけたけれど その犬を叱ったり追い払おうとする人はいず。

野良犬と市民の穏やかな関係を感じました。

けれど リード付きで飼い主と歩いている犬を見たのは5日間でたった1度だけ。



耳に付けられたタグに関しては たぶん去勢の印だろうと思っていたけれど、 イスタンブールの野良犬に関して調べていてビックリしたのは空のペットボトルを入れるとペットフードが出てくるリサイクル機の存在。


トルコのPugedonという会社が発案&実施。
フードはペットボトルのリサイクルで賄われています。

c0211876_6473774.jpg
(拝借画像)


動画は こちら


ハナママゴンさんのブログでたくさんの写真が見られ、詳しい説明もされています。



旅行の後に この事を知ったのが悔やまれます。
リサイクル機を見た記憶は無いけれど 知っていれば捜してでもペットボトルを入れたことでしょう。


そして思うんですよね。
イスタンブールで出会った野良犬達は庭に繋がれっぱなしで散歩もろくにさせてもらえない飼い犬より 幸せで犬らしい暮らしをしているんじゃいかって。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2015-03-03 07:13 | 愛犬と暮らす | Comments(8)
Commented by bowzel at 2015-03-03 10:21
以前にもコメントさせていただいたと思うのですが、
今回も興味深い記事を有難うございました。

私は東北の田舎町で犬猫に関するボランティアのお手伝いをさせて
もらっているのですが、優しい大きな野良犬が不当な扱いをされるのは
とても心が痛いです。

イスタンブールの取り組みは日本では難しいかも知れませんが、
とても羨ましいと思ってしまいました。

仰る通り!
イスタンブールの野良達は庭に繋がれっぱなしでろくに散歩もさせてもらえない犬よりも
よほど幸せでしょうね。
Commented by gerneremake at 2015-03-03 10:38
仰る通り! その通りですよね!イスタンブールの野良ワン君達は庭に繋がれっぱなしでろくに散歩もさせてもらえない犬よりもずぅ〜と幸せでしょうね。
素敵な情報!
Commented by はちきんイジー at 2015-03-03 13:07 x
本当に とてもいいお話ですね。

アメリカも人のいる街では野良犬を見かけませんが

こうしたやり方もあるんですね。

長い年月の中で住民も犬たちもそんな関係が持てる様にも

なったんでしょうがね、、。

Commented by mimi at 2015-03-04 10:51 x
その国その国によって、事情も違うし、考え方も違うのでしょうね。イスタンブールの野良犬生活。厳しい天候事情もあると思いますが、ある意味できる範囲でしっかり守られていることに、感動もしました。ペットボトルの件もそうですが、日本は先進国であるにも関わらず、なかなか難しい壁があります。
やっぱり、関心度が低いことが原因なのでしょうか?ちょっと考えさせられることがあり、昨夜は眠れなかったので、イスタンブールの野犬の話に、日本の狭さを感じました。
息子が以前に、ウラジオストクにいったときも、野良犬がたくさんいて、でも、車も、人も、野良犬に優しい面があるという話をしていました。動物との共存、難しいですが、命あるものとして、素敵な関係が作りたいですね。
Commented by monika914 at 2015-03-05 05:21
★bowzelさんへ
コメントありがとうございます。

保護活動をされているのですね。
横浜に住む私の友人も積極的に活動しています。
悲惨な状態の犬達の現実を見るという辛いこともある筈です。
たとえ全ての犬達を助けられなくても1頭でも多くの犬を幸せにしたいという思いで日々頑張っています。
Commented by monika914 at 2015-03-05 05:28
★gerneremakeさんへ
コメントありがとうございます。

こちらでは庭に繋がれっぱなしの犬を見かける事が無いので、日本帰国中に そんな犬を見かけると「ちゃんと散歩させてもらってるのかな~」と気になってしまいます。
勿論 繋がれている犬全てが 繋がれっ放し状態では無いのでしょうが。
Commented by monika914 at 2015-03-05 05:31
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

同じトルコでも 悲惨な状態の野良犬たちがいるようですが、イスタンブールの 野良犬を増やさない為のこの対策を見習う都市が増えてほしいですね。
Commented by monika914 at 2015-03-05 05:59
★mimiさんへ
コメントありがとうございます。

スペイン、ギリシャ、ウクライナ、ポルトガル、、、ヨーロッパでも野良犬が多い国はたくさんあり、 悲惨な方法で処分されたりしています。
ドイツでは そういった国からの保護犬を引き取る人がたくさんいますよ。
トルコでもイスタンブール市では こういった対策を立ててますが地方都市は違うようです。
日本は愛護団体が増え 保護活動により救われる犬達も年々多くなっていると思いますが、まずはブリーダーの厳しい規制とペットショップの見直しが必要だと思うのですが。
<< 聞いてはいけない事 「覚えてますか」 イスタンブールでの食事 >>