犬に幻想を抱いてはならない ~ dog actuallyの記事

厳しい寒さ、、、、とはまだ言えない もに香地方。

現在 夜11時近い外の気温は9度位です。
でも どんより曇った日曜日。


夕方の散歩にて。

c0211876_6351122.jpg


湖は靄と一体化して 白い世界。

c0211876_635414.jpg




c0211876_6391714.jpg


c0211876_6394357.jpg


毎日のように出会うクッキーは ギリシャからの保護犬。

最初は散歩中に勝手にいなくなってしまうクッキーに困っていた飼い主さん、 クッキー出身の保護団体からの助言やトレーニングで放浪癖が少しづつなおってきているそうです。
又 飼い主&食べ物の独占欲が強く 相手に本気喧嘩を挑んでしまう事も。
ナナも一度 噛まれそうになりました。

でも飼い主さんが こうしたクッキーの悪い癖を直そうと努力してるのが よく分るんです。
叱る時も本気で叱ってるし。

生まれ育った環境が犬達に色々な影響を及ぼすのは 保護された もと野良犬だけではありません。

悪質ブリーダーやパピーミルにより 早く母犬から引き離され ペットショップのケージに入れられ他犬との接触がない犬も それによる悪影響は少なくないのです。


今回のタイトル 犬に幻想を抱いてはならない は私がよく読んでいる dog actually史嶋桂さんが書かれた記事のタイトルです。

犬飼いさん そして犬を飼いたいと思っている方達に是非 読んでいただきたい。


犬を買うのは簡単 でも飼って育て躾けるって 飼い主としての責任と努力が必要。
その自信が無いのなら 飼うべきではないのです。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-11-24 07:26 | 愛犬と暮らす | Comments(8)
Commented by chaco-o at 2014-11-24 13:13
monikaさんもdog actullyをお読みなんですね!
私もです!
犬について、とても考えさせてもらえます。
Commented by billmon45 at 2014-11-24 13:38
飼主が飼い犬に真剣に関わる・・というのは、
とても重要な事ですね。
愛犬が吠えようが、飛びかかろうが、
何一つ言葉すら発しない人もよくいます。

速攻効果はなくても伝え続ける事は必要だと思います。
無視は、全てを認めてしまう事ですものね。

ご紹介のHP、初めて知りました。
権勢症候群、、、の記事も読みました。

認識していた部分もあるのですが、
更に突っ込んだ記述もあり、
とても興味深く読めました! Thanks

こういうの、もっと多くの人が知って欲しいですね!
Commented by monika914 at 2014-11-25 06:49
★chaco-oさんへ
コメントありがとうございます。

dog actullyの記事 いつも楽しみにしてるのですよ。
とっても興味深く勉強にもなりますね。
Commented by monika914 at 2014-11-25 07:10
★billmonさんへ
コメントありがとうございます。

dog actuallyのライターさんには ドイツ、スウェーデン、アメリカ他に在住している方達がいて それぞれの国から発信される犬に関する情報も興味深いです。
皆さん 犬の愛護精神のもとに書かれている記事に共感したり そして とても勉強になる事もありますね。

飼い犬に芸を教える事は否定しないし それはそれで飼い主とのコンタクトの楽しさがあると思いますが、一番大切なのは人間社会に共存させる為のマナーを飼い主が躾ける事が一番大切なんだと思います。
Commented by レオママ at 2014-11-25 13:23 x
初めまして。
ご紹介の記事、一番初めにコメントしてあります、レオママです。
同じラブ飼育の飼い主さんということで、ブログ拝見しました。

日本ではペットブームと騒がれてはいますが、
私から見たら、まだまだ「ただのブーム」だけで、
「これでいいのか?もっと考えなければいけないことあるのではないか?」と日々思っている次第です。

もに香さんのブログ、時間をかけて読ませていただきますね。
海外のペット事情なども少しずつ勉強できたらいいな…なんて思っています。
Commented by はちきんいじー at 2014-11-25 22:08 x
このサイト 以前 もに香さんが紹介されていた時に
Fb で like し 発信情報をいただいています。
このページは 読み損ねていました ご紹介ありがとう。
今の日本の犬事情は知りませんが
写真などを見て 私がいた頃と違って来ていることは感じていましたね。

犬を飼って20年以上になる私ですが、まだまだ、、で、、。
学ぶことがたくさんです。
なのに 家を離れてしまい、、、。




Commented by monika914 at 2014-11-26 05:19
★レオママさんへ
コメントありがとうございます。
dog acutuallyでのコメントも読ませていただきました。

私の娘が幼い頃 日本で初めてペットショップのケージの中に入っている小犬を見て言った言葉は「可愛い」では無く「可哀想」でした。
しかし日本では可愛いからと衝動買いしてしまう人達がいるのは現状ですね。
レオママさんの助言は犬の為にも人間の為にもなる勇気ある行動です。
だいぶ前 我が家でゴールデンの2頭飼いをしていた頃 ネットでたまたま見たゴールデンのブリーダー(日本)のHPで「散歩は一日15分位でよい」と書いてあり 本当にビックリ呆れました。
全てのブリーダーやペットショップが同様だとは思いませんが 売りたいが故 飼い主としって知っておくべき事実を伝えない、それが衝動買いを増やしているのでしょう。

ドイツのドイツ事情というより私と愛犬中心のブログですが よろしくお願いします。
Commented by monika914 at 2014-11-26 05:23
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

日本ではペットショップで衝動買い、そして安易に捨てるという問題が 多くのペットの殺処分に繋がっています。
悲しいですね。
イジーさんが留守中はバッキーさんが ちゃんと面倒を見てくれているでしょうから安心だと思います。
<< ナナの美味しい仕事 ~ 訪問犬 飼い主の危機を救ったダックスフンド >>