礼儀正しい小学1年生 と ナナ


月曜日 夕方の散歩にて。

c0211876_2181471.jpg


水辺で小石を投げて遊んでいる人達。
石を水面ではじかせるようにして、、、3回飛んだ! オッ4回も飛んだ!! とか言いながら 私も子供達と遊んだ記憶があります。


c0211876_2303830.jpg

白鳥は死ぬまで一緒の一夫一婦制 
だから 一羽だけでいる白鳥を見かけると パートナーはどこかしら?と目で捜してしまう。

ちょっと離れた所にいた白鳥を見つけ なんとなくホッとする。


c0211876_2317100.jpg


鳥類には関心無しのナナ。



c0211876_2474867.jpg


c0211876_248193.jpg




男の子の方から私達に近付いてきて 自ら自己紹介。
「ハロー ボクはXXXで小学1年生、 この犬の名前は何と言うの?」
名前を教えると  「ナナを撫でてもいい?」  勿論O.K.

c0211876_2502739.jpg

ナナは子供を見上げ見つめながら しっぽブンブン。


c0211876_5272363.jpg


そこにはナナと子供の温かい心の交流があるような。。。


離れてベンチに坐っていた母親から呼ばれ
「ナナを撫でさせてくれて どうもありがとう。 さようなら」

お礼を言われるほどの事でも無いので ビックリ&感心。

「ありがとう」 と 「ごめんなさい」 言うべき時に 素直に言えない子供っていますね(子供だけじゃ無いけれど)
それを導くのが親の役目なのに それが出来ない親がいる。

大人に対し失礼な言動をとっても 黙認したりヘラヘラ笑っていたり。

試行錯誤の子育て、、、私自身経験してる事だけど
現在進行形の親さん達  頑張って!



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-11-05 06:30 | 愛犬と暮らす | Comments(7)
Commented by billmon45 at 2014-11-05 15:22
ほっとして、気持ちのいいお散歩になりましたね。
ちょっとした事でも、挨拶や言葉を交わすというのは嬉しいものですよね。ましてや、小さいお子さんから・・・。

昨日、TVの「世界ふれあい街歩き」でローテンブルクが出ていました。
ある御家族はゴールデンを飼っておられて、そのゴールデンがカメラマンの足下にすり寄ってきていました。笑
monikaさんのブログで見ているような光景でした。

白鳥の湖も良いですね!!
Commented by はちきんいじー at 2014-11-05 21:49 x
空と水がなんとも美しいですね

このような 中で心も癒されますよね。

うまく導かれた子供は自分の中の愛も上手にそだっていっているのでしょうね。

ナナちゃんのお座り、、、かわいいですね
Commented by chaco-o at 2014-11-06 17:41
可愛らしい少年ですね~^^
きっと、お母様の心が、そして躾が行き届いているのですね。
そして、優しいナナちゃん^^
子どもが苦手なワンコが多いですが、こういう
少年ならワンコにもいいですよね~^^
Commented by monika914 at 2014-11-07 01:34
★billmonさんへ
コメントありがとうございます。

子連れ&犬連れは他人と話すきっかけが出来やすいですね。
この公園では 綺麗な夕焼けが見られる日もあります。
「世界ふれあい街歩き」残念ながらネットでは見られないですがHPで写真を見る事が出来ました。
日本ってこういう世界各都市の紹介番組が多くて 行かなくても行った気分になれる??ような。
Commented by monika914 at 2014-11-07 01:38
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

季節や天気で変わる空と湖の色、、、毎日見ていても飽きません。
笑顔で挨拶って本当に良いもんだって 思いました。
先代犬達はこんな座り方しなかったのですが。。
Commented by monika914 at 2014-11-07 01:42
★chaco-oさんへ
コメントありがとうございます。

大人でも子供でも ナナは自分とコンタクトしようと思っている人に対し とても上手に接する事が出来ます。
飛び掛る事もせず じっと顔を見つめ 撫でられたらしっぽブンブン。
Commented by sheri-sheri at 2014-11-11 15:49
可愛いお利口さんの男の子。心がホッとしますね。ナナちゃんも嬉しそうでしたね。
<< 黒ラブ君、 いい加減にしてくだ... 日曜日のハイキング ~ ボイロン >>