盲導犬が刺されて。。。思う事

今 怒りと悲しみの話題となっている 盲導犬オスカーが刺された事件

犯人捜しをしているようですが 未だ見つからず。
誰もが思う、、、、いったい こんな事がどうして出来るのか。
 
恐ろしいのは こういった人間が人間社会の中で普通に暮らしているかもしれない事。

友達もいて笑顔で話し 職場でも普通に働き、、、、まるでジキルとハイドのような人間かもしれず、ホラー映画などより よっぽど恐ろしいモンスター。


障害者の方の目となり働く盲導犬ですが 盲導犬の仕事は他の使役犬より過酷であり虐待に等しく 盲導犬の要らない社会を望んでいる人も少なくありません。

こんな記事も いいことづくし! 美談ばかりの盲導犬 実は利権がらみで問題だらけ

悲しいかな使用者から道具のように扱われ 虐待されている盲導犬がいるのは事実のようですが 私は幸せに使用者と暮らしている盲導犬もいると信じたいです。
たとえ過酷な仕事とは言え 盲導犬としてだけで無く パートナーとして愛され大事にされ 仕事以外の時間は楽しく飼い主と戯れたり、、そんな盲導犬もいるのだと。




しかし 刺された時 飼い主も周囲も気付かなかったのは どんな事をされても鳴き声を出さないよう訓練されているって、 いったいどんな訓練すると 刺されても痛みにも耐えられるようになるのでしょう。

人間に攻撃的になる事は許されなくとも 激痛なのにキャンと鳴いて 飼い主に痛みを知らせる事も出来ない犬、 あまりにも悲し過ぎる。

私は盲導犬の存在を否定する事はしたくない、 でも盲導犬のあり方には疑問を持つようになってしまいました。






多くの方から? 期待されていた?ナナの頭上熊回しでしたが 熊虐待になるからやりたくない!(出来ない言い訳) とナナに拒否されてしまい その代わり


c0211876_4142885.jpg


熊の背中乗せ と 熊の腹乗せ をご披露。  ナナ お見事!!(笑)

c0211876_4152915.jpg



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-08-31 04:30 | 愛犬と暮らす | Comments(11)
Commented by はちきんいじー at 2014-08-31 12:06 x
なんとも嫌な思いになる事件ですね

盲導犬にかんしては それこそ いい印象が強く
そういった中で 虐待されている盲導犬がいることも

また訓練で 痛みも訴えられない、、、など

全く知りませんでした。



Commented by chaco-o at 2014-08-31 14:30
本当に怒りで腸が煮えくり返ります!!
物言えぬ動物へこのような酷い事をするとは。
それも、人の目となって頑張ってる盲導犬に。
私は、あのアトム号の一件で、九盲にもメールでどうなったか?問い合わせもしたし、暑い日中を歩く際には盲導犬はどうしてるのか?も協会へ問い合わせたことがあります。
返る返事は当たり障りない内容で、出来る範囲で犬の事を考えてますって感じでした。でも、だったらアトム号のような悲惨な事件は起こらないだろうと思い、盲導犬協会そのものへの不信感がぬぐえません。
この刺された盲導犬の事件直後、TVで盲導犬クィールを観ました。
必死で訓練士、ユーザーさんと長年を共にし、自由になるころには犬自身の体は老いてしまい、余生は少ない・・・・
目の不自由な方には必要な盲導犬であるけど、盲導犬を賛成できない気持ちもあります。
盲導犬だけでなく、災害救助犬だって足に怪我します。
海外では足に怪我せぬようにと靴を履かせているそうですが、日本はまだそれすら浸透されてないとか。
動物を人間のために働かせるのであれば、細かな事まで配慮してからしてほしいもんだと思いました。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-31 16:13
こんにちは!
本当に信じられないことをする人がいるんですよね。
わざわざ着せていた服をめくって刺したとか・・・・
後味の悪い嫌な事件でした。

確かにどんなことがあっても吠えないようにするための
訓練ってどんなことをするのでしょうね。
実体験させるのかしら・・と考えると恐ろしくなります。
盲導犬のいらない社会が理想でしょうけど、現実的には
無理でしょう。
であれば、盲導犬のあり方が大切になってくるでしょうね。

↓ 抹茶ティラミス美味しそうですね。
私も作ってみたいです。
Commented by billmon45 at 2014-09-01 17:26
分からなくなってしまいました。
リンクされている記事を読むと、、、、。

どんな集まりやグループ、、、人間が複数集まれば首を傾げたくなるような人がいる事は事実でしょうね。
つまり、その目的や共通認識から逸脱しているようにしか見えない人、、、。
ましてや、もの言わぬ動物が対象となっているグループや組織では。

どんな事をされても鳴き声を立てない・・・そんな訓練があるとしたら、昔の軍隊と同じような事が想像されます。
つまり、暴力を実体験(殴ってみる、蹴ってみる、、)する、、という事しか考えられません。
う〜ん、どうなんでしょう。

私は、盲導犬の訓練(従順性を含めた)の中で自然(付属的に)と無駄に吠えない資質を身につけていくのであろうと推察していました。
盲導犬を育てるには、血統(性格的にも)を調べた上で、訓練を行い、この犬なら(人間の命を預かるに)大丈夫!な犬を選抜するのに、全体の3割??しか合格がでないというのは、私は理解出来ています。

Commented by billmon45 at 2014-09-01 17:26
(続きです)

もし、何をされても吠えない為の訓練が行われているとしたら、、、、何と言って良いか分からなくなってしまいます。

今回の事件で、色んな事が皆の知るところとなり、少しでも良い方向に進んでくれればと願います。
Commented by monika914 at 2014-09-01 20:02
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

私もブログをやっていなければ 知りえなかった事件かもしれません。
色んな動物達が世界中でいろいろなやり方で虐待されているわけで、 目を閉じ耳をふさぎたくなるような事柄です。

虐待の無い世界、 理想ですが難しいのが現実ですね。
Commented by monika914 at 2014-09-01 20:12
★ chaco-oさんへ
コメントありがとうございます。

そうそう盲導犬アトムの事件は どうなったのでしょう。
虐待である!ない!との考えの相違もあったようですが。

真夏のアスファルトでは盲導犬に靴を履かせて練習してる(日本)という記事を読んだ事がありますが 全てのユーザー(視覚障害者)がそうしてるのかどうかも疑問です。
放尿回数を少なくする為に 真夏でも あまり水分を取らせない、 指示時に叩いたりして盲導犬が怯えている、、、そんな話もネット上で読んだ事があり 事実は分かりませんが、美談だけでないのは確かなようですね。
ユーザーと盲導犬のあり方を 厳しく管理するべきです。
Commented by monika914 at 2014-09-01 20:22
★タワラジェンヌさんへ
コメントありがとうございます。

混んでいる電車内とかだったら誰にも気付かれず出来る事なのかもしれません。
その行動も恐ろしいですが その人間の心理&精神状態がもっと恐ろしいです。

痛みの我慢も 一瞬足を踏まれたりのとは比べ物にならない痛みなのに それを堪える、堪えられる事に感心するより悲しみをおぼえます。

盲導犬に変わるシステム、、、今の時代ならロボットとか可能なのかもしれませんが もっと費用がかかるでしょうし。
盲導犬を愛し大切なパートナーとしている方達にとっては 盲導犬をただ悲惨だと否定されるのも辛いでしょう。
なんとも難しいテーマです。
とにかく盲導犬達とユーザーさん達との関係などを各協会は厳しくチェックしてもらいたいです。
Commented by monika914 at 2014-09-01 20:29
★ billmonさんへ
コメントありがとうございます。

私もネット上で色々読んでいると 分からなくなってしまいます。
きっと同じ内容になってしまうので Billmonさんのブログでのコメントで書かせていただきますね。
Commented by るんるん at 2014-09-01 23:49 x
私は盲導犬の姿を見かけるとユーザーには悪いですが、可哀想って思ってしまいます。
いつか盲導犬に代わる視覚障害者を支えるシステムとか出来れば良いのですが。
オスカーのような事件が二度と起こりませんように願います。
Commented by monika914 at 2014-09-02 04:50
★るんるん さんへ
コメントありがとうございます。

ドイツでは見かけた事はないですが一時帰国中の日本で見ました。
可哀想と言うより その姿はいじらしく健気でした。
ユーザーさんにとっては 目の代わりだけでなく心の支えにもなっているのだと思うと 盲導犬を否定する事が出来ませんし複雑な心境です。
<< 食いしん坊犬生 まっしぐら~~! 我が家でコーラス練習 & 初め... >>