獣医から言われた事 ~ ナナのダイエット


c0211876_257129.jpg

c0211876_2573149.jpg

      先週の初め 公園で会った このワンちゃんと ナナは気が合ったようで

c0211876_2591821.jpg

                     大好きな 追いかけっこ
c0211876_2594691.jpg

                        転げまわって

とっても楽しく遊んだんですけどね~。
次の日位から ナナの歩き方がな~んとなく いつもと違う。
びっこを引くわけでは無いけれど よく観察するとやはりちょっと変、、、 ひどくなる前に診てもらおうと金曜日に獣医へ。

c0211876_3111938.jpg

待合室にて。    べたべた ナナに過保護な娘。
c0211876_3152374.jpg


包帯を両足に巻かれた 痛々しいワンコもいました。。。
c0211876_4314714.jpg



診察の結果 骨や靭帯には異常無く 後ろ足関節の軟骨が炎症していて無理な動作による外傷性のものだろう、と。
幸い軽い炎症なので2週間分の薬で治療。  

そして26kgだった体重が28kgに増えていて、獣医から3kg減らすよう言われてしまいました。
「ナナはラブラドールでも小柄な方なので 25kg位が理想ですよ。 太り過ぎは股関節に負担かけますしね。」

2歳の時 避妊手術と共に股関節形成検査を受け 最良のAと言う評価だったので油断してたんですが、犬同士の遊びでの外傷は不運としても 体重に関しては私が気をつけねば。

運動量が少ないとは思わないので、毎日の食事&オヤツを見直します。


c0211876_4583597.jpg

と ナナは言ってますが  ダイエット大作戦実行中。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-04-10 05:16 | 愛犬と暮らす | Comments(12)
Commented by chaco-o at 2014-04-10 08:31
そんなにオーバーしているようには思えないのは、人間の感覚なんでしょうね。
私は少しくらいと思うんだけど、その少しがイヌには大きいそうで、真剣にダイエットをさせなきゃいけない我が愛犬です。
小ぶりのシェルティなのに、11キロも。
一年間に1キロ減を言われてます(苦笑)
Commented by はちきんイジー at 2014-04-10 10:14 x

早くに獣医さんに連れて行き 良かったですね

私も 減量するようにと 獣医さんから 言われました

カップ1杯半しかあたえていないと言っても

カップ1杯にしろ  と言われ、、、

レイラは私から見ると スリムで 動きも非常に機敏なんで

 減量には ちょっと びっくりでした

チャンスは それこそ あまり食べないんですが

むっくりした体系なんですよね、、、。

Commented by すと-むたんく at 2014-04-10 20:27 x
家も狂犬病の注射の動物病院へ序に健康診断してもらい、すと-むさん体重18.5Kディスクドックなんでちょっとあばらの見えた黒ラブ10歳です、犬のダイエット簡単なんですが人間は、、、、大変ですね。
Commented by midasjenny at 2014-04-11 03:10 x
ナナちゃんはブログでは結構大きなラブラドールに見えたのですが、結構小柄なんですね。うちのガールズとほぼ同じです。で、うちの仔達も先日の定期検診で少し体重が増えていたので、同じ様に食餌を見直す事になり先週から量を減らしています。冬の間は運動量が夏に比べると下がるので、そのせいだと思っていましたが、獣医師からは、腰に負担が掛るので食餌でコントロールした方が良いと言うアドバイスでした。ナナちゃんもダイエット、一緒ですね♪ 頑張りましょう♪
Commented by monika914 at 2014-04-11 04:57
★chaco-oさんへ
コメントありがとうございます。

イギリス系ラブラドールは骨格自体 横広めなので、ま~こんな感じでいいかなって思っていたんですが、実際2kg増えていたのが分ると「このままじゃ まずいな」って反省しています。
Commented by monika914 at 2014-04-11 05:01
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

ラブラドドールって食いしん坊代表犬のように思われていて、避妊手術した時も獣医から「食事に気をつけてくださいね」って言われていました。
先代犬達に比べると ナナは油断するとすぐ太る体質のようなので、食生活 充分注意しなきゃって思います。
Commented by monika914 at 2014-04-11 05:05
★すとーむたんく さんへ
コメントありがとうございます。

18.5kgとは スレンダーなラブラドールですね。
やはりディスクドッグは軽やかじゃないと駄目なんですね。
足の長いアメリカ系でしょうか。 イギリス系のラブって短足でずんぐりした体格が多いように思います。
Commented by monika914 at 2014-04-11 05:13
★Jennyさんへ
コメントありがとうございます。

ナナはエイミーよりも小さいのは分ってましたが、ラブの雌犬としては普通だろうと思っていたんです。
でも獣医から小さ目だって言われて そうなんだ~。

食事を減らすのって なんだか可哀想ですが、股関節を大事にして少しでも長く不自由無く歩ける犬生を送らせてあげたいですからね。
愛犬のダイエット、お互い頑張りましょうね。
Commented by billmon45 at 2014-04-11 13:53
愛犬の様子が変わると、我々飼い主はドキッとしますよね。

外傷性で、ちょっとホット出来ますね。
でも、これが良い切っ掛けになりましたね。
そう思って、これからがんばりましょう!

ずっとまえ、犬の骨格標本を見たことがありますが、
犬の股関節って、ほんとうに危ういカタチをしていました。
これで大丈夫なの?って。
ネコだと、しっかりかみ合っているそうです。

アールは、股関節形成不全2です。
やや問題アリです。
やはり、体重コントロールを指示されました。

ナナちゃん、これからお母さん達と頑張って行こうね!
Commented by フランママ at 2014-04-12 03:01 x
もに香さん こんにちは^ ^
身につまされるお話でした、、
うちのフランも股関節に異常なしと診断されて
制限することなく走らせていました。

獣医を訪れる度に体重を指摘されるのですが
体重を落とす=食事量を減らす、、、可哀そうに思いましてね。

やはり脚に負担が来るのですね、、
ナナちゃんのことお伺いして思い直しました、、
心を鬼にして頑張らないといけません。

ナナちゃんの足の炎症が一日も早く治りますように、、。
Commented by monika914 at 2014-04-12 06:02
★billmonさんへ
コメントありがとうございます。

先代犬 エイミーもアールちゃん同様 股関節形成不全だったんですが 癌により13歳で逝くまで歩行は問題ありませんでした。
真冬でも泳ぐくらい たくさん泳いでいたので、それが良かったのかな~と思っています。
アールちゃんも たくさん泳いでますよね。 それにナナよりスマートだし。
とにかく言葉で表現出来ない犬ですから 私達がちょっとした変化に気付いてあげなきゃ、、ですね。
Commented by monika914 at 2014-04-12 06:08
★フランママ さんへ
コメントありがとうございます。

毎回の食事のあと、器を舐めているナナなんですが、最近量を少し減らしてから 舐めまわす時間が長くなったような気がして。
そんな姿を見ていると 本当に辛いです。
お腹い~っぱい食べさせてあげたい って思いになりますが、心を鬼にしています。
そして1日でも1分でも長く 健康な足(関節)で元気に遊べるようにしてあげたいです。

<< 訪問犬(セラピー犬)への道(5... 「やわらかい卵」 と 「温かい... >>