クロアチアで保護された犬 (動画)

勉強会があった先週の土曜日、 我が家に夕食のデリバリーサービスがありました。
それは友人カップルのD&F。

土曜日の晩は我が家で会う事約束をしていて、私が勉強会に行って夕方帰宅する事を知ったDは「じゃ、私が料理して持って行くわね」と。
料理する時間はあったけど、喜んでDの提案を受け入れました。

c0211876_441422.jpg

豚肉料理、、、特製ソースが美味しかった。  パスタもDが持って来て我が家で茹でました。
私にしては珍しく お肉のおかわり。

Dのデリバリーサービスは これが初めてではなく、 一緒に料理もしてるので何が何処にあるか(キッチン)Dは夫より詳しく知ってるはず。
Dは冗談で「私はもに香家のメイド」と言い、私はDを「メイドさん」と呼びます。


その夜は 娘の友人リンダさん&彼女の愛犬キラ(生後10ヶ月位)が遊びにきました。 
我が家はキッチン&ダイニングは犬禁止で居間では男性達(夫&F)がサッカーを見ているので 廊下で女性達&犬達はお喋り。

c0211876_565595.jpg

娘のヒザに坐ってるナナ。   私&娘&Dがキラを撫でるとナナは威嚇して唸ったりはしないけど ヤキモチ焼いているのが分かります。

c0211876_542024.jpg


c0211876_544799.jpg

キラちゃん ナナへのお尻クンクンがけっこう しつこい。



キラの やんちゃな様子を動画でどうぞ。








キラが娘のヒザに上がるのを気に入らないナナ、 「どきなさいよ!」

外見はミニチュア・ピンシャーのMIX犬のような感じ。

クロアチア(東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する国)の海岸で保護された時 痩せ細りたった1匹で横たわっていて 生後3週間位だったそう。
レスキュー団体を通じドイツへ来て 一時預かり宅にて過ごしている時 インターネットで保護犬達のサイトを見ていたリンダの目にとまり リンダの愛犬となりました。

こうして保護され家庭犬として引き取られたキラは本当に本当に幸運な犬です。

リンダは馬を2頭所有し、乗馬にキラを連れていきキラも時々馬に一緒に乗るんだそう。

以前 先代犬エイミーがいた時、娘の高校時代の友人が保護犬を我が家に連れて来た事があります。
その時のブログはこちら

ルナはキラと違って 人間に対しても犬に対しても異常なほど怖がりパニック状態、、、、保護される迄 虐待されていた可能性は大きい。
それに比べキラはたった生後3週間だった事が かえって幸いしたのか???

あれ以来ルナに会っていないけど、娘の話によると ルナはセラピーを受け だいぶ落ち着いてきたそうですが、「いまだにキャンキャン吠えてうるさいのよね」と娘。

ほとんど吠えないナナのような犬と暮らしていると 犬の吠え声が以前に比べ ちょっと耳障りになってしまったような。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-03-27 06:33 | 愛犬と暮らす | Comments(4)
Commented by ハチキンイジー at 2014-03-27 12:34 x
友人パットさんがアダプトしたワンちゃんはフロリダ州での、、ハリケーンで飼い主をなくし保護され

アイオワ州まで送られてきていたそうです。
やはり トラウマは抱えているのが分かると 話されますね

いいお友達に囲まれていますね。もに香さん、、、。
Commented by karatodai at 2014-03-27 13:11 x
犬の運命は人間によって決まるんですね
虐待されて捨てられて…
かたや大豪邸で人間以上の贅沢をさせてもらってる犬もいるでしょうし…
毎日日本でも何百匹という犬猫たちが殺処分されてる現実
殺処分ゼロを目指す運動を滝川クリステルがしてます…賛同してるんですが。
にんげんにとって最高のパートナーである犬をもっと尊重して欲しいものです。
犬が大好きな私達は全ての犬を守る責任もありますもんね
Commented by monika914 at 2014-03-29 05:23
★イジーさんへ
コメントありがとうございます。

リンダは娘がアルバイト先で知り合った友人で 私は初めて会いました。
レスキュー犬はトラウマをかかえている犬達が多いですね。
このキラはリンダのところに来てから なんと想像妊娠してしまったそうです。
Commented by monika914 at 2014-03-29 05:31
★karatodaiさんへ
コメントありがとうございます。

日本はまずペットショップでの生体販売を禁止するべきだと思います。
殺処分に関しては 今すぐゼロにするのが無理なら せめて本当の意味の苦しみのない安楽死をさせてほしいです。
ドイツのように殺処分のない保護センターがで出来ると良いのですが。
<< フタリのムスメ達とショッピング... 訪問犬(セラピー犬)への道(4... >>