会いたくない、、、バーニーズ・マウンテン・ドッグ

ナナと歩く散歩道や公園や草地では 他の犬達も 殆んどがノーリード。
複数の飼い主達とワン達が出くわすと 飼い主達の雑談とワン達の交流が始まります。

飼い主も犬も挨拶だけでスルーする時もありますがね。

c0211876_4135253.jpg

c0211876_4142368.jpg

黒いジャケットを着ている男性はドッグシッターサービスをしていて たいてい5頭以上の犬を連れています。

みんなで仲良くあそびましょ!と どの犬も喜んで一緒に遊ぶってわけでは無く ハイテンションでガウガウ言いながらりヒトリ(1頭)で犬達の間を走り回る仔、 飼い主の足元を離れない仔なんかもいますし、稀に本気喧嘩が始まりそうな時もあります。  飼い主が気付いてすぐ離れさせたりして大事になる事はまず無いですが。

ナナは気が会う仔と ただ追いかけっこするのが楽しいのですが、ガウガウされたりジャンプされると尾を下げて引いてしまう。
楽しんで追いかけっこしてるのに他の犬にオトモダチを取られて 立ちすくんでガッカリしてる時もあり。
私は 「ほら ただ見てないで一緒に走れ~! しっかりせい~!」 って気持ちです(笑)

c0211876_423253.jpg

c0211876_4235063.jpg


写真には写っていないですが、 半年前位から時々会うようになったバーニーズ君。  バーニーズ・マウンテン・ドッグのなかでも大きいんじゃないかと思うほど巨大。
夫婦(たぶん)が一緒の時もあれば女性だけの時もあり。

このバーニーズ君 ナナ(の臭い)が大変気に入ってしまったようで お尻クンクン・ベロベロがと~ても しつこく、 逆方向に歩いていく飼い主を無視してナナをひたすら追い回す。
最初に会った時 飼い主から「ヒート中なの?」と聞かれ、 ヒート中の犬をノーリードにするわけないじゃん!と思いながら「いいえ! 避妊手術してますから」

そして2度目に会った時も3度目に会った時も同じ事を聞かれました~。  そして最近ようやく聞かれなくなりました。

でも クンクンがしつこいのは変わらず 私はナナに 「怒れ! 唸れ! ガウガウしろ!」と励ます?んですが、ナナは無抵抗なので ナナを坐らせます。

するとバーニーズ君、 マウントしてくるんです。  男性がいる時はリードを着けて引きずりおろしますが、女性だけの時は 「止めなさい! 止めなさい! あら どうしよう」 ってオロオロするだけ。
女性は60代後半~70代前半位でしょうか。

だから私がバーニーズの首輪を握り引き離します、 でも力が要り大変だしバーニーズに噛まれる覚悟も。
やっと自由の身になったナナの背中には バーニーズ君のヨダレが べ~っとり。

ですから このバーニーズ君には出会いたくないんですよね。 
バーニーズ・マウンテン・ドッグという犬は好きなので 残念です。

どんな犬、犬種を飼うか決めるのは人間の自由、 しかし こういうシチュエーションの時に自分の犬をコントロール出来ないような飼い主は困りますね。

躾けに腕力は必要なくとも、 いざという時の事を考慮し 超大型犬を飼うのは自分の体力を鑑みて慎重に決めるべきだと思います。
人間の為だけでなく、犬の為にも。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2014-02-11 05:18 | 愛犬と暮らす | Comments(8)
Commented by billmon45 at 2014-02-11 10:53
楽しそうなお散歩風景の写真ですね。

日本では「ドッグラン」の中でしか見られない光景だと思います。寂
(私は、ドッグランには行かない派ですが・笑)

色んな面で進んでいるドイツだと思いますが、
やはり、そこは動物の事(人間も含む)色々有りますよね。

そう!!!
会いたくないワンは確かにいます。
やたら、OOOを舐めにくるワン。
マウントするワン、、、此れ等は「固くお断りしたいものです」。

やはり、これにしても飼い主さんが毅然とした態度をとれるかどうか、が肝心ですよね。
minika914さんが仰るように、イザの時の「実力制御」が出来るかどうか、、、というのもありますし。
(ま、それ以前の躾という問題もありますが・・・)

マウントされて、ヨダレだらけにされて、、、
私なら、、、キレちゃいそうです。プンプン!

Commented by chaco-o at 2014-02-11 20:30
バーニーズは可愛いから、残念ですねー。
先日こちら日本で、バーニーズが小さい子を襲う事件がありました。飼い主が人がいないと思いノーリードにした結果の事件なんだけど、飼い主が子供から引き離すときにバーニーズが死んだの!どんな引き離し方したら、あのバーニーズが死んでしまうの?と不可解です。犬を飼う場合、やはり制御できるかどうか?考えなきゃですね。
Commented by monika914 at 2014-02-12 05:27
★ billmonさんへ
コメントありがとうございます。

日本でも川べりの野原とかで 犬達が自由に交流出来るようになればいいんですが、色々規制があり難しいですよね。
あんな事件があっては尚更ノーリードの犬に対する世間の目は厳しくなってるでしょうし。
このバーニーズ君 幸い人間には友好的で首輪を無理に引いても唸ったりしませんが、最初の時は心臓パクパクでした。
ヨダレは勘弁していただきたいです。
Commented by monika914 at 2014-02-12 05:32
★ chaco-oさんへ
その事件、billmonさんのブログで知りました。
でも止めようとして犬が死んでしまうなんて、、、信じがたいですよね。
人が居ないのを確認してノーリード云々では無く、人が居てもノーリードにして大丈夫な犬に躾けるべきなのに。
Commented by 東スイスの住人 at 2014-02-13 04:28 x
東スイス在住です。3年前に引っ越しましたが、ボーデン湖畔にも9年ほど住んでいました。こちらスイスではノーリードの犬が多いですね。もちろんきちんと躾けられている犬が大半で感心しますが、やはり公園など”ノーリード禁止”の看板があるにも関わらず、ノーリードで散歩などされている方を見るとちょっと...と思います。
周りがやっているからとかちゃんと躾けられた犬だからとか色々と理由があるのかと思いますが、やはり決まりは守って頂きたいです。誰しもが犬好きであるわけではないし、小さな子供を連れているとノーリードの犬が近寄ってきて子供が怖がる時もありますし、いつ何が起こるかわかりません。

こういう風に書いてしまうと私が犬嫌いなのかと誤解されてしまうかも知れませんが決してそうではありません。実家には3匹の犬を飼っています。ただ決まりは守って頂きたいと思います。
もちろんノーリードOKの場所での散歩や運動などに一切の文句はありません。こちらが気を付ければいいことなのですから。
Commented by aka at 2014-02-13 19:14 x
犬がわさわさいる散歩風景、いつもいいなーと思いながら見ています!
うちの犬もバーニーズ君とは苦い思いであります。まったく同じシチュエーションです。
犬種でどうとは言い難いですが、ちょっとその傾向があることは確かですよね。
それを飼い主が把握できているかが問題。。
うちは猟犬なので、躾で頭を悩ませることも多いですが、それが犬を飼う楽しみだったりもします。
ナナちゃんの気さくだけど繊細な所、かわいいなぁー。
Commented by monika914 at 2014-02-17 21:39
★東スイスの住人さんへ
コメントありがとうございます。

犬が人間を噛む事件が起こっていますから、幼いお子様を持つ親御さん達がノーリードで歩いている犬達に警戒する気持ちは よく理解出来ます。
飼い主達は犬をコントロール出来なければフリーにするべきでは無いですが、私の地域では 多くの飼い主達は周囲の様子、子供達が遊んでいるかなどを注意して行動しています。
ナナは自ら知らない子供に駆け寄る事は無いですが、子供とすれ違う時は首輪を握り私の足元で待たせたりします。
むしろ子供の方から近付いてきても親が知らん顔してる事に驚く事があります。
犬の飼い主にしろ子供の保護者にしろ お互いのマナーを守れば痛ましい事件は避けられるのではないでしょうか。
Commented by monika914 at 2014-02-17 21:50
★akaさんへ
コメントありがとうございます。

我が家近くの湖沿い散歩道の脇は野原が多いし森も近いので、わざわざ車で犬を連れて散歩してる人達も多いんです。
超大型犬は温和なタイプが多いですが、重さとパワーがありますからね~。
親類の猟犬はワイマラナーですが、普段はひょうきんで仕草が可愛いんですが、食べ物を盗む名犬でもあります(笑)
<< お久し振りね! 「ありがとう」の食事会 >>