義母の介護へ

金曜日から2泊で 義母の介護に行ってきました。
私1人で行くつもりだったのですが、 義母宅でのちょっとした大工仕事が必要となり結局夫も一緒に。

義母は寝たきりでは無いので 介護という言葉は大袈裟かもしれませんが、背骨の問題でかがむ事が出来ず、腕の痛みもあるので 食事を作ったりシャワー&バスタイムの補助が必要。
階段の上り下りや散歩も誰かが補助してあげなければなりません。

月曜から金曜日迄は専門の介護師が来たり 階下に住む義理の娘と 近くに住む実の娘が面倒を見ています。
私達は片道約3時間掛かるので度々行く事は出来ず、私達&義理姉達の都合を配慮して たまの週末に介護に行く事にしました。

私が初めて義母の介護をしたのは5年前、彼女が肩の骨を折った時。
泊りがけで何度か介護に行き、 当然彼女の体の洗ってあげたりしました。  その時私は義母の気持ちが不安でした。 実の娘では無い私に 初めて裸体を見せる義母の心境がどんな物なのか。。。。
しかし義母は以外と堂々として 私が世話する事を自然と受け止めてくれてると、感じました。  もしかしたら義母は そう努力していたのかもしれませんが。

そういった経験があるので 今回は義母の気持ちをさぐる事無く、介護出来たと思います。


c0211876_6472265.jpg

                   義母宅のベランダで寛ぐナナ。

c0211876_6481525.jpg

                   ベランダからの のどかな風景


土曜日の午後 義母がベッドで休んでいる間 私と夫はナナを連れ近くの山(高さ700m)へ。

c0211876_6564052.jpg

            けっこう急坂で 途中にあるチャペルでちょっと休憩。

c0211876_6595725.jpg


チャペルの近くに咲いている 
Pfingstrosen(しゃくなげ)が綺麗でした。

c0211876_722021.jpg

                         頂上にて

c0211876_76392.jpg

                       頂上からの眺め

c0211876_762549.jpg

                 ナナ 崖になってるから気をつけて~


         日曜日は 夫とナナが長い散歩中、 私と義母はゆ~っくり短い散歩

毎回 別れのハグをすると、目に涙をためる義母。 そんな義母を見るのがちょっと辛いです。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-06-17 07:16 | よもやま話 | Comments(8)
Commented by gerneremake at 2013-06-17 21:39
素敵な天気に恵まれ、介護も心なしか軽やかな心地をくれたのではないでしょうか。
98歳の実母の介護も今は施設入所で妙な安心感な私。
私の心が洗われる思いです。
心の響きが感じられる介護はただ手助けとは違う。
御姑さんの涙はうれし涙ですね。
私も胸が熱くなりました。なぜかありがとうと伝えたいです。
Commented by chotiberry at 2013-06-17 23:27
お義母さまに愛されてますね。
そして信頼しているからこそ、涙が出るのではないでしょうか。
実親の介護でさえ簡単ではないでしょうに、義理のお母さま、しかも異国の地での介護、、、頭が下がります。
Commented by monika914 at 2013-06-18 05:26
★gerneremakeさんへ
介護云々の前から常に私達を暖かく迎えてくれる義母で、実母にしろ義母にしろ年老いて姿を見るのは辛い部分もありますが、 いづれ我が身、、、誰もが逆らえない事なんだと。
正直 全て私1人でしなければならないなら、負担を感じるでしょうが 義理姉達が頼りになるし 彼女達のしてる事に比べたら私のしてる事は些細な事なんです。 それでも喜んでくれる義母が少し愛おしくなりました。
Commented by monika914 at 2013-06-18 05:29
★chotiberryさんへ
今の所は凄く大変というほどの介護では無いんですよ。
昨年里帰りして際 足の怪我で寝たきり状態になった実母の介護の方が体力が要り大変でした。
義母とも長い付き合いですし 私が出来る事はしてあげたいと思っています。
Commented by b.lab_BTR at 2013-06-18 12:35
お義母さまの涙はもに香さんへの感謝の涙なんでしょうね。
末っ子次男のオットと結婚するときに何も考えず同居し
祖父母ほどの年齢差のある両親を看取りました。
やはりオットの姉が助けてくださったからこそなんとか・・・
介護はされる方もする方もいろいろな思いがありますよね。
不思議なことに夢によく出てきてくれるんですよ。

またお義母さまにお顔を見せてあげてくださいね。
Commented by はちきんイジー at 2013-06-18 21:39 x
素敵なところに 住んでおられるんですね お義母さま、、、。

私の義母は 高齢者のアパートに住んでいます
まだこうした介護を必要とする事もなく 日々が過ぎていますが
時々将来の事を話すことです

介護では される者 する者 の その時その時の気持ちが
いろいろと行きかうのでしょうね

しんみりと 読みました

Commented by monika914 at 2013-06-19 04:03
★b.lab_BTRさんへ
感謝というほどの大袈裟な気持ちではないと思いますが、以前より涙もろくなったようです。
以前我が家に義母が長く滞在した時など、時々義母に対し腹立つ事もありましたが、私自身も年を増す毎に義母の立場が理解出来るようになりました。
毎週末は無理ですが これからも通うつもりです。
Commented by monika914 at 2013-06-19 04:13
★イジーさんへ
夫の故郷は小高い山に囲まれた田舎です。
老人の介護や補助って、健康に害が及ばない限り自分で出来る事は時間がかかっても やってもらった方が本人の為でもあります。
でも どこまで助けて、助ける必要がないのか、、、、がちょっと難しくて義理姉達に相談しています。
老人介護、、、、いずれは我が身にもって考えてしまいます。
<< 肉球の怪我 エロ犬 >>