犬を通じて分かる人間家族 & 無料映画館

     再び雪が降り始めた もに香地方。  夕方の散歩では外気温が0度位でした。

c0211876_4431670.jpg

                散歩で会う常連犬  ビーグルのアルバート君。

c0211876_4462072.jpg

     ナナと同じ3歳、 でもお互い全く無関心で お尻への挨拶も無しのオフタリさん。


アルバート君はいつも 年配男性と一緒に散歩しています。  常連犬の中にもう一頭 ツォロ君というビーグル犬がいて その仔はいつも女性と散歩。  ツォロ君は実験用ビーグルでした。

最初は 同犬だと思い 今日はご主人の方と散歩なのね~と勝手に夫婦だと勘違いしてました。
でも 犬を通して あ~この人が あの人の奥さんね、ご主人ね、 お子さんね、、、、と分かる事もあります。

娘や息子がナナと散歩してると たまに「この仔はナナなの?」って聞かれるそうで、 聞いた人は「あの アジア女性の子供なのね」と分かるわけですよね。
本当は姉妹と思って欲しいけど そりゃ無理だわね~。

ちなみに パイプ咥えながら いかつい顔して歩いてる旦那は 聞かれる事が無いらしい。


c0211876_532721.jpg

初めて会ったのは 生後4ヶ月のゴールデン シヴァちゃん。 暗いブレブレ写真ですみません。
c0211876_54396.jpg

街中に住んでる飼い主さんは わざわざ車で来たそうで、 「ここはフリーに出来る所がたくさんあって いいですね」 と。  
「そうなんです、 ここはワンちゃん達の楽園なんですよ」と答えました。

c0211876_543049.jpg

c0211876_545576.jpg

もっと遊ぼうよ~と しつこくされても 背中に乗られても穏やかなナナ。   もし我が家にパピーが来ても ナナからの教育的指導は期待出来ないかも。


     ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
 

3年ほど前迄は 母や姉がテレビ録画して送ってくれるDVDが楽しみでしたが、パソコンで無料動画サイトを見るようになってからは 送ってもらう必要がなくなりました。

ドラマ以外にも時々無料映画館で映画鑑賞。

最新映画はありませんが、色々な映画が次々更新され、けっこう古いのもあります。

最近見たのは 母なる証明 と バルトの学園

母なる証明は 題名に引かれて見てみたのですが、 母親の感情が何ともやるせなく、意外な結末にちょっとショック。

バルトの学園は 以前雑誌で知り 見たいと思っていた映画。
映画では事実より脚色されているとは言え、 戦時中にこんな事があったんだ~ってほのぼのしてきます。

ユーハイムやローマイヤは、戦後ドイツへ帰らず 日本に残留したドイツ人達が創立しました。  

渋谷のユーハイム、若かりし頃 待ち合わせ場所としてよく行ったけ~、 あ~~懐かしいな。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-02-09 06:00 | よもやま話 | Comments(11)
Commented by B&J at 2013-02-10 06:24 x
こんばんは〜★
可愛いお友達と遊べましたね! まだ雪が残っているようですが、今日もこれから東側は雪みたいなので、ドイツ方面も寒そう。。。
無料動画! 助かりますよね〜☆ 私も色々と観たいのですけど、時間がなくて。。。(..;)
ご主人は、何も聞かれなかったのですか。。。(-_-;)
ユーハイムやローマイヤ!懐かしいです☆ ローマイヤのロースハムは父の好物で、銀座に行くと買ってきてくれました。美味しかった!!
↓10歳の仔を手放すって、私には出来ないなぁと考えていましたが、個人の理由がありますからね。。。仕事場に連れて行くこともできないのでしょうね。。。
そして、蘇生しようとしていたのかしら?あのニャンコちゃん。。。猫は比較的ドライだと言われていますけど、2時間も離れなかったなんて。。。もう、涙なしには観られませんでしたよ。。。悲し。。。(/_;)
Commented by みるまま☆ at 2013-02-10 12:09 x
あぁ、私も良くお散歩始めた頃はみるきー?って聞かれていました。
今でも時々知らないワンちゃんを連れた飼い主さんに
「今日はおじいちゃんと一緒じゃないんだねぇ」と言われるみるきーです。

そう言えば私が郵便局で仕事をしていた頃、毎月ドイツの息子さんの所へ
荷物を送っていらしたご婦人がいらっしゃいましたが、
EMSで送れない物が多くて大変だった記憶が・・・。
なんとなく懐かしく思い出しました^^
Commented by B&J at 2013-02-11 02:56 x
再びお邪魔します。
下の猫ちゃんの蘇生のようなビデオ、数人の猫のエキスパートに「観て!観て!!私は猫に関してまちがってたかしら?」と聞いてみたら、全員から「貴女は間違っていない」というお答えがきました。
この雄猫は、完全に交尾の目的で遺体に乗っているのだそうです。そして、猫には、蘇生してまで恋しく感じるようなことはないのだそうです。
ちょっと残念ですが、現実は知らねばいけませんね。。。
失礼いたしました。( -_-)
Commented by はちきんイジー at 2013-02-11 09:17 x
今晩は

うちのチャンスの母親はビーグル犬なんですよ

アルバート君 可愛いですね

犬の散歩と言うと

朝仕事に向かっていると
雨の日も雪の日も 2匹の犬を連れ散歩していたおじいさん、、、です

いつの間にか1匹になり、、、

もう見ません、、、。

こうした動画を

なぜかネットでうまく視聴できない私です

たまたま 動画が見れても 続き物だと その後を探すことがうまく出来ずに おわったり、、、

アメリカに住む ブロ友さんのなかには NHK だったか 日本のテレビを生で見ている人もいますね
Commented by merurun-t at 2013-02-11 15:17
monikaさん。ナナちゃんとかわいいお友達の写真いいですね。
いざ、妹がきたらナナちゃんもしっかり教育指導しますよ!メルもそうでしたから。しかも日に日に自分より大きくなる妹ですが、ちゃんと今でも指導しています☆
↓ワンと過ごすこと、確かに事情って色々あります。
ただ、一度一緒に過ごすって決めたこと、ワンには命・感情があるってことそれを人の事情だけで決めるってことは悲しいことです。
ニャンちゃんの映像、本当に心臓マッサージしてるようですね。
戻ってきてよって、確かに車は便利ですが、改めて考えさせられました。
Commented by monika914 at 2013-02-11 18:29
★B&Jさんへ
私はただのんびりドラマや映画を見るのでは無く、アイロンがけしながら見る事が多いですね。
ドイツでは職場環境によっては そして落ち着いた犬なら同伴出来るのですが、その男性は無理のようで残念です。
猫ちゃん 交尾要求の行動なんですか、、、猫は犬と違って単独行動だし他猫とのコミュニケーションもあまり無いのですが、 それにしても2時間も交尾目的だけで傍に寄り添っていたとは私は思えないのです。
顔を乗せて寄り添ってる姿には 何かしらの感情があるように感じます。
動物学者達の理解を超える行動は 稀にあり、動物達の感情研究に関しても まだまだ完璧とは言えないとか。
でも 猫のエキスパートさん達の考えを教えていただいて、ありがとうございます。
Commented by monika914 at 2013-02-11 18:38
★みるままさんへ
犬を連れていると 相手も話しかけやすいのでしょうね。
人間にはいきなり 名前とか聞けませんものね~(笑)
海外に居る子供の為に 日本の物を送ってあげる親の温かい気持ち、私も実感しています。
それに甘え、以前は色々親に頼んでいた私ですが、その親もすっかり年老いたので 姉がたまに送ってくれるようになりました。
Commented by monika914 at 2013-02-11 18:52
★イジーさんへ
私も雨の日も雪の日も暴風雨でも 毎日の散歩は欠かせません。
屋内に犬用トイレは無いし、庭に出すだけでは運動にならないので。
無料動画は時間帯により 見れなかったり、ダウンロードが凄く遅かったりしますよね。
連続ドラマはたくさんありすぎるので選んで見ていますが、それでも途中で止めてしまう場合も多いです。
Commented by monika914 at 2013-02-11 19:26
★メルママさんへ
2頭飼いに関しては、まだまだ決心がつかなくて、 エイミーやナナ同様 成犬を迎えるか、それともパピーにするかも分かりません。
パピーで来たのはパッチーだけなので、 もう一度パピーから育てたいって気持ちもあります。
その場合は ナナにも教育指導を頑張ってもらいたいのですが。
犬の為を思って 手放す事を決心したのなら、無責任な飼い主では無いと、私は思いたいです。
1日でも早く 新しい家族が見つかるとよいのですが、、、

猫は野良ちゃんでなく飼い猫でも外で自由にしてるので車の事故が多いですよね。
私も一度 いきなり飛び出してきた猫を轢きそうになった経験があります。
Commented by さくらんぼ at 2013-02-12 00:01 x
ウチの義妹家族はビーグル犬を飼っていて、私達も彼らの不在時に、たまにエディ(ビーグル犬の名前)と散歩に行くことがあるんですよ。 ナナちゃんやエディを見ていて、私の犬に対する親近感がずいぶん変わりました。

さて、猫の動画の件、雄猫が何故あのような行動を取ったのかはわかりませんが、少なくとも交尾が目的でということは絶対ないと思います。もに香さんも書いていたように、動物の感情には人間である学者にも計り知れない千差万別の行動があるようです。

つい最近もイタリアの片田舎で、猫を可愛がっていたおじいさんが亡くなり、その3才の雄猫が、毎日おじいさんの墓にお供え物をしていることが話題となりました。捕獲したネズミだったり、2~3本の草だったりと様々で、もうそれが1年続いてるとか。

バルトの楽園(がくえん)はさすが文部省選定、興味深い映画でした。
Commented by monika914 at 2013-02-12 04:27
★さくらんぼさんへ
実は 友人がこの動画に感動してFBにのせたところ、猫をたくさん飼ってる方からのコメントで
「猫に 「死」の概念があるか疑わしく、起こして交尾しようとしているように見える。  前肢でふみふみするのは、甘えたい時や発情時にも行う 云々」 とあったそうです。
猫の習性をよく知っている方の言葉ですから真実性がありますが、この動画をどう捉えるかは人それぞれでいいんじゃないでしょうか。
亡くなった飼い主のお墓の傍を離れなかったり通う犬の話は知ってますが、猫ちゃんは初めて聞きました。
飼い主への愛情の深さ、、、そう思いたいですが、 それも全く違う解釈があるのかもしれませんね。
<< カツカレー で おもてなし &... 辛い決断 & 命の尊さ  >>