辛い決断 & 命の尊さ 

昨日も今日も 霙と雪の繰り返しでグレーの空、 悲しい事があったら いっきに落ち込んでしまいそうな陰気な空模様です。

今朝 出会ったワンちゃんのお話。
その仔は10歳でラブラドールとロットワイラーのMIX(♂)、 最近 飼い主男性は一緒に住んでいたガールフレンドと別れ、仕事も新しくなり出張も多く 犬の面倒が見れないので新しい飼い主を捜しているとの事。
今はどうにかドッグシッター(有料)に頼んでいるが経済的に大変だし、 かといってヒトリで家に閉じ込めて散歩に連れて行けないのも可愛そう、 それなら いっそ手放した方が犬も幸せだと。

辛い決断です。 それも10歳の老犬、、、でも だからこそ常に傍にいれる人間が必要です。
有料では無く 現飼い主の経済的負担にならないよう友人や近所の人達が助け合えるのが理想でしょうが、それも難しいようで。

他の犬飼いさん達とも一緒に話をしながら 遊んでいる犬達を見ていたら、 ナナがその仔と楽しそうに駆けずり回ってました。
「あら ナナと気が合うみたいね~、 もに香さん以前2頭飼いしてましたよね~」って 傍に居た女性が。
何気に私がその仔を引き取ったら??みたいな意味合い。
でも「いいですよ~、 うちで面倒みますよ」と簡単には答えられません。

命を預かる事の責任は 「可愛そう~」の同情や哀れみだけでは重すぎます。
もしかしたら 2頭飼いする日が来るかもしれないけれど、 今はその決心がつかずナナだけを見つめていたい心境ですから。




クリステルさんのブログで紹介されたトルコでの動画。





この野良猫が車に当たった彼女を生き返らせようとした様子です
一部の人々は彼女を助けようとしたにも関わらず、
白猫の彼は2時間もの間離れようとしなかった為、
近くに寄ることができなかったようです

最後に獣医が到着し、負傷した猫をかごに入れましたが
悲しいことにそれは遅すぎたし、彼はネコを蘇生できなかったのです

この映像、まるで心臓マッサージをしているかの様に見えます
彼は彼女に生き帰ってほしかったんですね
本当に健気です


人間は、私利私欲のために利害関係がもつれると平気で人を殺します
人間社会はとても豊かになり、便利になりましたが
その半面、心の豊かさや人と人の繋がりはだんだん薄れてるように思います

お金や物質的な物だけでは人は生きていけない事を、
今一度考えてみてほしいと思いました


 ★ 以上は クリステルさんの文章です。


犬も猫も そしてその他多くの動物達は物でも商品でも無く、 命を持つ 感情を持つ生き物です。
この動画を見て「可愛そう」だけで無く、命の尊さと心を持つ動物達を感じていただけるでしょうか。


c0211876_73743.jpg


                 オッサン顔のナナも そう言いたいよね。

c0211876_733319.jpg

                       「はい その通りなの」          
                    

ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2013-02-07 07:13 | 愛犬と暮らす | Comments(6)
Commented by chaco-o at 2013-02-07 09:04
これ、私も以前に観ました。
動物は命の尊さを、人間よりも知っているのですよね・・・
助からなかったことは本当に残念でなりませんね・・・

苦渋の決断をする飼い主さん。
でも、立派な決断だと思います。
日本だと、保健所ですよ、きっと。
老犬は、誰かが傍にという思いわかります。
愛情があるからこその決断は、ワンちゃんにも伝わるものですよね。
どうか優しい温かい家族の元へ行けますように。
monikaさんの仰る通り、簡単にはいかないことですが・・・・
Commented by クリステル at 2013-02-07 10:14 x
この飼い主さんも、犬を手放すのは決して本意ではないはずです。
悲しいし辛い決断ですよね。

ただ人間はいつ不測の事態がやってくるかわからない。
そういう時の為にも、残された動物が路頭に迷わないような
対策をしておかないといけないなと思いました。

自分がいなくなったら、、、
引っ越す事になったら、、、
職を失ったら、、、など。

その時に考えようと思っても、冷静で的確な判断、行動が
できるかどうかわかりませんから。

私の知人は、個人でボランティアをやっていますが、
自分にもしもの事があったら、自分の生命保険を使って
残された仔達の面倒を見てもらうように、ご主人に頼んでいるそうです。


もに香さん、記事を載せてくださってありがとうございました。
Commented by はちきんイジー at 2013-02-08 09:07 x
先日 テレビのローカルニュースで
イングリッシュブルドッグのオーナーが 病気になりやすいこの種類の犬のケアーに経済的な無理が生じ
新しい持ち主を探している  と 報道されていたのを思い出しました

自分が考えていたより 大変で 犬を手放す人は いるでしょうね
いろんな手放し方があるでしょうが


豊かさって いったい何だろうと 考えてしまいますね
 
魂をもっと 見つめる事、、、、でしょうか
Commented by monika914 at 2013-02-09 04:00
★chaco-oさんへ
飼い主によっては経済的に余裕が無かったり、自分の生活の為に仕方なくってケースもありますよね。
一番大切なのは愛情ですが 悲しいかな、それだけでは面倒みれませんから。
本当に責任ある飼い主さんが見つかれば良いのですが。
Commented by monika914 at 2013-02-09 04:14
★クリステルさんへ
私も もし自分に何かあったら (悲しみは別として)一番生活に支障してしまうのはナナだ、って思います。
夫や子供達がナナが幸せに暮らせるよう ベストを尽くしてくれるでしょうが、正直具体的な事はわかりません。
一度家族とちゃんと話すべきなのですが、辛いテーマなので 延び延びになってます。
クリステルさんの文章を許可無くコピーしてしまった事が気になってました。 こちらこそ ありがとうございます。
Commented by monika914 at 2013-02-09 04:21
★イジーさんへ
今はネットを通じてペットの売り買いも出来て 里親捜しなども出来ますが、それで安易に考えて買ったり手放ししたりしてしまうのは悲しいです。
でも やむを得ない事情もありますから、ペットを手放す事自体を責める事は出来ず、犬の為に相応しい飼い主を捜してあげるべきですね。
豊かさって 人によって違うものだと思います。
<< 犬を通じて分かる人間家族 & ... ラブラドゥードル & 一度しか... >>