ナナと自転車で & 11ヶ月のボルドー・マスティフ犬


c0211876_54129.jpg

昨日(水)は久し振りにお会いしたスイス在住の方達と達美でランチ。

散らし寿司にしようか うどんにしようか迷って 結局天ぷらうどん&巻き寿司セット。

デザートに抹茶アイスを食べ 大満足の3人でした。



最近 秋晴れが続いていて 気持ちも晴れやか。
ナナとの散歩に自転車に乗って を再開しました。  勿論ゆっくり走るし 他の犬達とすれ違う時は自転車をおりて歩いたり。

c0211876_546448.jpg

c0211876_547422.jpg

     時々 ナナとアイコンタクト。    長いブルーの棒状の物は ボール投げです。


c0211876_5491733.jpg


c0211876_5494499.jpg

c0211876_550936.jpg

ブランコの後ろに立つ木、  ナナのオレンジ色のボールがまだちゃんとぶら下がってました。

c0211876_5513118.jpg

c0211876_5515867.jpg

          このワンちゃん、 パッチー&エイミー時代から たまに会います。
             たぶん年齢も同じ位、 って事は14~15歳位かな。
        足取りは まだしっかりしていて とてもそんな年齢には見えないんですが。

c0211876_554831.jpg

               犬達が戯れてる姿を見るのは 本当に楽しい。

ただ 写真には撮らなかったけれど 1匹だけリード付きの犬がいました。  ナナが近付いたらアタックしようと凄い唸り声。 飼い主が必死にリードをコントロールし、 私はすぐナナを呼び戻しました。

公園や散歩道では ほとんどの犬がフリー、 なのでリード付きの場合は何かその理由がある場合が多いのです。
ヒート中、 怪我の治療中、他犬と上手に付き合えない犬。
ですから リード付きの犬には無闇に自分の犬を近づけないのが飼い主同士のマナーなので、私の不注意でした。



c0211876_6134573.jpg

c0211876_614891.jpg

               ボルドー・マスティフはフランスのマスティフ犬種
             先日会った小熊犬は4ヶ月でしたが このマスティフは生後11ヶ月。

                  両犬共 ジャンボ犬ですが、タイプは全く違いますね。

トム・ハンクス主演の映画 Turner & Hooch(ターナー&フーチ)を見た方なら 見覚えがある風貌だと思います。
そして このワンちゃんの名前はフッチなんです。

飼い主さんは若い女性で少しお喋りしたのですが、 彼女はボルドー・マスティフを飼うのが夢だったそうで、やっとその夢が実現したと 嬉しそうでした。

ウィキぺディアによると
元来は闘犬種。   落ち着きのあり忠実で従順だけれど 警戒心&防衛本能が強く 家族を守る為なら的確な攻撃をする。
一般家庭でも飼育ができるようになった。ただし元が闘犬種なので そのタイプの犬を飼ったことのない人には飼育できない犬である。
飼育には力を制御するためのしっかりとした訓練をすることが必要である
日本でも独特の風貌が人気を呼び、愛好家は少なくない。


人間の犬に対する外見&風貌の好みって 本当に色々ですよね。
けれど たとえ好みで無くとも、 長く一緒に生活してるうちに愛着がどんどん湧いてくるって事もあるでしょう。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-10-19 07:01 | 愛犬と暮らす | Comments(9)
Commented by Yoko at 2012-10-19 09:26 x
自転車でお散歩…良いですね。
ナナのアイコンタクト…可愛い♬ このアイコンタクトですがやっぱりとても大事な事ですよね、って最近切に思います。

私達も今週末は河口湖です。
自然の中を楽しんで来ます♬(私はブタクサのアレルギーなのか、もうお水の様な鼻水タラタラ…とクシャミ、そして喉がイガイガ中です)
Commented by chaco-o at 2012-10-19 11:01
シェルティだ~^^可愛い~❤
14,5歳ってことは、シェルティにしては長命ですねぇ~。
それに、そんな年齢に見えない!!きっと、飼い主さんの大きく深い愛のおかげでしょうね^^

闘犬、これも見るに堪えないものがありますよねぇ。
闘犬のために犠牲になるワンコもいるんですって・・・・
闘犬の意識を高めるために、ただただ攻撃されるだけのワンコを檻に掘り込むんですって・・・・
そういうワンコが保護されたのをFBで見たことがあります。
闘犬はワンコが望んでないし、もう無くしてほしいな・・・・
闘犬だという犬種なだけで、敬遠されちゃうこともあるようですし・・・
でも、憧れてた方がいるのって嬉しいですよね!!
ちょっと怖いけど、私も素敵だなって思います。
なんかねぇ。お顔が怖いのに甘えんぼさんなとことかって可愛いですものね~^^ふふ
Commented by B&J at 2012-10-19 16:38 x
こんにちは〜★
キャッ!!天ぷらうどん〜〜♡ おしゃべりが止まってしまいそうですね☆

自転車でのお散歩再開ですか!羨ましい。。。秋の空気を一杯吸い込んで、パークで他の仔と遊べるのは、嬉しいですよね!
うちの仔たちは、常にノーリードにしないで、人の多いところでは、わざとリードを着けて散歩します。そうすると、ノーリードの仔が寄ってきて、困ることが多々あります。脚側行進をさせているときだと、台無しにされますからね。。。 でも、リードなし同士のときは、犬たちで色々な話し合いがあるようですね。(^-^) マナーのない仔は怒られますが、それをオーナーがどう理解するかで、人間同士の問題になったりしますね。日本には多いようです。。。
ドグー・デ・ボルドーは、確かに強面なのですけど、とっても優しいです。ショーに出ている仔がお友達にいるのですけど、もう、もの凄いお顔!(^◇^;) でも、可愛いです。ただ、そんな仔でも公の場でノーリードにはしないようです。この手の仔と生活している人は、広大なお庭もあるみたいなので、公の場ではリードしているらしいです。保護者さんは、彼が一吠えするだけで嫌われてしまうって、悲しそうに言ってました。
Commented at 2012-10-19 23:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by monika914 at 2012-10-20 03:13
★Yokoさんへ
犬との信頼感にはアイコンタクトがとっても大切ですよね。
一緒に散歩している犬を無視して携帯電話に忙しい飼い主を見かけるとちょっと悲しくなります。
アレルギー、辛いですね。 私は芝生のアレルギーで5月頃になると症状が出るんですが 今年は軽症でした。
河口湖で楽しい週末、ガールズ達と自然を満喫してきてくださいね。
Commented by monika914 at 2012-10-20 03:20
★chaco-oさんへ
このシェルティーは飼い主が途中で変わってるんです。
最初は けっこう高齢のお婆さんと一緒に歩いてましたが、どうもお婆さんが亡くなり 娘さん?家族が引き取ったようです。
日本でも土佐犬など闘犬として有名ですよね、 現在は禁止されてますが闇で闘犬が行われてる国もあります。
まさしく人間の犠牲になってる犬達でむごく悲しいです。
Commented by monika914 at 2012-10-20 03:42
★B&Jさんへ
我が家も普段の歩中では ほとんどノーリードなので、たま車道脇をリードつけて歩いたり、街中へ連れて行ったりしてます。
日本ではドッグラン(ドッグパーク)と言う決められた枠の中でたくさんの犬達が集まるから色々な問題が起こるのでしょうね。
こちらでは公園で遠くに相性が会わない犬を見かけると お互い避けるようにしたり出来ますからね。
ドグー・デ・ボルドー、確かに味わいのある顔とも言えるかも。
でも大きくてこの形相だと 犬を知らない人達には恐がられても仕方ないかもしれません。
飼い主が自分の犬の事を良く理解し 上手にコントロール出来るって事が一番大切ですよね。
Commented by monika914 at 2012-10-20 03:44
★鍵コメさんへ
私も楽しかったです。
銭形平次ですか~、私も見てみたかったです(笑)
メールしますね。
Commented by 添え状のダウンロード at 2013-01-31 16:20 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
<< 我が家でランチ & カードゲー... 小熊に遭遇?? & 冬支度 &... >>