義母&息子の誕生日 ~ 幸せな人生ってなんだろう

5月31日(木)は義理母&息子の誕生日。
息子は義理母の70歳の誕生日に生まれ今年22歳、義母は92歳。

平日だったが 夫は午前中だけ仕事をして私、娘、ナナと共に車で故郷へ。(車で3時間)
息子は大学が休みではないので 迷っていたようだが
「お祖母ちゃんと一緒に あと何回誕生日を祝えるかわからない、、、だから行く事に決めた」と マインツから直接来た。

そんな優しい息子の気持ちに胸がジワ~っとなるが、 行けば自分も親類からプレゼントがもらえるだろうという息子の期待も承知の助 なのだ。

義母は 長男の次に生まれた長女を幼児時代に病気で亡くし、5人目の末っ子(私の夫)がまだ幼い時に夫を亡くし、それから再婚せずに4人の子を育てた。
人間にとって何が一番不幸で辛く悲しいのか、、、 答えは無いが、若くして子供そして夫を失う悲しみは私には量りきれない。
そして昨年 長男が亡くなり、 義母は2人の子供に先立たれた事になる。


けれど子供、孫、ひ孫、親類達に囲まれ92歳の誕生日を祝福され 義母の笑顔は幸せに満ちていた。
幸せな人生ってなんだろう、ってふと考える。
誰にでも共通する幸福もあれば異なる幸福感もあり、それは不幸に関しても同様だと思う。

どんなに辛く悲しい不幸を味わっても 笑顔を取り戻せれば幸せなのかもしれない。


c0211876_0295521.jpg

         私達が着いたらテラスでコーヒー&ケーキタイムがすでに始まっていた。
                   全て 義理姉達の手作りケーキ。

c0211876_5534413.jpg

    昨年の義母の誕生日同様 マイク(ワイマラナー)&チリ(ジャックラッセル)も来ていた。
      マイクはナナへのお尻への挨拶と あちこちでのマーキングに忙しい。
      
c0211876_5553966.jpg

   飛び回っていたお転婆チリも 義理姉のコマンドでやっと伏せをして 3犬会談の始まり?

                  
誕生日ディナーは屋内なので犬達は車内へ移動のはずが (定期的に来るヘルパーさんが犬毛アレルギーの為) ナナだけ一緒に室内へ入る事を許された。   これって不公平では?と思ったが誰もがナナは落ち着いて静かだから いいんじゃない、と納得。
犬毛に関しても その晩そこに泊まる義理姉が「明日ちゃんと掃除するから大丈夫よ」

私達家族は 別の義理姉の家に泊まり、翌日の金曜日に息子も一緒に帰宅。
息子にとって約2ヶ月振りの帰省、久し振りの家族4人の食事。
息子にリクエストを聞いたら、、、、大好物の酢豚
きっと食べきれない、と思うほどの量を作ったけれど 残ったのは小皿1枚分。

食後 娘も息子もそれぞれ友達と出かけ、何時に帰宅したか分からないが 私が朝起きて冷蔵庫を開けたら入れておいた酢豚が消えていた。
生ごみとして捨てられるより 息子の胃の中で消化される方が 酢豚も冥利に尽きるだろう。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-06-03 07:35 | 行事 & 風習 | Comments(8)
Commented by Yoko at 2012-06-03 12:48 x
義理母さま&息子ちゃんのお誕生日、おめでとうございます♫
どんな理由であれ、お年を召したおばあちゃまのお誕生日に駆けつけてくれるなんて、やさしい息子さんですね。

そしてナナの落ち着きようにもビックリ…

写真を見るとカラーをしなくても大丈夫なんですね…いいなぁ
私達も常にカラー無しの生活をさせてあげたいねって話します。
震災以後はもうカラーは絶対の必需品になってしまいましたが…
Commented by ranranlabra at 2012-06-03 16:10
義母様と息子さんお誕生日おめでとうございます^^

ナナママさんの言葉にご苦労があったろう義母様の92年間が
うかがい知れますが、仰る通り笑顔は取り戻せるのだと
勇気が沸いてきます・・・
それは勿論ご本人の努力もあっての事であろうと思いますが
今は皆さんにこうして92回目のお誕生日を祝って戴けて
お幸せなんだなぁとしみじみしています^^

生きていれば良い事も辛いことも色んな事があるでしょうが
それが人生なんですね^^

この歳になってもお勉強する事沢山あります^^;

ありがとうございました^^
Commented by B&J at 2012-06-03 17:46 x
こんにちは〜★
息子さんと義母さんのお誕生日が同じ日なのですね?おめでとうございま〜〜す!!
22年前の義母さんにとっては、最高のプレゼントになったのですね☆

義母さんは、ご苦労が多かったのですね。。。
戦後の混乱も経験されているし、ご主人にも先立たれて、子供さんも亡くすなんて、何が彼女を気丈に前進させたのか、教えていただきたいです。

犬の毛アレルギー、、、風邪薬の開発も必要ですけど、このアレルギーを抑えるだけではなくて、治すお薬が、早く完全に開発できないものでしょうか。。。
いままで平気だったのに、急にアレルギーになってしまうことが困りますよ。。うちの息子とか、もう最悪です。でも、本人も家に着く2〜3時間前にアレルギーを抑えるお薬を服用してから来るようにしています。でも、完全とはいえないので、困ったものです。宇宙服が必要かも!(-_-;)
Commented by monika914 at 2012-06-04 21:53
★Yokoさんへ
お祝いのお言葉、ありがとうございます。
ナナは他の犬達と駈けずり回って遊ぶのは好きですが、 それ以外では何処へ連れて行っても あまりそわそわせず、落ち着いて坐ってます。
前飼い主から リードと首輪部分が繋がってる物 (レトリバー首輪?)を譲渡されたので 湖だけに行く時はそれを使う事が多く、フリーにすれば首輪無しの状態なんです。
Commented at 2012-06-04 22:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by monika914 at 2012-06-04 22:16
★B&Jさんへ
お祝いのお言葉、ありがとうございます。
義母の年代だと 悲しい体験をしながらも苦しい時代を乗り越えてきた方達が多いはずですね。
息子さんの犬毛アレルギー、ご本人も家族も辛いでしょうね。
私の知人もウサギを飼ってから、ご主人のアレルギー症状が出たのですが、やはりご主人が薬を使用してるそうです。
幼い子供の場合は 泣く泣くペットを手放す家族もいますから、効果完璧で副作用の無い新薬が開発されると良いですね。 
Commented by tawrajyennu at 2012-06-05 08:26
遅くなりましたが、お義母さま&息子さんのお誕生日おめでとうございます。
自分の誕生日に可愛いお孫さんが誕生したなんて、どんなに嬉しかったでしょうね。
辛いことがあってもこうした喜びがその悲しみを癒してくれ、笑顔を
取り戻せるのだと思います。
家族や親戚の方たちに92歳の誕生日を祝ってもらえるなんて
悲しみや苦労を差し引いても幸せなことだと思いました。
Commented by monika914 at 2012-06-06 03:42
★タワラジェンヌさんへ
お祝いのお言葉、ありがとうございます。
私の入院中の娘の事もあり、当時義母の家に滞在していて、義母の誕生日にケーキを焼く材料を買いに出かけたら急に産気づいて その日の夜 息子が生まれました。
やはり皆から「最高のプレゼント」って言われました。
93歳の誕生日もお祝いできたら良いのですが。
<< 復活したナナ吉 & 娘が名付け... 娘&ナナと湖へ >>