娘を心配した夜 & 日曜日のサイクリング


ウィーンで学生生活していた頃の娘は帰省する時 飛行機か電車を使っていたが、L市に移ってからは「車の乗り合い」を利用している。
ドイツ語ではMitfahrgelegenheitenと言いhttp://www.mitfahrgelegenheit.de/
で簡単に捜せる。
車だけでなく 電車でも複数の方が安いチケットがあり、その仲間集めする事も出来るので このサイトを利用する人(主に学生達)が多いらしい。

車の場合 同乗者が車の持ち主に決められた金額を支払うのだが、娘の場合片道約200kmで10ユーロから12ユーロ。
安いのだが、親としては他人と同乗して はたして大丈夫か?という心配もある。
しかし 運転手(車の持ち主)は 車ナンバー&身分証明を このサイとに登録しなければならず、心配するような事件が起こる事はまず無いのだそう。
それに運転手と二人だけでは無く、たいてい同乗者は複数。

という事で 余計な心配はしまい、と思っていたのだが、
先週の水曜日に娘の電話で 「XXスーパーの駐車場で車を降りるから迎えに来てね、 たぶん夜9時頃になると思うけど 正確な時間は又連絡するから」
しかし夜10時になっても電話が無く、娘の携帯にかけても通じない。
普段は何事も私より ゆったり構えている夫も落ち着かなくなり、「とにかく その駐車場へ行ってみる」と家を出ようとしたが 私は「もしかしたら 車を降りる場所が変わったかもしれないし、もう少し待って又電話してみてからにしよう」と 夫を止めた。

それから心が落ち着かない時間が過ぎていき、又電話しようと思ったら玄関のチャイムが鳴り、急いでドアを開けたら娘が立っていた。
安堵感が体中を駆け巡り、娘をハグ。

娘の話によると
他の同乗者達が集合場所に遅れて来て、おまけに車の上に自転車を乗せていた為 速く走れなかった。  運転手の行き先が我が家と同じ方向なので 家の前まで送ってくれた。

「同乗車達とも話がはずんだのよ」という娘に 「これからは時間が遅れる場合は絶対連絡するよう」 言い渡した。

                          親の心 子知らず


        ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

日曜日の朝 娘はナナと散歩して軽い朝食後 又同じ車の乗り合いでL市へ向かった。

私と夫は 又サイクリング。
特に行き先を決めず走っていたが、ボーデン湖沿いHegneのキャンプ場で休憩。(我が家から11km)

c0211876_5325630.jpg

c0211876_5343744.jpg

c0211876_535399.jpg


c0211876_5394960.jpg

c0211876_5401937.jpg
キャンプ客以外でも利用できる軽食店にて カリーヴルスト(カレーソーセージ)とフライドポテト。

これはドイツの典型的軽食の一つだろう。





c0211876_5503333.jpgc0211876_551167.jpg
c0211876_552254.jpg














黒いオートバイ以外の2台は固定されていて
キャンプ場の珍名物??

面白いけど 我が家の庭には置きたくないわ。




我が家のすぐ近くにもキャンプ場があり、これからのシーズン 益々賑わってくる。







c0211876_655222.jpg

                      今日の ナナ姫


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-05-22 06:13 | よもやま話 | Comments(10)
Commented by クリステル at 2012-05-22 10:08 x
意外と子供ってそういうところありますよね。
ほんと親の心子知らずです。(笑)
でも何事もなく無事で何よりでしたね。

こちらも今の季節、サイクリングするにはいいですよ。
ちょっと日中は暑い日もありますが、汗ばむくらいが気持ちいいかも。
そちらはもう泳いでる人もいるんですね。

ナナ姫のチラ見した顔が何ともいえず可愛いです♫
Commented by b-and-j at 2012-05-22 17:07
こんにちは〜★
その昔、学生の特権とも言えたのがヒッチハイクでしたが、もうほとんど見かけなくなりましたね。。。
数年前、アイスランドの火山噴火で火山灰を巻き込むからと、飛行機が全面的に欠航になったことがありましたが、息子はドイツのフランクフルトにいて、帰国予定日には大事な仕事があったので、こまった彼は、お嬢さんと同じことをして、帰ってきました。事情が事情だったので、割高にされたようですが、何とかオランダからドーバーと繋いで帰ってきたのを思い出します。
携帯電話とWiFiには感謝しています。連絡がないことって、心配が10倍になりますよね! これが娘だったら、もっと心配していました。

サイクリングが楽しい季節ですよね☆
これからボーデン湖の周りは賑やかになりそうですね!
Commented by mucci194 at 2012-05-22 18:10
全くもって親の心、子知らずですよね。
娘さん、ご無事で何よりでしたが、もに香さん達の心境を思っただけでもドキドキしました。Mitfahrgelegenheitenは主人の職場の若者(元ドイツの大学生)もよく利用するみたいです。便利そうですが、やはり娘さんが利用するとなるとちょっと不安になってしまいますよね。

面白いキャンプ場の置物、、、庭に置きたくないのは私も同感です。(笑)
Commented by merurun-t at 2012-05-22 18:38
親の心子知らず。
確かにどうですね。私も海外で道を聞いたらその方向にいくからとのせてもらったり、無計画に船着き場から電車の駅までの距離を調べずいってしまったとき、駅までは歩ける距離じゃないと教えてもらい、ヒッチハイクしたなとおもいました。
若さゆえに怖さを知らない。
知らないからなんでもできましたね。
でも親の立場ならヒヤヒヤするんだなってもに香さんのブログを読んで改めて反省しました!
あれから十年ちょっとがたち少し親心もわかってきた気がします。
Commented by midasjenny at 2012-05-23 04:28 x
それは心配になりますよね。それでも今の時代は携帯電話があって、便利になりましたが、その便利なはずの電話が通じないと、不安も倍になる様な、、、(笑)。親の心子知らずって全くそうですね。と、言いながらも、私も若い頃、今では考えられない無謀な旅もしたり、、、。親になっていないのですが(笑)、子供が同じ事をしたら、きっと口うるさく注意しているんだろうなぁ、、と思います。

キャンプ場が賑わって来るシーズンですね。犬の散歩がちょっと大変になるシーズンでもありますね(笑)。
Commented by monika914 at 2012-05-23 04:45
★クリステルさんへ
私は「乗り合い」って聞いただけで心配だったんですが、夫はこういったサイトを通じての場合の事件は聞いた事ないし大丈夫だよって。
その夫の方が凄く慌ててソワソワしてました。
この日はショートパンツでサイクリングして気持ち良いほどの暖かさでしたが、湖の水温はまだ低いので私はまだ泳いでないんです。
Commented by monika914 at 2012-05-23 04:56
★b-and-jさんへ
私はイギリス語学留学中にヒッチハイクを初めてしました。
日本人の女友達と一緒だったのですが、乗せてくれたイギリス男性から「こんな事 危ないからしない方がいいよ」と説教されました。
でも娘の使う「乗り合いサイト」はヒッチハイクよりは安全だと思います。
携帯は電源が少なくなってたのでオフにしていたそうです。
息子さんも そんな事があったのですね。 
子供が何歳になっても心配する、って親である限り続くのかもしれませんね。
Commented by monika914 at 2012-05-23 05:03
★mucciさんへ
子供と言っても もう25歳の大人なんですが、やっぱり心配しちゃいます。
それに こういう時ってつい悪い想像をしてしまったりで、余計心臓パクパク。
こういうジョーク的な物って自分の家以外で見るだけで充分ですよね~。
Commented by monika914 at 2012-05-23 05:07
★メルママさんへ
私もヒッチハイク経験はイギリスだけ、 やはり海外に出ると変な勇気が出てしまうのかもしれませんね。
でも友人と一緒、それも短距離で、1人だけでヒッチハイクする勇気は無かったです。
今では自分が運転していて路上で手を上げてる若者を見かけますが、乗せる勇気もありません。
Commented by monika914 at 2012-05-23 05:14
★midasjennyさんへ
私もイギリス語学留学中に政情不安定だったイランに行ったり、親には随分心配をかけました。
娘に対して 黙って見守ろうって思っていても、つい口を出してしまう事もあります。
近くのキャンプ場は犬連れO.K.なので 常連犬以外の犬と出会う事が多くなるんですよ。
それはそれで楽しい時もあり、逆の時もあり、、、、ナナの犬社会勉強にもなるのかな。
<< 日本語が出来ない娘&息子 猫におちょくられた?ナナ & ... >>