娘の新生活 ~ 夫婦二人の生活 


日曜日の朝 夫&娘と共に家から北へ約200KmのLudwigsburg(ルードヴィグスブルグ)へ。
そこで娘の新しい学生生活が始まる。

学生寮は最低限の家具が付いているが、それでも衣類や雑貨用品他 運ぶ物が多く 車の中はいっぱいとなった。

娘の新しい住まいは ウィーンとは全く異なる環境で集合団地みたい。
部屋は5階でエレベーターが無いので 3人でエッチラオッチラ荷物を持って階段を上ったり下りたり。

部屋はウィーンのアパートより かなり小さいが、学生寮はこんなものだろう

c0211876_5511417.jpg


キッチン トイレ バスルームを共有する3人のルームメイト達も留守で、イースター休暇で寮に戻っていない学生が多いのか? 建物の中も外も静まり返っていた。

おまけにシトシト雨模様、グレイの空、、、、、永遠の別れじゃあるまいし、ウィーン時代に比べたら凄く近くなったのに なんだか憂鬱な気分。

でも娘の新生活の始まりの日なんだから! と笑顔でサヨナラして 夫&私は帰路についた。


息子も娘も家を出て、夫婦二人+ワン子の生活。

長年一緒に山超え谷超えしてきた中年夫妻としては もう高い山も深い谷もしんどいが、なだらかな丘ぐらいならお互い手を差し伸べて楽しく歩いて行きたいものだ。




ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-18 07:05 | 家族&我家 | Comments(7)
Commented by chaco-o at 2012-04-18 07:28
ご夫妻、そしてナナちゃんとの暮らし。
きっと穏やかで良い日々になると思います。
ムスメさんの学生寮って、学校所有ですか?
それとも個人?
日本にも、こういうのってあるのかなぁ・・・・?
最近聞くのは、仕送り(マンションの家賃)が高額だってことなんです。
一か月に12、3万円ですって。
ちょっとした稼ぎ分じゃないか!?と、驚いたんですが・・・・
これで驚くのはういけませんよね(苦笑)
将来はムスメを海外の大学にと思うんですから。
そうなると・・・・、あぁ・・・・考えたら気が遠くなります。
Commented by merurun-t at 2012-04-18 13:41
息子さん、お嬢さんと離れた暮らし。寂しいですがでもナナちゃんがいて穏やかながら楽しい発見がありますよね。我が家も主人と離れていますが、2ワンズに和まされ癒され笑わされています。
山越え谷越え。しみじみ考えました。結婚して数年ですがこれから頑張らないとなぁ…と思いました
Commented by monika914 at 2012-04-19 01:55
★chaco-o さんへ
娘も息子も学生生活してる間は帰省する事も多いと思いますが、子供達に居ない我が家は広く感じます。
学生寮は個人所有ではありません。
日本は入学費等 とにかくお金がかかりますよね~、ドイツの大学は全て公立で入学費は無く、授業料は州によって異なりますが日本に比べたら断然安いです。
しかし日本のように どんな成績でも入ってしまえば出れる大学では無く、入る門は広いですが出る門は狭いのです。
そして日本のように とにかく大学さえ出ればどうにかって言う社会ではありません。
Commented by monika914 at 2012-04-19 02:01
★メルママさんへ
子供達が揃って居なくなって ちょっと寂しいですが、すぐ慣れると思います。 それにちょくちょく帰省すると思うので。
やっぱり愛犬の存在は大きいですよね。
家で一人でもヒトリって感じないですから。
Commented by b-and-j at 2012-04-19 04:44
こんばんは〜★
お嬢さん、お休みが終わって、新しい宿舎に行かれたのですね。。。
今までよりも若干近いのは、ちょっと安心ですけど、息子さんも、とうとう独立ですね。。。でも、お休みが取れるときはすぐに帰ってきてくれますよ!
一歩遠くから見ると、成長が凄くよく分かりますよね。
今は私も、帰るとホッとすると言ってくれるのが嬉しくて、来るのが楽しみです。ただ、私の子供達は兄妹一緒に帰ってくれることは、1年に1回くらいなのが残念。。。
夫婦とワンズ、若い頃とはまた違う良さがあって楽しめますよ☆(^_-)-☆
Commented by monika914 at 2012-04-19 04:58
★b-and-jさんへ
ウィーンは日帰り出来る距離では無かったけれど 今度は日帰り可能な所なので母としては何となく安心なんです。
いずれは娘も息子も社会人となり 家庭を持つようになったら自分の家が一番って思うようになるのでしょうが、それ迄は実家に帰省してホッとしてくれると私も嬉しいです。
一方では夫&ナナとの時間を大切に暮らしたいと思います。
Commented at 2012-04-19 07:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< たそがれ ナナ兵衛 誕生日 & 友人達と一緒に日本食 >>