別世界~ナナとの毎日 & エイミー(動画)

我が家に着いた土曜日、 一息ついたら散歩をしたくなった。
すでに夏時間なので 夜7時過ぎても まだ明るい。

娘と一緒に夕方の散歩を終えているナナだったが、玄関を開け呼ぶと 喜んで駆け寄ってきた。
そしてナナと一緒にボーデン湖沿いを散歩。

あ~静かだ~、 日がくれる前の湖を眺めながら 思い切り深呼吸 なんて心地よいんだろう。
1日前まで居た日本とは別世界
母の回復状態が気になりながらも、 一方では日本在住の日々が とても遠い事のように思えた。

勿論 日本にだって同じような環境の地もあり 美しい景色もたくさんある。
しかし実家に滞在中は のんびり自然の景色を満喫出来る場所へ行く時間もなく、 毎度の買い物は実家から歩いて15分ほどの賑やかな商店街。
子供達が小さい頃の帰省中、 子供達を商店街に連れて行くと娘が「お祭りみたいね」と言ったっけ(笑)

そんな賑やかさが 私にとっても心地よく、まだ友人も知人も少ない静かな生活(ドイツ)に戻るのが凄く寂しかった。
それが今では逆の心境、、、、それは前回のブログにも書いたが。

c0211876_1930405.jpg

                  毎日 湖沿いや森の中を散歩し
c0211876_19315394.jpg

             ナナがワン友達と戯れる姿に 思わず顔がほころび

c0211876_1945267.jpg

         初めて出会う犬と見つめ合うナナ、 そんな姿をしばらく眺めていたり

c0211876_19495826.jpg

            テレビを見ていても ついナナに目が行ってしまったり
c0211876_1950567.jpg

                 ナナの寝顔に 顔を近づけたり

私の毎日の生活の中に 当たり前のようにナナが居て、私にとって 大切な存在になった。



エイミーも同じだった。 そのエイミーの一周忌 4月5日は実家にて。
姉も来ていて、一緒に母の世話をしたりドイツ帰国準備の荷造りを始めたり、 あの長く辛い日とは全く違う短い1日だったが、夜ベッドに入り心の中でエイミーに話しかけた。




エイミー、あなたの事がまだまだ恋しい、 けれど あなたが居なくなってから出来た心の大きな穴は だいぶ閉じてきたよ。

エイミーのような ふさふさモフモフの毛は無いけれど、エイミーのように声を出して私に話しかけてはこないけれど ナナが日に日に愛おしくなってきてるよ。
これからも どんどん その思いは溢れてくるだろうし、ナナが楽しく幸せな犬生を送れるよう支えていくね。

私とエイミーが そうだったように、、、、、、。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-04-13 21:26 | 愛犬と暮らす | Comments(10)
Commented by クロワッサン at 2012-04-14 00:14 x
エイミーちゃんが天国へ旅立ってからもう一年経つのですね!
早いように感じますがもに香さんとってはどうだったでしょうか?? 今は、ななちゃん無しの生活は考えられないですものね~。

日本での慌しい毎日から静かなドイツでの生活に戻り、ほっとひと息ですね。お母様との貴重な時間、介護の大変さ、お姉さんへの感謝などなど・・・今回のお里帰りはいつもと違っていましたね。お会いできずにちょっぴり淋しかったですが、次回を楽しみにしています。 お母様も徐々に歩行練習頑張られている様子で
安心しました。
Commented by midasjenny at 2012-04-14 03:52 x
もに香さん、お帰りなさい♪ 今回の日本滞在はお母様の看病だったんですね。今回も長い滞在でお母様もさぞ喜ばれた事でしょう。ドイツでの普通の日々が戻ってきて、ほっと、、、と言う気持ちも良く分かります。「ここ」が自分の地になっているんですよね。

エイミーちゃんが旅立ってもう1年なんですね。どの仔もかけがいのない仔ばかり。肉体は側に居なくても心の中では何時も一緒。そして今はナナちゃんが、エイミーちゃんと同じ様に、もに香さんの心を幸せでいっぱいにしてくれていて、本当に愛おしいです。
Commented by b-and-j at 2012-04-14 06:15
こんばんは〜★
ナナちゃんがとっても楽しそう☆ やっぱりママが帰ってくれたことが嬉しいのでしょうね〜♡(^_^)v

私の親しい友人夫妻が昨日帰って行ったのですが、また来てね!という言葉だけですみました。いつの間にか「ここ」が自分の場所になっていたように思います。故郷は遠くにありて思うもの・・・なのかもしれませんね。

エイミーちゃんの一周忌だったのですね!
まだ、ついこの間のように感じられると思います。きっと空から、もに香さんを暖かくも守っていると思います。
自分の代わりではなく、新たな家族となったナナちゃんのことも、妹として見守っていることでしょう!(*^_^*)
Commented by tawrajyennu at 2012-04-14 21:21
こんばんは!こんな風にわんちゃんたちが遊べるところがあって
良いですね。
のびのびと遊べてわんちゃんたちも楽しそうです。
私もついつい寝ている姿が可愛くてほっぺをくっつけたりしちゃいます。

エイミーちゃんが虹の橋を渡ってもう1年になるのですね。
そんなに経っているなんて思えませんでした。
ナナちゃんが居てくれてエイミーちゃんも安心して
天国ですごしているんじゃないかしら。
Commented by Yoko at 2012-04-14 22:30 x
エイミーの一周忌だったんですね…寂しいね。
私にももぉすぐティピの一周忌がやって来ます…もう1年がたったなんて思いたくもない…そんな自分も居ます。
でも日々の生活の中ではチャムやルナに心底癒されてます。

お子様達が日本の商店街を『お祭りみたい』って仰ったって言うのが本当にあたってるって主人と笑ってしまいました。あのお祭り騒ぎが人間にとってとても良くないんだと私は思います。
静かな湖畔をお散歩するもに香さん…想像するだけで私まで気持ちが落ち着いて来ます。日本のお疲れもナナとのお散歩できっと直ぐに取れていくわね。
Commented by monika914 at 2012-04-16 04:51
★クロワッサンさんへ
1年間の中で 時がゆっくり感ずる事もあれば長く感ずる事もありますね。
でも過ぎ去ってしまった時は やはり短く感じます。
今回お会いできなかったけれど次回の再会を楽しみにしてますね。
ブログ応援、いつもありがとう。
Commented by monika914 at 2012-04-16 05:00
★Jennyさんへ
日本滞在が終わりに近づくにつれ、母の傍にもっと居てあげたいって気持ちと 早くドイツの我が家に帰りたいって気持ちの両方で複雑な心境でした。
パッチーの時は心の準備が出来ていて自宅でお別れ出来たけど、エイミーの時は急だったので あの日の事を想うと未だに切ないです。
Commented by monika914 at 2012-04-16 05:14
★b-and-jさんへ
昨年春の里帰りはエイミーの死後すぐだったので、環境の違う日本での生活は私を悲しみから 少し救ってくれました。
私が急に それも長く居なくて きっとナナは不安だったと想いますが、その間 一緒に居た娘との絆が深まったように感じます。
Commented by monika914 at 2012-04-16 05:25
★Yokoさんへ
エイミーの死、そしてナナとの出会いにより 
「過ぎ去る日々が別れの悲しみを徐々に癒し、共に居る日々が愛おしさを どんどん増す」 という事を実感してます。

たとえ自分が育った家でも 今はもう自分の家では無く、家族と愛犬が居る家が 一番、 そう思える事って幸せなんですよね。
Commented by monika914 at 2012-04-16 05:52
★タワラジェンヌさんへ
日本でも田舎の方へ行けば 同じような環境だと思うのですが、それでも犬をノーリードで遊ばせるって難しいのでしょうか。
我が家付近の湖沿いの散歩道や森の中では リード付きで歩いてる犬の方が少なく、ほとんどが自由に走り回っています。

そうなんです、、、エイミーが逝ってもう1年。 その直後はエイミー以外の犬は愛せない、エイミーが犬の全て!みたいに思ったりしましたが、今ではナナを掛け替えの無い存在と思えるようになりました。
そんな私をエイミーは優しく笑って見守ってくれてると確信してます。
<< 誕生日 & 友人達と一緒に日本食 母の介護 & ただいま~懐かし... >>