ブロ友さんとランチ & 急に決めた里帰り~母の介護


水曜日はスイス在住ブロ友さん、mucciさん&Sさんと 約9ヶ月振りに再会し、一緒に達美でランチ。

前回(6月末)は テイクアウトした散らし寿司を我が家で食べた。
c0211876_738155.jpg

今回 私は天ぷらうどんセット。  デザートに抹茶アイス。

mucciさんとお会いするのは 数回目なので、ブロ友さんと言うより 普通のお友達感覚になってきた。

続けて今日(木)のランチも達美にて。
息子が いよいよ学生生活をマインツ市で始める事となり 明日 家を出るので久し振りに家族揃ってランチしようとなったが あいにく夫は仕事の都合で来れず。

息子はたいてい うどんセットを食べるのだが、いつも私が気になっている、、と言うか呆れてる事がある。
それはウドンと一緒に運ばれる 山椒、柚子、七味唐辛子、3種の粉末を全て入れる事。
普通 七味だけでしょ? ま~七味&柚子は許容範囲だけど それに山椒を加えるって いったいどんな味になるわけ??

そういえば 楽天ブログ時代に味おんちについて書いた事を思い出した。
読んでみたい方を どうぞこちらを  ⇒ 私の家族は味覚おんち



夕食は息子の希望でカツカレー。
気持ちにカツを入れて 学生生活をスタートしてもらいたい、、、、おばさんギャグでした。


       ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

数年前から 年に一度、一人で里帰りしている、これからも両親が生存中が続けるつもり。
たいてい春で 今年も5月から6月を予定していた。
しかし その頃、娘も息子も居ないので 一番気になり心配なのはナナの事。

3~4週間、朝の散歩は夫が出来るにしても 仕事で遅い帰宅もあるだろうし 急な出張もあるかもしれない、 夕方の散歩はどうしよう、 近所のSさん(ネルソン君の飼い主)に頼むとしても 期間が長いしSさん家族も泊まりでの外出もあるだろう。
それに昼間 ナナをず~~っとヒトリにさせるのは あまりにも可愛そう。

それなら 娘&息子が帰省する夏にしようかな~でも 日本の蒸し暑さは辛いのよね~と 話していたら、娘が「私が4月中旬まで居るから 3月中に行けば?」

急いでネットでチケットを捜し、 いつもと同じチューリッヒからのダイレクト便で来週里帰りする事になった。

それを知らせる為 実家に電話をしたら姉が居て、 そして知った事。
つい最近 母が転んで膝蓋骨(膝の皿)にヒビが入ってしまい ギブスで足を伸ばしたままの状態、入院せず自宅療養となった。
普通なら健康な方で足でケンケンしたり出来るが、母は人工股関節で、体力もないし一人では立てず介護が必要。
現在は姉が仕事を休み介護している。
そんな訳で 今回の里帰りは母の介護が主になるだろう。

これ迄 父母が入院したり その他助けが必要な時に傍に居れず、全て姉任せだったので 今回母の助けになる事が出来るのは むしろ嬉しい。
今年の里帰りを3月に決めて 本当に良かったと つくづく思う。

c0211876_8453333.jpg

       ナナ、 ちょっと長いけど パパ&お姉ちゃんと一緒に 留守番よろしくね



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2012-03-09 09:03 | よもやま話 | Comments(12)
Commented by tawrajyennu at 2012-03-09 10:07
こんにちは!
息子さんがうどんに七味と柚子と山椒を全て入れるとのこと、
これってありかもですよ。
我が家に柚子七味っていうのがあるし、七味の中には
もちろん山椒も入っていますしね。
ただ、それぞれ入れると個性が強すぎるかもですね(笑)

私たちの年代になってくると、親の介護という問題が
のしかかってきますね。
私も義母の介護が始まり、自宅を空けることが多くなってます。
夫は行ったきりですし・・・でも、これはリタイアしているから
出来ることかもしれません。
もに香さんのように海外に住んでいらっしゃると、親のこうした
問題に直面した時、もどかしい思いをされるでしょうね。
日本に住んでいたって離れていれば同じ状況だと思います。
日本では親が年を取って来た時、子どもがいれば
子どもが世話するのが当たり前のようなところがありますが、
自分たちの時にはそれはあてにしては行けないと自分に
言い聞かせています。
介護が必要になったときは自ら施設に入るという勇気を
持つべきと友達と話しているんですよ。
久しぶりの日本でのお母様との時間、大切に過ごして下さいね。
ナナちゃんともに香さんのお写真、とても素敵!
Commented by merurun-t at 2012-03-09 19:38
Monikaさん
お子さんが出られて家族が少なくなると留守心配ですよね。
我が家も旦那は海外、私も出張があるので万が一のことをかんがえると困ります。
今年は少し早いですがでも逆によかったですね。
お母さんのそばにいれる。
お母さんもきっと回復がはやくなるでしょうね☆
ナナちゃんに会えないのは寂しいですが名一杯親孝行してきてください☆
Commented by mucci194 at 2012-03-09 21:46
私にとってももに香さんはすでに普通のお友達感覚ですよ。(^^)
というかもう普通の友人より私の日々の様子を把握されてるし。(笑)
前回のランチは昨年6月末だったんですね~(ブログって便利。^^)
今度こそうどんセットに挑みたいです。

ご家族の味音痴のお話、くすくす笑いながら読みました。
青海苔=緑茶。確かに似てますね。(笑)

そのお子さんたちも巣立ちの時で、寂しくなると思いますが、
その分ナナちゃんと(ご主人も)の楽しい時間も増える事でしょう♪
(おフタリの写真、本当に素敵です★)

日本では十分な親孝行が出来そうですね。お母様も嬉しい事でしょう。
Commented by Yoko at 2012-03-10 03:55 x
私達の年頃ってやっぱり親たちの色々がついて回りますよね。
お母様への親孝行、十分に出来ます様に…。
でも、あんまり疲れないでね。
ナナはきっとお利口にお留守番してくれますよ♫
Commented by monika914 at 2012-03-11 06:26
★タワラジェンヌさんへ
山椒は香りが独特ですよね、 何せ息子の入れ方はダイナミックと言うかたくさん入れるんですよ。
遠くにいる両親の介護は「じゃあ、すぐ行くからね」って言える所に住んでいないので 辛いですね。
でも子供達が小さい頃に比べたら いつでも日本へ行く、という心構えです。
私自身がこうなので 子供を当てにする事が出来ないってつくづく思いますね。

Commented by monika914 at 2012-03-11 06:34
★メルママさんへ
子供達が親元から巣立って行くのは当たり前の事ですから、寂しいですがしっかり受け止めなければなりません。
最初の寂しさも時間が解決してくれます、そして夫婦二人の生活を愛犬と共に楽しんでいきたいです。
今度の里帰りで やっと本当の親孝行が出来るような気がします。
Commented by I. A-E at 2012-03-11 06:36 x
今夜更かししておりまして、お腹が空いているので美味しそうなウドンの写真が何とも堪えます。 私の第二の故郷であるボーデン湖の方に次回行ったら是非そのお店にも寄ってみたくなりました。お元気で里帰りされて下さい。 私は約2年毎に帰国していますが、直行便が出来て便利になりましたよね。 今はミュンヘン発の便を利用しますが、昔は私もチューリッヒから、でもパリ、北極経由、アンカレッジという凄い超長旅でした。 このルートの旅御存知ですか?  当時は幼い娘を連れて....母は強しと申しますが、最近は一人でも何だかしんどく感じますが、例年は娘の満30歳を記念して親子水入らずの旅を予定しています。 お嬢さんとナナの写真、とても素敵ですね。 御家庭の愛情一杯の御様子が心に響きます。  
Commented by monika914 at 2012-03-11 06:40
★mucciさんへ
次回は 又テイクアウトして我が家でゆっくりお喋りしましょうか。
あっ!でも、うどんセットのテイクアウトは出来ないんですけど。

そうなんですよ、これからは夫婦+ナナと一緒に 色々楽しい思い出を作っていきたいです。
Commented by monika914 at 2012-03-11 06:46
★Yokoさんへ
母の年齢だと のんびり隠居生活出来るのに、老夫妻二人だけの生活で母は全ての家事をこなしていたんです。
そして定期的に姉が訪問して 母には無理な事を手伝ったりで、私は姉に凄く感謝しているんです。
今回の里帰りでは 母だけでなく姉の負担が少しでも小さくなればと思っています。
Commented by monika914 at 2012-03-11 06:56
★I. A-E さんへ
イギリス語学留学した時の帰国便は南周りで2度乗り換えして36時間掛けて帰国しました。
若かったら出来たんだな~、なんだか懐かしいです。
ドイツからもパリ経由、ヘルシンキ経由、ロンドン経由と色々な航空会社を利用しました。 乗り換えは一度でパリ&アンカレッジ経由は経験ありませんが。
幼い子供達を連れての時は 寝た子を起こさない為にトイレを我慢して膀胱炎になってしまったり。
でも 一人で帰国するようになった この数年は体が楽なダイレクト便ばかりです。
親子水いらず旅行、、、いいですね~。 私もいつか実現させたいです。

最後の写真は娘ではなく、私とナナなんですよ。
Commented by ranranlabra at 2012-03-11 14:39
主人も私も両親を見送り寂しい限りです
どうぞお母様と貴重なお時間をお過ごし下さいね

ナナちゃんもきっと理解してくれると思います^^

お母様くれぐれもお大事になさって下さい
Commented by monika914 at 2012-03-12 22:35
★ranranlabraさんへ
両親を見送るっていつかはある事なんですよね、、、愛犬も。
夫側はまだ義母が健在、私側は両親が健在ですが どちらもいつ介護が必要になっても当たり前の年齢です。

ナナはきっと私を恋しがると思うのですが、娘との関係も深くなってるし大丈夫だと思います。
やっと 本当の親孝行が出来る 里帰りになりそうです。
<< 親離れ 子離れ & 庭で骨を齧るナナ あの日から もうすぐ1年 >>