イエローラブのパピー ~ アイカ animal



c0211876_5194887.jpg



生後まもない イエローラブの
パピー達。

薄茶色のリボンを付けてる
矢印の子の名はAikaアイカ(♀)
(書類上の名前)

可愛い~
でも ブサイク(笑)


c0211876_5284251.jpg

                目が開き 鼻も黒くなってきて
c0211876_5291220.jpg

                 すくすくと成長した アイカ
       
                    そのアイカは


                        


c0211876_5423043.jpg

最初の家庭ではロッティー、そして我が家でナナと言う名前に変わり ヘソ天姿で熟睡中       


EUパスポート(ペット用)に関しては 前飼い主に不信感を持ってしまったが(それに関するブログはこちら) ブリーダーからの書類他は ナナを引き取る際に受け取った。

その中に不鮮明だが ナナの子犬時代の写真コピーがあり、私にとっては とても貴重な物。

c0211876_614099.jpg





ママ犬&パパ犬

2009年 6月6日
夜中に生まれた
9匹のうち
1匹は死産だった

 
c0211876_664025.jpg









左側は体重記録

380グラムで生まれたナナは
8週間後には6250グラム。


右側は その他の雑記
予防注射記録の他

生後2日後に臍の緒が取れ
16日後に 目が開き
初めて庭に出した日、、、、
云々が 書かれている。


又 パピーの食事他の注意事項が 細かく書かれてあるコピーには 所々手書きで付け加えてある。

電話でしか話した事がないブリーダーだが、彼女のもとから巣立っていく子犬達への思い&愛情を感じる。

責任あるブリーダーは飼い主の事情で 犬を手放さなければならなくなった場合、引き取るか新しい飼い主を捜す手伝いをする。

しかしナナは2度と飼い主が変わる事はないだろう。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-10-13 06:43 | 愛犬と暮らす | Comments(18)
Commented by Yoko at 2011-10-13 08:37 x
ほんと…ナナはもに香さんの所に来て犬生がシッカリと変わりましたよね。
良かった良かった!!
ナナのベッドでの寝方…我家のガールズの寝方もそうなんだけれど、本当にリラックス〜って感じでこちらまで眠くなって来る…(笑)
Commented by mucci194 at 2011-10-13 16:59
パピー時代のナナちゃん、とっても可愛くてPCから手を伸ばして抱っこしたいです。
しかしこういった写真や成長記録などちゃんとあって、しっかりしたブリーダーさんですね。私もせめてパピー時代のギスモの写真が見たいですが、そういうのがなくて残念です。
ナナちゃん、最初の飼い主さんにはツイてなかったのでしょうが、言い換えればそれが縁でもに香さん家族の一員となれて本当に幸せなワンコ。
この安心しきった寝姿がその幸せぶりを物語ってますね♪
Commented by b-and-j at 2011-10-13 21:14
こんにちは〜★
生後間もないパピーたち♡ 可愛いけど、確かにブチャイクなんですよね!
それにしても、レスキューに出すことを決めるのって、ブリーダーのところに帰ってからじゃないのですね?それも、仔犬を買えるような金額を請求してきたんですか? 呆れた!(*_*)
私もこちらでレスキューに関わってますけど、よほど困っている方でもお金は請求しないのですけどね。。。

それでも、ナナちゃんはある程度の記録や両親犬までわかるので、色々なことが確認できて良かったですね。もに香さんに巡り会えて、一番喜んでいるのは、ナナちゃん自身だと思います。ちょっとだけ遠回りしてしまったんですよね。。。(^_-)-☆
Commented by midasjenny at 2011-10-14 02:44 x
もに香さん、やっぱり多頭飼いする事にしたんだ!とびっくり!! この可愛いパピーはナナちゃんだったんですね〜。本当に貴重な写真です。ナナちゃんの前の飼い主さんの様な人、残念ながら多いですよね、、。でも、結果として家族に大きな愛情を受けて育ててもらえるもに香さんのファミリーにやって来て幸せなナナちゃんです♪ ブリーダーさんの残された記録、良いブリーダーさんぶりが分かります。
Commented by chi---chi at 2011-10-14 12:16
はじめまして。
可愛いパピーちゃんのお写真に惹かれて遊びに来ました。
ナナちゃん、可愛かったんですね~^^今も可愛いけど^^
ドイツのブリーダーさんや犬に関しては、日本ではとても有名で
是非とも見習うべきだと言われています。
日本では・・・年間に何十万という子が処分されてしまうという酷い状態です。
生後間もない子犬を小さなケースに入れショップで販売し、生後3ケ月を過ぎても売れないと赤い字で「セール」と書かれます。
何度も何度も行政には掛け合いする多くの方がおられますが、一向に改善されることはなく、結局はズル賢い悪徳業者の力で現状のままです。
ドイツでは、本当に大切に犬が飼われていると思っていましたが・・・・
ナナちゃんの前の飼い主さんは?ドイツの方ではないのでしょうか?
ちょっと驚いてしまいました。
Commented by ミルキーママ at 2011-10-14 16:15 x
この子がナナちゃんですね(^O^)
ホント、可愛いです!コロコロと健康的(笑)
ブリーダーさんが細かく記載して下さっていて、愛情を感じます!赤ちゃんの時の様子ってなぜか知りたいです
兄弟の中でどんなだったのか、母犬の大きさや性格、気になりますね(^O^)

ミルキーは2年前に母犬に再開させました~大事に育てている報告を兼ねて…
お互いに嬉しい気分です(*^o^*)

ヘソ天寝のナナちゃん、もうずっとナナちゃんです
Commented by monika914 at 2011-10-15 06:05
★Yokoさんへ
ほんとに犬にとっても人間にとっても 出会いって運命&縁ですね。
私達の最初の訪問が少し遅かったら ナナは他の家庭に行っていたことでしょう。
もしかしたらブリーダー犬になっていたかもしれません。
ナナのヘソ天姿を見てるだけで幸せ~
Commented by monika914 at 2011-10-15 06:09
★mucciさんへ
でもギスモちゃんは パピーの時にmucciさん宅に来たんですよね。

ホントは前飼い主に もっとパピー時代の写真を送ってもらうよう頼みたかったのですが、、、電話もうしたくなくて、、、、、残念。
幼児もそうだけど 寝姿って本当に可愛いよね~。
Commented by monika914 at 2011-10-15 06:14
★Jennyさんへ
やっぱり そう思っちゃった? 
いつか多頭飼いしたいとは思ってるんですが、ナナとアジリティーも始めたし当分はナナ一筋です。  いつか 又縁があったらですね。
飼い主より先にコンタクトを取ったのが このブリーダーで、電話で話しただけですが とても良い印象でした。
体調の関係で もうブリーダーを続けられず、残念ながらナナを引き取る事は出来ないって言ってました。
Commented by monika914 at 2011-10-15 06:24
★chi---chiさんへ
マイブログへの訪問 ありがとうございます。

確かにドイツの動物保護法は日本も含め 見習って欲しいって思います。  動物保護センターに持ち込まれた動物も 基本的に殺処分はありません。
しかし残念ながらドイツにも動物虐待&無責任な飼い主がいます。

ナナの前飼い主(ドイツ人)に関しては動物パスポートに関しては 無責任でしたが、私達をとってもフレンドリーで迎えてくれたナナなので きっと可愛がってもらっていたんだと信じたいです。
Commented by monika914 at 2011-10-15 06:39
★b-and-jさんへ
ナナはレスキュー団体からではなく ブリーダーが所属している(いた)ドイツ ラブラドールクラブのHPからなんです。
パピー情報だけでなく成犬の欄もあったので それを開けてみたのが ナナと出会う運命となりました。

ドイツでは保護センターにしろ レスキュー団体にしろ高額ではないですが無料ではありません。 前飼い主は血統証付き、まだ2歳以下と言う事で 当然の額だと思ったようです。 実は2歳半で来たエイミーの時もパピーが買える位でした。
ナナの祖父母犬達からは英語名なので 祖先はイギリスかしら。

Commented by monika914 at 2011-10-15 06:44
★ミルキーママさんへ
今のナナを見てると パピーの頃から大人しい方だったのかな~って思います。
ナナと2歳近くまで一緒だった姉妹犬の事がちょっと気になるんです。
再会させたら きっと大喜びなんだろうな~。
もし私達が初めてナナを訪問した時 まだ姉妹犬と一緒だったら 絶対一緒に引き取っていました、 でもこれも運命ってものなんでしょうね。
Commented by b-and-j at 2011-10-15 07:32
再度お邪魔します。
イギリスでは手放す人はお金を要求していないようです。 ほとんどの純血種の仔はオーナーが飼えなくなるとブリーダーのところに帰ることが多く、その後、もう一度ペットとして里子に出る仔は、やはりお金での取引にはならないみたいです。
レスキューという扱いの場合は、レスキュー団体への寄付金として、上限なしで寄附されます。
ナナちゃんのケースもクラブに寄附されたのなら理解出来るのですけどね。。。

ドイツでもスウェーデンなどのスカンジナビアでも、英語名にすることが多いようです。
どちらにしても、レトリバー種のほとんどが英国原産なのですが、まだまだイギリスから輸入しているヨーロッパのブリーダーさんが多いみたいですね。
Commented by ranranlabra at 2011-10-15 11:18
こんにちは^^

我が家のナナは7年前の1月に10頭の可愛い赤ちゃんを
がんばって産んでくれました。本人(本犬?)の意思とは
関係なく、ただただ父ちゃん&母ちゃんが可愛いナナの子供を
欲しかったのです。

だからいまでもナナには大きな借りがあるような気がして
本当にナナには感謝しています。
10頭のうち一番小さな男の子は3日後に残念ながら亡くなって
しまいましたが、残りの9頭はいまでも新しい飼い主さんの元で
幸せに暮らしています^^

しかし出産後、最期の胎盤が出ていなかったので
もうちょっとでナナの命も危なかったというハプニングもあり
犬のお産は軽いという話を鵜呑みにしていた私達の認識の甘さに
反省する事しきりでした。

あんな大変な思いで出産させるのだから、母犬は勿論
新しく生まれ育つ大切な命を人間の都合で決して軽んじては
いけないと、ナナの出産や子育てを通して痛感しました。

monika914さんの家族になれたナナちゃんは本当に幸せです
安心しきった「ヘソ天」姿に心の底から癒されました^^
Commented by mucci194 at 2011-10-15 18:30
またまた失礼します。
ギスモはパピー時代(生後3ヶ月)に我が家に来たんですが、それ以前の生まれた直後の写真もみてみたかったなぁ・・・と思って。(^^)
そういった写真を渡してくれるブリーダーさんもいるようですね。
Commented by monika914 at 2011-10-16 20:31
★b-and-jさんへ
ラブラドールのHPにブリーダーの名のもとに里親募集が出ていたナナですが、条件等は飼い主との話し合いって事だったのです。
売主によっては「無料なら もらっちゃおう」みたいに気軽に考えてもらいたくないって気持ちもあるのかもしれませんね。
Commented by monika914 at 2011-10-16 20:50
★ranranlabraさんへ
ナナに避妊手術を受けさせる前、実は迷いました。
いずれは手術をと考えていたけれど その前に一度だけ子犬を生ませたかったのです。 そして その中の1匹を手元に残すって。
でも家族から大反対され、やはり夫の協力も必要となるでしょうから、諦めました。

愛犬の出産&子育てを体験した方は、愛犬共々大変だったでしょうが、一方では生命の誕生にたずさわる素晴しい体験と思いを得られたのではないでしょうか。
ナナちゃん 頑張りましたね。
Commented by monika914 at 2011-10-16 20:57
★mucciさんへ
ブリーダーさんも色々ですね。
今は写真も簡単にPCで送れるから 生後の写真等をHPに載せたり子犬希望者に送る人もいるようだし。
ギスモちゃんの写真も まだ保存してあるかも??

<< 衝動買いした犬達? & 愛犬を... 初めてのアジリティー >>