娘を見送り 長い散歩の日曜日 & 動物レスキュー


日曜の朝 ウィーンへ発つ娘を 夫と共にチューリッヒ中央駅で見送った。
我が町から チューリッヒ迄 約70Km。
チューリッヒからウィーンは 乗り換えがなく約8時間。

c0211876_318391.jpg

c0211876_3194971.jpg

赤い袋の中のランチボックスに入ってるのは 私が作ったおにぎり他。
「サンドイッチとおにぎりと どっちがいい?」って聞いたら 「おにぎり」、、、、そう言うと思ったわ。

ギュ~ギュ~に詰め込んだバッグは凄く重いけど ウィーン駅には友人達が迎えに来てくれるって聞いて 安心。

c0211876_3381844.jpg

                      電車の2等席

3年前 初めて娘を同じ駅で見送った時は 涙が出てきたけど、今はもう平気。
娘を出迎えたり 見送ったりに すっかり慣れた。
でも やっぱり最後のさよならのハグ&キスには いつも胸がキュンとする。

土曜日は高校時代の友人達を我が家によんでブランチ、その後 ナナを連れ友達と街中へ行った娘。
ナナもすっかり娘に慣れた。
家を出る時 ナナを撫でながら  「クリスマス前に来るからね~、私の事忘れないよね~」


最近 午前中は霧がかかり肌寒く 昼頃晴れきて暖かくなるという日が続いている。

日曜の午後の散歩は ナナにとっては初めての方面。

c0211876_4401395.jpg

                  なだらかな坂を 歩いて
c0211876_4405152.jpg

              見下ろした ボーデン湖が綺麗だった。

c0211876_4415445.jpg


c0211876_4454160.jpg

                  いない いない ば~~~
c0211876_447056.jpg

            なんか すご~く迷惑そうな顔をされてしまった


      ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


カナダにお住まいのJennyさんのお友達&そのお仲間達が福島の動物保護のサイトを立ち上げ、 私も署名させていただきました。
              をクリックすると そのサイトへ行けます。

c0211876_522671.jpg


原発、20キロ圏内の動物達が助けを求めています。
レスキュー団体やボランティアさん達の力でやっと命を繋いでる子達もいるそうですが それにも限界があるでしょう。    悲しいです 辛いです。

でも たくさんの人々が署名や寄付といった形でサポートすれば 小さいサポートも大きな力となるはずです。


ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-10-04 05:53 | 愛犬と暮らす | Comments(12)
Commented by Miyanao117 at 2011-10-04 10:51
もに香さん、ご無沙汰しています!もう少しで、バタバタ状態が終わるので、そうしたら、もっと遊びにきますね。

お嬢様、お帰りになったんですね。。。やっぱり、お家の中ががらんとした感じで、寂しいことでしょう?でも、クリスマスはすぐ来ますよ。あと3ヶ月で年末ですもの!

↑のサイト、わたしも載せました。ほんとに、考えるだけで哀しさと怒りがこみ上げます。生殺しになっている動物たちのことを思うだけで、涙が出てきます。小さいことからスタートするしかないですよね。。。
Commented by midasjenny at 2011-10-04 11:43 x
もに香さん、Save Fukushima Animalsのご紹介、本当に有り難うございました。今迄、食餌を届けるなり、世話をするなり退去した自宅に戻る事は出来ていたそうなのですが、これからはそれも禁止されると聞きました。動物レスキューの為のかなりの額の義援金を提示した所、日本政府に受け取りを拒否されたと聞きます。結局外国から圧力を、、、というかたちになってしまいましたが、一刻も早く、置き去りにされた動物達を助け出せればと願っています。同じ動物飼いの身としては、何とも胸が痛い話です。

お嬢さん、お買い物いっぱいしたのでしょうか?大きなバッグがぎゅーぎゅーですね(笑)。またしばしのお別れですね。でもクリスマスまでもう3ヶ月を切りましたよ(笑)。あっと言う間です。
Commented by はちきんイジー at 2011-10-04 12:43 x
こんばんは

娘さんとのお別れ

短くても キュン となるんですね

そういうところが私はかけています

おにぎりを車内で食べながら お母さんのことを思うんでしょうね

娘さんも 母親になったとき 

子供たちにおにぎりをつくってあげるんですよね  きっと

今日 紅葉したおおきなはっぱをカメ君に持たせ

顔を隠させたんですよ

似たようなことしましたね

このサイト 明日の夜 おうかがいしますね

ご紹介ありがとう





Commented by b-and-j at 2011-10-04 17:06
こんにちは〜★
お嬢さんがウィーンに帰られたのですね。。。
私も昨日娘から電話で、日本食品店でカレー粉を買ってきたけど、・・・という愚痴のような内容でしたが。。。
私と娘は気軽に行ける距離なので、もっと行き来するかと思っていましたが、意外と電話だけですませていることに驚いています。
でも、ここから娘(息子も)が帰るときは、いつも「おにぎり」なんです☆ 

私の友人たちは、福島の被災犬のために千葉県にシェルターを作りました。お世話係用のプレハブ住居も建てて頑張っていますし、ワンズに関しては東京で一時預かりをして心のリハビリもしているのですが、とっても大変なようです。。。
こうやって世界中から応援してもらえると本当に心強いと思います!
Commented by monika914 at 2011-10-05 05:55
★モナさんへ
やっぱり娘が居なくなると静かです、 もう一人の娘に比べてかなり賑やかな子ですから。
福島原発問題は人間だけでなく多くの動物達が犠牲になってる事をもっと多くの人達が知るべきですよね。

モナさん、かなり忙しいのですね 体に気をつけてください。
Commented by monika914 at 2011-10-05 06:00
★Jennyさんへ
ペットだけでなく多くの家畜も飢え死にしたり放浪してる まさに生き地獄の中の動物を少しでも多くレスキューして欲しいと心から願います。

娘はいつも大荷物でやってきて大荷物をかかえてウィーンに戻ります。
これでも かなり実家に置いていった衣類などがあるんですよ。
ウィーンの方が買い物楽しめるのに やっぱりこちらでも何かしら買ってしまう娘です。
Commented by monika914 at 2011-10-05 06:04
★イジーさんへ
娘が社会人となったり結婚して家庭を持つようになったら私の気持ちも変わってくるのかもしれません。

電車の中で おにぎりを食べながら私の事を思う、、、そんな事は無いと思いますよ。 親が思うほど子供は、、、、ですからね。
Commented by monika914 at 2011-10-05 06:10
★b-and-jさんへ
息子さん&娘さんも「おにぎり派」なんですね。
うちも ご飯やお味噌汁が大好きです。 風邪引いて食欲無い時には味噌おじやを作ってあげたりしました。
ウィーンは700Km離れてるので もうちょっと近いといいんですが、近いとかえって会う機会も少ないものなのかもしれませんね。

日本で実際に現場へ行ったりして活動してる方々を応援すると共に感謝の気持ちでいっぱいです。
Commented by まるくる at 2011-10-05 12:38 x
もに香さんと娘さんのしばしのお別れ、この前、産後のお手伝いに来てくれたハハと2年ぶりの再会、そしてハハが帰った時のことを思い出して、せつなくなってしまいました。 お見送りの朝、わたし年がいもなく、涙ポロリポロでしたもの... 娘さんももに香さんが作ってくれたおにぎり食べながら、ホロリときてたんじゃないかな。 母親の存在って偉大だなって、つくづく思います。

私も先程、署名してきました。 福島の動物たちのことを考えると、すごく悲しい。 日本政府は何やってるんだって腹立たしくもあります。 私のブログでも取り上げますね。
Commented by monika914 at 2011-10-06 03:45
★まるくるさんへ
私も初めて両親が日本からドイツへ来て一緒に旅行したりして日本へ見送った時は もう悲しくて一緒に日本へ飛んでいきたい心境でした、、、、、その頃に比べたら すっかりドイツの地に根っこが生えてしまったけれど、母を思う気持ちは今も変わりません。
まるくるさんにとっても私にとっても日本は遠いですものね。
それに比べればウィーンなんて近いもんです。
日本では福島だけでなく毒ガス殺処分やら生体販売問題、、、動物保護に力を入れるべきですよね。
Commented by Yoko at 2011-10-07 23:58 x
なつかしぃ〜、私も息子の夏休みが終わって、成田の飛行場へ送って行くと、胸がキュ〜ンとなった物です。
それに最初の頃は、息子も涙ぐんだりしちゃって…、つらかったなぁ。
でも、息子から『ハワイについて、H1をタクシーに乗って走っていたら、「もぉ旅行は終わったんだ…家に帰って来たから現実が始まる…学校が始まるんだ…」って思ったんだぁ〜』って電話で言われて、『へぇ〜、日本に来るのが旅行なんだ…』ってなんだかよけいに寂しくなっちゃった事がありました。
子供の成長ってすごい物ですよね。
Commented by monika914 at 2011-10-09 04:12
★Yokoさんへ
娘も息子も小さくて手がかかった頃が懐かしくなります。
まだ学生ですが 社会人になったら感無量かも。
それでも 子供を心配したりする気持ちは永延ですよね。
<< コーラスでカラオケ? & 友達... 犬も色々 ~ 猟犬にはなれないナナ >>