私が決めた「エイミーの死」


コメントを書いてくれた皆様、
エイミーへの冥福、そして悔やみの言葉。 私への暖かい励ましの言葉。
本当に ありがとうございます。

文字に表わさずとも このブログを読んで エイミーの為に冥福を祈ってくれた皆様 ありがとうございます。

電話で励ましてくれる友人、花を持って来てくれる友人、閉じこもってる私を元気付けようと「こんなに いい天気だから カフェのテラスでコーヒー飲もうよ」と言う友人。
楽しい事を共有するのは簡単ですが こういう時に本当の友の心の優しさと暖かさに気付くのかもしれませんね。     
悲しみの共有は辛いですから、避けたいと思う人もいます。

暖かい晴天が続き、今は雲一つない青空さえも なんだか寂しく見えてしまいます。
時の流れにより エイミーを忘れる事はなくても、悲しみは癒えていくのでしょう。


2月に受けた 血液検査、尿検査、レントゲン、超音波検査で解ったのは 尿石症。
ですから エイミーの体調の変化、、、、呼吸の乱れ、食欲不振や嘔吐(消化不良)など 単なる老化現象と思っていました。

しかし4月に入り 体力が極端に衰え 腹部が急激に大きくなり、獣医へ。  レントゲン検査では腹水で内臓がはっきり見えず 獣医と相談し、開腹して水を出すと同時に 出来る限りの処置をする事に。
麻酔注入時も眠りに落ちる時も 私はエイミーを抱え ずっと体を撫でていました。

2時間後に迎えに行く事になり、私は自宅へ。
しばらくして医師から電話で いくつか小さい腫瘍が見つかり それは摘出できるけど 肝臓がひどい状態で腫瘍が広がり 処置できない状態、、、、、、末期癌で余命わずか と伝えられました。
「このまま安楽死させてあげたいが、決めるのは 飼い主のあなたです」という医師の言葉。

手術され そのまま手術台で死ぬなんて絶対嫌!って一瞬思いました。
しかし麻酔から目覚め 術後の辛さプラス 老体で末期癌と戦って行く事がエイミーにとって幸せなんだろうか?

エイミーはこれまで いくつもの腫瘍摘出手術を受け、その中には悪性腫瘍もあり 幸い摘出 出来るものでしたが、術後エリザベスカラーを付けられ辛そうにしていた姿が甦ってきました。

私に撫でられながら 眠りに落ちていったエイミーを そのまま安楽死(私は尊厳死と言いたい)させる事に決めたのです。

私の この決断を非難したい人もいることでしょう。
疑問を持つ人もいるでしょう。
安楽死なんて絶対すべきでは 無い!と考える人もいるでしょう。
死期が迫ってるペットの世話からの逃避と思う人もいるでしょう。
エイミーは たとえ辛くても1日でも長く もに香さんの傍にいたかったのでは?と思う人もいるでしょう。

どう思われ 考えられてもけっこうです。

私は犬であるエイミーを愛し、犬としてエイミーを安らかに逝かせてあげたかったのですから。
エイミーが居なくなる悲しさを思うと胸が張り裂けそうで、この決断は とても辛かった、でも後悔はしてないし、エイミーの為にもしてはいけないんです。

ただ2月の検査で 肝臓異変が解らなかった事に疑問が残ってます。



予定していた4月13日の里帰りは 福島原発事故の影響によりフライトスケジュールが変わり、明日の12日に変更。
日本の今の状況の中 私も家族も不安は大きいし 日本の両親は「もう少し落ち着いてから来たら」と言ってます。
とても迷いました。   しかし カッコいい言い方ですが こういう時こそ年老いた父母の傍で力づけてあげたいし 私が出来る事はしてあげたいです。

エイミーとの思い出が無い 日本の実家でしばらく過ごす事で 今の辛さが少しでも癒されるかもしれない、
これも 正直な私の思いです。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-04-11 21:51 | 愛犬と暮らす | Comments(17)
Commented by Akko at 2011-04-12 00:49 x
エイミーはもに香さんと過ごせてとても幸せだったと思います。

ときぐすりがもに香さんを癒してくれますように。
Commented by はちきんイジー at 2011-04-12 03:51 x
動物に’とっての’死は人の思うものと違うようにも感じます

私達の苦しみや悲しみは 執着からくるように

うまく表現できませんが

エイミーちゃんは 幸せで 今ももに香さんの傍にいらっしゃいます

にほんでの時間を ごゆっくり お過ごしくださいね

ご両親も お幸せですね

Commented by さくらんぼ at 2011-04-12 06:37 x
いってらっしゃい、もに香さん!
エイミーちゃんもパッチくんも、もに香さんの心にぴたっと寄り添っているから大丈夫。
ドイツに戻ってきたら、また元気な笑顔をみせてね。
Commented by Midasjenny at 2011-04-12 06:45 x
尊厳死は心から我が仔を愛する飼い主が最後にあげられる愛の贈り物だと思います。その決断がどれ程辛く苦しい事だった事か、、、、。愛する仔を思い決断されたもに香さんの決断を尊重します。心から穏やかな日が一日も早く戻って来るようお祈りします。ご自愛下さいね。
Commented by piyoring at 2011-04-12 13:10
もに香さん、大丈夫ですか?
あぁ・・・もう、びっくりしちゃって何て書いていいのかわかりません。
林檎より半年お姉さんのエイミーちゃん
穏やかなお顔がかわいくてかわいくて・・・

よく決心されましたね。
エイミーちゃん、もに香さんに抱かれながらお空に旅立ったのですね。
幸せだったよね。
楽しかったよね。嬉しかったよね。
今ごろ、パッチーくんと一緒にお空を走っていますよね。

帰国されるのですね。
今日の飛行機かな・・・ご両親もこんな時だし心強いでしょうね。
ちょっと気持ちを緩めて、日本でゆっくりお過ごしくださいね。
今日はこちらは快晴です。
お空を見ながらエイミーちゃんのことを想います。


Commented by のりた at 2011-04-12 15:25 x
エイミーちゃん安らかに
とてもとても驚きました。最期にもに香さんに抱かてあなたを目に焼き付けて逝ったエイミーちゃんも幸せなワンコだったと思います。今頃バッチー君と走り回ってますように。
Commented by mucci at 2011-04-12 18:16 x
愛犬との別れ方が様々であるように、考え方も色々あるでしょうが、飼い主が愛犬にとって最適だと思われる方法でお別れするのが、結局は愛犬にとって一番幸せなんじゃないかな?と私は思います。

もに香さんもいきなり判断を迫られて、さぞ苦しい思いをされた事でしょう。
でもエイミーちゃんは最後までもに香さんの愛情に包まれながら安心して虹の橋を渡ったことでしょうね。幸せな犬生でしたね。
これからはパッチー君と一緒にもに香さんのそばにいて、ずっと守ってくれるような気がします。
日本へは気をつけて行かれてくださいね。ゆっくりと気分転換しながら、ご両親と楽しいひと時を過ごして来てくださいね。
Commented at 2011-04-12 20:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Rossy mom at 2011-04-13 10:59 x
お疲れ様でした…とゆう事しか言葉が見つからないのです。スミマセン。エイミーちゃんのお顔は本当に穏やかな幸せそうなお顔ですよね…きっと、もに香さんに抱かれながらも嬉しかったでしょうね。
御両親様の所へ行かれるのですね。きっと御両親様も御安心されますね。
スミマセン…言葉が見つかりませんが無力ながら応援させて頂きます。
Commented at 2011-04-13 17:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toui at 2011-04-13 20:47 x
私は、尊厳死はありだと思います。でもどんな形にしろ、死は哀しみです…私も未だに後悔する事は沢山ですが、なるべく楽しかった事を思い出すようにしてます。(尊厳死から、既に20年位経ちます…)
Commented at 2011-04-14 06:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tawrajyennu at 2011-04-14 09:47
もに香さん、とても辛い決断をされたんですね。
しかもとても短い時間での決断は勇気がいったと思います。
でも、エイミーちゃんはもに香さんに抱かれたまま、虹の橋を渡って
きっと安らかに天国に行ったのだと思います。
そして、何よりもに香さんが後悔していない!!ということが
大事なんだと思います。
私ももしピーターが同じ立場だとしたら、きっと苦しんで長生きするより
尊厳死を選ぶと思います。
悲しみは時が癒してくれます。どうぞご自愛くださいね。
Commented by ミルキーママ at 2011-04-18 21:05 x
毎日バタバタとしてご無沙汰してました…驚きと…エイミーちゃんがいない事の理解ができず…胸が苦しく切なく涙が、泪が、涙が止まりません。もに香さんやエイミーちゃんへの言葉も見つからず、いけちゃんとお昼寝をするエイミーちゃんやキッチンを覗くエイミーちゃん、もに香さんを見つめるエイミーちゃん…まるでそこで見てきたようにまぶたにうつります

私はまだそこに局面していないので解らないけど、もに香さんが決めた事に間違えはありません!だって凄くすごーく愛していたのだからね!エイミーちゃんのご冥福をお祈りいたします。パッチーくん、またよろしくね
Commented by yoshie at 2011-04-19 18:05 x
もに香さん、初めまして。

ゴールデン飼いさんということで
ずっとblogを拝見させていただいていました。
読み逃げで申し訳ありません。

エイミーちゃん、残念でしたね。
心よりご冥福をお祈りいたします。

我が家のゴルは4年ほど前に10歳半で亡くなりました。
わかったときにはもう肺が転移性の悪腫瘍で真っ白で
それから数日で息を引き取りました。
そして昨年はまだ6歳半だったダックスの子を病気で亡くしました。
エイミーちゃんのこと、うちの子と重なり、涙が溢れました。

パッチーちゃんを亡くされたのもまだそんな前のことではないのにおつらいですね。。。

今は思い出しては涙が出ることもあるでしょうが、
きっと時間がエイミーちゃんとの楽しい思い出ばかりにしてくれると思います。

今、日本のご実家でごゆっくりされてると思います。
元気にドイツへ戻られることを願っています。


Commented by miyanao117 at 2011-04-30 12:49
もに香さん、このブログを読んで、勇気をかき集めて、決心なされたのかがわかります。ほんとに、心から愛していらっしゃったから決断できたことです。エイミーちゃんのベストを思っていたからこその、ご判断だと、皆わかっていますよ。

私は、自分の最愛のモナ猫をLet goできませんでした。最後まで、すがっていました。もに香さんのお気持ちが、少しでも落ち着かれることをお祈りしています。ドイツに戻っていらしたら、またブログをUPなさってくださいね。心からご冥福をお祈りしています
Commented by ジャッキーのかあさん at 2011-05-12 21:09 x
もに香さん、おげんきですか?
<< 「次の子」捜し ~ 愛犬に触れ... 天国に旅立ったエイミー >>