我家の新しい & 懐かしい物達。

c0211876_5431951.jpg
21年前 今の家を購入した時 暖炉は昔ながらの煉瓦作りの暖炉

しかし 部屋全体を暖かくするには こちらの方がいいので 4年前に変えました。
周囲に使われてる石は 保温性が優れてる凍石(滑石の一種)。

まだ壊れてもいないのに 夫の強い希望で 再び別の暖炉が我家の居間に。

c0211876_624178.jpgc0211876_63957.jpg

















この暖炉の後ろ側には色々複雑な物が付いていて、床にもわざわざ穴を開け 地下のボイラー室にチューブ他が繋がっています。
なぜなら 暖炉熱で温水を作るシステムが付いてる暖炉なのです。

我家の温水作りには 他に屋根上のソーラーシステム(太陽熱)があり、ガス消費の節約に役立ってます。
しかし この暖炉、かなり高価だったので我家の家計節約には全くなってないような、、、、こういう出費に関しては私が反対しても夫は絶対ゆずりません。

今のところは人間で言うと 裸の状態。 囲いは夏になったら 作る予定。
そうしたらチューブや電気コードも隠れ 少しは見栄えがするようになるかも。
横に座れるようなベンチなんか作るのもいいかな~。


↓ こちらは 新しい物というより 懐かしいな~って物。
c0211876_6262995.jpg

息子が幼児の頃、使ったベビーゲート。 

ベビー製品は ほとんど整理したと思っていたけど 一応捜してみたらロフトの奥の方にありました。

孫が出来たわけではありませんよ。

階段を使って欲しくないのは この方
                      
      

c0211876_6371738.jpg

シニアになって ますますストーカー気味のエイミー。
娘にもべ~ッタリで 私や娘を捜しに階段を上がったり下りたり、年齢的に当然の事ながらスローペース。
そして先日 下りてる途中でよろめいたのを娘が目撃。
もし 転がり落ちたりしたら大変なので、家族全員一致意見で こうしました。
でも100%階段禁止にしてるわけでは ありません。

恨めしそうに ベビーゲートを見てるエイミー。
食事も制限され、行動も制限されちゃったけど、楽しい事は他にもあるよね。



ポチッと していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by monika914 | 2011-02-21 07:03 | 家族&我家 | Comments(14)
Commented by mucci at 2011-02-22 21:21 x
うちにはこちらでは珍しく?暖炉がないので羨ましいです。
しかし暖炉熱で温水を作るとは!初めて聞き感心しました。
さすがは省エネ熱心なご主人ですね。
年月を重ねる度に節約できて元が取れるといいですね。(^^)

エイミーちゃん、とうとう階段(ほぼ)禁止になってしまったんですねぇ。
うちにも地下に行く階段の所に未だにこのベビーゲートが活躍中・・・
といっても、ギスモは下に行かないので柵は半分開いていて、物干しみたいになってます、、。(汗)
Commented by midasjenny at 2011-02-23 00:00 x
まだまだ新しいのに、取り替えられたんですね。勿体ない気もしますが、今の機械類は驚く程、省エネ効果があると聞くので、その恩恵があると良いですね。我家もそろそろ取り替え時期なのですが(暖房システム)、大きな出費になるので、なかなか踏み切れません(笑)。

今日のもに香さんのブログを見て、あと3週間でやって来るパピーの為に、私もベイビーゲートを出して来なくちゃ!と思い出しました。もに香さんちのゲートは木製で素敵ですね♪色んな想い出が沢山詰まったゲートなんですね。
Commented by はちきんイジー at 2011-02-23 03:03 x
この暖炉と似た形のものが この家を買った時 地下についていましたが どうも 使えなく 友人にあげました

地下は寒いので 冬 ほとんど使う事もなく

暖炉はいつか 取り付けたいです

ソーらシステムをつかわれているのですね

これからは そういった住居はどんどん増えていくのでしょうね

エイミーちゃんの記事を読んで 以前いた サマンサを思い出しました

年老いて 階段やステップでころん って 転び安くなっていましたね
Commented by ゆう at 2011-02-23 05:43 x
うちの娘よけにもなります(笑)かってに上っちゃうんですよね。
マージャンを日本のポーカーと説明したらクリスチャンがかなり興味を持ってましたよ。
Commented by KCママ at 2011-02-23 13:44 x
暖炉、ステキですね♪
そして、ベビーゲート! エイミーちゃんの『ど~して~!?
』という声が聞こえてきそう♪(笑)

エイミーちゃん、尿結石 大丈夫ですか?
ZORROももともと尿結石になりやすい体質で、4歳頃まで ずっと処方食。(エイミーちゃんと同じもの:日本ではphコントロールという名前)
そのフードを止めてしまうと又繰り返すという具合でしたが、まだ当時若かったということもあったせいか?思い切って 水分多目の手作りゴハンに切り替えたら改善され、今では治ってしまいました。
※でも、手作りゴハン、個々の体質などにもよるので かなり難しいです。

エイミーちゃん、よくなってね♪ (^-^)/

Commented by tawrajyennu at 2011-02-23 19:24
こんにちは!同じですね~ベビーゲート・・・・
我が家も昨年の11月ころから2階に上がる足つきも
ゆっくりなってきたし、降りる時は下から43~4段目で
おたおたしてしまって、そこからドスンと飛び降りたりするようになりました。
一度、落ちたみたいです。
なので、2階出入り禁止にしました。
それでも時々自分でゲートをよけて2階へ上がることがあったのですが
最近は諦めてそれもしなくなりました。やはり年なのかなあ・・・

薪がちろちろと燃える暖炉、良いですよね~
夫の田舎の家に一昨年薪ストーブを設置しました。
30畳ほどの広さもそれ1台で暖かすぎるほど!!
でも、夏の間の薪作りが大変です。
Commented by ミルキーママ at 2011-02-23 19:33 x
暖炉のある家、素敵ですね(*^o^*)
今は私の住む福島でも増えてきています!お洒落だし、これ一つで部屋中あたたまります(^O^)

エイミーちゃん、階段は残念でしょうけど、安全が一番ですね(*^o^*)
Commented by monika914 at 2011-02-24 06:12
★mucciさんへ
こういったタイプの暖炉は毎日 暖炉ガラスを掃除するのが一仕事なんですよ。
時には いっそ無いほうが楽チンって思いますよ。
でも我家では暖炉のある生活に慣れてしまって 無いと寂しいかも。
Commented by monika914 at 2011-02-24 06:19
★Jennyさんへ
視覚的には最初の煉瓦作りの暖炉が一番気に入ってました。
夫はそれより昨日を重視するんですよね。 お洒落や衣類に関しては全く興味ない夫ですが こういう事には非情に熱心です。

3週間後のパピー、楽しみですね。
このベビーゲート購入の際には木製云々気にしないで買ったのですが、Jennyさん宅でも 木製の方が合ってますね。
Commented by monika914 at 2011-02-24 06:28
★イジーさんへ
昔々あった宣伝フレーズ 「クリープのないコーヒーなんて」と同様 我家では「暖炉の無いドイツの冬なんて」って感じです。
暖炉の薪も2年先まで準備してあるんですよ。
夫は省エネに関してとても興味を持ち、積極的なんです。
Commented by monika914 at 2011-02-24 06:30
★ゆうちゃんへ
麻雀は中国のポーカーかも?
私は並べる程度しか出来ないけど面白いですよ。

結局 経験のないまるちゃんが一緒にやる事になりました。
Commented by monika914 at 2011-02-24 06:37
★KCママさんへ
人間同様 年老いてくると色々健康上の問題が出てくるのは当たり前で仕方ないと思うんですが、やはり辛いですね。
色々な栄養バランスを考えると手作りには自信なくて、、、、
今はただ 少しでもエイミーが心身ともに快適に過ごせるかを重視したいのですが、時にはこれでいいのかな?って迷う事もあるんですよ。
Commented by monika914 at 2011-02-24 06:43
★ミルキーママさんへ
日本では 暖炉がある家は少ないんでしょうか。
視覚的にも体感的にも 冬の暖炉は心まで温めてくれます。
エイミーも暖炉前に横たわるようになり、そんな姿がパッチーを思い出させます。
パッチーは階段を滑って落ちた事があるので、同じ事にならないよう こんな物をつけたんです。
Commented by monika914 at 2011-02-24 06:51
★タワラジェンヌさんへ
エイミーの相棒だったパッチーは筋肉萎縮等の関係もあり階段が苦手になったんですが それでも我家の階段をどうにか上り下りしていて、滑って転がり落ちた事があるんです。
ですから 同じ事が起こらないよう慎重になりました。

我家では冬に暖炉は必須です。
居間は床暖房にもなってますが、それでも暖炉の炎は心身ともに更に暖かくしてくれます。
<< ピンキードッグ & 新日本語コース 息子が 玉ねぎを切る時は、、、... >>