ちょっと静かになった我が家

ウィーン大学生の娘が 今日(土曜日)ウィーンに戻りました。    次の帰省は復活祭の休み。
と~っても明るくお喋りな娘なので 居なくなると我が家はちょっと静かになります。

わが町からウィーンまでは片道700km、日帰りで会いに行ける距離ではなく、初めて娘がウィーンに行ってしまった時は 本当に寂しかった。
しばらくは彼女の事を思うと涙が出てきて、娘の部屋にも辛くて入れなかった。
その時 母が私をドイツへ見送った時の寂しさを改めて つくづく痛感しました。 日本&ドイツ間は700kmなんてもんじゃないし。
それなのに そんな母から「元気出して」と慰められてしまった なさけない私です。

昨年のクリスマス前に帰省した娘。
エイミーの大歓迎をうけ、コートもブーツも脱がずじゃれ合ってます。
c0211876_635272.jpg

c0211876_638530.jpg


帰省中は高校時代の友達に会うのにも忙しかったようですが、頼んだわけでな無いのに 家の掃除をしてくれたり、夕食も何度か作ってくれました。
c0211876_6425992.jpg

はっきり言って、彼女は整理整頓は苦手で部屋は乱雑してます、、、、それが唯一の欠点。
しかし どういうわけか自分の部屋以外の掃除はよくやるんですよ。 特にキッチンは隅から隅まで磨いてくれました。
ウィーンではアパートメントシェア(こう言うのかしら?)していて、キッチンは共同で使うので そこを綺麗にしておく癖がついたのかも???

何度かの帰省で しばしの別れにもすっかり慣れてしまい、何処に居ようと健康で彼女なりのペースで明るく暮らしてほしい と願うばかり。

        ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こちらは もう一人?の私の娘。
スキー旅行前に おニューの服を着て試し散歩
c0211876_775099.jpg

実は服を着て、これが出来るか確認したかったの~~。  レディーのこんな姿を撮って ごめんね。
c0211876_79595.jpg

でも なぜか普段は中々難しい カメラ視線がバッチリじゃない!!(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by monika914 | 2010-01-10 07:19 | 家族&我家 | Comments(22)
Commented by midasjenny at 2010-01-10 11:41 x
また寂しくなりますね。お願いしていなくてもお手伝いって、お嬢さんも親元を離れて生活をして、随分と成長されたのでしょうね。もに香さん、今から指折りイースター休暇を待っているんでしょう(笑)。

カメラ目線の二番目のお嬢さんも愛らしいです(笑)。
Commented by piyoring at 2010-01-10 12:18
もに香さん、こんにちは~♪
Blogに来てくださってありがとうございます~♪
さっそくお邪魔しました。
エイミーちゃん、うふふ・・・かわいいですね!
う●ちポーズ、かわいい(爆)
あたしもよく撮っちゃいます。
この時のバツの悪そうな目がたまんなくかわいくて・・・
それもしっかりカメラ目線になるんです。何故でしょうね~(^^

お人形をくわえて歓迎ポーズも同じです(笑)
エイミーちゃんの「嬉しい嬉しい~!」がまた お嬢様も嬉しいですよね~。

素敵なドイツの日常・同じ年のエイミーちゃんのシニアライフ。
これからもちょくちょく見に来させていただきますね。
どうぞよろしくお願いいたします~♪
(リンク貼らせていただきました~)
Commented by レオ at 2010-01-10 17:58 x
monikaさん、はじめまして^^
 にほんブログ村から飛んで参りました。
わたしもmonikaさんと同じような状況なので(長女はロンドン、我が家はデュッセ)monikaさんが娘さんを見送るときの気持ちがよ~くわかります。
 クリスマス・新年と楽しい時間を一緒に過ごせた分、余計に見送るときは寂しいですよね。
 わたしも先日、空港で娘の後姿を見ながら涙・涙でした。

エイミーちゃん、赤いコートを着て、雪の中、カメラ目線の表情がメチャメチャ可愛いです~~(*´ー`)
 
これから、またmonikaさんのお部屋にお邪魔させて頂きますね。
  どうぞよろしくお願いいたします♪

Commented by monika914 at 2010-01-10 21:29
★midasjennyさんへ
以前は我が家には無い変わった?スパイスとか食材を わざわざ買ってきて凝った料理を作ってくれたわりには あまり美味しくなかったりで。
でも今では手早く美味しい物も作れるようになりましたよ。
私は段々と寂しい、悲しいって気持ちから卒業したかしら。
スカイプで顔みながら話せるし、それに何よりもう一人の娘が癒してくれるから。
Commented by monika914 at 2010-01-10 21:36
★piyoringさんへ
早速遊びにきてくれて ありがとう!
ワンコ仲間が又増えて とっても嬉しいです。
ゴールデンでも色んなお顔があるけど、林檎ちゃんもエイミーもお鼻が黒々してなくて、ちょっとオトボケ顔でちょっと似てると思いませんか?

私もリンクさせていただきます、、、、、これからも よろしくね。
Commented by monika914 at 2010-01-10 21:44
★レオさんへ
はじめまして。 遊びにきてくれてありがとう。
お嬢さんはロンドンなんですね。 私はメソメソする事はもうないけど、やはり見送る瞬間は胸がキュンとしてしまいます。
特に空港や駅のホームだと なんとも言えず物悲しくなってしまうんですよね。
デュッセルだと日本食品が色々買えていいですね~~。
何度か友達とデュッセルに遊びに行ったことあるんですが、何だか日本へ帰ったような気分になりましたよ。
これからもよろしくね。
Commented by mucci194 at 2010-01-10 22:05
お嬢さんの帰省は楽しいけど帰りの別れを思うと寂しいですね。
私も日本との行き来で思うのですが、去っていかれる身というのは、
去る側よりも辛いものじゃありませんか?

うちの子供達はまだ家にいるので実感が湧きませんが
その内親元を離れる時が来ると、もに香さんや母の気持ちが
心底わかるというものなんでしょうね、、。

エイミーちゃんのカメラ目線が、、、(笑)
ギスモのカメラ目線は難しいので、私も今度このスタイルの時を狙ってみようかな?(笑)
Commented by まるくる at 2010-01-11 11:46 x
家族が帰ってしまう寂しさ、すんごくよくわかりますよ!
私も母が帰国してしまったとき、心が空っぽになりましたから...
でも娘さんに次に会う楽しみもありますよね!

エイミーちゃん防寒着だけじゃなくて、ちゃんとお靴も履いてるのね*^^*
それに比べて宅の3姉妹なんて、洋服も靴もなく雪の中に放り投げられてるわー。
うちもトイレ中の姿を写真に撮るとかなりの確率でカメラ目線!
何か思うところでもあるのかな(笑)。
Commented by monika914 at 2010-01-11 21:51
★mucciさんへ
いずれはどの子供達も親元から巣立っていくのは当たり前なんですが、やはり最初は寂しいですよ~。
そうそう、、、やっぱり残る方がつらいかも。
私も里帰りして 又ドイツに戻るのが楽しみなくらいになってきたし、娘も実家に帰るのも楽しみな一方、彼氏が待つウィーンに戻るのも嬉しいみたいだし、、、、それでいいんじゃないかと思います。
Commented by monika914 at 2010-01-11 21:59
★まるくるさんへ
なんだかんだ言って、チョクチョク帰ってくるんで、大袈裟に寂しい~なんて言えませんね。
子離れ出来ない親にはなりたくないし、 自分の趣味や楽しみをもってれば大丈夫かも。
エイミーの履いてるのは パッチーが少しでも楽に立ち上がれるよう滑り止め用に買ったものなんです。
それをエイミーの前足に履かせて散歩に行ったら、時々脱げてしまうんで結局その後は使いませんでした。
Commented by sa_kana at 2010-01-12 00:25
ご無沙汰していました!
コメントをありがとう、そして今年もよろしくお願いします。

娘さんがウィーンに戻って寂しいですね。
うちの娘もあと数年したら家を離れる年になるので、絶対に寂しいだろうなぁと思います。
遠くに送り出した私達の親も同じ気持ちなんでしょうね。

エイミーちゃん、カメラ目線で”ちょっとー”って言ってない?!笑
Commented by cnosblog at 2010-01-12 00:25
最中でもカメラ目線のエイミーちゃん、いいですねぇ

子どものいないわたしたち、母親ってこういう気持ちなんだなぁとmonikaさんのブログでしばしば教えていただいております

大晦日の料理、どれもおいしそう!
年が明けて豆とサラミのセットなんですね
国によってそれぞれ幸運や健康を願う食べ物があって面白いですね
って、ドイツには何かあるんでしょうか?
Commented by クリステル at 2010-01-12 15:54 x
もに香さん地方も雪が凄いですね
私の住んでる所はほとんど降らないんですよ
それでも子供の頃はよく積もって、家の横にある坂道でソリ遊びをした記憶があります
エイミーちゃんの洋服、襟元にボアがついててかわいい♪

娘さんがいなくなるとやっぱり寂しいですよね
掃除までしてくれて優しいお嬢さんですね
Commented by のりた at 2010-01-12 18:12 x
そうなんですよね。空になった部屋に入るとグッとさみしくなるものですよね。ウチの娘もすごく明るくておしゃべりで娘がいるだけで家がすごく賑やかです。そんな娘が1年だけですけどアメリカに行った時はほんとに火が消えたようでした。だけど「どこにいてもあなたの娘だから」と言われメールを送ったりするだけでした。今は日本にいるのですが東京で一人暮らしです。休みには必ず帰ってくるし大人になった娘と話すのも楽しみです。台風のように騒いでアッと言う間に帰っていきます。
Commented by monika914 at 2010-01-12 19:01
★フィッシュさんへ
娘が行ってしまう瞬間は胸キュンだけど、立ち直る時間が毎回短くなってきました。
そうか、フィッシュさんのモンキー娘さんもいつか実家から巣立っていくんですね~。
そしていつか自分の家族を作り、、、、あっ、でもあんまり先の事は考えないようにしましょ!
Commented by monika914 at 2010-01-12 19:12
★cnoさんへ
親子関係にも色々あるのでしょうけど、娘は私と何でもよく話し、(よく言い合いにもなりましたが)喜怒哀楽表現が豊かな子なので、居るとなんとなく賑やかなんですよ。

イタリヤの この大晦日の習慣は初めて知りました。
ドイツでは???? 長年住んでるけど、花火位しか思いつきませんね。
Commented by monika914 at 2010-01-12 19:20
★クリステルさんへ
私の住んでる ドイツ南西部は比較的雪が少ない方なんですよ。
夫の実家の方が標高も高いし、積雪量は多いんですが、夫に言わせると昔に比べたら少なくなったそうです。
これも地球温暖化の表れなんでしょうね。

娘は家を離れてから 目に見えない成長をしてるように思えます。
この春23歳になるんですが、母としてはいつまでも無邪気な子供のように思える時もあるんですが。
Commented by monika914 at 2010-01-12 19:24
★のりたさんへ
のりたさんと私はたぶん同世代で家族構成も似てますね。
やはりお子様は1姫2太郎+1ワンですよね?

何処にいてもあなたの娘イコール何処にいてもあたなの母。
そしてお互い元気なら又会える、、、と言うのが私の母の口癖です。
Commented by ミルキーママ at 2010-01-12 22:27 x
もに香さんのお嬢さんと、家の長女、同じです。
部屋は片づけられませんが、窓ふき、玄関掃除とピカピカにしてくれました。
エイミーちゃんも、寂しくなりますね・・・

カメラ目線のエイミーちゃん、ちょっと恥ずかしかったかな?
でも、かわいい です。
Commented by ユカチカ at 2010-01-13 03:29 x
まだ、娘だけどこかにいくというのは(夏の合宿などを抜かせば)ありませんのでその寂しさ、私も10年後ぐらいに、いやもっとはやいか、味わうことになるのかな・・・と思いつつ、結構淡白なので『がんばれ!』でおわっちゃったり・・・。

ユラにも靴を履かせたいぐらいです。柔らかい雪の下がつるつるの氷なので、走ると滑ってますよ。
Commented by monika914 at 2010-01-13 04:21
★ミルキーママさんへ
掃除にしても それぞれ拘りみたいのがあるのかも、、、、ですね。
私は窓ガラス拭きが大嫌いなんです。

ミルキーママさん宅はお子さん3人と1ワン、まだまだ賑やかですね。
エイミーは私が居れば~、なんて自負してるけど やっぱり毎日いたお姉ちゃんがいなくなるのは寂しいのかもしれません。
Commented by monika914 at 2010-01-13 04:26
★ユカチカさんへ
10年か~、長いようだけどあっという間ですよ~。
旅行に見送るのとは全然違う心境になるはず。
でも なんでも時間が慣れさせてくれるし、ユカチカさんのように仕事を持って忙しく頑張ってたら大丈夫。
雪の下の氷は 私も怖いわ。
<< ゲーム大好き 年越しスキー旅行 その5~大晦... >>